Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第8章 ノード配置の制御

director のデフォルトの動作は、通常プロファイルタグに基づいて、各ロールにノードが無作為に選択されますが、director には、特定のノード配置を定義する機能も備えられています。この手法は、以下の作業に役立ちます。

  • controller-0controller-1 などの特定のノード ID の割り当て
  • カスタムのホスト名の割り当て
  • 特定の IP アドレスの割り当て
  • 特定の仮想 IP アドレスの割り当て
注記

予測可能な IP アドレス、仮想 IP アドレス、ネットワークのポートを手動で設定すると、割り当てプールの必要性が軽減されますが、新規ノードがスケーリングされた場合に対応できるように各ネットワーク用の割り当てプールは維持することを推奨します。静的に定義された IP アドレスは、必ず割り当てプール外となるようにしてください。割り当てプールの設定に関する詳しい情報は、「ネットワーク環境ファイルの作成」を参照してください。

8.1. 特定のノード ID の割り当て

以下の手順では、特定のノードにノード ID を割り当てます。ノード ID には、controller-0controller-1compute-0compute-1 などがあります。

最初のステップでは、デプロイメント時に Nova スケジューラーが照合するノード別ケイパビリティーとしてこの ID を割り当てます。以下に例を示します。

ironic node-update <id> replace properties/capabilities='node:controller-0,boot_option:local'

これにより、node:controller-0 のケイパビリティーをノードに割り当てます。0 から開始するユニークな連続インデックスを使用して、すべてのノードに対してこのパターンを繰り返します。特定のロール (コントローラー、コンピュート、各ストレージロール) にすべてのノードが同じようにタグ付けされるようにします。そうでない場合は、このケイパビリティーは Nova スケジューラーにより正しく照合されません。

次のステップでは、Heat 環境ファイル (例: scheduler_hints_env.yaml) を作成します。このファイルは、スケジューラーヒントを使用して、各ノードのケイパビリティーと照合します。以下に例を示します。

parameter_defaults:
  ControllerSchedulerHints:
    'capabilities:node': 'controller-%index%'

これらのスケジューラーヒントを使用するには、オーバークラウドの作成時に、overcloud deploy command に「scheduler_hints_env.yaml」環境ファイルを追加します。

これらのパラメーターを使用してロールごとに、同じアプローチを使用することができます。

  • コントローラーノードの ControllerSchedulerHints
  • コンピュートノードの NovaComputeSchedulerHints
  • Block Storage ノードの BlockStorageSchedulerHints
  • Object Storage ノードの ObjectStorageSchedulerHints
  • Ceph Storage ノードの CephStorageSchedulerHints
  • [ROLE]SchedulerHints はカスタムのロールに、[ROLE] はロール名に置き換えます。
注記

プロファイル照合よりもノードの配置が優先されます。スケジューリングが機能しなくならないように、プロファイル照合用に設計されたフレーバー (computecontrol など) ではなく、デプロイメントにデフォルトの baremetal フレーバーを使用します。以下に例を示します。

$ openstack overcloud deploy ... --control-flavor baremetal --compute-flavor baremetal ...

8.2. カスタムのホスト名の割り当て

「特定のノード ID の割り当て」 のノード ID の設定と組み合わせて、director は特定のカスタムホスト名を各ノードに割り当てることもできます。システムの場所 (例: rack2-row12) を定義する必要がある場合や、インベントリー ID を照合する必要がある場合、またはカスタムのホスト名が必要となるその他の状況において、カスタムのホスト名は便利です。

ノードのホスト名をカスタマイズするには、「特定のノード ID の割り当て」で作成した「scheduler_hints_env.yaml」ファイルなどの環境ファイルで HostnameMap パラメーターを使用します。以下に例を示します。

parameter_defaults:
  ControllerSchedulerHints:
    'capabilities:node': 'controller-%index%'
  NovaComputeSchedulerHints:
    'capabilities:node': 'compute-%index%'
  HostnameMap:
    overcloud-controller-0: overcloud-controller-prod-123-0
    overcloud-controller-1: overcloud-controller-prod-456-0
    overcloud-controller-2: overcloud-controller-prod-789-0
    overcloud-compute-0: overcloud-compute-prod-abc-0

parameter_defaults セクションで HostnameMap を定義し、各マッピングは、HostnameFormat パラメーターを使用して Heat が定義する元のホスト名に設定します (例: overcloud-controller-0)。また、2 つ目の値は、ノードに指定するカスタムのホスト名 (例: overcloud-controller-prod-123-0) にします。

ノード ID の配置と合わせてこの手法を使用することで、各ノードにカスタムのホスト名が指定されるようにします。

8.3. 予測可能な IP の割り当て

作成された環境でさらに制御を行う場合には、director はオーバークラウドノードに各ネットワークの固有の IP を割り当てることもできます。コアの Heat テンプレートコレクションにある environments/ips-from-pool-all.yaml 環境ファイルを使用します。このファイルを stack ユーザーの templates ディレクトリーにコピーしてください。

$ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ips-from-pool-all.yaml ~/templates/.

ips-from-pool-all.yaml ファイルには、主に 2 つのセクションがあります。

1 番目のセクションは、デフォルトよりも優先される resource_registry の参照セットです。この参照では、director に対して、ノード種別のある特定のポートに特定の IP を使用するように指示を出します。適切なテンプレートの絶対パスを使用するように各リソースを編集してください。以下に例を示します。

