Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

director のインストールと使用方法

Red Hat OpenStack Platform 10

Red Hat OpenStack Platform director を使用した OpenStack クラウド作成のエンドツーエンドシナリオ

OpenStack Documentation Team

概要

本ガイドでは、エンタープライズ環境で Red Hat OpenStack Platform director を使用して Red Hat OpenStack Platform 10 をインストールする方法について説明します。これには、director のインストール、環境のプランニング、director を使用した OpenStack 環境の構築などが含まれます。

第1章 はじめに

Red Hat OpenStack Platform director は、完全な OpenStack 環境のインストールおよび管理を行うためのツールセットです。director は、主に OpenStack プロジェクト TripleO (「OpenStack-On-OpenStack」の略語) をベースとしてます。このプロジェクトは、OpenStack のコンポーネントを活用して、完全に機能する OpenStack 環境をインストールします。これには、OpenStack ノードとして使用するベアメタルシステムのプロビジョニングや制御を行う新たな OpenStack のコンポーネントが含まれます。director により、効率的で堅牢性の高い、完全な Red Hat OpenStack Platform 環境を簡単にインストールできます。

Red Hat OpenStack Platform director は、アンダークラウドとオーバークラウドという 2 つの主要な概念を採用しています。アンダークラウドがオーバークラウドのインストールおよび設定を行います。以降の数セクションで、それぞれの概念について説明します。

Basic Layout of undercloud and overcloud

1.1. アンダークラウド

アンダークラウドは、director の主要ノードです。OpenStack をインストールした単一システムで、OpenStack 環境 (オーバークラウド) を構成する OpenStack ノードをプロビジョニング/管理するためのコンポーネントが含まれます。アンダークラウドを形成するコンポーネントは、複数の機能を提供します。

環境のプランニング
アンダークラウドは、ユーザーが特定のノードロールを作成するためのプランニング機能を提供します。アンダークラウドには、コンピュート、コントローラー、さまざまなストレージロールなどのデフォルトのノードセットが含まれるだけでなく、カスタムロールを使用する機能も提供されています。さらに、各ノードロールにどの OpenStack Platform サービスを含めるかを選択でき、新しいノード種別をモデル化するか、独自のホストで特定のコンポーネントを分離する方法を提供します。
ベアメタルシステムの制御
アンダークラウドは、各ノードの帯域外管理インターフェース (通常 Intelligent Platform Management Interface (IPMI)) を使用して電源管理機能を制御し、PXE ベースのサービスを使用してハードウェア属性を検出し、各ノードに OpenStack をインストールします。この機能により、ベアメタルシステムを OpenStack ノードとしてプロビジョニングする方法が提供されます。電源管理ドライバーの全一覧については、「付録B 電源管理ドライバー」を参照してください。
オーケストレーション
アンダークラウドでは、環境のプランとして機能する YAML テンプレートセットが提供されています。アンダークラウドは、これらのプランをインポートして、その指示に従い、目的の OpenStack 環境を作成します。このプランには、環境作成プロセスの途中にある特定のポイントで、カスタマイズを組み込めるようにするフックも含まれます。
コマンドラインツールおよび Web UI
Red Hat OpenStack Platform director は、ターミナルベースのコマンドラインインターフェースまたは Web ベースのユーザーインターフェースで、これらのアンダークラウド機能を実行します。
アンダークラウドのコンポーネント

アンダークラウドは、OpenStack のコンポーネントをベースのツールセットとして使用します。これには、以下のコンポーネントが含まれます。

  • OpenStack Identity (keystone): director のコンポーネントの認証および承認
  • OpenStack Bare Metal (Ironic) および OpenStack Compute (Nova): ベアメタルノードの管理
  • OpenStack Networking (Neutron) および Open vSwitch: ベアメタルノードのネットワークの制御
  • OpenStack Image サービス (Glance): ベアメタルマシンへ書き込むイメージの格納
  • OpenStack Orchestation (Heat) および Puppet: director がオーバークラウドイメージをディスクに書き込んだ後のノードのオーケストレーションおよび設定
  • OpenStack Telemetry (Ceilometer): 監視とデータの収集。これには、以下が含まれます。

    • OpenStack Telemetry Metrics (gnocchi): メトリック向けの時系列データベース
    • OpenStack Telemetry Alarming (aodh): モニタリング向けのアラームコンポーネント
  • OpenStack Workflow サービス (mistral): プランのインポートやデプロイなど、特定の director 固有のアクションに対してワークフローセットを提供します。
  • OpenStack Messaging Service (zaqar): OpenStack Workflow サービスのメッセージサービスを提供します。
  • OpenStack Object Storage (swift): 以下のさまざまな OpenStack Platform のコンポーネントに対してオブジェクトストレージを提供します。

    • OpenStack Image サービスのイメージストレージ
    • OpenStack Bare Metal のイントロスペクションデータ
    • OpenStack Workflow サービスのデプロイメントプラン

1.2. オーバークラウド

オーバークラウドは、アンダークラウドを使用して構築した Red Hat OpenStack Platform 環境です。これには、作成予定の OpenStack Platform 環境をベースに定義するさまざまなノードロールが含まれます。アンダークラウドには、以下に示すオーバークラウドのデフォルトノードロールセットが含まれます。

コントローラー

OpenStack 環境に管理、ネットワーク、高可用性の機能を提供するノード。理想的な OpenStack 環境には、このノード 3 台で高可用性クラスターを構成することを推奨します。

デフォルトのコントローラーノードには、以下のコンポーネントが含まれます。

  • OpenStack Dashboard (horizon)
  • OpenStack Identity (keystone)
  • OpenStack Compute (nova) API
  • OpenStack Networking (neutron)
  • OpenStack Image サービス (glance)
  • OpenStack Block Storage (cinder)
  • OpenStack Object Storage (swift)
  • OpenStack Orchestration (heat)
  • OpenStack Telemetry (ceilometer)
  • OpenStack Telemetry Metrics (gnocchi)
  • OpenStack Telemetry Alarming (aodh)
  • OpenStack Clustering (sahara)
  • OpenStack Shared File Systems (manila)
  • OpenStack Bare Metal (ironic)
  • MariaDB
  • Open vSwitch
  • 高可用性サービス向けの Pacemaker および Galera
コンピュート

これらのノードは OpenStack 環境にコンピュートリソースを提供します。コンピュートノードをさらに追加して、環境を徐々にスケールアウトすることができます。デフォルトのコンピュートノードには、以下のコンポーネントが含まれます。

  • OpenStack Compute (nova)
  • KVM/QEMU
  • OpenStack Telemetry (ceilometer) エージェント
  • Open vSwitch
ストレージ

OpenStack 環境にストレージを提供するノード。これには、以下のストレージ用のノードが含まれます。

  • Ceph Storage ノード: ストレージクラスターを構成するために使用します。それぞれのノードには、Ceph Object Storage Daemon (OSD) が含まれます。また、Ceph Storage ノードをデプロイする場合には、director により Ceph Monitor がコントローラーノードにインストールされます。
  • Block storage (Cinder): HA コントローラーノードの外部ブロックストレージとして使用します。このノードには、以下のコンポーネントが含まれます。

    • OpenStack Block Storage (cinder) ボリューム
    • OpenStack Telemetry (ceilometer) エージェント
    • Open vSwitch
  • Object Storage (swift): これらのノードは、OpenStack Swift の外部ストレージ層を提供します。コントローラーノードは、Swift プロキシーを介してこれらのノードにアクセスします。このノードには、以下のコンポーネントが含まれます。

    • OpenStack Object Storage (swift) のストレージ
    • OpenStack Telemetry (ceilometer) エージェント
    • Open vSwitch

1.3. 高可用性

Red Hat OpenStack Platform director は、OpenStack Platform 環境に高可用性サービスを提供するためにコントローラーノードクラスターを使用します。director は、各コントローラーノードにコンポーネントの複製セットをインストールし、それらをまとめて単一のサービスとして管理します。このタイプのクラスター構成では、1 つのコントローラーノードが機能しなくなった場合にフォールバックするので、OpenStack のユーザーには一定の運用継続性が提供されます。

OpenStack Platform director は、複数の主要なソフトウェアを使用して、コントローラーノード上のコンポーネントを管理します。

  • Pacemaker: Pacemaker は、クラスターのリソースを管理します。Pacemaker は、クラスター内の全ノードにわたって OpenStack コンポーネントの可用性を管理および監視します。
  • HA Proxy: クラスターに負荷分散およびプロキシーサービスを提供します。
  • Galera: クラスター全体の OpenStack Platform データベースを複製します。
  • Memcached: データベースのキャッシュを提供します。
注記

Red Hat OpenStack Platform director は複数のコントローラーノードの高可用性を一括に自動設定します。ただし、フェンシングおよび電源管理制御を有効にするには、ノードを手動で設定する必要があります。本ガイドでは、これらの手順を記載しています。

1.4. Ceph Storage

通常、OpenStack を使用する大規模な組織では、数千単位またはそれ以上のクライアントにサービスを提供します。ブロックストレージリソースの消費に関して、それぞれの OpenStack クライアントは固有のニーズを持つのが一般的です。glance (イメージ)、cinder (ボリューム)、nova (コンピュート) を単一ノードにデプロイすると、数千単位のクライアントがある大規模なデプロイメントでの管理ができなくなる可能性があります。このような課題は、OpenStack をスケールアウトすることによって解決できます。

ただし、実際には、Red Hat Ceph Storage などのソリューションを活用して、ストレージ層を仮想化する必要もでてきます。ストレージ層の仮想化により、Red Hat OpenStack Platform のストレージ層を数十テラバイト規模からペタバイトさらにはエクサバイトのストレージにスケーリングすることが可能です。Red Hat Ceph Storage は、市販のハードウェアを使用しながらも、高可用性/高パフォーマンスのストレージ仮想化層を提供します。仮想化によってパフォーマンスが低下するというイメージがありますが、Ceph はブロックデバイスイメージをクラスター全体でオブジェクトとしてストライプ化するため、大きい Ceph のブロックデバイスイメージはスタンドアロンのディスクよりもパフォーマンスが優れているということになります。Ceph ブロックデバイスでは、パフォーマンスを強化するために、キャッシュ、Copy On Write クローン、Copy On Read クローンもサポートされています。

Red Hat Ceph Storage に関する情報は、「Red Hat Ceph Storage」を参照してください。

第2章 要件

本章では、director を使用して Red Hat OpenStack Platform をプロビジョニングする環境をセットアップするための主要な要件を記載します。これには、director のセットアップ/アクセス要件や OpenStack サービス用に director がプロビジョニングするホストのハードウェア要件が含まれます。

注記

Red Hat OpenStack Platform をデプロイする前には、利用可能なデプロイメントメソッドの特性を考慮することが重要です。詳しくは、「Installing and Managing Red Hat OpenStack Platform」のアーティクルを参照してください。

2.1. 環境要件

最小要件

  • Red Hat OpenStack Platform director 用のホストマシン 1 台
  • Red Hat OpenStack Platform コンピュートノード用のホストマシン 1 台
  • Red Hat OpenStack Platform コントローラーノード用のホストマシン 1 台

推奨要件

  • Red Hat OpenStack Platform director 用のホストマシン 1 台
  • Red Hat OpenStack Platform コンピュートノード用のホストマシン 3 台
  • クラスター内に Red Hat OpenStack Platform コントローラーノード用のホストマシン 3 台
  • クラスター内に Red Hat Ceph Storage ノード用のホストマシン 3 台

以下の点に注意してください。

  • 全ノードにはベアメタルシステムを使用することを推奨します。最低でも、コンピュートノードにはベアメタルシステムが必要です。
  • すべてのオーバークラウドベアメタルシステムには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) が必要です。これは、director が電源管理を制御するためです。
  • 各ノードの内部 BIOS クロックを UTC に設定します。これにより、タイムゾーンオフセットを適用する前に hwclock が BIOS クロックを同期するとファイルのタイムスタンプに未来の日時が設定される問題を防ぐことができます。
警告

Red Hat Enterprise Linux 7.3 カーネルにアップグレードするには、Open vSwitch (OVS) 2.4.0 も OVS 2.5.0 にアップグレードする必要があります。カーネルだけアップグレードすると、OVS は機能しなくなります。

2.2. アンダークラウドの要件

director をホストするアンダークラウドシステムは、オーバークラウド内の全ノードのプロビジョニングおよび管理を行います。

  • Intel 64 または AMD64 CPU 拡張機能をサポートする、8 コア 64 ビット x86 プロセッサー
  • 最小 16 GB の RAM
  • ルートディスク上に最小 40 GB の空きディスク領域。オーバークラウドのデプロイメントまたは更新を試みる前に、少なくとも 10 GB の空き領域を確保するようにしてください。この空き領域は、イメージの変換やノードのプロビジョニングプロセスのキャッシュに使用されます。
  • 最小 2 枚の 1 Gbps ネットワークインターフェースカード。ただし、特にオーバークラウド環境で多数のノードをプロビジョニングする場合には、ネットワークトラフィックのプロビジョニング用に 10 Gbps インターフェースを使用することを推奨します。
  • ホストオペレーティングシステムとしてインストールされた、最新マイナーバージョンの Red Hat Enterprise Linux
  • ホスト上で SELinux が Enforcing モードで有効化されていること

2.2.1. 仮想化サポート

Red Hat は、以下のプラットフォームでのみ仮想アンダークラウドをサポートします。

プラットフォーム説明

Kernel-based Virtual Machine (KVM)

認定済みのハイパーバイザーとしてリストされている Red Hat Enterprise Linux 7 でホストされていること

Red Hat Virtualization

認定済みのハイパーバイザーとしてリストされている Red Hat Virtualization 4.x でホストされていること

Microsoft Hyper-V

Red Hat Customer Portal Certification Catalogue に記載の Hyper-V のバージョンでホストされていること

VMware ESX および ESXi

Red Hat Customer Portal Certification Catalogue に記載の ESX および ESXi のバージョンでホストされていること

重要

Red Hat OpenStack Platform director 10 には、ホストオペレーティングシステムとして最新バージョンの Red Hat Enterprise Linux が必要です。このため、仮想化プラットフォームは下層の Red Hat Enterprise Linux バージョンもサポートする必要があります。

仮想マシンの要件

仮想アンダークラウドのリソース要件は、ベアメタルのアンダークラウドの要件と似ています。ネットワークモデル、ゲスト CPU 機能、ストレージのバックエンド、ストレージのフォーマット、キャッシュモードなどプロビジョニングの際には、さまざまなチューニングオプションを考慮する必要があります。

ネットワークの考慮事項

仮想アンダークラウドの場合は、以下にあげるネットワークの考慮事項に注意してください。

電源管理
アンダークラウドの仮想マシンには、オーバークラウドのノードにある電源管理のデバイスへのアクセスが必要です。これには、ノードの登録の際に、pm_addr パラメーターに IP アドレスを設定してください。
プロビジョニングネットワーク
プロビジョニング (ctlplane) ネットワークに使用する NIC には、オーバークラウドのベアメタルノードの NIC に対する DHCP 要求をブロードキャストして、対応する機能が必要です。仮想マシンの NIC をベアメタルの NIC と同じネットワークに接続するブリッジを作成することを推奨します。
注記

一般的に、ハイパーバイザーのテクノロジーにより、アンダークラウドが不明なアドレスのトラフィックを伝送できない場合に問題が発生します。Red Hat Enterprise Virtualization を使用する場合には、anti-mac-spoofing を無効にしてこれを回避してください。VMware ESX または ESXi を使用している場合は、偽装転送を承諾してこれを回避します。

アーキテクチャーの例

これは、KVM サーバーを使用した基本的なアンダークラウドの仮想化アーキテクチャー例です。これは、ネットワークやリソースの要件に合わせてビルド可能な基盤としての使用を目的としています。

KVM ホストは Linux ブリッジを 2 つ使用します。

br-ex (eth0)
  • アンダークラウドへの外部アクセスを提供します。
  • 外部ネットワークの DHCP サーバーは、仮想 NIC (eth0) を使用してアンダークラウドにネットワーク設定を割り当てます。
  • アンダークラウドがベアメタルサーバーの電源管理インターフェースにアクセスできるようにします。
br-ctlplane (eth1)
  • ベアメタルのオーバークラウドノードと同じネットワークに接続します。
  • アンダークラウドは、仮想 NIC (eth1) を使用して DHCP および PXE ブートの要求に対応します。
  • オーバークラウドのベアメタルサーバーは、このネットワークの PXE 経由でブートします。

KVM ホストには、以下のパッケージが必要です。

$ yum install libvirt-client libvirt-daemon qemu-kvm libvirt-daemon-driver-qemu libvirt-daemon-kvm virt-install bridge-utils rsync

以下のコマンドは、KVM ホストにアンダークラウドの仮想マシンして、適切なブリッジに接続するための仮想 NIC を 2 つ作成します。

$ virt-install --name undercloud --memory=16384 --vcpus=4 --location /var/lib/libvirt/images/rhel-server-7.3-x86_64-dvd.iso --disk size=100 --network bridge=br-ex --network bridge=br-ctlplane --graphics=vnc --hvm --os-variant=rhel7

このコマンドにより、libvirt ドメインが起動します。virt-manager に接続し、段階を追ってインストールプロセスが進められます。または、以下のオプションを使用してキックスタートファイルを指定し、無人インストールを実行することもできます。

--initrd-inject=/root/ks.cfg --extra-args "ks=file:/ks.cfg"

インストールが完了したら、root ユーザーとしてインスタンスに SSH 接続して、「4章アンダークラウドのインストール」の手順に従います。

バックアップ

以下のように、仮想アンダークラウドをバックアップするためのソリューションは複数あります。

  • オプション 1:『director のアンダークラウドのバックアップと復元』の説明に従います。
  • オプション 2: アンダークラウドをシャットダウンして、アンダークラウドの仮想マシンストレージのバックアップのコピーを取ります。
  • オプション 3: ハイパーバイザーがライブまたはアトミックのスナップショットをサポートする場合は、アンダークラウドの仮想マシンのスナップショットを作成します。

KVM サーバーを使用する場合は、以下の手順でスナップショットを作成してください。

  1. qemu-guest-agent がアンダークラウドのゲスト仮想マシンで実行していることを確認してください。
  2. 実行中の仮想マシンのライブスナップショットを作成します。
$ virsh snapshot-create-as --domain undercloud --disk-only --atomic --quiesce
  1. QCOW バッキングファイルのコピー (読み取り専用) を作成します。
$ rsync --sparse -avh --progress /var/lib/libvirt/images/undercloud.qcow2 1.qcow2
  1. QCOW オーバーレイファイルをバッキングファイルにマージして、アンダークラウドの仮想マシンが元のファイルを使用するように切り替えます。
$ virsh blockcommit undercloud vda --active --verbose --pivot

2.3. ネットワーク要件

アンダークラウドのホストには、最低でも 2 つのネットワークが必要です。

  • プロビジョニングネットワーク: オーバークラウドで使用するベアメタルシステムの検出がしやすくなるように、DHCP および PXE ブート機能を提供します。このネットワークは通常、director が PXE ブートおよび DHCP の要求に対応できるように、トランキングされたインターフェースでネイティブ VLAN を使用する必要があります。一部のサーバーのハードウェアの BIOS は、VLAN からの PXE ブートをサポートしていますが、その BIOS が、ブート後に VLAN をネイティブ VLAN に変換する機能もサポートする必要があります。この機能がサポートされていない場合には、アンダークラウドに到達できません。現在この機能を完全にサポートしているサーバーハードウェアはごく一部です。プロビジョニングネットワークは、オーバークラウドノード上で Intelligent Platform Management Interface (IPMI) により電源管理を制御するのに使用するネットワークでもあります。
  • 外部ネットワーク: オーバークラウドおよびアンダーグラウンドへの外部アクセスに使用する別個のネットワーク。このネットワークに接続するこのインターフェースには、静的または外部の DHCP サービス経由で動的に定義された、ルーティング可能な IP アドレスが必要です。

