Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

付録B ネットワークインターフェースのテンプレート例

本付録では、ネットワークインターフェース設定を示す Heat テンプレート例をいくつか紹介します。

B.1. インターフェースの設定

インターフェースは個別に変更を加える必要がある場合があります。以下の例では、DHCP アドレスでインフラストラクチャーネットワークへ接続するための 2 つ目の NIC、ボンディング用の 3 つ目/4 つ目の NIC を使用するのに必要となる変更を紹介します。

network_config:
  # Add a DHCP infrastructure network to nic2
  -
    type: interface
    name: nic2
    use_dhcp: true
  -
    type: ovs_bridge
    name: br-bond
    members:
      -
        type: ovs_bond
        name: bond1
        ovs_options: {get_param: BondInterfaceOvsOptions}
        members:
          # Modify bond NICs to use nic3 and nic4
          -
            type: interface
            name: nic3
            primary: true
          -
            type: interface
            name: nic4

ネットワークインターフェースのテンプレートは、実際のインターフェース名 ("eth0"、"eth1"、"enp0s25") または番号付きのインターフェース ("nic1"、"nic2"、"nic3") のいずれかを使用します。名前付きのインターフェース (eth0eno2 など) ではなく、番号付きのインターフェース (nic1nic2 など) を使用した場合には、ロール内のホストのネットワークインターフェースは、全く同じである必要はありません。たとえば、あるホストに em1em2 のインターフェースが指定されており、別のホストには eno1eno2 が指定されていても、両ホストの NIC は nic1 および nic2 として参照することができます。

番号付きのインターフェースの順序は、名前付きのネットワークインターフェースのタイプの順序と同じです。

  • eth0eth1 などの ethX。これらは、通常オンボードのインターフェースです。
  • eno0eno1 などの enoX。これらは、通常オンボードのインターフェースです。
  • enp3s0enp3s1ens3 などの英数字順の enX インターフェース。これらは通常アドオンのインターフェースです。

番号付きの NIC スキームは、ライブのインターフェース (例: スイッチに接続されているケーブル) のみ考慮します。4 つのインターフェースを持つホストと、6 つのインターフェースを持つホストがある場合に、各ホストで nic1 から nic4 を使用してケーブル 4 本のみを結線します。

B.2. ルートおよびデフォルトルートの設定

ホストにデフォルトのルートセットを指定するには 2 つの方法があります。インターフェースが DHCP を使用しており、DHCP がゲートウェイアドレスを提供している場合には、システムは対象のゲートウェイに対してデフォルトルートを使用します。それ以外の場合には、静的な IP を使用するインターフェースにデフォルトのルートを設定することができます。

Linux カーネルは複数のデフォルトゲートウェイをサポートしますが、最も低いメトリックが指定されたゲートウェイのみを使用します。複数の DHCP インターフェースがある場合には、どのデフォルトゲートウェイが使用されるかが推測できなくなります。このような場合には、デフォルトルートを使用しないインターフェースに defroute=no を設定することを推奨します。

たとえば、DHCP インターフェース (nic3) をデフォルトのルートに指定する場合には、以下の YAML を使用して別の DHCP インターフェース (nic2) 上のデフォルトのルートを無効にします。

# No default route on this DHCP interface
- type: interface
  name: nic2
  use_dhcp: true
  defroute: false
# Instead use this DHCP interface as the default route
- type: interface
  name: nic3
  use_dhcp: true
注記

defroute パラメーターは DHCP で取得したルートのみに適用されます。

静的な IP が指定されたインターフェースに静的なルートを設定するには、サブネットにルートを指定します。たとえば、内部 API ネットワーク上のゲートウェイ 172.17.0.1 を経由するサブネット 10.1.2.0/24 にルートを設定します。

    - type: vlan
      device: bond1
      vlan_id: {get_param: InternalApiNetworkVlanID}
      addresses:
      - ip_netmask: {get_param: InternalApiIpSubnet}
      routes:
      - ip_netmask: 10.1.2.0/24
        next_hop: 172.17.0.1

B.3. Floating IP のためのネイティブ VLAN の使用

Neutron は、Neutron の外部のブリッジマッピングにデフォルトの空の文字列を使用します。これにより、物理インタフェースは br-ex の代わりに br-int を使用して直接マッピングされます。このモデルにより、VLAN または複数の物理接続のいずれかを使用した複数の Floating IP ネットワークが可能となります。