  OS::TripleO::Controller::Ports::ExternalPort: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/ports/external_from_pool.yaml
  OS::TripleO::Controller::Ports::InternalApiPort: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/ports/internal_api_from_pool.yaml
  OS::TripleO::Controller::Ports::StoragePort: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/ports/storage_from_pool.yaml
  OS::TripleO::Controller::Ports::StorageMgmtPort: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/ports/storage_mgmt_from_pool.yaml
  OS::TripleO::Controller::Ports::TenantPort: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/ports/tenant_from_pool.yaml

デフォルトの設定では、全ノード種別上にあるすべてのネットワークが、事前に割り当てられた IP を使用するように設定します。特定のネットワークやノード種別がデフォルトの IP 割り当てを使用するように許可するには、環境ファイルからノード種別やネットワークに関連する resource_registry のエントリーを削除するだけです。

2 番目のセクションは、実際の IP アドレスを割り当てる parameter_defaults です。各ノード種別には、関連するパラメーターが指定されます。

  • コントローラーノードの ControllerIPs
  • コンピュートノードの NovaComputeIPs
  • Ceph Storage ノードの CephStorageIPs
  • Block Storage ノードの BlockStorageIPs
  • Object Storage ノードの SwiftStorageIPs
  • カスタムロールの [ROLE]IPs[ROLE] はロール名に置き換えます。

各パラメーターは、アドレスの一覧へのネットワーク名のマッピングです。各ネットワーク種別には、そのネットワークにあるノード数と同じ数のアドレスが最低でも必要です。director はアドレスを順番に割り当てます。各種別の最初のノードは、適切な一覧にある最初のアドレスが割り当てられ、2 番目のノードは 2 番目のアドレスというように割り当てられていきます。

たとえば、オーバークラウドに 3 つの Ceph Storage ノードが含まれる場合には、CephStorageIPs パラメーターは以下のようになります。

CephStorageIPs:
  storage:
  - 172.16.1.100
  - 172.16.1.101
  - 172.16.1.102
  storage_mgmt:
  - 172.16.3.100
  - 172.16.3.101
  - 172.16.3.102

最初の Ceph Storage ノードは 172.16.1.100 と 172.16.3.100 の 2 つのアドレスを取得し、2 番目は 172.16.1.101 と 172.16.3.101、3 番目は 172.16.1.102 と 172.16.3.102 を取得します。他のノード種別でも同じパターンが適用されます。

選択した IP アドレスは、ネットワーク環境ファイルで定義されている各ネットワークの割り当てプールの範囲に入らないようにしてください (「ネットワーク環境ファイルの作成」 参照)。たとえば、internal_api の割り当ては InternalApiAllocationPools の範囲外となるようにします。これにより、自動的に選択される IP アドレスと競合が発生しないようになります。また同様に、IP アドレスの割り当てが標準の予測可能な仮想 IP 配置 (「予測可能な仮想 IP の割り当て」を参照) または外部のロードバランシング (「外部の負荷分散機能の設定」を参照) のいずれでも、仮想 IP 設定と競合しないようにしてください。

重要

オーバークラウドノードが削除された場合に、そのノードのエントリーを IP の一覧から削除しないでください。IP の一覧は、下層の Heat インデックスをベースとしています。このインデックスは、ノードを削除した場合でも変更されません。IP の一覧で特定のエントリーが使用されなくなったことを示すには、IP の値を DELETED または UNUSED などに置き換えてください。エントリーは変更または追加するのみとし、IP の一覧から決して削除すべきではありません。

デプロイメント中にこの設定を適用するには、openstack overcloud deploy コマンドで ips-from-pool-all.yaml 環境ファイルを指定します。

重要

ネットワーク分離の機能 (「7章ネットワークの分離」を参照) を使用する場合には、network-isolation.yaml ファイルの後に ips-from-pool-all.yaml ファイルを追加してください。

以下に例を示します。

$ openstack overcloud deploy --templates \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml \
  -e ~/templates/ips-from-pool-all.yaml \
  [OTHER OPTIONS]

8.4. 予測可能な仮想 IP の割り当て

director は、各ノードの予測可能な IP アドレスの定義に加えて、クラスター化されたサービス向けに予測可能な仮想 IP (VIP) を定義する同様の機能も提供します。この定義を行うには、「ネットワーク環境ファイルの作成」で作成したネットワークの環境ファイルを編集して、parameter_defaults セクションに仮想 IP のパラメーターを追加します。

parameter_defaults:
  ...
  # Predictable VIPs
  ControlFixedIPs: [{'ip_address':'192.168.201.101'}]
  InternalApiVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.16.0.9'}]
  PublicVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'10.1.1.9'}]
  StorageVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.18.0.9'}]
  StorageMgmtVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.19.0.9'}]
  RedisVirtualFixedIPs: [{'ip_address':'172.16.0.8'}]

それぞれの割り当てプール範囲外の IP アドレスを選択します。たとえば、InternalApiAllocationPools の範囲外から、InternalApiVirtualFixedIPs の IP アドレスを 1 つ選択します。

このステップは、デフォルトの内部ロードバランシング設定を使用するオーバークラウドのみが対象です。外部のロードバランサーで VIP を割り当てる場合には、そのための専用の『オーバークラウド向けの外部のロードバランシング』ガイドに記載の手順に従ってください。