これは、必要なネットワークの最小数を示します。ただし、director は他の Red Hat OpenStack Platform ネットワークトラフィックをその他のネットワーク内に分離することができます。Red Hat OpenStack Platform は、ネットワークの分離に物理インターフェースとタグ付けされた VLAN の両方をサポートしています。

以下の点に注意してください。

  • 標準的な最小限のオーバークラウドのネットワーク構成には、以下が含まれます。

    • シングル NIC 構成: ネイティブ VLAN 上のプロビジョニングネットワークと、オーバークラウドネットワークの種別ごとのサブネットを使用するタグ付けされた VLAN 用に NIC を 1つ。
    • デュアル NIC 構成: プロビジョニングネットワーク用の NIC を 1 つと、外部ネットワーク用の NIC を 1 つ。
    • デュアル NIC 構成: ネイティブの VLAN 上にプロビジョニングネットワーク用の NIC を 1 つと、異なる種別のオーバークラウドネットワークのサブネットを使用するタグ付けされた VLAN 用の NIC を 1 つ。
    • 複数 NIC 構成: 各 NIC は、オーバークラウドネットワークの種別ごとのサブセットを使用します。
  • 追加の物理 NIC は、個別のネットワークの分離、ボンディングインターフェースの作成、タグ付された VLAN トラフィックの委譲に使用することができます。
  • ネットワークトラフィックの種別を分離するのに VLAN を使用している場合には、802.1Q 標準をサポートするスイッチを使用してタグ付けされた VLAN を提供します。
  • オーバークラウドの作成時には、全オーバークラウドマシンで 1 つの名前を使用して NIC を参照します。理想としては、混乱を避けるため、対象のネットワークごとに、各オーバークラウドノードで同じ NIC を使用してください。たとえば、プロビジョニングネットワークにはプライマリー NIC を使用して、OpenStack サービスにはセカンダリー NIC を使用します。
  • プロビジョニングネットワークの NIC は director マシン上でリモート接続に使用する NIC とは異なります。director のインストールでは、プロビジョニング NIC を使用してブリッジが作成され、リモート接続はドロップされます。director システムへリモート接続する場合には、外部 NIC を使用します。
  • プロビジョニングネットワークには、環境のサイズに適した IP 範囲が必要です。以下のガイドラインを使用して、この範囲に含めるべき IP アドレスの総数を決定してください。

    • プロビジョニングネットワークに接続されているノード 1 台につき最小で 1 IP アドレスを含めます。
    • 高可用性を設定する予定がある場合には、クラスターの仮想 IP 用に追加の IP アドレスを含めます。
    • 環境のスケーリング用の追加の IP アドレスを範囲に追加します。

      注記

      プロビジョニングネットワーク上で IP アドレスが重複するのを避ける必要があります。詳しい情報は、「ネットワークのプランニング」を参照してください。

      注記

      ストレージ、プロバイダー、テナントネットワークの IP アドレスの使用範囲をプランニングすることに関する情報は、『ネットワークガイド』を参照してください。

  • すべてのオーバークラウドシステムをプロビジョニング NIC から PXE ブートするように設定して、同システム上の外部 NIC およびその他の NIC の PXE ブートを無効にします。また、プロビジョニング NIC の PXE ブートは、ハードディスクや CD/DVD ドライブよりも優先されるように、ブート順序の最上位に指定するようにします。
  • すべてのオーバークラウドベアメタルシステムには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) などのサポート対象の電源管理インターフェースが必要です。このインターフェースにより、director は各ノードの電源管理機能を制御することが可能となります。
  • 各オーバークラウドシステムの詳細 (プロビジョニング NIC の MAC アドレス、IPMI NIC の IP アドレス、IPMI ユーザー名、IPMI パスワード) をメモしてください。この情報は、後でオーバークラウドノードを設定する際に役立ちます。
  • Red Hat のサポートには、フェンシンが必須です。コントローラーから OOB IPMI へのネットワークフローを追加する必要があります。
  • インスタンスが外部のインターネットからアクセス可能である必要がある場合には、パブリックネットワークから Floating IP アドレスを割り当てて、そのアドレスをインスタンスに関連付けます。インスタンスは、引き続きプライベートの IP アドレスを確保しますが、ネットワークトラフィックは NAT を使用して、Floating IP アドレスに到達します。Floating IP アドレスは、複数のプライベート IP アドレスではなく、単一のインスタンスにのみ割り当て可能である点に注意してください。ただし、Floating IP アドレスは、単一のテナントでのみ使用するように確保され、そのテナントは必要に応じて特定のインスタンスに関連付け/関連付け解除することができます。この設定では、お使いのインフラストラクチャーが外部のインターネットに公開されます。したがって、適切なセキュリティープラクティスを順守しているかどうかを確認しなければならない場合があります。
  • 1 つのブリッジには単一のインターフェースまたは単一のボンディングのみをメンバーにすると、Open vSwitch でネットワークループが発生するリスクを緩和することができます。複数のボンディングまたはインターフェースが必要な場合には、複数のブリッジを設定することが可能です。
  • オーバークラウドノードが Red Hat Content Delivery Network やネットワークタイムサーバーなどの外部のサービスに接続できるようにするには、DNS によるホスト名解決を使用することを推奨します。
重要

OpenStack Platform の実装のセキュリティーレベルは、その環境のセキュリティーレベルと同等です。ネットワーク環境内の適切なセキュリティー原則に従って、ネットワークアクセスが正しく制御されるようにします。以下に例を示します。

  • ネットワークのセグメント化を使用して、ネットワークトラフィックを軽減し、機密データを分離します。フラットなネットワークはセキュリティーレベルがはるかに低くなります。
  • サービスアクセスとポートを最小限に制限します。
  • 適切なファイアウォールルールとパスワードが使用されるようにします。
  • SELinux が有効化されていることを確認します。

システムのセキュリティー保護については、以下のドキュメントを参照してください。

2.4. オーバークラウドの要件

以下の項では、オーバークラウドのインストール内の個別システムおよびノードの要件について詳しく説明します。

注記

SAN (FC-AL、FCoE、iSCSI) からのオーバークラウドノードのブートは、まだサポートされていません。

2.4.1. コンピュートノードの要件

コンピュートノードは、仮想マシンインスタンスが起動した後にそれらを稼働させる役割を果たします。コンピュートノードは、ハードウェアの仮想化をサポートしている必要があります。また、ホストする仮想マシンインスタンスの要件をサポートするのに十分なメモリーとディスク容量も必要です。

プロセッサー
Intel 64 または AMD64 CPU 拡張機能をサポートする 64 ビット x86 プロセッサーで、Intel VT または AMD-V のハードウェア仮想化拡張機能が有効化されていること。このプロセッサーには最小でも 4 つのコアが搭載されていることを推奨しています。
メモリー容量
最小で 6 GB のメモリー。仮想マシンインスタンスに割り当てるメモリー容量に基づいて、この最低要求に追加の RAM を加算します。
ディスク容量
最小 40 GB の空きディスク領域
ネットワークインターフェースカード
最小 1 枚の 1 Gbps ネットワークインターフェースカード (実稼働環境では最低でも NIC を 2 枚使用することを推奨)。タグ付けされた VLAN トラフィックを委譲する場合や、ボンディングインターフェース向けの場合には追加のネットワークインターフェースを使用します。
電源管理
各コントローラーノードには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 機能などのサポート対象の電源管理インターフェースがサーバーのマザーボードに搭載されている必要があります。

2.4.2. コントローラーノードの要件

コントローラーノードは、RHEL OpenStack Platform 環境の中核となるサービス (例: Horizon Dashboard、バックエンドのデータベースサーバー、Keystone 認証、高可用性サービスなど) をホストする役割を果たします。

プロセッサー
Intel 64 または AMD64 CPU 拡張機能をサポートする 64 ビット x86 プロセッサーです。
メモリー容量

最小のメモリー容量は 32 GB です。ただし、推奨のメモリー容量は、仮想 CPU の数によって異なります (CPU コアをハイパースレッディングの値で乗算した数値に基づいています)。以下の計算を参考にしてください。

  • コントローラーの最小メモリー容量の算出:

    • 1 仮想 CPU あたり 1.5 GB のメモリーを使用します。たとえば、仮想 CPU が 48 個あるマシンにはメモリーは 72 GB 必要です。
  • コントローラーの推奨メモリー容量の算出:

    • 1 仮想 CPU あたり 3 GB のメモリーを使用します。たとえば、仮想 CPU が 48 個あるマシンにはメモリーは 144 GB 必要です。

メモリーの要件に関する詳しい情報は、Red Hat カスタマーポータルで「Red Hat OpenStack Platform Hardware Requirements for Highly Available Controllers」のアーティクルを参照してください。

ディスクストレージとレイアウト

デフォルトでは、Telemetry (gnocchi) および Object Storage (swift) サービスはいずれもコントローラーにインストールされ、ルートディスクを使用するように設定されます。これらのデフォルトは、コモディティーハードウェア上に構築される小型のオーバークラウドのデプロイに適しています。これは、概念検証およびテストの標準的な環境です。これらのデフォルトにより、最小限のプランニングでオーバークラウドをデプロイすることができますが、ワークロードキャパシティーとパフォーマンスの面ではあまり優れていません。

ただし、Telemetry がストレージに絶えずアクセスするため、エンタープライズ環境では、これによって大きなボトルネックが生じる可能性があります。これにより、ディスク I/O が過度に使用されて、その他すべてのコントローラーサービスに深刻な影響をもたらします。このタイプの環境では、オーバークラウドのプランニングを行って、適切に設定する必要があります。

Red Hat は、Telemetry と Object Storage の両方の推奨設定をいくつか提供しています。詳しくは、『Deployment Recommendations for Specific Red Hat OpenStack Platform Services』を参照してください。

ディスク容量
Object Storage サービス (swift) がコントローラーノード上で実行されていない場合には、最低でも 40 GB のディスク容量が利用可能であること。
ネットワークインターフェースカード
最小 2 枚の 1 Gbps ネットワークインターフェースカード。タグ付けされた VLAN トラフィックを委譲する場合や、ボンディングインターフェース向けの場合には追加のネットワークインターフェースを使用します。
電源管理
各コントローラーノードには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 機能などのサポート対象の電源管理インターフェースがサーバーのマザーボードに搭載されている必要があります。

2.4.3. Ceph Storage ノードの要件

Ceph Storage ノードは、RHEL OpenStack Platform 環境でオブジェクトストレージを提供する役割を果たします。

配置グループ
デプロイメントの規模によらず、動的で効率的なオブジェクトの追跡を容易に実施するために、Ceph では配置グループが使用されています。OSD の障害やクラスターのリバランスの際には、Ceph は配置グループおよびその内容を移動または複製することができるので、Ceph クラスターは効率的にリバランスおよび復旧を行うことができます。director が作成するデフォルトの配置グループ数が常に最適とは限らないので、実際の要件に応じて正しい配置グループ数を計算することが重要です。配置グループの計算ツールを使用して、正しい数を計算することができます (Ceph Placement Groups (PGs) per Pool Calculator を参照)。
プロセッサー
Intel 64 または AMD64 CPU 拡張機能をサポートする 64 ビット x86 プロセッサーです。
メモリー容量
メモリー要件はストレージ容量によって異なります。ハードディスク容量 1 TB あたり最小で 1 GB のメモリーを使用するのが理想的です。
ディスク容量
ストレージ要件は、メモリーの容量によって異なります。ハードディスク容量 1 TB あたり最小で 1 GB のメモリーを使用するのが理想的です。
ディスクのレイアウト

推奨される Red Hat Ceph Storage ノードの構成には、少なくとも以下のようなレイアウトの 3 つのディスクが必要です。

  • /dev/sda: ルートディスク。director は、主なオーバークラウドイメージをディスクにコピーします。
  • /dev/sdb: ジャーナルディスク。このディスクは、Ceph OSD ジャーナル向けにパーティションに分割されます。たとえば、/dev/sdb1/dev/sdb2/dev/sdb3 (以下同様) のように分割されます。ジャーナルディスクは、通常システムパフォーマンスの向上に役立つソリッドステートドライブ (SSD) です。
  • /dev/sdc 以降: OSD ディスク。ストレージ要件で必要な数のディスクを使用します。
ネットワークインターフェースカード
最小 1 枚の 1 Gbps ネットワークインターフェースカード (実稼働環境では最低でも NIC を 2 枚使用することを推奨)。タグ付けされた VLAN トラフィックを委譲する場合や、ボンディングインターフェース向けの場合には追加のネットワークインターフェースカードを使用します。特に大量のトラフィックにサービスを提供する OpenStack Platform 環境を構築する場合には、ストレージノードには 10 Gbps インターフェースを使用することを推奨します。
電源管理
各コントローラーノードには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 機能などのサポート対象の電源管理インターフェースがサーバーのマザーボードに搭載されている必要があります。

Ceph Storage クラスターを使用するオーバークラウドのインストールについての詳しい情報は、『オーバークラウド向けの Red Hat Ceph Storage』を参照してください。

2.4.4. Object Storage ノードの要件

オブジェクトストレージノードは、オーバークラウドのオブジェクトストレージ層を提供します。オブジェクトストレージプロキシーは、コントローラーノードにインストールされます。ストレージ層には、ノードごとに複数のディスクを持つベアメタルノードが必要です。

プロセッサー
Intel 64 または AMD64 CPU 拡張機能をサポートする 64 ビット x86 プロセッサーです。
メモリー容量
メモリー要件はストレージ容量によって異なります。ハードディスク容量 1 TB あたり最小で 1 GB のメモリーを使用するのが理想的です。最適なパフォーマンスを得るには、特にワークロードが小さいファイル (100 GB 未満) の場合にはハードディスク容量 1 TB あたり 2 GB のメモリーを使用することを推奨します。
ディスク容量

ストレージ要件は、ワークロードに必要とされる容量により異なります。アカウントとコンテナーのデータを保存するには SSD ドライブを使用することを推奨します。アカウントおよびコンテナーデータとオブジェクトの容量比率は、約 1 % です。たとえば、ハードドライブの容量 100 TB ごとに、アカウントおよびコンテナーデータの SSD 容量は 1 TB 用意するようにします。

ただし、これは保存したデータの種類により異なります。保存するオブジェクトサイズの大半が小さい場合には、SSD の容量がさらに必要です。オブジェクトが大きい場合には (ビデオ、バックアップなど)、SSD の容量を減らします。

ディスクのレイアウト

推奨のノード設定には、以下のようなディスクレイアウトが必要です。

  • /dev/sda: ルートディスク。director は、主なオーバークラウドイメージをディスクにコピーします。
  • /dev/sdb: アカウントデータに使用します。
  • /dev/sdc: コンテナーデータに使用します。
  • /dev/sdd 以降: オブジェクトサーバーディスク。ストレージ要件で必要な数のディスクを使用します。
ネットワークインターフェースカード
最小 2 枚の 1 Gbps ネットワークインターフェースカード。タグ付けされた VLAN トラフィックを委譲する場合や、ボンディングインターフェース向けの場合には追加のネットワークインターフェースを使用します。
電源管理
各コントローラーノードには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 機能などのサポート対象の電源管理インターフェースがサーバーのマザーボードに搭載されている必要があります。

2.5. リポジトリーの要件

アンダークラウドおよびオーバークラウドにはいずれも、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) または Red Hat Satellite 5 もしくは 6 のいずれかを使用した Red Hat リポジトリーへのアクセスが必要です。Red Hat Satellite Server を使用する場合は、必要なリポジトリーをお使いの OpenStack Platform 環境に同期します。以下の CDN チャネル名一覧を参考にしてください。

警告

Red Hat Enterprise Linux 7.3 カーネルにアップグレードするには、Open vSwitch (OVS) 2.4.0 も OVS 2.5.0 にアップグレードする必要があります。カーネルだけアップグレードすると、OVS は機能しなくなります。

表2.1 OpenStack Platform リポジトリー

名前

リポジトリー

要件の説明

Red Hat Enterprise Linux 7 Server (RPMs)

rhel-7-server-rpms

ベースオペレーティングシステムのリポジトリー

Red Hat Enterprise Linux 7 Server - Extras (RPMs)

rhel-7-server-extras-rpms

Red Hat OpenStack Platform の依存関係が含まれます。

Red Hat Enterprise Linux 7 Server - RH Common (RPMs)

rhel-7-server-rh-common-rpms

Red Hat OpenStack Platform のデプロイと設定用のツールが含まれます。

Red Hat Satellite Tools for RHEL 7 Server RPMs x86_64

rhel-7-server-satellite-tools-6.2-rpms

Red Hat Satellite 6 でのホスト管理ツール

Red Hat Enterprise Linux High Availability (for RHEL 7 Server) (RPMs)

rhel-ha-for-rhel-7-server-rpms

Red Hat Enterprise Linux の高可用性ツール。コントローラーノードの高可用性に使用します。

Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 10 for RHEL 7 (RPMs)

rhel-7-server-openstack-10-rpms

Red Hat OpenStack Platform のコアリポジトリー。Red Hat OpenStack Platform director のパッケージも含まれます。

Red Hat Ceph Storage OSD 2 for Red Hat Enterprise Linux 7 Server (RPMs)

rhel-7-server-rhceph-2-osd-rpms

(Ceph Storage ノード向け) Ceph Storage Object Storage デーモンのリポジトリー。Ceph Storage ノードにインストールします。

Red Hat Ceph Storage MON 2 for Red Hat Enterprise Linux 7 Server (RPMs)

rhel-7-server-rhceph-2-mon-rpms

(Ceph Storage ノード向け) Ceph Storage Monitor デーモンのリポジトリー。Ceph Storage ノードを使用して OpenStack 環境にあるコントローラーノードにインストールします。

Red Hat Ceph Storage Tools 2 for Red Hat Enterprise Linux 7 Server (RPMs)

rhel-7-server-rhceph-2-tools-rpms

Ceph Storage クラスターと通信するためのノード用のツールを提供します。このリポジトリーは、Ceph Storage クラスターを使用するオーバークラウドをデプロイする際に、すべてのオーバークラウドノードで有効にする必要があります。

注記

ネットワークがオフラインの Red Hat OpenStack Platform 環境用リポジトリーを設定するには、Red Hat カスタマーポータルで「オフライン環境で Red Hat OpenStack Platform Director を設定する」のアーティクルを参照してください。

第3章 オーバークラウドのプランニング

以下の項で、Red Hat OpenStack Platform 環境のさまざまな要素をプランニングする際のガイドラインを説明します。これには、ノードロールの定義、ネットワークトポロジーのプランニング、ストレージなどが含まれます。

3.1. ノードのデプロイメントロールのプランニング

director はオーバークラウドの構築に、デフォルトで複数のノード種別を提供します。これらのノード種別は以下のとおりです。

コントローラー

環境を制御するための主要なサービスを提供します。これには、Dashboard (horizon)、認証 (keystone)、イメージストレージ (glance)、ネットワーク (neutron)、オーケストレーション (heat)、高可用性サービスが含まれます。高可用性の環境の場合は、Red Hat OpenStack Platform 環境にコントローラーノードが 3 台必要です。

注記

1 台のノードで構成される環境は、テスト目的に使用することができます。2 台のノードまたは 4 台以上のノードで構成される環境はサポートされません。

コンピュート
ハイパーバイザーとして機能し、環境内で仮想マシンを実行するのに必要な処理能力を提供する物理サーバー。基本的な Red Hat OpenStack Platform 環境には少なくとも 1 つのコンピュートノードが必要です。
Ceph Storage
Red Hat Ceph Storage を提供するホスト。Ceph Storage ホストはクラスターに追加され、クラスターをスケーリングします。このデプロイメントロールはオプションです。
Swift Storage
OpenStack の Swift サービスに外部オブジェクトストレージを提供するホスト。このデプロイメントロールはオプションです。