ネットワーク分離環境ファイルの parameter_defaults セクションで NeutronExternalNetworkBridge パラメーターを使用します。

  parameter_defaults:
    # Set to "br-ex" when using floating IPs on the native VLAN
    NeutronExternalNetworkBridge: "''"

ブリッジのネイティブ VLAN 上で使用する Floating IP ネットワークが 1 つのみの場合には、オプションで Neutron の外部ブリッジを設定できます。これにより、パケットが通過するブリッジは 2 つではなく 1 つとなり、Floating IP ネットワーク上でトラフィックを渡す際の CPU の使用率がやや低くなる可能性があります。

B.4. トランキングされたインターフェースでのネイティブ VLAN の使用

トランキングされたインターフェースまたはボンディングに、ネイティブ VLAN を使用したネットワークがある場合には、IP アドレスはブリッジに直接割り当てられ、VLAN インターフェースはありません。

たとえば、外部ネットワークがネイティブ VLAN に存在する場合には、ボンディングの設定は以下のようになります。

network_config:
  - type: ovs_bridge
    name: {get_input: bridge_name}
    dns_servers: {get_param: DnsServers}
    addresses:
      - ip_netmask: {get_param: ExternalIpSubnet}
    routes:
      - ip_netmask: 0.0.0.0/0
        next_hop: {get_param: ExternalInterfaceDefaultRoute}
    members:
      - type: ovs_bond
        name: bond1
        ovs_options: {get_param: BondInterfaceOvsOptions}
        members:
          - type: interface
            name: nic3
            primary: true
          - type: interface
            name: nic4
注記

アドレス (またはルート) のステートメントをブリッジに移動する場合には、対応する VLAN インターフェースをそのブリッジから削除します。該当する全ロールに変更を加えます。外部ネットワークはコントローラーのみに存在するため、変更する必要があるのはコントローラーのテンプレートだけです。反対に、ストレージネットワークは全ロールにアタッチされているため、ストレージネットワークがデフォルトの VLAN の場合には、全ロールを変更する必要があります。

B.5. ジャンボフレームの設定

最大伝送単位 (MTU) の設定は、単一の Ethernet フレームで転送されるデータの最大量を決定します。各フレームはヘッダー形式でデータを追加するため、より大きい値を指定すると、オーバーヘッドが少なくなります。デフォルト値が 1500 で、1500 より高い値を使用する場合には、ジャンボフレームをサポートするスイッチポートの設定が必要になります。大半のスイッチは、9000 以上の MTU 値をサポートしていますが、それらの多くはデフォルトで 1500 に指定されています。

VLAN の MTU は、物理インターフェースの MTU を超えることができません。ボンディングまたはインターフェースで MTU 値を含めるようにしてください。

ジャンボフレームは、ストレージ、ストレージ管理、内部 API、テナントネットワークのすべてにメリットをもたらします。テストでは、VXLAN トンネルと合わせてジャンボフレームを使用した場合に、テナントネットワークのスループットは 300% 以上になりました。

注記

プロビジョニングインターフェース、外部インターフェース、Floating IP インターフェースの MTU はデフォルトの 1500 のままにしておくことを推奨します。変更すると、接続性の問題が発生する可能性があります。これは、ルーターが通常レイヤー 3 の境界を超えてジャンボフレームでのデータ転送ができないのが理由です。

- type: ovs_bond
  name: bond1
  mtu: 9000
  ovs_options: {get_param: BondInterfaceOvsOptions}
  members:
    - type: interface
      name: nic3
      mtu: 9000
      primary: true
    - type: interface
      name: nic4
      mtu: 9000

# The external interface should stay at default
- type: vlan
  device: bond1
  vlan_id: {get_param: ExternalNetworkVlanID}
  addresses:
    - ip_netmask: {get_param: ExternalIpSubnet}
  routes:
    - ip_netmask: 0.0.0.0/0
      next_hop: {get_param: ExternalInterfaceDefaultRoute}

# MTU 9000 for Internal API, Storage, and Storage Management
- type: vlan
  device: bond1
  mtu: 9000
  vlan_id: {get_param: InternalApiNetworkVlanID}
  addresses:
  - ip_netmask: {get_param: InternalApiIpSubnet}