以下の表には、オーバークラウドの構成例と各シナリオで使用するノード種別の定義をまとめています。

表3.1 各種シナリオに使用するノードデプロイメントロール

 

コントローラー

コンピュート

Ceph Storage

Swift Storage

合計

小規模のオーバークラウド

3

1

-

-

4

中規模のオーバークラウド

3

3

-

-

6

追加のオブジェクトストレージがある中規模のオーバークラウド

3

3

-

3

9

Ceph Storage クラスターがある中規模のオーバークラウド

3

3

3

-

9

さらに、個別のサービスをカスタムのロールに分割するかどうかを検討します。コンポーザブルロールのアーキテクチャーに関する詳しい情報は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』「コンポーザブルサービスとカスタムロール」を参照してください。

3.2. ネットワークのプランニング

ロールとサービスを適切にマッピングして相互に正しく通信できるように、環境のネットワークトポロジーおよびサブネットのプランニングを行うことが重要です。Red Hat OpenStack Platform では、自律的に動作してソフトウェアベースのネットワーク、静的/Floating IP アドレス、DHCP を管理する Neutron ネットワークサービスを使用します。director は、オーバークラウド環境の各コントローラーノードに、このサービスをデプロイします。

Red Hat OpenStack Platform は、さまざまなサービスをマッピングして、お使いの環境の各種サブネットに割り当てられたネットワークトラフィックの種別を分類します。このネットワークトラフィック種別には以下が含まれます。

表3.2 ネットワーク種別の割り当て

ネットワーク種別

説明

そのネットワーク種別を使用するノード

IPMI

ノードの電源管理に使用するネットワーク。このネットワークは、アンダークラウドのインストール前に事前定義されます。

全ノード

プロビジョニング

director は、このネットワークトラフィック種別を使用して、PXE ブートで新規ノードをデプロイし、オーバークラウドベアメタルサーバーに OpenStack Platform のインストールをオーケストレーションします。 このネットワークは、アンダークラウドのインストール前に事前定義されます。

全ノード

内部 API

内部 API ネットワークは、API 通信、RPC メッセージ、データベース通信経由で OpenStack のサービス間の通信を行う際に使用します。

コントローラー、コンピュート、Cinder Storage、Swift Storage

テナント

Neutron は、VLAN 分離 (各テナントネットワークがネットワーク VLAN) または VXLAN か GRE 経由のトンネリングを使用した独自のネットワークを各テナントに提供します。ネットワークトラフィックは、テナントのネットワークごとに分割されます。テナントネットワークにはそれぞれ IP サブネットが割り当てられています。また、ネットワーク名前空間が複数あると、複数のテナントネットワークが同じアドレスを使用できるので、競合は発生しません。

コントローラー、コンピュート

ストレージ

Block Storage、NFS、iSCSI など。理想的には、これはパフォーマンス上の理由から、完全に別のスイッチファブリックに分離した方がよいでしょう。

全ノード

ストレージ管理

OpenStack Object Storage (swift) は、このネットワークを使用して、参加するレプリカノード間でデータオブジェクトを同期します。プロキシーサービスは、ユーザー要求と下層のストレージレイヤーの間の仲介インターフェースとして機能します。プロキシーは、受信要求を受け取り、必要なレプリカの位置を特定して要求データを取得します。Ceph バックエンドを使用するサービスは、Ceph と直接対話せずにフロントエンドのサービスを使用するため、ストレージ管理ネットワーク経由で接続を確立します。RBD ドライバーは例外で、このトラフィックは直接 Ceph に接続する点に注意してください。

コントローラー、Ceph Storage、Cinder Storage、Swift Storage

外部

グラフィカルシステム管理用の OpenStack Dashboard (Horizon)、OpenStack サービス用のパブリック API をホストして、インスタンスへの受信トラフィック向けに SNAT を実行します。外部ネットワークがプライベート IP アドレスを使用する場合には (RFC-1918 に準拠)、インターネットからのトラフィックに対して、さらに NAT を実行する必要があります。

コントローラーとアンダークラウド

Floating IP

受信トラフィックが Floating IP アドレスとテナントネットワーク内のインスタンスに実際に割り当てられた IP アドレスとの間の 1 対 1 の IP アドレスマッピングを使用してインスタンスに到達できるようにします。外部ネットワークからは分離した VLAN 上で Floating IP をホストする場合には、Floating IP VLAN をコントローラーノードにトランキングして、オーバークラウドの作成後に Neutron を介して VLAN を追加します。これにより、複数のブリッジに接続された複数の Floating IP ネットワークを作成する手段が提供されます。VLAN は、トランキングされますが、インターフェースとしては設定されません。その代わりに、Neutron は各 Floating IP ネットワークに選択したブリッジ上の VLAN セグメンテーション ID を使用して、OVS ポートを作成します。

コントローラー

管理

SSH アクセス、DNS トラフィック、NTP トラフィックなどのシステム管理機能を提供します。このネットワークは、コントローラー以外のノード用のゲートウェイとしても機能します。

全ノード

一般的な Red Hat OpenStack Platform のシステム環境では通常、ネットワーク種別の数は物理ネットワークのリンク数を超えます。全ネットワークを正しいホストに接続するには、オーバークラウドは VLAN タグ付けを使用して、1 つのインターフェースに複数のネットワークを提供します。ネットワークの多くは、サブネットが分離されていますが、インターネットアクセスまたはインフラストラクチャーにネットワーク接続ができるようにルーティングを提供するレイヤー 3 のゲートウェイが必要です。

注記

デプロイ時に neutron VLAN モード (トンネリングは無効) を使用する場合でも、プロジェクトネットワーク (GRE または VXLAN でトンネリング) をデプロイすることを推奨します。これには、デプロイ時にマイナーなカスタマイズを行う必要があり、将来ユーティリティーネットワークまたは仮想化ネットワークとしてトンネルネットワークを使用するためのオプションが利用可能な状態になります。VLAN を使用してテナントネットワークを作成することは変わりませんが、テナントの VLAN を消費せずに特別な用途のネットワーク用に VXLAN トンネルを作成することも可能です。また、テナント VLAN を使用するデプロイメントに VXLAN 機能を追加することは可能ですが、サービスを中断せずにテナント VLAN を既存のオーバークラウドに追加することはできません。

director は、トラフィック種別の中から 6 つを特定のサブネットまたは VLAN にマッピングする方法を提供します。このようなトラフィック種別には、以下が含まれます。

  • 内部 API
  • Storage
  • ストレージ管理
  • テナントネットワーク
  • 外部
  • 管理 (オプション)

未割り当てのネットワークは、プロビジョニングネットワークと同じサブネットに自動的に割り当てられます。

下図では、ネットワークが個別の VLAN に分離されたネットワークトポロジーの例を紹介しています。各オーバークラウドノードは、ボンディングで 2 つ (nic2 および nic3) のインターフェースを使用して、対象の VLAN 経由でこれらのネットワークを提供します。また、各オーバークラウドのノードは、ネイティブの VLAN (nic1) を使用するプロビジョニングネットワークでアンダークラウドと通信します。

Example VLAN Topology using Bonded Interfaces

以下の表は、異なるネットワークのレイアウトをマッピングするネットワークトラフィック例が記載されています。

表3.3 ネットワークマッピング

 

マッピング

インターフェースの総数

VLAN の総数

外部アクセスのあるフラットネットワーク

ネットワーク 1: プロビジョニング、内部 API、ストレージ、ストレージ管理、テナントネットワーク

ネットワーク 2: 外部、Floating IP (オーバークラウドの作成後にマッピング)

2

2

分離ネットワーク

ネットワーク 1: プロビジョニング

ネットワーク 2: 内部 API

ネットワーク 3: テナントネットワーク

ネットワーク 4: ストレージ

ネットワーク 5: ストレージ管理

ネットワーク 6: 管理 (オプション)

ネットワーク 7: 外部、Floating IP (オーバークラウドの作成後にマッピング)

3 (ボンディングインターフェース 2 つを含む)

7

3.3. ストレージのプランニング

注記

任意のドライバーまたはバックエンド種別のバックエンド cinder ボリュームを使用するゲストインスタンスで LVM を使用すると、パフォーマンス、ボリュームの可視性/可用性、およびデータ破損の問題が生じます。このような問題は、LVM フィルターを使用すると緩和することができます。詳しくは、『ストレージガイド』「バックエンド」および KCS アーティクル「Using LVM on a cinder volume exposes the data to the host」を参照してください。

director は、オーバークラウド環境にさまざまなストレージオプションを提供します。オプションは以下のとおりです。

Ceph Storage ノード

director は、Red Hat Ceph Storage を使用して拡張可能なストレージノードセットを作成します。オーバークラウドは、各種ノードを以下の目的で使用します。

  • イメージ: glance は仮想マシンのイメージを管理します。イメージを変更することはできません。OpenStack はイメージバイナリーブロブとして処理し、それに応じてイメージをダウンロードします。glance を使用して、Ceph ブロックデバイスにイメージを保管することができます。
  • ボリューム: cinder ボリュームはブロックデバイスです。OpenStack では、ボリュームを使用して仮想マシンをブートしたり、ボリュームを実行中の仮想マシンにアタッチしたりします。OpenStack は Cinder サービスを使用してボリュームを管理します。イメージの CoW (Copy-on-Write) クローンを使用して、Cinder により仮想マシンをブートすることができます。
  • ゲストディスク: ゲストディスクは、ゲストオペレーティングシステムのディスクです。デフォルトでは、Nova で仮想マシンをブートすると、ディスクは、ハイパーバイザーのファイルシステム上のファイルとして表示されます (通常 /var/lib/nova/instances/<uuid>/ の配下)。Ceph 内にあるすべての仮想マシンを cinder を使用せずに直接ブートすることができます。これにより、ライブマイグレーションのプロセスを使用して、簡単にメンテナンス操作を実行することができるので便利です。また、ハイパーバイザーが停止した場合には、nova evacuate をトリガーして、ほぼシームレスに仮想マシンを別の場所で実行することもできるので便利です。

    重要

    Ceph 内で仮想マシンをブートする場合は (一時バックエンドまたはボリュームからのブート)、glance イメージの形式を RAW 形式にする必要があります。Ceph では、仮想マシンディスクをホストするのに、QCOW2 または VMDK 等の他のイメージ形式はサポートされません。

その他の情報については、『Red Hat Ceph Storage Architecture Guide』を参照してください。

Swift Storage ノード
director は、外部オブジェクトストレージノードを作成します。これは、オーバークラウド環境でコントローラーノードをスケーリングまたは置き換える必要があるが、高可用性クラスター外にオブジェクトストレージを保持する必要がある場合に便利です。

第4章 アンダークラウドのインストール

Red Hat OpenStack Platform 環境の構築では、最初にアンダークラウドシステムに director をインストールします。これには、必要なサブスクリプションやリポジトリーを有効化するために複数の手順を実行する必要があります。

4.1. director のインストールユーザーの作成

director のインストールプロセスでは、root 以外のユーザーがコマンドを実行する必要があります。以下のコマンドを使用して、stack という名前のユーザーを作成して、パスワードを設定します。

[root@director ~]# useradd stack
[root@director ~]# passwd stack  # specify a password

sudo を使用する際に、このユーザーがパスワードを要求されないようにします。

[root@director ~]# echo "stack ALL=(root) NOPASSWD:ALL" | tee -a /etc/sudoers.d/stack
[root@director ~]# chmod 0440 /etc/sudoers.d/stack

新規作成した stack ユーザーに切り替えます。

[root@director ~]# su - stack
[stack@director ~]$

stack ユーザーで director のインストールを続行します。

4.2. テンプレートとイメージ用のディレクトリーの作成

director はシステムのイメージと Heat テンプレートを使用して、オーバークラウド環境を構築します。これらのファイルを整理するには、イメージとテンプレート用にディレクトリーを作成するように推奨します。

$ mkdir ~/images
$ mkdir ~/templates

本ガイドのその他のセクションでは、この 2 つのディレクトリーを使用して特定のファイルを保存します。

4.3. システムのホスト名の設定

director には、インストールと設定プロセス用に完全修飾ドメイン名が必要です。これは、director のホストのホスト名を設定する必要がある場合があることを意味します。ホストのホスト名を確認します。

$ hostname    # Checks the base hostname
$ hostname -f # Checks the long hostname (FQDN)

どちらかのコマンドで正しいホスト名が出力されない、またはエラーが表示される場合には、hostnamectl でホスト名を設定します。

$ sudo hostnamectl set-hostname manager.example.com
$ sudo hostnamectl set-hostname --transient manager.example.com

director では、/etc/hosts にシステムのホスト名とベース名も入力する必要があります。たとえば、システムの名前が manager.example.com の場合は、/etc/hosts に以下のように入力する必要があります。

127.0.0.1   manager.example.com manager localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4

4.4. システムの登録

Red Hat OpenStack Platform director をインストールするには、まず Red Hat Subscription Manager を使用してホストシステムを登録し、必要なチャンネルをサブスクライブします。

コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

$ sudo subscription-manager register

Red Hat OpenStack Platform director のエンタイトルメントプール ID を検索します。以下に例を示します。

$ sudo subscription-manager list --available --all --matches="*OpenStack*"
Subscription Name:   Name of SKU
Provides:            Red Hat Single Sign-On
                     Red Hat Enterprise Linux Workstation
                     Red Hat CloudForms
                     Red Hat OpenStack
                     Red Hat Software Collections (for RHEL Workstation)
                     Red Hat Virtualization
SKU:                 SKU-Number
Contract:            Contract-Number
Pool ID:             Valid-Pool-Number-123456
Provides Management: Yes
Available:           1
Suggested:           1
Service Level:       Support-level
Service Type:        Service-Type
Subscription Type:   Sub-type
Ends:                End-date
System Type:         Physical

Pool ID の値を特定して、Red Hat OpenStack Platform 10 のエンタイトルメントをアタッチします。

$ sudo subscription-manager attach --pool=Valid-Pool-Number-123456

デフォルトのリポジトリーをすべて無効にしてから、必要な Red Hat Enterprise Linux リポジトリーを有効にします。

$ sudo subscription-manager repos --disable=*
$ sudo subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rpms --enable=rhel-7-server-extras-rpms --enable=rhel-7-server-rh-common-rpms --enable=rhel-ha-for-rhel-7-server-rpms --enable=rhel-7-server-openstack-10-rpms

これらのリポジトリーには、director のインストールに必要なパッケージが含まれます。

重要

「リポジトリーの要件」でリストしたリポジトリーのみを有効にします。追加のリポジトリーを使用すると、パッケージとソフトウェアの競合が発生する場合があります。他のリポジトリーは有効にしないでください。

システムで更新を実行して、ベースシステムパッケージを最新の状態にします。

$ sudo yum update -y
$ sudo reboot

システムは、director をインストールできる状態になりました。

4.5. director パッケージのインストール

以下のコマンドを使用して、director のインストールと設定に必要なコマンドラインツールをインストールします。

$ sudo yum install -y python-tripleoclient

これにより、director のインストールに必要なパッケージがすべてインストールされます。

4.6. director の設定

director のインストールプロセスには、ネットワーク設定を判断する特定の設定が必要です。この設定は、stack ユーザーのホームディレクトリーに undercloud.conf として配置されているテンプレートに保存されています。

Red Hat は、インストールに必要な設定を判断しやすいように、基本テンプレートを提供しています。このテンプレートを stack ユーザーのホームディレクトリーにコピーします。

$ cp /usr/share/instack-undercloud/undercloud.conf.sample ~/undercloud.conf

undercloud.conf ファイルには、アンダークラウドを設定するための設定値が含まれています。パラメーターを省略したり、コメントアウトした場合には、アンダークラウドのインストールでデフォルト値が使用されます。

テンプレートには [DEFAULT] および [auth] の 2 つのセクションが含まれます。[DEFAULT] セクションには以下のパラメーターが含まれます。

undercloud_hostname
アンダークラウドの完全修飾ホスト名を定義します。設定すると、アンダークラウドのインストールで全システムのホスト名が設定されます。未設定のままにすると、アンダークラウドは現在のホスト名を使用しますが、ユーザーは適切に全システムのホスト名の設定を行う必要があります。
local_ip
director のプロビジョニング NIC 用に定義する IP アドレス。これは、director が DHCP および PXE ブートサービスに使用する IP アドレスでもあります。環境内の既存の IP アドレスまたはサブネットと競合するなど、プロビジョニングネットワークに別のサブネットを使用する場合以外は、この値はデフォルトの 192.0.2.1/24 のままにします。
network_gateway

オーバークラウドインスタンスのゲートウェイ。外部ネットワークにトラフィックを転送するアンダークラウドのホストです。director に別の IP アドレスを使用する場合または外部ゲートウェイを直接使用する場合以外は、この値はデフォルト (192.0.2.1) のままにします。

注記

director の設定スクリプトは、適切な sysctl カーネルパラメーターを使用して IP フォワーディングを自動的に有効にする操作も行います。

undercloud_public_vip
SSL/TLS 経由の director のパブリック API エンドポイントに定義する IP アドレスまたはホスト名。director の設定により、IP アドレスは /32 ネットマスクを使用するルーティングされた IP アドレスとして director のソフトウェアブリッジに接続されます。
undercloud_admin_vip
SSL/TLS 経由の director の管理 API エンドポイントに定義する IP アドレスまたはホスト名。director の設定により、IP アドレスは /32 ネットマスクを使用するルーティングされた IP アドレスとして director のソフトウェアブリッジに接続されます。
undercloud_service_certificate
OpenStack SSL 通信の証明書の場所とファイル名。理想的には、信頼できる認証局から、この証明書を取得します。それ以外の場合は、「付録A SSL/TLS 証明書の設定」のガイドラインを使用して独自の自己署名の証明書を作成します。これらのガイドラインには、自己署名の証明書か認証局からの証明書に拘らず、証明書の SELinux コンテキストを設定する方法が含まれています。
generate_service_certificate
アンダークラウドのインストール時に SSL 証明書を生成するかどうかを定義します。これは undercloud_service_certificate パラメーターに使用します。アンダークラウドのインストールで、作成された証明書 /etc/pki/tls/certs/undercloud-[undercloud_public_vip].pem を保存します。certificate_generation_ca パラメーターで定義される CA はこの証明書に署名します。
certificate_generation_ca
要求した証明書に署名する CA の certmonger のニックネーム。generate_service_certificate パラメーターを設定した場合のみこのオプションを使用します。local CA を選択する場合は、certmonger はローカルの CA 証明書を /etc/pki/ca-trust/source/anchors/cm-local-ca.pem に抽出して、トラストチェーンに追加します。
service_principal
この証明書を使用するサービスの Kerberos プリンシパル。CA で FreeIPA などの Kerberos プリンシパルが必要な場合にのみ使用します。
local_interface

director のプロビジョニング NIC 用に選択するインターフェース。これは、director が DHCP および PXE ブートサービスに使用するデバイスでもあります。この値を選択したデバイスに変更します。接続されているデバイスを確認するには、ip addr コマンドを使用します。ip addr コマンドの出力結果の例を、以下に示します。

2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 52:54:00:75:24:09 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.122.178/24 brd 192.168.122.255 scope global dynamic eth0
       valid_lft 3462sec preferred_lft 3462sec
    inet6 fe80::5054:ff:fe75:2409/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noop state DOWN
    link/ether 42:0b:c2:a5:c1:26 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

この例では、外部 NIC は eth0 を、プロビジョニング NIC は未設定の eth1 を使用します。今回は、local_interfaceeth1 に設定します。この設定スクリプトにより、このインターフェースが inspection_interface パラメーターで定義したカスタムのブリッジにアタッチされます。

local_mtu
local_interface に使用する MTU。
network_cidr
オーバークラウドインスタンスの管理に director が使用するネットワーク。これは、アンダークラウドの neutron サービスが管理するプロビジョニングネットワークです。プロビジョニングネットワークに別のサブネットを使用しない限り、この値はデフォルト (192.0.2.0/24) のままにします。
masquerade_network
外部アクセスのためにマスカレードするネットワークを定義します。このパラメーターにより、director 経由で外部ネットワークにアクセスすることができるように、プロビジョニングネットワークにネットワークアドレス変換 (NAT) の一部メカニズムが提供されます。プロビジョニングネットワークに別のサブネットを使用しない限り、この値はデフォルト (192.0.2.0/24) のままにします。
dhcp_start、dhcp_end
オーバークラウドノードの DHCP 割り当て範囲 (開始アドレスと終了アドレス)。ノードを割り当てるのに十分な IP アドレスがこの範囲に含まれるようにします。
hieradata_override
hieradata オーバーライドファイルへのパス。設定すると、アンダークラウドのインストールでこのファイルが /etc/puppet/hieradata にコピーされ、階層の最初のファイルに設定されます。これを使用して、undercloud.conf パラメーター以外のカスタム設定をサービスに指定します。
net_config_override
ネットワーク設定のオーバーライドテンプレートへのパス。これを設定すると、アンダークラウドは JSON 形式のテンプレートを使用して os-net-config でネットワークを設定します。これは、undercloud.conf に設定されているネットワークパラメーターを無視します。/usr/share/instack-undercloud/templates/net-config.json.template の例を参照してください。
inspection_interface
ノードのイントロスペクションに director が使用するブリッジ。これは、director の設定により作成されるカスタムのブリッジです。LOCAL_INTERFACE でこのブリッジをアタッチします。これは、デフォルトの br-ctlplane のままにします。
inspection_iprange
director のイントロスペクションサービスが PXE ブートとプロビジョニングプロセスの際に使用する IP アドレス範囲。コンマ区切りの値を使用して、開始アドレスと終了アドレスを定義します。たとえば、192.0.2.100,192.0.2.120 のように指定します。この範囲には、使用するノードに十分な数の IP アドレスが含まれるようにし、dhcp_startdhcp_end の範囲とは競合しないように設定してください。
inspection_extras
イントロスペクション時に追加のハードウェアコレクションを有効化するかどうかを定義します。イントロスペクションイメージでは python-hardware または python-hardware-detect パッケージが必要です。
inspection_runbench
ノードイントロスペクション時に一連のベンチマークを実行します。有効にするには、true に設定します。このオプションは、登録ノードのハードウェアを検査する際にベンチマーク分析を実行する場合に必要です。詳しくは、「ノードのハードウェアの検査」を参照してください。
inspection_enable_uefi
UEFI のみのファームウェアを使用するノードのイントロスペクションをサポートするかどうかを定義します。詳しい情報は、「付録D 代替ブートモード」を参照してください。
undercloud_debug
アンダークラウドサービスのログレベルを DEBUG に設定します。この値を true に設定して有効にします。
enable_tempest
検証ツールをインストールするかどうかを定義します。デフォルトは、false に設定されていますが、true で有効化することができます。
enable_mistral
アンダークラウドに OpenStack Workflow サービス (mistral) をインストールするかどうかを定義します。
enable_zaqar
アンダークラウドに OpenStack Messaging サービス (zaqar) をインストールするかどうかを定義します。
ipxe_enabled
iPXE か標準の PXE のいずれを使用するか定義します。デフォルトは true で iPXE を有効化します。false に指定すると、標準の PXE に設定されます。詳しい情報は、「付録D 代替ブートモード」を参照してください。
enable_telemetry
アンダークラウドに OpenStack Telemetry (ceilometer、aodh) サービスをインストールするかどうかを定義します。デフォルト値は false で、アンダークラウド上の telemetry が無効になります。このパラメーターは、Red Hat CloudForms などのメトリックデータを消費する他の製品を使用している場合に必要です。
enable_ui
director の Web UI をインストールするかどうかを定義します。これにより、グラフィカル Web インターフェースを使用して、オーバークラウドのプランニングやデプロイメントが可能になります。詳しい情報は、「6章Web UI を使用した基本的なオーバークラウド要件の設定」を参照してください。UI は、undercloud_service_certificate または generate_service_certificate のいずれかを使用して SSL/TLS を有効化している場合にのみ使用できる点にご注意ください。
enable_validations
検証の実行に必要なアイテムをインストールするかどうかを定義します。
store_events
アンダークラウドに OpenStack Telemetry (ceilomete) のイベントを保管するかどうかを定義します。
scheduler_max_attempts
スケジューラーがインスタンスのデプロイを試行する最大回数。これは、スケジューリング時に競合状態にならないように、1 度にデプロイする予定のベアメタルノードの数以上に指定するようにしてください。

[auth] セクションには以下のパラメーターが含まれます。

undercloud_db_password、undercloud_admin_token、undercloud_admin_password、undercloud_glance_passwm など

残りのパラメーターは、全 director サービスのアクセス詳細を指定します。値を変更する必要はありません。undercloud.conf で空欄になっている場合には、これらの値は director の設定スクリプトによって自動的に生成されます。設定スクリプトの完了後には、すべての値を取得することができます。

重要

これらのパラメーターの設定ファイルの例では、プレースホルダーの値に <None> を使用しています。これらの値を <None> に設定すると、デプロイメントでエラーが発生します。

これらのパラメーターの値は、ネットワークに応じて変更してください。完了したら、ファイルを保存して以下のコマンドを実行します。

$ openstack undercloud install

このコマンドで、director の設定スクリプトを起動します。director により、追加のパッケージがインストールされ、undercloud.conf の設定に合わせてサービスを設定します。このスクリプトは、完了までに数分かかります。

設定スクリプトにより、完了時には 2 つのファイルが生成されます。

  • undercloud-passwords.conf: director サービスの全パスワード一覧
  • stackrc: director のコマンドラインツールへアクセスできるようにする初期化変数セット

この設定により、OpenStack Platform のすべてのサービスも自動的に起動します。以下のコマンドを使用して、有効化されたサービスを確認してください。

$ sudo systemctl list-units openstack-*

stack ユーザーを初期化してコマンドラインツールを使用するには、以下のコマンドを実行します。

$ source ~/stackrc

これで、director のコマンドラインツールが使用できるようになりました。

4.7. オーバークラウドノードのイメージの取得

director では、オーバークラウドのノードをプロビジョニングする際に、複数のディスクが必要です。必要なディスクは以下のとおりです。

  • イントロスペクションのカーネルおよび ramdisk: PXE ブートでベアメタルシステムのイントロスペクションに使用
  • デプロイメントカーネルおよび ramdisk: システムのプロビジョニングおよびデプロイメントに使用
  • オーバークラウドカーネル、ramdisk、完全なイメージ: ノードのハードディスクに書き込まれるベースのオーバークラウドシステム

rhosp-director-images および rhosp-director-images-ipa パッケージからこれらのイメージを取得します。

$ sudo yum install rhosp-director-images rhosp-director-images-ipa

stack ユーザーのホーム (/home/stack/images) の images ディレクトリーにアーカイブを展開します。

$ cd ~/images
$ for i in /usr/share/rhosp-director-images/overcloud-full-latest-10.0.tar /usr/share/rhosp-director-images/ironic-python-agent-latest-10.0.tar; do tar -xvf $i; done

これらのイメージを director にインポートします。

$ openstack overcloud image upload --image-path /home/stack/images/

このコマンドにより、bm-deploy-kernelbm-deploy-ramdiskovercloud-fullovercloud-full-initrdovercloud-full-vmlinuz のイメージが director にアップロードされますこれらは、デプロイメントとオーバークラウド用のイメージです。スクリプトにより、director の PXE サーバー上にイントロスペクションイメージもインストールされます。

CLI でイメージ一覧を表示します。

$ openstack image list
+--------------------------------------+------------------------+
| ID                                   | Name                   |
+--------------------------------------+------------------------+
| 765a46af-4417-4592-91e5-a300ead3faf6 | bm-deploy-ramdisk      |
| 09b40e3d-0382-4925-a356-3a4b4f36b514 | bm-deploy-kernel       |
| ef793cd0-e65c-456a-a675-63cd57610bd5 | overcloud-full         |
| 9a51a6cb-4670-40de-b64b-b70f4dd44152 | overcloud-full-initrd  |
| 4f7e33f4-d617-47c1-b36f-cbe90f132e5d | overcloud-full-vmlinuz |
+--------------------------------------+------------------------+

この一覧には、イントロスペクションの PXE イメージは表示されません。director は、これらのファイルを /httpboot にコピーします。

[stack@host1 ~]$ ls -l /httpboot
total 341460
-rwxr-xr-x. 1 root root   5153184 Mar 31 06:58 agent.kernel
-rw-r--r--. 1 root root 344491465 Mar 31 06:59 agent.ramdisk
-rw-r--r--. 1 root root       337 Mar 31 06:23 inspector.ipxe
注記

デフォルトの overcloud-full.qcow2 イメージは、フラットなパーティションイメージです。ただし、完全なディスクイメージをインポートして使用することも可能です。詳しくは、「付録C 完全なディスクイメージ」を参照してください。

4.8. アンダークラウドの Neutron サブネットでのネームサーバーの設定

オーバークラウドで cdn.redhat.com などの外部のホスト名を解決する予定の場合は、オーバークラウドノード上にネームサーバーを設定することを推奨します。ネットワークを分離していない標準のオーバークラウドの場合には、ネームサーバーはアンダークラウドの neutron サブネットを使用して定義されます。環境でネームサーバーを定義するには、以下のコマンドを使用します。

$ openstack subnet list
$ openstack subnet set --dns-nameserver [nameserver1-ip] --dns-nameserver [nameserver2-ip] [subnet-uuid]

サブネットを表示してネームサーバーを確認します。

$ openstack subnet show [subnet-uuid]
+-------------------+-----------------------------------------------+
| Field             | Value                                         |
+-------------------+-----------------------------------------------+
| ...               |                                               |
| dns_nameservers   | 8.8.8.8                                       |
| ...               |                                               |
+-------------------+-----------------------------------------------+
重要

サービストラフィックを別のネットワークに分離する場合は、オーバークラウドのノードはネットワーク環境ファイルの DnsServer パラメーターを使用します。

4.9. アンダークラウドのバックアップ

Red Hat では、アンダークラウドホストおよび Red Hat OpenStack Platform director から重要なデータのバックアップを作成するプロセスを提供しています。アンダークラウドのバックアップについての詳しい情報は、『director のアンダークラウドのバックアップと復元』を参照してください。

4.10. アンダークラウド設定の完了

これで アンダークラウドの設定が完了しました。次の章では、ノードの登録、検査、さまざまなノードロールのタグ付けなど、オーバークラウドの基本的な設定について説明します。

第5章 CLI ツールを使用した基本的なオーバークラウド要件の設定

本章では、CLI ツールを使用した OpenStack Platform 環境の基本的な設定手順を説明します。基本設定のオーバークラウドには、カスタム機能は含まれません。ただし、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』に記載の手順に従って、この基本的なオーバークラウドに高度な設定オプションを追加し、仕様に合わせてカスタマイズすることができます。

本章の例では、すべてのノードが電源管理に IPMI を使用したベアメタルシステムとなっています。これ以外のサポート対象電源管理ドライバーおよびそのオプションに関する詳細は、「付録B 電源管理ドライバー」を参照してください。

ワークフロー

  1. ノード定義のテンプレートを作成して director で空のノードを登録します。
  2. 全ノードのハードウェアを検査します。
  3. ロールにノードをタグ付けします。
  4. 追加のノードプロパティーを定義します。

要件

  • 4章アンダークラウドのインストール」で作成した director ノード
  • ノードに使用するベアメタルマシンのセット。必要なノード数は、作成予定のオーバークラウドのタイプにより異なります (オーバークラウドロールに関する情報は「ノードのデプロイメントロールのプランニング」を参照してください)。これらのマシンは、各ノード種別に設定された要件に従う必要があります。これらの要件については、「オーバークラウドの要件」を参照してください。これらのノードにはオペレーティングシステムは必要ありません。director が Red Hat Enterprise Linux 7 のイメージを各ノードにコピーします。
  • ネイティブ VLAN として設定したプロビジョニングネットワーク用のネットワーク接続 1 つ。全ノードは、このネイティブに接続して、「ネットワーク要件」で設定した要件に準拠する必要があります。本章の例では、プロビジョニングサブネットを 192.0.2.0/24 とし、以下の IP アドレス割り当てを使用しています。

    表5.1 プロビジョニングネットワークの IP 割り当て

    ノード名

    IP アドレス

    MAC アドレス

    IPMI IP アドレス

    director

    192.0.2.1

    aa:aa:aa:aa:aa:aa

    不要

    コントローラー

    定義済みの DHCP

    bb:bb:bb:bb:bb:bb

    192.0.2.205

    Compute

    定義済みの DHCP

    cc:cc:cc:cc:cc:cc

    192.0.2.206

  • その他のネットワーク種別はすべて、OpenStack サービスにプロビジョニングネットワークを使用します。ただし、ネットワークトラフィックの他のタイプに追加でネットワークを作成することができます。

5.1. オーバークラウドノードの登録

director では、手動で作成したノード定義のテンプレートが必要です。このファイル (instackenv.json) は、JSON 形式のファイルを使用して、ノードのハードウェアおよび電源管理の情報が含まれます。たとえば、2 つのノードを登録するテンプレートは、以下のようになります。

{
    "nodes":[
        {
            "mac":[
                "bb:bb:bb:bb:bb:bb"
            ],
            "name":"node01",
            "cpu":"4",
            "memory":"6144",
            "disk":"40",
            "arch":"x86_64",
            "pm_type":"pxe_ipmitool",
            "pm_user":"admin",
            "pm_password":"p@55w0rd!",
            "pm_addr":"192.0.2.205"
        },
        {
            "mac":[
                "cc:cc:cc:cc:cc:cc"
            ],
            "name":"node02",
            "cpu":"4",
            "memory":"6144",
            "disk":"40",
            "arch":"x86_64",
            "pm_type":"pxe_ipmitool",
            "pm_user":"admin",
            "pm_password":"p@55w0rd!",
            "pm_addr":"192.0.2.206"
        }
    ]
}

このテンプレートでは、以下の属性を使用します。

name
ノードの論理名
pm_type
使用する電源管理ドライバー。この例で使用しているのは IPMI ドライバー (pxe_ipmitool) で、電源管理の推奨ドライバーです。
pm_user、pm_password
IPMI のユーザー名およびパスワード
pm_addr
IPMI デバイスの IP アドレス
mac
(オプション) ノード上のネットワークインターフェースの MAC アドレス一覧。各システムのプロビジョニング NIC の MAC アドレスのみを使用します。
cpu
(オプション) ノード上の CPU 数
memory
(オプション) メモリーサイズ (MB 単位)
disk
(オプション) ハードディスクのサイズ (GB 単位)
arch
(オプション) システムアーキテクチャー
注記

IPMI が推奨されるサポート対象電源管理ドライバーです。これ以外のサポート対象電源管理ドライバーおよびそのオプションに関する詳細は、「付録B 電源管理ドライバー」を参照してください。それらの電源管理ドライバーが想定どおりに機能しない場合には、電源管理に IPMI を使用してください。

テンプレートを作成したら、以下のコマンドを実行してフォーマットおよび構文を検証します。

$ openstack baremetal instackenv validate --file instackenv.json

stack ユーザーのホームディレクトリーにファイルを保存し (/home/stack/instackenv.json)、続いて以下のコマンドを実行してテンプレートを director にインポートします。

$ openstack overcloud node import ~/instackenv.json

このコマンドでテンプレートをインポートして、テンプレートから director に各ノードを登録します。

ノードを登録して設定が完了した後に、CLI でこれらのノードの一覧を表示します。

$ openstack baremetal node list

5.2. ノードのハードウェアの検査

director は各ノードでイントロスペクションプロセスを実行することができます。このプロセスを実行すると、各ノードが PXE を介してイントロスペクションエージェントをブートします。このエージェントは、ノードからハードウェアのデータを収集して、director に送り返します。次に director は、director 上で実行中の OpenStack Object Storage (swift) サービスにこのイントロスペクションデータを保管します。director は、プロファイルのタグ付け、ベンチマーキング、ルートディスクの手動割り当てなど、さまざまな目的でハードウェア情報を使用します。

注記

ポリシーファイルを作成して、イントロスペクションの直後にノードをプロファイルに自動でタグ付けすることも可能です。ポリシーファイルを作成してイントロスペクションプロセスに組み入れる方法に関する詳しい情報は、「付録E プロファイルの自動タグ付け」を参照してください。または、「プロファイルへのノードのタグ付け」に記載の手順に従って、ノードをプロファイルに手動でタグ付けすることもできます。

すべてのノードを管理状態に設定します。

$ for node in $(openstack baremetal node list -c UUID -f value) ; do openstack baremetal node manage $node ; done

以下のコマンドを実行して、各ノードのハードウェア属性を検証します。

$ openstack overcloud node introspect --all-manageable --provide
  • --all-manageable オプションは、管理状態のノードのみをイントロスペクションします。上記の例では、すべてのノードが対象です。
  • --provide オプションは、イントロスペクション後に全ノードを active の状態にリセットします。

別のターミナルウィンドウで以下のコマンドを使用してイントロスペクションの進捗状況をモニタリングします。

$ sudo journalctl -l -u openstack-ironic-inspector -u openstack-ironic-inspector-dnsmasq -u openstack-ironic-conductor -f
重要

このプロセスが最後まで実行されて正常に終了したことを確認してください。ベアメタルノードの場合には、通常 15 分ほどかかります。

あるいは、それぞれのノードで個別にイントロスペクションを実施します。ノードを管理モードに設定してイントロスペクションを実施し、続いてノードの管理モードを終了します。

$ openstack baremetal node manage [NODE UUID]
$ openstack overcloud node introspect [NODE UUID] --provide

5.3. プロファイルへのノードのタグ付け

各ノードのハードウェアを登録、検査した後には、特定のプロファイルにノードをタグ付けします。このプロファイルタグにより、ノードがフレーバーに照合され、次にそのフレーバーがデプロイメントロールに割り当てられます。以下の例では、コントローラーノードのロール、フレーバー、プロファイル、ノード間の関係を示しています。

タイプ説明

ロール

Controller ロールはコントローラーノードの設定方法を定義します。

フレーバー

control フレーバーは、ノードをコントローラーとして使用するためのハードウェアプロファイルを定義します。使用するノードを director が決定できるように、このフレーバーを Controller ロールに割り当てます。

プロファイル

control プロファイルは、control フレーバーに適用するタグです。これにより、フレーバーに属するノードが定義されます。

ノード

また、各ノードに control プロファイルタグを適用して、control フレーバーにグループ化します。これにより、director が Controller ロールを使用してノードを設定します。

アンダークラウドのインストール時に、デフォルトプロファイルのフレーバー computecontrolswift-storageceph-storageblock-storage が作成され、大半の環境で変更なしに使用することができます。

注記

多くのノードでは、プロファイルの自動タグ付けを使用します。詳しくは、「付録E プロファイルの自動タグ付け」を参照してください。

特定のプロファイルにノードをタグ付けする場合には、各ノードの properties/capabilities パラメーターに profile オプションを追加します。たとえば、2 つのノードをタグ付けしてコントローラープロファイルとコンピュートプロファイルをそれぞれ使用するには、以下のコマンドを実行します。

$ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:compute,boot_option:local' 58c3d07e-24f2-48a7-bbb6-6843f0e8ee13
$ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:control,boot_option:local' 1a4e30da-b6dc-499d-ba87-0bd8a3819bc0

profile:computeprofile:control オプションを追加することで、この 2 つのノードがそれぞれのプロファイルにタグ付けされます。

これらのコマンドは、各ノードのブート方法を定義する boot_option:local パラメーターも設定します。お使いのハードウェアによっては、boot_mode パラメーターを uefi に追加して、ノードが BIOS モードの代わりに UEFI を使用してブートするようにする必要がある場合もあります。詳しい情報は、「UEFI ブートモード」を参照してください。

ノードのタグ付けが完了した後には、割り当てたプロファイルまたはプロファイルの候補を確認します。

$ openstack overcloud profiles list

カスタムロールのプロファイル

カスタムロールを使用する場合には、これらの新規ロールに対応するために追加のフレーバーやプロファイルを作成する必要があるかもしれません。たとえば、Networker ロールの新規フレーバーを作成するには、以下のコマンドを実行します。

$ openstack flavor create --id auto --ram 4096 --disk 40 --vcpus 1 networker
$ openstack flavor set --property "cpu_arch"="x86_64" --property "capabilities:boot_option"="local" --property "capabilities:profile"="networker" networker

この新規プロファイルにノードを割り当てます。

$ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:networker,boot_option:local' dad05b82-0c74-40bf-9d12-193184bfc72d

5.4. ノードのルートディスクの定義

一部のノードでは、複数のディスクが使用される場合があります。したがって、director はプロビジョニング時にルートディスクに使用するディスクを特定する必要があります。以下のプロパティーを使用すると、director がルートディスクを特定するのに役立ちます。

  • model (文字列): デバイスの ID
  • vendor (文字列): デバイスのベンダー
  • serial (文字列): ディスクのシリアル番号
  • hctl (文字列): SCSI のホスト、チャンネル、ターゲット、Lun
  • size (整数): デバイスのサイズ (GB 単位)
  • wwn (文字列): 一意のストレージ ID
  • wwn_with_extension (文字列): ベンダー拡張子を追加した一意のストレージ ID
  • wwn_vendor_extension (文字列): 一意のベンダーストレージ ID
  • rotational (ブール値): ディスクを用いるデバイス (HDD) の場合は true、それ以外 (SSD) の場合は false。
  • name: デバイス名 (例: /dev/sdb1)。これは、永続デバイス名が付いたデバイスのみに使用してください。

以下の例は、ディスクのシリアル番号を使用して、オーバークラウドイメージをデプロイするルートディスクを指定する方法を示しています。

各ノードのハードウェアイントロスペクションからのディスク情報を確認します。以下のコマンドにより、ノードのディスク情報を表示します。

$ openstack baremetal introspection data save 1a4e30da-b6dc-499d-ba87-0bd8a3819bc0 | jq ".inventory.disks"

たとえば、1 つのノードのデータで 3 つのディスクが表示される場合があります。

[
  {
    "size": 299439751168,
    "rotational": true,
    "vendor": "DELL",
    "name": "/dev/sda",
    "wwn_vendor_extension": "0x1ea4dcc412a9632b",
    "wwn_with_extension": "0x61866da04f3807001ea4dcc412a9632b",
    "model": "PERC H330 Mini",
    "wwn": "0x61866da04f380700",
    "serial": "61866da04f3807001ea4dcc412a9632b"
  }
  {
    "size": 299439751168,
    "rotational": true,
    "vendor": "DELL",
    "name": "/dev/sdb",
    "wwn_vendor_extension": "0x1ea4e13c12e36ad6",
    "wwn_with_extension": "0x61866da04f380d001ea4e13c12e36ad6",
    "model": "PERC H330 Mini",
    "wwn": "0x61866da04f380d00",
    "serial": "61866da04f380d001ea4e13c12e36ad6"
  }
  {
    "size": 299439751168,
    "rotational": true,
    "vendor": "DELL",
    "name": "/dev/sdc",
    "wwn_vendor_extension": "0x1ea4e31e121cfb45",
    "wwn_with_extension": "0x61866da04f37fc001ea4e31e121cfb45",
    "model": "PERC H330 Mini",
    "wwn": "0x61866da04f37fc00",
    "serial": "61866da04f37fc001ea4e31e121cfb45"
  }
]

以下の例では、ルートデバイスをシリアル番号が 61866da04f380d001ea4e13c12e36ad6 のディスク 2 に設定します。そのためには、ノード定義の root_device パラメーターに変更を加える必要があります。

$ openstack baremetal node set --property root_device='{"serial": "61866da04f380d001ea4e13c12e36ad6"}' 1a4e30da-b6dc-499d-ba87-0bd8a3819bc0

この操作は、director がルートディスクとして使用する特定のディスクを把握するのに役立ちます。オーバークラウドの作成を開始すると、director はこのノードをプロビジョニングし、オーバークラウドイメージをこのディスクに書き込みます。

注記

各ノードの BIOS を設定して、選択したルートディスクからのブートを含めるようにしてください。最初にネットワークからのブートを試み、次にルートディスクからのブートを試みるブート順序を推奨します。

重要

ルートディスクを設定するのに 名前 を使用しないでください。この値は、ノードのブート時に変更される可能性があります。

5.5. オーバークラウドのカスタマイズ

アンダークラウドには、オーバークラウドの作成プランとして機能するさまざまな Heat テンプレートが含まれます。『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』を使用して、オーバークラウドの詳細機能をカスタマイズすることができます。

カスタマイズを行わない場合は、基本的なオーバークラウドのデプロイを続行することができます。詳しくは、「「CLI ツールを使用したオーバークラウドの作成」」を参照してください。

重要

基本的なオーバークラウドでは、ブロックストレージにローカルの LVM ストレージを使用しますが、この設定はサポートされません。ブロックストレージには、外部のトレージソリューションを使用することを推奨します。

5.6. CLI ツールを使用したオーバークラウドの作成

OpenStack 環境作成における最後の段階では、openstack overcloud deploy コマンドを実行して OpenStack 環境を作成します。このコマンドを実行する前に、キーオプションやカスタムの環境ファイルの追加方法を十分に理解しておく必要があります。以下のセクションでは、openstack overcloud deploy コマンドとそれに関連するオプションについて説明します。

警告

バックグラウンドプロセスとして openstack overcloud deploy を実行しないでください。バックグラウンドのプロセスとして開始された場合にはオーバークラウドの作成は途中で停止してしまう可能性があります。

オーバークラウドのパラメーター設定

以下の表では、openstack overcloud deploy コマンドを使用する際の追加パラメーターを一覧表示します。

表5.2 デプロイメントパラメーター

パラメーター説明

--templates [TEMPLATES]

デプロイする Heat テンプレートが格納されているディレクトリー。空欄にした場合には、コマンドはデフォルトのテンプレートの場所である /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/ を使用します。

--stack STACK

作成または更新するスタックの名前

-t [TIMEOUT]--timeout [TIMEOUT]

デプロイメントのタイムアウト (分単位)

--libvirt-type [LIBVIRT_TYPE]

ハイパーバイザーに使用する仮想化タイプ

--ntp-server [NTP_SERVER]

時刻の同期に使用する Network Time Protocol (NTP) サーバー。コンマ区切りリストで複数の NTP サーバーを指定することも可能です (例: --ntp-server 0.centos.pool.org,1.centos.pool.org)。高可用性クラスターのデプロイメントの場合には、コントローラーが一貫して同じタイムソースを参照することが必須となります。標準的な環境には、確立された慣行によって、NTP タイムソースがすでに指定されている可能性がある点に注意してください。

--no-proxy [NO_PROXY]

環境変数 no_proxy のカスタム値を定義します。これにより、プロキシー通信から特定のドメイン拡張子が除外されます。

--overcloud-ssh-user OVERCLOUD_SSH_USER

オーバークラウドノードにアクセスする SSH ユーザーを定義します。通常、SSH アクセスは heat-admin ユーザーで実行されます。

-e [EXTRA HEAT TEMPLATE]--extra-template [EXTRA HEAT TEMPLATE]

オーバークラウドデプロイメントに渡す追加の環境ファイル。複数回指定することが可能です。openstack overcloud deploy コマンドに渡す環境ファイルの順序が重要である点に注意してください。たとえば、逐次的に渡される各環境ファイルは、前の環境ファイルのパラメーターを上書きします。

--environment-directory

デプロイメントに追加する環境ファイルが格納されているディレクトリー。このコマンドは、これらの環境ファイルを最初に番号順、その後にアルファベット順で処理します。

--validation-errors-nonfatal

オーバークラウドの作成プロセスでは、デプロイメントの前に一連のチェックが行われます。このオプションは、デプロイメント前のチェックで何らかの致命的でないエラーが発生した場合に終了します。どのようなエラーが発生してもデプロイメントが失敗するので、このオプションを使用することを推奨します。

--validation-warnings-fatal

オーバークラウドの作成プロセスでは、デプロイメントの前に一連のチェックが行われます。このオプションは、デプロイメント前のチェックで何らかのクリティカルではない警告が発生した場合に終了します。

--dry-run

オーバークラウドに対する検証チェックを実行しますが、オーバークラウドを実際には作成しません。

--skip-postconfig

オーバークラウドのデプロイ後の設定を省略します。

--force-postconfig

オーバークラウドのデプロイ後の設定を強制的に行います。

--answers-file ANSWERS_FILE

引数とパラメーターが記載された YAML ファイルへのパス

--rhel-reg

カスタマーポータルまたは Satellite 6 にオーバークラウドノードを登録します。

--reg-method

オーバークラウドノードに使用する登録方法。Red Hat Satellite 6 または Red Hat Satellite 5 は satellite、カスタマーポータルは portal

--reg-org [REG_ORG]

登録に使用する組織

--reg-force

すでに登録済みでもシステムを登録します。

--reg-sat-url [REG_SAT_URL]

オーバークラウドノードを登録する Satellite サーバーのベース URL。このパラメーターには、HTTPS URL ではなく、Satellite の HTTP URL を使用します。たとえば、https://satellite.example.com ではなく http://satellite.example.com を使用します。オーバークラウドの作成プロセスではこの URL を使用して、どのサーバーが Red Hat Satellite 5 または Red Hat Satellite 6 サーバーであるかを判断します。Red Hat Satellite 6 サーバーの場合は、オーバークラウドは katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm ファイルを取得して subscription-manager に登録し、katello-agent をインストールします。Red Hat Satellite 5 サーバーの場合にはオーバークラウドは RHN-ORG-TRUSTED-SSL-CERT ファイルを取得して rhnreg_ks に登録します。

--reg-activation-key [REG_ACTIVATION_KEY]

登録に使用するアクティベーションキー

環境ファイルの parameter_defaults セクションに追加する Heat テンプレートのパラメーターの使用が優先されるため、一部のコマンドラインパラメーターは古いか非推奨となっています。以下の表では、非推奨となったパラメーターと、それに相当する Heat テンプレートのパラメーターを対照しています。

表5.3 非推奨の CLI パラメーターと Heat テンプレートのパラメーターの対照表

パラメーター説明Heat テンプレートのパラメーター

--control-scale

スケールアウトするコントローラーノードの数

ControllerCount

--compute-scale

スケールアウトするコンピュートノードの数

ComputeCount

--ceph-storage-scale

スケールアウトする Ceph Storage ノードの数

CephStorageCount

--block-storage-scale

スケールアウトする Cinder ノードの数

BlockStorageCount

--swift-storage-scale

スケールアウトする Swift ノードの数

ObjectStorageCount

--control-flavor

コントローラーノードに使用するフレーバー

OvercloudControlFlavor

--compute-flavor

コンピュートノードに使用するフレーバー

OvercloudComputeFlavor

--ceph-storage-flavor

Ceph Storage ノードに使用するフレーバー

OvercloudCephStorageFlavor

--block-storage-flavor

Cinder ノードに使用するフレーバー

OvercloudBlockStorageFlavor

--swift-storage-flavor

Swift Storage ノードに使用するフレーバー

OvercloudSwiftStorageFlavor

--neutron-flat-networks

フラットなネットワークが neutron プラグインで設定されるように定義します。外部ネットワークを作成ができるようにデフォルトは「datacentre」に設定されています。

NeutronFlatNetworks

--neutron-physical-bridge

各ハイパーバイザーで作成する Open vSwitch ブリッジ。デフォルトは「br-ex」です。通常、このパラメーターを変更する必要はありません。

HypervisorNeutronPhysicalBridge

--neutron-bridge-mappings

使用する論理ブリッジから物理ブリッジへのマッピング。ホストの外部ブリッジ (br-ex) を物理名 (datacentre) にマッピングするようにデフォルト設定されています。これは、デフォルトの Floating ネットワークに使用されます。

NeutronBridgeMappings

--neutron-public-interface

ネットワークノード向けに br-ex にブリッジするインターフェースを定義します。

NeutronPublicInterface

--neutron-network-type

Neutron のテナントネットワーク種別

NeutronNetworkType

--neutron-tunnel-types

neutron テナントネットワークのトンネリング種別。複数の値を指定するには、コンマ区切りの文字列を使用します。

NeutronTunnelTypes

--neutron-tunnel-id-ranges

テナントネットワークを割り当てに使用できる GRE トンネリングの ID 範囲

NeutronTunnelIdRanges

--neutron-vni-ranges

テナントネットワークを割り当てに使用できる VXLAN VNI の ID 範囲

NeutronVniRanges

--neutron-network-vlan-ranges

サポートされる Neutron ML2 および Open vSwitch VLAN マッピングの範囲。デフォルトでは、物理ネットワーク datacentre 上の任意の VLAN を許可するように設定されています。

NeutronNetworkVLANRanges

--neutron-mechanism-drivers

neutron テナントネットワークのメカニズムドライバー。デフォルトは「openvswitch」です。複数の値を指定するには、コンマ区切りの文字列を使用します。

NeutronMechanismDrivers

--neutron-disable-tunneling

VLAN で区切られたネットワークまたは neutron でのフラットネットワークを使用するためにトンネリングを無効化します。

パラメーターのマッピングなし

--validation-errors-fatal

オーバークラウドの作成プロセスでは、デプロイメントの前に一連のチェックが行われます。このオプションは、デプロイメント前のチェックで何らかの致命的なエラーが発生した場合に終了します。どのようなエラーが発生してもデプロイメントが失敗するので、このオプションを使用することを推奨します。

パラメーターのマッピングなし

これらのパラメーターは、Red Hat OpenStack Platform の今後のリリースで廃止される予定です。

注記

オプションの完全一覧については、以下のコマンドを実行します。

$ openstack help overcloud deploy

5.7. オーバークラウド作成時の環境ファイルの追加

オーバークラウドをカスタマイズするには、-e を指定して、環境ファイルを追加します。必要に応じていくつでも環境ファイルを追加することができます。ただし、後で実行される環境ファイルで定義されているパラメーターとリソースが優先されることになるため、環境ファイルの順番は重要です。以下の一覧は、環境ファイルの順序の例です。

  • 各ロールおよびそのフレーバーごとのノード数。オーバークラウドを作成するには、この情報の追加は不可欠です。
  • 任意のネットワーク分離ファイル。heat テンプレートコレクションの初期化ファイル (environments/network-isolation.yaml) から開始して、次にカスタムの NIC 設定ファイル、最後に追加のネットワーク設定の順番です。
  • 外部のロードバランシングの環境ファイル
  • Ceph Storage、NFS、iSCSI などのストレージ環境ファイル
  • Red Hat CDN または Satellite 登録用の環境ファイル
  • その他のカスタム環境ファイル

-e オプションを使用してオーバークラウドに追加した環境ファイルはいずれも、オーバークラウドのスタック定義の一部となります。以下のコマンドは、追加するカスタム環境ファイルを使用してオーバークラウドの作成を開始する方法の一例です。

$ openstack overcloud deploy --templates \
  -e ~/templates/node-info.yaml\
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml \
  -e ~/templates/network-environment.yaml \
  -e ~/templates/storage-environment.yaml \
  --ntp-server pool.ntp.org \

上記のコマンドでは、以下の追加オプションも使用できます。

  • --templates: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates の Heat テンプレートコレクションを使用してオーバークラウドを作成します。
  • -e ~/templates/node-info.yaml: -e オプションにより、オーバークラウドのデプロイメントに別の環境ファイルを追加します。ここでは、各ロールのノード数および使用するフレーバーを定義するカスタム環境ファイルを追加します。以下に例を示します。

    parameter_defaults:
      OvercloudControlFlavor: control
      OvercloudComputeFlavor: compute
      OvercloudCephStorageFlavor: ceph-storage
      ControllerCount: 3
      ComputeCount: 3
      CephStorageCount: 3
  • -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml: -e オプションにより、オーバークラウドのデプロイメントに別の環境ファイルを追加します。ここでは、ネットワーク分離の設定を初期化する環境ファイルを追加します。
  • -e ~/templates/network-environment.yaml: -e オプションにより、オーバークラウドのデプロイメントに別の環境ファイルを追加します。ここでは、ネットワーク分離のカスタマイズが含まれるネットワーク環境ファイルを追加します。
  • -e ~/templates/storage-environment.yaml: -e オプションにより、オーバークラウドのデプロイメントに別の環境ファイルを追加します。ここでは、ストレージ設定を初期化するカスタム環境ファイルを追加します。
  • --ntp-server pool.ntp.org: 時刻の同期に NTP サーバーを使用します。コントローラーノードクラスターの同期を保つのに、このオプションが役立ちます。

director は、「7章オーバークラウド作成後のタスクの実行」に記載の再デプロイおよびデプロイ後の機能にこれらの環境ファイルを必要とします。これらのファイルが含まれていない場合には、オーバークラウドが破損する可能性があります。

オーバークラウド設定を後で変更する予定の場合には、以下の作業を行う必要があります。

  1. カスタムの環境ファイルおよび Heat テンプレートのパラメーターを変更します。
  2. 同じ環境ファイルを指定して openstack overcloud deploy コマンドを再度実行します。

オーバークラウドの設定は直接編集しないでください。手動で設定しても、director でオーバークラウドスタックの更新を行う際に、director の設定で上書きされてしまいます。

環境ファイルディレクトリーの追加

--environment-directory オプションを使用して、環境ファイルを格納しているディレクトリー全体を追加することも可能です。デプロイメントコマンドにより、このディレクトリー内の環境ファイルは、最初に番号順、その後にアルファベット順で処理されます。この方法を使用する場合には、ファイルの処理順を制御するために、ファイル名に数字のプレフィックスを使用することを推奨します。以下に例を示します。

$ ls -1 ~/templates
00-node-info.yaml
10-network-isolation.yaml
20-network-environment.yaml
30-storage-environment.yaml
40-rhel-registration.yaml

以下のデプロイメントコマンドを実行してディレクトリーを追加します。

$ openstack overcloud deploy --templates --environment-directory ~/templates

回答ファイルの使用

回答ファイルは、テンプレートおよび環境ファイルの追加を簡素化する YAML ファイルです。回答ファイルでは、以下のパラメーターを使用します。

templates
使用するコア Heat テンプレートコレクション。これは、--templates のコマンドラインオプションの代わりとして機能します。
environments
追加する環境ファイルの一覧。これは、--environment-file (-e) のコマンドラインオプションの代わりとして機能します。

たとえば、回答ファイルには以下の内容を含めることができます。

templates: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/
environments:
  - ~/templates/00-node-info.yaml
  - ~/templates/10-network-isolation.yaml
  - ~/templates/20-network-environment.yaml
  - ~/templates/30-storage-environment.yaml
  - ~/templates/40-rhel-registration.yaml

以下のデプロイメントコマンドを実行して回答ファイルを追加します。

$ openstack overcloud deploy --answers-file ~/answers.yaml

5.8. オーバークラウドプランの管理

openstack overcloud deploy コマンドを使用する代わりに、director を使用してインポートしたプランを管理することもできます。

新規プランを作成するには、以下のコマンドを stack ユーザーとして実行します。

$ openstack overcloud plan create --templates /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates my-overcloud

このコマンドは、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates 内のコア Heat テンプレートコレクションからプランを作成します。director は、入力内容に基づいてプランに名前を指定します。この例では、my-overcloud という名前です。director は、この名前をオブジェクトストレージコンテナー、ワークフロー環境、オーバークラウドスタック名のラベルとして使用します。

以下のコマンドを使用して環境ファイルからパラメーターを追加します。

$ openstack overcloud parameters set my-overcloud ~/templates/my-environment.yaml

以下のコマンドを使用してプランをデプロイします。

$ openstack overcloud plan deploy my-overcloud

以下のコマンドを使用して既存のプランを削除します。

$ openstack overcloud plan delete my-overcloud
注記

openstack overcloud deploy コマンドは基本的に、これらのコマンドをすべて使用して既存のプランの削除、環境ファイルを使用した新規プランのアップロード、プランのデプロイを行います。

5.9. オーバークラウドのテンプレートおよびプランの検証

オーバークラウドの作成またはスタックの更新を実行する前に、Heat テンプレートと環境ファイルにエラーがないかどうかを検証します。

レンダリングされたテンプレートの作成

オーバークラウドのコア Heat テンプレートは、Jinja2 形式となっています。テンプレートを検証するには、以下のコマンドを使用して Jinja 2 のフォーマットなしでバージョンをレンダリングします。

$ openstack overcloud plan create --templates /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates overcloud-validation
$ mkdir ~/overcloud-validation
$ cd ~/overcloud-validation
$ swift download overcloud-validation

その後の検証テストには ~/overcloud-validation のレンダリング済みテンプレートを使用します。

テンプレート構文の検証

以下のコマンドを使用して、テンプレート構文を検証します。

$ openstack orchestration template validate --show-nested --template ~/overcloud-validation/overcloud.yaml -e ~/overcloud-validation/overcloud-resource-registry-puppet.yaml -e [ENVIRONMENT FILE] -e [ENVIRONMENT FILE]
注記

検証には、overcloud-resource-registry-puppet.yaml の環境ファイルにオーバークラウド固有のリソースを含める必要があります。環境ファイルをさらに追加するには、このコマンドに -e オプションを使用してください。また、--show-nested オプションを追加して、ネストされたテンプレートからパラメーターを解決します。

このコマンドは、テンプレート内の構文エラーを特定します。テンプレートの構文の検証が正常に行われた場合には、出力には、作成されるオーバークラウドのテンプレートのプレビューが表示されます。

5.10. オーバークラウド作成の監視

オーバークラウドの作成プロセスが開始され、director によりノードがプロビジョニングされます。このプロセスは完了するまで多少時間がかかります。オーバークラウドの作成のステータスを確認するには、stack ユーザーとして別のターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

$ source ~/stackrc
$ openstack stack list --nested

openstack stack list --nested コマンドは、オーバークラウド作成の現在の段階を表示します。

5.11. オーバークラウドへのアクセス

director は、director ホストからオーバークラウドに対話するための設定を行い、認証をサポートするスクリプトを作成します。director は、このファイル overcloudrcstack ユーザーのホームディレクトリーに保存します。このファイルを使用するには、以下のコマンドを実行します。

$ source ~/overcloudrc

これにより、director ホストの CLI からオーバークラウドと対話するために必要な環境変数が読み込まれます。director のホストとの対話に戻るには、以下のコマンドを実行します。

$ source ~/stackrc

オーバークラウドの各ノードには、heat-admin と呼ばれるユーザーも含まれます。stack ユーザーには、各ノードに存在するこのユーザーに SSH 経由でアクセスすることができます。SSH でノードにアクセスするには、希望のノードの IP アドレスを特定します。

$ nova list

次に、heat-admin ユーザーとノードの IP アドレスを使用して、ノードに接続します。

$ ssh heat-admin@192.0.2.23

5.12. オーバークラウド作成の完了

これで、コマンドラインツールを使用したオーバークラウドの作成が完了しました。作成後の機能については、「7章オーバークラウド作成後のタスクの実行」を参照してください。

第6章 Web UI を使用した基本的なオーバークラウド要件の設定

本章では、Web UI を使用した OpenStack Platform 環境の基本的な設定手順を説明します。基本設定のオーバークラウドには、カスタム機能は含まれません。ただし、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』に記載の手順に従って、この基本的なオーバークラウドに高度な設定オプションを追加し、仕様に合わせてカスタマイズすることができます。

本章の例では、すべてのノードが電源管理に IPMI を使用したベアメタルシステムとなっています。これ以外のサポート対象電源管理ドライバーおよびそのオプションに関する詳細は、「付録B 電源管理ドライバー」を参照してください。

ワークフロー

  1. ノードの定義テンプレートと手動の登録を使用して、空のノードを登録します。
  2. 全ノードのハードウェアを検査します。
  3. director にオーバークラウドプランをアップロードします。
  4. ノードをロールに割り当てます。

要件

  • 4章アンダークラウドのインストール」で作成して UI を有効化した director ノード
  • ノードに使用するベアメタルマシンのセット。必要なノード数は、作成予定のオーバークラウドのタイプにより異なります (オーバークラウドロールに関する情報は「ノードのデプロイメントロールのプランニング」を参照してください)。これらのマシンは、各ノード種別に設定された要件に従う必要があります。これらの要件については、「オーバークラウドの要件」を参照してください。これらのノードにはオペレーティングシステムは必要ありません。director が Red Hat Enterprise Linux 7 のイメージを各ノードにコピーします。
  • ネイティブ VLAN として設定したプロビジョニングネットワーク用のネットワーク接続 1 つ。全ノードは、このネイティブに接続して、「ネットワーク要件」で設定した要件に準拠する必要があります。
  • その他のネットワーク種別はすべて、OpenStack サービスにプロビジョニングネットワークを使用します。ただし、ネットワークトラフィックの他のタイプに追加でネットワークを作成することができます。

6.1. Web UI へのアクセス

UI は、ブラウザーでスタンドアロンのアプリケーションとして実行されます。ただし、クライアントシステムは、アンダークラウド上の以下のコンポーネントのパブリック API エンドポイントにアクセスできる必要があります。

コンポーネントUI の目的

OpenStack Identity (keystone)

UI への認証と他のサービスのエンドポイント検出

OpenStack Orchestration (heat)

デプロイメントのステータス

OpenStack Bare Metal (ironic)

ノードの制御

OpenStack Object Storage (swift)

Heat テンプレートコレクションまたはオーバークラウドの作成に使用したプランのストレージ

OpenStack Workflow (mistral)

director タスクのアクセスおよび実行

OpenStack Messaging (zaqar)

特定のタスクのステータスを検索する Websocket ベースのサービス

UI はこれらのパブリック API と直接対話します。クライアントシステムがエンドポイントへのアクセスを必要とするのはそのためです。

重要

Mozilla Firefox を使用して director の Web UI にアクセスするには、これらの OpenStack Platform パブリック API について特定サーバーのアイデンティティー例外が必要です。これらの例外の実装に関する詳細は、「付録F UI アクセスの際の Firefox サーバーの例外」を参照してください。

director の Web UI には SSL 経由でアクセスします。たとえば、アンダークラウドの IP アドレスが 192.0.2.1 の場合には、UI にアクセスするためのアドレスは https://192.0.2.1 です。Web UI はまず、以下のフィールドが含まれるログイン画面を表示します。

  • Username: director の管理ユーザー。デフォルトは admin です。
  • Password: 管理ユーザーのパスワード。アンダークラウドホストのターミナルで stack ユーザーとして sudo hiera admin_password を実行してパスワードを確認してください。

UI へのログイン時に、UI は OpenStack Identity のパブリック API にアクセスして、他のパブリック API サービスのエンドポイントを取得します。ただし、エンドポイントを変更する場合や、エンドポイントへのアクセスに別の IP を使用する場合は、director UI は /var/www/openstack-tripleo-ui/dist/tripleo_ui_config.js ファイルから設定を読み取ります。このファイルでは、以下のパラメーターが使用されます。

パラメーター説明

keystone

OpenStack Identity (keystone) サービスのパブリック API。UI は、このサービスを介して他のサービスのエンドポイントを自動的に検出します。つまり、定義する必要があるのはこのパラメーターだけです。ただし、必要に応じて、他のエンドポイントにカスタムの URL を定義することができます。

heat

OpenStack Orchestration (heat) サービスのパブリック API。URL は https://<IP>:13004//v1/<tenant_id> の形式にする必要があります。ここで、tenant_id はアンダークラウドの admin テナントです。

ironic

OpenStack Bare Metal (ironic) サービスのパブリック API

swift

OpenStack Object Storage (swift) サービスのパブリック API。URL は https://<IP>:8080/v1/AUTH_<tenant_id> の形式にする必要があります。ここで、tenant_id はアンダークラウドの admin テナントです。

mistral

OpenStack Workflow (mistral) サービスのパブリック API

zaqar-websocket

OpenStack Messaging (zaqar) サービスのウェブソケット

zaqar_default_queue

OpenStack Messaging (zaqar) サービスに使用するメッセージングキュー。デフォルトは tripleo です。

tripleo_ui_config.js ファイルの例を以下に示します。

window.tripleOUiConfig = {
  "keystone": "https://192.0.2.2:13000/v2.0",
  "heat": "https://192.0.2.2:13004/v1/f30d815864be456dbc2a00f4e9200e9e",
  "ironic": "https://192.0.2.2:13385",
  "mistral": "https://192.0.2.2:13989/v2",
  "swift": "https://192.0.2.2:13808/v1/AUTH_f30d815864be456dbc2a00f4e9200e9e",
  "zaqar-websocket": "wss://192.0.2.2:9000",
  "zaqar_default_queue": "tripleo"
};

6.2. Web UI のナビゲーション

UI は主に 3 つのセクションで構成されています。

デプロイメントプラン

UI 上部のメニューアイテム。このページは UI のメインセクションとして機能し、オーバークラウドの作成に使用するプラン、各ロールに割り当てるノード、現在のオーバークラウドのステータスを定義できます。このセクションでは、デプロイメントワークフローが提供され、デプロイメントのパラメーターの設定やロールへのノードの割り当てなどオーバークラウドの作成プロセスをステップごとにガイドします。

Deployment Plan Section in the Director’s UI

ノード

UI 上部のメニューアイテム。このページはノードの設定セクションとして機能し、新規ノードの登録や登録したノードのイントロスペクションの手段を提供します。このセクションでは、デプロイメントに使用することのできるノード、現在デプロイされているノード、およびメンテナンス状態のノードも定義されます。

Nodes Section in the Director’s UI

検証

ページの右側のサイドパネル。このセクションでは、オーバークラウドの作成プロセスが正常に実行されるように、一連のデプロイメント前およびデプロイ後のシステムチェックが提供されます。これらの検証タスクは、デプロイメントの特定の時点で自動的に実行されます。ただし、手動で実行することもできます。実行する検証タスクの 再生 ボタンをクリックします。各検証タスクのタイトルをクリックして実行するか、検証タイトルをクリックして詳細情報を表示します。

A Validation

6.3. Web UI を使用したオーバークラウドプランのインポート

director UI には、オーバークラウドの設定の前にプランが必要です。このプランは通常、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates にあるアンダークラウド上のテンプレートなど、Heat テンプレートコレクションです。さらに、ハードウェアや環境の要件に合わせてプランをカスタマイズすることができます。オーバークラウドのカスタマイズに関する詳しい情報は『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』を参照してください。

プランには、オーバークラウドの設定に関する 4 つの主要な手順が表示されます。

  1. ハードウェアの準備: ノードの登録およびイントロスペクション
  2. デプロイメントの設定の指定: オーバークラウドのパラメーターの設定と追加する環境ファイルの定義
  3. ロールの設定とノードの割り当て: ロールへのノード割り当てと、ロール固有のパラメーターの変更
  4. デプロイ: オーバークラウド作成の開始

アンダークラウドのインストールと設定を実行すると、プランが自動的にアップロードされます。Web UI に複数のプランをインポートすることも可能です。Deployment Plan 画面で Manage Deployments をクリックします。これにより、現在の プラン の表が表示されます。

Create New Plan をクリックすると、以下の情報の入力を求めるウィンドウが表示されます。

  • プラン名: プランのプレーンテキスト名。たとえば、overcloud
  • アップロードの種別: Tar アーカイブ (tar.gz)、全 ローカルフォルダー (Google Chrome のみ) のいずれをアップロードするかを選択します。
  • プランファイル: ブラウザーをクリックして、ローカルのファイルシステム上のプランを選択します。

director の Heat テンプレートコレクションをクライアントのマシンにコピーする必要がある場合には、ファイルをアーカイブしてコピーします。

$ cd /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/
$ tar -cf ~/overcloud.tar *
$ scp ~/overcloud.tar user@10.0.0.55:~/.

director UI がプランをアップロードしたら、プランが プラン の表に表示され、設定を行うことができます。Deployment Plan をクリックします。

The Deployment Plan Table

6.4. Web UI を使用したノードの登録

オーバークラウド設定の最初の手順は、ノードの登録です。以下のいずれかで、ノードの登録プロセスを開始します。

  • Deployment Plan 画面の 1 ハードウェアの準備 にある ノードの登録 をクリックします。
  • ノード 画面の ノードの登録 をクリックします。

ノードの登録 ウィンドウが表示されます。

Register Nodes Window

director には、登録するノードの一覧が必要です。以下のいずれかの方法でリストを取得できます。

  1. ノード定義テンプレートのアップロード: これには、ファイルからアップロード ボタンをクリックして、ファイルを選択してください。ノードの定義テンプレートの構文については、「オーバークラウドノードの登録」を参照してください。
  2. 各ノードの手動登録: これには、新規追加 をクリックして、ノードの詳細を提供します。

手動登録に必要な情報は以下のとおりです。

名前
ノードのプレーンテキスト名。RFC3986 の非予約文字のみを使用するようにしてください。
ドライバー
使用する電源管理ドライバー。この例では IPMI ドライバー (pxe_ipmitool) を使用しています。
IPMI IP アドレス
IPMI デバイスの IP アドレス
IPMI のユーザー名、IPMI のパスワード
IPMI のユーザー名およびパスワード
アーキテクチャー
(オプション) システムアーキテクチャー
CPU 数
(オプション) ノード上の CPU 数
メモリー (MB)
(オプション) メモリーサイズ (MB 単位)
ディスク (GB)
(オプション) ハードディスクのサイズ (GB 単位)
NIC の MAC アドレス
ノード上のネットワークインターフェースの MAC アドレス一覧。各システムのプロビジョニング NIC の MAC アドレスのみを使用します。
注記

UI では、pxe_ssh ドライバーを使用する KVM ホストからのノードの登録を行うこともできます。このオプションは、テストおよび評価の目的でしか使用することができない点に注意してください。Red Hat OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨していません。詳細は、「SSH と virsh」を参照してください。

ノードの情報を入力した後に、ウィンドウの下の ノードの登録 をクリックします。

director によりノードが登録されます。登録が完了すると、UI を使用してノードのイントロスペクションを実行できるようになります。

6.5. Web UI を使用したノードのハードウェアのイントロスペクション

director UI は各ノードでイントロスペクションプロセスを実行することができます。このプロセスを実行すると、各ノードが PXE を介してイントロスペクションエージェントをブートします。このエージェントは、ノードからハードウェアのデータを収集して、director に送り返します。次に director は、director 上で実行中の OpenStack Object Storage (swift) サービスにこのイントロスペクションデータを保管します。director は、プロファイルのタグ付け、ベンチマーキング、ルートディスクの手動割り当てなど、さまざまな目的でハードウェア情報を使用します。

注記

ポリシーファイルを作成して、イントロスペクションの直後にノードをプロファイルに自動でタグ付けすることも可能です。ポリシーファイルを作成してイントロスペクションプロセスに組み入れる方法に関する詳しい情報は、「付録E プロファイルの自動タグ付け」を参照してください。または、UI を使用してプロファイルにノードをタグ付けすることもできます。手動でのノードのタグ付けに関する情報は、「Web UI でのロールへのノードのタグ付け」を参照してください。

イントロスペクションのプロセスを開始するには、以下のステップを実行します。

  1. ノード 画面に移動します。
  2. イントロスペクションを行うノードをすべて選択します。
  3. イントロスペクション をクリックします。
重要

このプロセスが最後まで実行されて正常に終了したことを確認してください。ベアメタルノードの場合には、通常 15 分ほどかかります。

イントロスペクションのプロセスを完了したら、プロビジョニングの状態manageable に設定されているノードをすべて選択して、プロビジョン ボタンをクリックします。プロビジョニングの状態available になるまで待ちます。

ノードのプロビジョニングの準備ができました。

6.6. Web UI を使用したオーバークラウドプランのパラメーターの編集

Deployment Plan 画面では、アップロードしたプランをカスタマイズすることができます。2 デプロイメントの設定の指定 で、設定の編集 リンクをクリックして、ベースのオーバークラウドの設定を変更します。

ウィンドウには、2 つの主要なタブが表示されます。

全体の設定

このタブでは、オーバークラウドからの異なる機能を追加する方法を提供します。これらの機能は、プランの capabilities-map.yaml ファイルに定義されており、機能毎に異なる環境ファイルを使用します。たとえば、StorageStorage Environment を選択すると、プランは environments/storage-environment.yaml ファイルにマッピングされ、オーバークラウドの NFS、iSCSI、Ceph の設定を行うことができます。Other タブには、プランで検出されているが、プランに含まれるカスタムの環境ファイルを追加するのに役立つ capabilities-map.yaml には記載されていない環境ファイルが一覧表示されます。追加する機能を選択したら、Save をクリックしてください。

Overall Settings for Deployment Configuration

パラメーター

このタブには、オーバークラウドのさまざまなベースレベルパラメーターおよび環境ファイルパラメーターが含まれます。たとえば、本セクションで各ロールのノード数を変更することができます。3 台のコントローラーノードを使用する場合は、ControllerCount を 3 に変更します。ベースレベルのパラメーターを変更したら、Save をクリックします。

Parameters for Deployment Configuration

6.7. Web UI でのロールへのノードのタグ付け

各ノードのハードウェアを登録、検査した後には、特定のプロファイルにノードをタグ付けします。これらのプロファイルにより、ノードを特定のフレーバーおよびデプロイメントロールと照合します。

ロールにノードを割り当てるには、Deployment Plan 画面で 3 ロールの設定とノードの割り当て セクションまでスクロールします。選択したロールの Assign Nodes をクリックします。ロールに割り当てるノードを選択することのできるウィンドウが表示されます。ロールのノードを選択したら、Assign/Unassign Selected Nodes をクリックします。

Assigning Nodes to a Role

これらのノードがロールに割り当てられたら、Done をクリックして Deployment Plan 画面に戻ります。

オーバークラウドで必要なロールごとに、このタスクを完了します。

6.8. Web UI を使用したノードの編集

各ノードのロールにより、ロール固有のパラメーターを設定する手段が提供されます。Deployment Plan 画面で 3 ロールの設定とノードの割り当て セクションまでスクロールします。ロール名の横にある Edit Role Parameters アイコン (鉛筆アイコン) をクリックします。

Edit Role Parameters Icon

ウィンドウには、2 つの主要なタブが表示されます。

パラメーター

これには、さまざまなロール固有のパラメーターが含まれます。たとえば、コントローラーロールを編集する場合には、OvercloudControlFlavor パラメーターを使用して、そのロールのデフォルトのフレーバーを変更することができます。ロール固有のパラメーターを変更したら、変更の保存 をクリックします。

Parameters for Role Configuration

サービス

これにより、選択したロールのサービス固有のパラメーターが定義されます。左のパネルでは、選択して変更したサービス一覧が表示されます。たとえば、タイムゾーンを変更するには、OS::TripleO:Services:Timezone サービスをクリックして TimeZone パラメーターを希望のタイムゾーンに変更します。サービス固有のパラメーターを変更したら、変更の保存 をクリックしてください。

Service Specific Parameters for Role Configuration

ネットワーク設定

ネットワーク設定では、オーバークラウドのさまざまなネットワークに対して IP アドレスまたはサブネットの範囲を定義できます。

Network Configuration for a Role

重要

ロールのサービスパラメーターは UI に表示されますが、デフォルトではサービスは無効になっている場合があります。「Web UI を使用したオーバークラウドプランのパラメーターの編集」の説明に沿って、これらのサービスを有効化することができます。これらのサービスの有効化に関する情報は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』コンポーザブルロール のセクションも参照してください。

6.9. Web UI を使用したオーバークラウドの作成開始

オーバークラウドプランが設定されたら、オーバークラウドのデプロイメントを開始することができます。そのためには、4 デプロイ セクションまでスクロールして、検証とデプロイ をクリックしてください。

Validate and Deploy Button

アンダークラウドの検証をすべて実行しなかった場合や、すべての検証に合格しなかった場合には、警告メッセージが表示されます。アンダークラウドのホストが要件を満たしていることを確認してから、デプロイメントを実行してください。

Validation Warning

デプロイメントの準備ができたら デプロイ をクリックしてください。

UI では、定期的に オーバークラウド作成の進捗がモニタリングされ、現在の進捗の割合を示すプログレスバーが表示されます。詳細情報の表示 リンクでは、オーバークラウドにおける現在の OpenStack Orchestration スタックのログが表示されます。

Detailed Progress Information

オーバークラウドのデプロイメントが完了するまで待ちます。

オーバークラウドの作成プロセスが完了したら、4 デプロイ セクションに、現在のオーバークラウドの状況と以下の詳細が表示されます。

  • オーバークラウドの IP アドレス: オーバークラウドにアクセスするための IP アドレス
  • パスワード: オーバークラウドの admin ユーザーのパスワード

この情報を使用してオーバークラウドにアクセスします。

Overcloud Deployment Complete

6.10. オーバークラウド作成の完了

これで director の UI を使用したオーバークラウドの作成が完了しました。作成後の機能については、「7章オーバークラウド作成後のタスクの実行」を参照してください。

第7章 オーバークラウド作成後のタスクの実行

本章では、任意のオーバークラウドを作成後に実行するタスクについて考察します。

7.1. オーバークラウドのテナントネットワークの作成

オーバークラウドには、インスタンス用のテナントネットワークが必要です。source コマンドで overcloud を読み込んで、Neutron で初期テナントネットワークを作成します。以下に例を示します。

$ source ~/overcloudrc
$ openstack network create default
$ openstack subnet create default --network default --gateway 172.20.1.1 --subnet-range 172.20.0.0/16

上記のステップにより、default という名前の基本的な Neutron ネットワークが作成されます。オーバークラウドは、内部 DHCP メカニズムを使用したこのネットワークから、IP アドレスを自動的に割り当てます。

neutron net-list により、作成したネットワークを確認します。

$ openstack network list
+-----------------------+-------------+--------------------------------------+
| id                    | name        | subnets                              |
+-----------------------+-------------+--------------------------------------+
| 95fadaa1-5dda-4777... | default     | 7e060813-35c5-462c-a56a-1c6f8f4f332f |
+-----------------------+-------------+--------------------------------------+

7.2. オーバークラウドの外部ネットワークの作成

インスタンスに Floating IP を割り当てることができるように、オーバークラウドで外部ネットワークを作成する必要があります。

ネイティブ VLAN の使用

以下の手順では、外部ネットワーク向けの専用インターフェースまたはネイティブの VLAN が設定されていることが前提です。

source コマンドで overcloud を読み込み、Neutron で外部ネットワークを作成します。以下に例を示します。

$ source ~/overcloudrc
$ openstack network create public --external --provider-network-type flat --provider-physical-network datacentre
$ openstack subnet create public --network public --dhcp --allocation-pool start=10.1.1.51,end=10.1.1.250 --gateway 10.1.1.1 --subnet-range 10.1.1.0/24

以下の例では、public という名前のネットワークを作成します。オーバークラウドでは、デフォルトの Floating IP プールにこの特定の名前が必要です。このネットワークは、「オーバークラウドの検証」の検証テストでも重要となります。

このコマンドにより、ネットワークと datacentre の物理ネットワークのマッピングも行われます。デフォルトでは、datacentrebr-ex ブリッジにマッピングされます。オーバークラウドの作成時にカスタムの Neutron の設定を使用していない限りは、このオプションはデフォルトのままにしてください。

非ネイティブ VLAN の使用

ネイティブ VLAN を使用しない場合には、以下のコマンドでネットワークを VLAN に割り当てます。

$ source ~/overcloudrc
$ openstack network create public --external --provider-network-type vlan --provider-physical-network datacentre --provider-segment 104
$ openstack subnet create public --network public --dhcp --allocation-pool start=10.1.1.51,end=10.1.1.250 --gateway 10.1.1.1 --subnet-range 10.1.1.0/24

provider:segmentation_id の値は、使用する VLAN を定義します。この場合は、104 を使用します。

neutron net-list により、作成したネットワークを確認します。

$ openstack network list
+-----------------------+-------------+--------------------------------------+
| id                    | name        | subnets                              |
+-----------------------+-------------+--------------------------------------+
| d474fe1f-222d-4e32... | public      | 01c5f621-1e0f-4b9d-9c30-7dc59592a52f |
+-----------------------+-------------+--------------------------------------+

7.3. 追加の Floating IP ネットワークの作成

Floating IP ネットワークは、以下の条件を満たす限りは、br-ex だけでなく、どのブリッジにも使用することができます。

  • ネットワーク環境ファイルで、NeutronExternalNetworkBridge"''" に設定されている。
  • デプロイ中に追加のブリッジをマッピングしている。たとえば、br-floating という新規ブリッジを floating という物理ネットワークにマッピングするには、以下のコマンドを実行します。

    $ openstack overcloud deploy --templates -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml -e ~/templates/network-environment.yaml --neutron-bridge-mappings datacentre:br-ex,floating:br-floating

オーバークラウドの作成後に Floating IP ネットワークを作成します。

$ openstack network create ext-net --external --provider-physical-network floating --provider-network-type vlan --provider-segment 105
$ openstack subnet create ext-subnet --network ext-net --dhcp --allocation-pool start=10.1.2.51,end=10.1.2.250 --gateway 10.1.2.1 --subnet-range 10.1.2.0/24

7.4. オーバークラウドのプロバイダーネットワークの作成

プロバイダーネットワークは、デプロイしたオーバークラウドの外部に存在するネットワークに物理的に接続されたネットワークです。これは、既存のインフラストラクチャーネットワークや、Floating IP の代わりにルーティングによって直接インスタンスに外部アクセスを提供するネットワークを使用することができます。

プロバイダーネットワークを作成する際には、ブリッジマッピングを使用する物理ネットワークに関連付けます。これは、Floating IP ネットワークの作成と同様です。コンピュートノードは、仮想マシンの仮想ネットワークインターフェースをアタッチされているネットワークインターフェースに直接接続するため、プロバイダーネットワークはコントローラーとコンピュートの両ノードに追加します。

たとえば、使用するプロバイダーネットワークが br-ex ブリッジ上の VLAN の場合には、以下のコマンドを使用してプロバイダーネットワークを VLAN 201 上に追加します。

$ openstack network create provider_network --provider-physical-network datacentre --provider-network-type vlan --provider-segment 201 --share

このコマンドにより、共有ネットワークが作成されます。また、--share と指定する代わりにテナントを指定することも可能です。そのネットワークは、指定されたテナントに対してのみ提供されます。プロバイダーネットワークを外部としてマークした場合には、そのネットワークでポートを作成できるのはオペレーターのみとなります。

Neutron が DHCP サービスをテナントのインスタンスに提供するように設定するには、プロバイダーネットワークにサブネットを追加します。

$ openstack subnet create provider-subnet --network  provider_network --dhcp --allocation-pool start=10.9.101.50,end=10.9.101.100 --gateway 10.9.101.254 --subnet-range 10.9.101.0/24

他のネットワークがプロバイダーネットワークを介して外部にアクセスする必要がある場合があります。このような場合には、新規ルーターを作成して、他のネットワークがプロバイダーネットワークを介してトラフィックをルーティングできるようにします。

$ openstack router create external
$ openstack router set --external-gateway provider_network external

このルーターに他のネットワークを接続します。たとえば、subnet1 という名前のサブネットがある場合には、以下のコマンドを実行してルーターに接続することができます。

$ openstack router add subnet external subnet1

これにより、subnet1 がルーティングテーブルに追加され、subnet1 を使用するトラフィックをプロバイダーネットワークにルーティングできるようになります。

7.5. 基本的なオーバークラウドフレーバーの作成

本ガイドの検証ステップは、インストール環境にフレーバーが含まれていることを前提としてます。まだ 1 つのフレーバーも作成していない場合には、以下のコマンドを使用してさまざまなストレージおよび処理能力に対応する基本的なデフォルトフレーバーセットを作成してください。

$ openstack flavor create m1.tiny --ram 512 --disk 0 --vcpus 1
$ openstack flavor create m1.smaller --ram 1024 --disk 0 --vcpus 1
$ openstack flavor create m1.small --ram 2048 --disk 10 --vcpus 1
$ openstack flavor create m1.medium --ram 3072 --disk 10 --vcpus 2
$ openstack flavor create m1.large --ram 8192 --disk 10 --vcpus 4
$ openstack flavor create m1.xlarge --ram 8192 --disk 10 --vcpus 8

コマンドオプション

ram
フレーバーの最大 RAM を定義するには、ram オプションを使用します。
disk
フレーバーのハードディスク容量を定義するには、disk オプションを使用します。
vcpus
フレーバーの仮想 CPU 数を定義するには、vcpus オプションを使用します。

openstack flavor create コマンドについての詳しい情報は、$ openstack flavor create --help で確認してください。

7.6. オーバークラウドの検証

オーバークラウドは、OpenStack Integration Test Suite (tempest) ツールセットを使用して、一連の統合テストを行います。本項には、統合テストの実行準備に関する情報を記載します。OpenStack Integration Test Suite の使用方法に関する詳しい説明は、『OpenStack Integration Test Suite ガイド』を参照してください。

Integration Test Suite の実行前

アンダークラウドからこのテストを実行する場合は、アンダークラウドのホストがオーバークラウドの内部 API ネットワークにアクセスできるようにします。たとえば、172.16.0.201/24 のアドレスを使用して内部 API ネットワーク (ID: 201) にアクセスするにはアンダークラウドホストに一時的な VLAN を追加します。

$ source ~/stackrc
$ sudo ovs-vsctl add-port br-ctlplane vlan201 tag=201 -- set interface vlan201 type=internal
$ sudo ip l set dev vlan201 up; sudo ip addr add 172.16.0.201/24 dev vlan201

OpenStack Validation を実行する前に、heat_stack_owner ロールがオーバークラウドに存在することを確認してください。

$ source ~/overcloudrc
$ openstack role list
+----------------------------------+------------------+
| ID                               | Name             |
+----------------------------------+------------------+
| 6226a517204846d1a26d15aae1af208f | swiftoperator    |
| 7c7eb03955e545dd86bbfeb73692738b | heat_stack_owner |
+----------------------------------+------------------+

このロールが存在しない場合は、作成します。

$ openstack role create heat_stack_owner

Integration Test Suite の実行後

検証が完了したら、オーバークラウドの内部 API への一時接続を削除します。この例では、以下のコマンドを使用して、以前にアンダークラウドで作成した VLAN を削除します。

$ source ~/stackrc
$ sudo ovs-vsctl del-port vlan201

7.7. コントローラーノードのフェンシング

フェンシングとは、クラスターとそのリソースを保護するために、ノードを分離するプロセスのことです。フェンシングがないと、異常が発生したノードが原因でクラスター内のデータが破損する可能性があります。

director は、Pacemaker を使用して、高可用性のコントローラーノードクラスターを提供します。Pacemaker は、異常が発生したノードをフェンシングするのに STONITH (Shoot-The-Other-Node-In-The-Head) というプロセスを使用します。デフォルトでは、クラスターの STONITH は無効化されているため、Pacemaker がクラスター内の各ノードの電源管理を制御できるように手動で設定する必要があります。

注記

director 上の stack ユーザーから、heat-admin ユーザーとして各ノードにログインします。オーバークラウドを作成すると自動的に stack ユーザーの SSH キーが各ノードの heat-admin にコピーされます。

pcs status コマンドで、実行中のクラスターがあることを確認します。

$ sudo pcs status
Cluster name: openstackHA
Last updated: Wed Jun 24 12:40:27 2015
Last change: Wed Jun 24 11:36:18 2015
Stack: corosync
Current DC: lb-c1a2 (2) - partition with quorum
Version: 1.1.12-a14efad
3 Nodes configured
141 Resources configured

pcs property show コマンドで、stonith が無効になっていることを確認します。

$ sudo pcs property show
Cluster Properties:
cluster-infrastructure: corosync
cluster-name: openstackHA
dc-version: 1.1.12-a14efad
have-watchdog: false
stonith-enabled: false

コントローラーノードには、director がサポートするさまざまな電源管理デバイスのフェンシングエージェントのセットが含まれます。これには、以下の項目が含まれます。

表7.1 フェンシングエージェント

デバイス

タイプ

fence_ipmilan

Intelligent Platform Management Interface (IPMI)

fence_idracfence_drac5

Dell Remote Access Controller (DRAC)

fence_ilo

Integrated Lights-Out (iLO)

fence_ucs

Cisco UCS: 詳細は、「Configuring Cisco Unified Computing System (UCS) Fencing on an OpenStack High Availability Environment」を参照してください。

fence_xvmfence_virt

libvirt および SSH

本セクションの後半部分では、例として IPMI エージェント (fence_ipmilan) を取り上げます。

Pacemaker がサポートする IPMI オプションの全一覧を表示します。

$ sudo pcs stonith describe fence_ipmilan

各ノードに、電源管理を制御するための IPMI デバイスを設定する必要があります。そのためには、各ノードの Pacemaker に stonith デバイスを追加する必要があります。クラスターで以下のコマンドを使用します。

注記

それぞれの例の 2 番目のコマンドは、ノードが自分自身のフェンシングを要求しないようにするためのものです。

コントローラーノード 0 の場合:

$ sudo pcs stonith create my-ipmilan-for-controller-0 fence_ipmilan pcmk_host_list=overcloud-controller-0 ipaddr=192.0.2.205 login=admin passwd=p@55w0rd! lanplus=1 cipher=1 op monitor interval=60s
$ sudo pcs constraint location my-ipmilan-for-controller-0 avoids overcloud-controller-0

コントローラーノード 1 の場合:

$ sudo pcs stonith create my-ipmilan-for-controller-1 fence_ipmilan pcmk_host_list=overcloud-controller-1 ipaddr=192.0.2.206 login=admin passwd=p@55w0rd! lanplus=1 cipher=1 op monitor interval=60s
$ sudo pcs constraint location my-ipmilan-for-controller-1 avoids overcloud-controller-1

コントローラーノード 2 の場合:

$ sudo pcs stonith create my-ipmilan-for-controller-2 fence_ipmilan pcmk_host_list=overcloud-controller-2 ipaddr=192.0.2.207 login=admin passwd=p@55w0rd! lanplus=1 cipher=1 op monitor interval=60s
$ sudo pcs constraint location my-ipmilan-for-controller-2 avoids overcloud-controller-2

すべての stonith リソースを表示するには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo pcs stonith show

特定の stonith リソースを表示するには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo pcs stonith show [stonith-name]

最後に、stonith 属性を true に設定してフェンシングを有効にします。

$ sudo pcs property set stonith-enabled=true

属性を確認します。

$ sudo pcs property show

7.8. オーバークラウド環境の変更

オーバークラウドを変更して、別機能を追加したり、操作の方法を変更したりする場合があります。オーバークラウドを変更するには、カスタムの環境ファイルと Heat テンプレートに変更を加えて、最初に作成したオーバークラウドから openstack overcloud deploy コマンドをもう 1 度実行します。たとえば、「CLI ツールを使用したオーバークラウドの作成」の方法を使用してオーバークラウドを作成した場合には、以下のコマンドを再度実行します。

$ openstack overcloud deploy --templates -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml -e ~/templates/network-environment.yaml -e ~/templates/storage-environment.yaml --control-scale 3 --compute-scale 3 --ceph-storage-scale 3 --control-flavor control --compute-flavor compute --ceph-storage-flavor ceph-storage --ntp-server pool.ntp.org --neutron-network-type vxlan --neutron-tunnel-types vxlan

director は Heat 内の overcloud スタックを確認してから、環境ファイルと Heat テンプレートのあるスタックで各アイテムを更新します。オーバークラウドは再度作成されずに、既存のオーバークラウドに変更が加えられます。

新しい環境ファイルを追加する場合は、-e オプションを使用して openstack overcloud deploy コマンドにそのファイルを追加します。以下に例を示します。

$ openstack overcloud deploy --templates -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml -e ~/templates/network-environment.yaml -e ~/templates/storage-environment.yaml -e ~/templates/new-environment.yaml --control-scale 3 --compute-scale 3 --ceph-storage-scale 3 --control-flavor control --compute-flavor compute --ceph-storage-flavor ceph-storage --ntp-server pool.ntp.org --neutron-network-type vxlan --neutron-tunnel-types vxlan

これにより、環境ファイルからの新規パラメーターやリソースがスタックに追加されます。

重要

director により後で上書きされてしまう可能性があるので、オーバークラウドの設定には手動で変更を加えないことを推奨します。

7.9. オーバークラウドへの仮想マシンのインポート

既存の OpenStack 環境があり、仮想マシンを Red Hat OpenStack Platform 環境に移行する予定がある場合には、以下の手順を使用します。

実行中のサーバーのスナップショットを作成して新規イメージを作成し、そのイメージをダウンロードします。

$ openstack server image create instance_name --name image_name
$ openstack image save image_name --file exported_vm.qcow2

エクスポートしたイメージをオーバークラウドにアップロードして、新しいインスタンスを起動します。

$ openstack image create imported_image --file exported_vm.qcow2 --disk-format qcow2 --container-format bare
$ openstack server create  imported_instance --key-name default --flavor m1.demo --image imported_image --nic net-id=net_id
重要

各仮想マシンのディスクは、既存の OpenStack 環境から新規の Red Hat OpenStack Platform にコピーする必要があります。QCOW を使用したスナップショットでは、元の階層化システムが失われます。

7.10. Ansible による自動化の実行

director を使用すると、Ansible ベースの自動化を OpenStack Platform 環境で実行することができます。director は、tripleo-ansible-inventory コマンドを使用して、環境内にノードの動的インベントリーを生成します。

重要

動的インベントリーツールには、アンダークラウドならびにデフォルトの コントローラー および コンピュート オーバークラウドノードだけが含まれます。その他のロールはサポートされていません。

ノードの動的インベントリーを表示するには、stackrc を読み込んだ後に tripleo-ansible-inventory コマンドを実行します。

$ souce ~/stackrc
$ tripleo-ansible-inventory --list

--list オプションを指定すると、全ホストの詳細が表示されます。

これにより、動的インベントリーが JSON 形式で出力されます。

{"overcloud": {"children": ["controller", "compute"], "vars": {"ansible_ssh_user": "heat-admin"}}, "controller": ["192.0.2.2"], "undercloud": {"hosts": ["localhost"], "vars": {"overcloud_horizon_url": "http://192.0.2.4:80/dashboard", "overcloud_admin_password": "abcdefghijklm12345678", "ansible_connection": "local"}}, "compute": ["192.0.2.3"]}

お使いの環境で Ansible による自動化を実行するには、-i オプションを使用して動的インベントリーツールの完全パスを指定して ansible コマンドを実行します。以下に例を示します。

ansible [HOSTS] -i /bin/tripleo-ansible-inventory [OTHER OPTIONS]
  • [HOSTS] は使用するホストの種別に置き換えます。以下に例を示します。

    • 全コントローラーノードの場合には controller
    • 全コンピュートノードの場合には compute
    • コントローラー および コンピュート など、オーバークラウドの全子ノードの場合には overcloud
    • アンダークラウドの場合には undercloud
    • 全ノードの場合には "*"
  • [OTHER OPTIONS] は追加の Ansible オプションに置き換えてください。役立つオプションには以下が含まれます。

    • --ssh-extra-args='-o StrictHostKeyChecking=no' は、ホストキーのチェックを省略します。
    • -u [USER] は、Ansible の自動化を実行する SSH ユーザーを変更します。オーバークラウドのデフォルトの SSH ユーザーは、動的インベントリーの ansible_ssh_user パラメーターで自動的に定義されます。-u オプションは、このパラメーターより優先されます。
    • -m [MODULE] は、特定の Ansible モジュールを使用します。デフォルトは command で Linux コマンドを実行します。
    • -a [MODULE_ARGS] は選択したモジュールの引数を定義します。
重要

オーバークラウドの Ansible 自動化は、標準のオーバークラウドスタックとは異なります。つまり、この後に openstack overcloud deploy コマンドを実行すると、オーバークラウドノード上の OpenStack Platform サービスに対する Ansible ベースの設定を上書きする可能性があります。

7.11. オーバークラウドの削除防止

heat stack-delete overcloud コマンドでオーバークラウドが誤って削除されるのを防ぐために、Heat には特定のアクションを制限するポリシーセットが含まれています。/etc/heat/policy.json を編集して、以下のパラメーターを探します。

"stacks:delete": "rule:deny_stack_user"

これを以下のように変更します。

"stacks:delete": "rule:deny_everybody"

ファイルを保存します。

これにより heat クライアントによるオーバークラウドの削除が阻止されます。オーバークラウドを削除できるようにするには、ポリシーを元の値に戻します。

7.12. オーバークラウドの削除

オーバークラウドはすべて、必要に応じて削除することができます。

既存のオーバークラウドを削除します。

$ openstack stack delete overcloud

director からオーバークラウドプランを削除します。

$ openstack overcloud plan delete overcloud

オーバークラウドが削除されていることを確認します。

$ openstack stack list

削除には、数分かかります。

削除が完了したら、デプロイメントシナリオの標準ステップに従って、オーバークラウドを再度作成します。

第8章 コンピュートノード間の仮想マシンの移行

特定の状況では、仮想マシンをオーバークラウド上のあるコンピュートノードから別のコンピュートノードに移行しなければならない場合があります。以下に例を示します。

  • コンピュートノードのメンテナンス: コンピュートノードを一時的に停止しなければならない場合には、コンピュートノード上で実行中の仮想マシンを別のコンピュートノードに一時的に移行することができます。一般的なシナリオとしては、ハードウェアのメンテナンス、ハードウェアの修理、カーネルのアップグレード、およびソフトウェアの更新などが挙げられます。
  • コンピュートノードの障害: コンピュートノードで障害の発生が予想され、保守または置き換えが必要な場合には、仮想マシンを障害のあるコンピュートノードから正常なコンピュートノードに移行する必要があります。すでに障害が発生しているコンピュートノードについては、『インスタンス&イメージガイド』の「インスタンスの退避」を参照してください。
  • 負荷の再分散: 負荷を再度分散するために、1 つまたは複数の仮想マシンを別のコンピュートノードに移行することを検討できます。たとえば、コンピュートノード上の仮想マシンを 1 つにまとめて電力を節約する、ネットワーク上のリソースに物理的に近いコンピュートノードに仮想マシンを移行してレイテンシーを低減する、全コンピュートノードに仮想マシンを分散してホットスポットをなくし復元力を向上させる、等が可能です。

director は、すべての コンピュートノードがセキュアな移行を提供するように設定します。全コンピュートノードには、各ホストの nova ユーザーが移行プロセス中に他のコンピュートノードにアクセスすることができるようにするための共有 SSH キーも必要です。director は、OS::TripleO::Services::NovaCompute コンポーザブルサービスを使用してこのキーを作成します。このコンポーザブルサービスは、全 Compute ロールにデフォルトで含まれているメインのサービスの 1 つです (『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』「コンポーザブルサービスとカスタムロール」を参照)。

移行機能に対するアップデート

Red Hat OpenStack Platform 10 の最新アップデートには、ライブマイグレーション機能に必要な OS::TripleO::Services::Sshd コンポーザブルサービスが含まれています。初期リリースの director のコアテンプレートコレクションには、このサービスは含まれませんでしたが、openstack-tripleo-heat-templates-5.2.0-12 パッケージおよびそれ以降のバージョンに含まれるようになりました。

  • デフォルトのロールを使用している場合は、openstack-tripleo-heat-templates-5.2.0-12 パッケージまたはそれ以降のバージョンからの Heat テンプレートを使用するように環境を更新してください。
  • カスタムロールデータファイルを使用している場合は、openstack-tripleo-heat-templates-5.2.0-12 パッケージまたはそれ以降のバージョンからの Heat テンプレートを使用するように環境を更新し、それぞれのオーバークラウドロールに OS::TripleO::Services::Sshd サービスを含め、続いて新しいサービスが含まれるようにオーバークラウドスタックを更新してください。

詳しくは、「Red Hat OpenStack Platform director (TripleO) CVE-2017-2637 bug and Red Hat OpenStack Platform」を参照してください。

重要

2018 年 2 月 27 日付けの RHSA-2018:0369: セキュリティーアドバイザリー および 2019 年 1 月 16 日付けの RHBA-2019:0074: バグ修正アドバイザリー は、仮想マシンの移行に影響します。

RHSA-2018:0369: セキュリティーアドバイザリー は、ドメイン XML で定義された CPU がすでに使用されているコンピュートノードへの仮想マシンのライブマイグレーションを妨ぎます。RHSA-2018:0369: セキュリティーアドバイザリー は、コールドマイグレーション、退避、サイズ変更、および復元などの操作に同じ制約を不必要に適用します。RHBA-2019:0074: バグ修正アドバイザリー は、これらをオプションにして制約を緩和します。詳細は、このアドバイザリーで導入された新たな cpu_pinning_migration_quick_fail 設定オプションを参照してください。

Red Hat では、両方のアドバイザリーを適用することを推奨します。

移行の制約についてのより詳しい情報は、「移行の制約」を参照してください。

8.1. 移行の種別

OpenStack Platform では、以下の 2 つの移行種別がサポートされます。

ライブマイグレーション

ライブマイグレーションでは、移行先ノードの仮想マシンを起動して移行元ノードの仮想マシンをシャットダウンする操作を、仮想マシンの動作状態を維持しながらシームレスに実施します。

Live Migration

ライブマイグレーションでは、ほぼゼロダウンタイムで仮想マシンの移行が行われます。状況によっては、仮想マシンがライブマイグレーションを使用 できない 場合があります。移行の制約に関する詳細は、「移行の制約」を参照してください。

コールドマイグレーション

コールドマイグレーション (あるいは、非ライブマイグレーション) では、移行元コンピュートノードから移行先コンピュートノードに仮想マシンを移行する前に、nova が仮想マシンをシャットダウンします。

Cold Migration

コールドマイグレーションでは、仮想マシンに多少のダウンタイムが発生します。ただし、コールドマイグレーションにより移行した仮想マシンは、引き続き同じボリュームおよび IP アドレスにアクセスすることができます。

重要

移行元コンピュートノードですでに障害が発生している場合には、『インスタンス&イメージガイド』の「インスタンスの退避」を参照してください。移行を行うためには、移行元および移行先両方のコンピュートノードが動作状態になければなりません。

8.2. 移行の制約

状況によっては、仮想マシンの移行に追加の制約が生じる場合があります。移行の制約は通常、ブロックマイグレーション、設定ディスク、またはいずれかの仮想マシンがコンピュートノード上の物理ハードウェアにアクセスする場合に生じます。

CPU に関する制約

移行元および移行先コンピュートノードの CPU アーキテクチャーは、同一であることが 必須です。たとえば、Red Hat では、x86_64 CPU から ppc64le CPU への仮想マシンの移行を サポートしません。CPU ホストパススルーを使用する仮想マシン等の場合には、移行元および移行先コンピュートノードの CPU は、完全に同一である 必要があります。すべてのケースで、移行先ノードの CPU 機能は、移行元ノードの CPU 機能の上位セットであることが 必須 です。また、仮想マシンで CPU ピニングが使用されている場合、移行元ノード上で使用されている NUMA ノードが移行先コンピュートノードの同じ NUMA ノードをターゲットにし、NUMA ノードが空である必要があります。

メモリーに関する制約

移行先コンピュートノードは、利用可能な RAM を十分に持つことが 求められます。メモリーのオーバーサブスクリプションが、移行失敗の原因となる 可能性があります。また、NUMA トポロジーを使用する仮想マシンの場合、移行先コンピュートノードの同じ NUMA ノードで十分な RAM が利用可能でなければなりません。

ブロックマイグレーションに関する制約

仮想マシンの使用するディスクがコンピュートノード上にローカルに格納されている場合、その移行には、共有ストレージ (Red Hat Ceph Storage 等) を使用するボリュームベースの仮想マシンよりもはるかに長い時間がかかります。このレイテンシーは、nova がコンピュートノード間でローカルディスクをブロックごとに移行するために発生します。この処理は、デフォルトではコントロールプレーンネットワークを通じて行われます。これとは対照的に、Red Hat Ceph Storage 等の共有ストレージを使用するボリュームベースのインスタンスでは、ボリュームを移行する必要がありません。それぞれのコンピュートノードが、共有ストレージにアクセスできるためです。

注記

大量の RAM を消費するローカルディスクまたは仮想マシンの移行により、コントロールプレーンネットワークに輻輳が生じ、これによりコントロールプレーンネットワークを使用する他のシステム (RabbitMQ 等) のパフォーマンスに悪影響を及ぼす場合があります。

読み取り専用ドライブの移行に関する制約

ドライブの移行は、ドライブに読み取り および 書き込み両方の機能がある場合に 限り サポートされます。たとえば、nova は CD-ROM ドライブまたは読み取り専用のコンフィグドライブを移行することはできません。ただし、nova は、vfat 等のドライブ形式を持つコンフィグドライブなど、読み取りおよび書き込み 両方の 機能を持つドライブを移行することができます。

ライブマイグレーションに関する制約

Red Hat OpenStack Platform では、ライブマイグレーションに関して、さらにいくつかの制約があります。

  • 移行中は新規操作ができない: 移行元および移行先ノードの仮想マシンのコピー間で状態の整合性を確保するために、Red Hat OpenStack Platform ではライブマイグレーション中の新規操作を拒否する必要があります。拒否しないと、ライブマイグレーションでメモリーの状態を複製する前にメモリーへの書き込みが行われた場合、ライブマイグレーションに長い時間がかかる状況や、永久に完了しない状況が発生する可能性があります。
  • Non-Uniform Memory Access (NUMA): 以前のリリースでは、NUMA トポロジーが設定された仮想マシンの移行は推奨されませんでした。現在、いくつかの制約はあるものの、nova は NUMA トポロジーが設定された仮想マシンを適切に移行することができます。
  • CPU ピニング: フレーバーで CPU ピニングが使用される場合、フレーバーは暗黙的に NUMA トポロジーを仮想マシンに適用し、その CPU およびメモリーを特定のホスト CPU およびメモリーにマッピングします。シンプルな NUMA トポロジーと CPU ピニングの違いは、NUMA では CPU コアの 範囲 が指定されるのに対して、CPU ピニングでは特定の CPU コアが使用される点です。詳細は、「NUMA ノードを使用する CPU ピニングの設定」を参照してください。
  • Data Plane Development Kit (DPDK): 仮想マシンが DPDK を使用する場合 (Open vSwitch と dpdk-netdev を組み合わせて実行する仮想マシンなど)、仮想マシンはヒュージページも使用し、nova が仮想マシンを NUMA ノードに固定するような NUMA トポロジーが適用されます。

nova では、NUMA、CPU ピニング、または DPDK を使用する仮想マシンのライブマイグレーションが可能です。ただし、移行先コンピュートノードには、仮想マシンが移行元コンピュートノードで使用するのと同じ NUMA ノード十分な容量がなければなりません。たとえば、仮想マシンが overcloud-compute-0NUMA 0 を使用している場合、仮想マシンを overcloud-compute-1 にライブマイグレーションするには、overcloud-compute-1NUMA 0 に仮想マシンをサポートするのに十分な容量を確保する必要があります。

ライブマイグレーションの妨げとなる制約

Red Hat OpenStack Platform では、仮想マシンの設定によりライブマイグレーションが妨げられるケースがいくつかあります。

  • Single-root Input/Output Virtualization (SR-IOV): 仮想マシンに SR-IOV Virtual Function (VF) を割り当てることができます。ただし、これによりライブマイグレーションが妨げられます。通常のネットワークデバイスとは異なり、SR-IOV VF ネットワークデバイスは、永続的な一意の MAC アドレスを持ちません。コンピュートノードがリブートするたびに、または nova-scheduler が仮想マシンを新しいコンピュートノードに移行する際に、VF ネットワークデバイスには新しい MAC アドレスが割り当てられます。したがって、OpenStack Platform 10 では、nova は SR-IOV を使用する仮想マシンのライブマイグレーションを行うことができません。SR-IOV を使用する仮想マシンでは、コールドマイグレーションを行う必要があります。
  • PCI パススルー: QEMU/KVM ハイパーバイザーでは、コンピュートノード上の PCI デバイスを仮想マシンにアタッチすることができます。PCI パススルーを使用すると、仮想マシンは PCI デバイスに排他的にアクセスすることができ、これらのデバイスが仮想マシンのオペレーティングシステムに物理的に接続されているかのように表示され、動作します。ただし、PCI パススルーには物理アドレスが必要なため、OpenStack Platform 10 では、nova は PCI パススルーを使用する仮想マシンのライブマイグレーションをサポートしません。

8.3. 移行前の操作

1 つまたは複数の仮想マシンを移行する前に、以下の手順を実施します。

手順

  1. アンダークラウドから、移行元コンピュートノードのホスト名および移行先コンピュートノードのホスト名を特定します。

    $ source ~/overcloudrc
    $ openstack compute service list
  2. 移行元コンピュートノード上の仮想マシンを一覧表示し、移行する仮想マシンの ID を探します。

    $ openstack server list --host [source] --all-projects

    [source] を移行元コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。

コンピュートノードをメンテナンスするための移行前の操作

メンテナンスのために移行元となるコンピュートノードを停止する場合には、メンテナンス中にスケジューラーが新しい仮想マシンを割り当てないように、アンダークラウドからそのコンピュートノードを無効にします。

$ openstack compute service set [source] nova-compute --disable

[source] を移行元コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。

NUMA、CPU ピニング、および DPDK インスタンスの移行前の操作

NUMA、CPU ピニング、または DPDK を使用する仮想マシンを移行する場合、移行先コンピュートノードのハードウェア仕様と設定は、移行元コンピュートノードと同一でなければなりません。また、移行元コンピュートノードの NUMA トポロジーを確保するために、移行先コンピュートノードに実行中の仮想マシンがあってはいけません。

注記

NUMA、CPU ピニング、または DPDK を使用する仮想マシンを移行する場合、/etc/nova/nova.conf ファイルの scheduler_default_filters 設定には、AggregateInstanceExtraSpecFilter および NUMATopologyFilter 等の適切な値を設定する必要があります。そのためには、環境ファイルの NovaSchedulerDefaultFilters heat パラメーターを設定します。

  1. NUMA、CPU ピニング、または DPDK 仮想マシンの移行先コンピュートノードが無効ではない場合には、これを無効にしてスケジューラーがそのノードに仮想マシンを割り当てるのを防ぎます。

    $ openstack compute service set [dest] nova-compute --disable

    [dest] を移行先コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。

  2. 複数の DPDK または NUMA 仮想マシンを移行する場合に移行元コンピュートノードから先に移行していた仮想マシンを除き、移行先コンピュートノードには仮想マシンが存在しないようにしてください。

    $ openstack server list --host [dest] --all-projects

    [dest] を移行先コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。

  3. 移行先コンピュートノードに、NUMA、CPU ピニング、または DPDK 仮想マシンを実行するのに十分なリソースを確保するようにしてください。

    $ openstack host show overcloud-compute-n
    $ ssh overcloud-compute-n
    $ numactl --hardware
    $ exit

    overcloud-compute-n を移行先コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。

  4. 移行元または移行先コンピュートノードの NUMA 情報を検出するには、必要に応じて以下のコマンドを実行します。

    $ ssh root@overcloud-compute-n
    # lscpu && lscpu | grep NUMA
    # virsh nodeinfo
    # virsh capabilities
    # exit

    ssh を使用して、overcloud-compute-n に接続します。ここで、overcloud-compute-n は移行元または移行先コンピュートノードです。

  5. 仮想マシンが NUMA を使用しているかどうか不明な場合は、仮想マシンのフレーバーを確認してください。

    $ openstack server list -c Name -c Flavor --name [vm]

    [vm] を仮想マシンの名前または ID に置き換えてください。

    続いてフレーバーを確認します。

    $ openstack flavor show [flavor]

    [flavor] をフレーバーの名前または ID に置き換えてください。表示される properties フィールドの hw:mem_page_size の値が any 以外 (2MB2048、または 1GB) の場合、仮想マシンは NUMA トポロジーを持ちます。properties フィールドに aggregate_instance_extra_specs:pinned='true' が含まれる場合、仮想マシンは CPU ピニングを使用しています。properties フィールドに hw:numa_nodes が含まれる場合、nova は仮想マシンを特定の NUMA ノードに制限します。

  6. NUMA を使用する各仮想マシンについて、移行完了後に移行先コンピュートノードの NUMA トポロジーが移行元コンピュートノードの NUMA トポロジーを反映していることを確認できるように、ベースとなるコンピュートノードから NUMA トポロジーに関する情報を取得することを検討してください。

    $ ssh root@overcloud-compute-n
    # virsh vcpuinfo [vm]
    # virsh numatune [vm]
    # exit

    [vm] を仮想マシンの名前に置き換えてください。vcpuinfo コマンドにより、NUMA および CPU ピニングに関する詳細が表示されます。numatune コマンドにより、仮想マシンが使用している NUMA ノードが表示されます。

8.4. 仮想マシンのライブマイグレーション

ライブマイグレーションでは、ダウンタイムを最小限に抑えて、仮想マシンを移行元コンピュートノードから移行先コンピュートノードに移動します。ただし、ライブマイグレーションがすべての仮想マシンに適しているとは限りません。補足情報は、「移行の制約」を参照してください。

手順

  1. 仮想マシンのライブマイグレーションを行うには、仮想マシンおよび移行先コンピュートノードを指定します。

    $ openstack server migrate [vm] --live [dest] --wait

    [vm] を仮想マシンの名前または ID に置き換えてください。[dest] を移行先コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。ローカルに確保されたボリュームを移行する場合には、--block-migration フラグを指定します。

  2. 移行が完了するまで待ちます。移行のステータスを確認するには、「移行ステータスの確認」を参照してください。
  3. 正常に移行したことを確認します。

    $ openstack server list --host [dest] --all-projects

    [dest] を移行先コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。

  4. NUMA、CPU ピニング、または DPDK を使用する仮想マシンについて、コンピュートノードから NUMA トポロジーに関する情報を取得して、移行前の操作中に取得した NUMA トポロジーと比較することを検討してください。

    $ ssh root@overcloud-compute-n
    # virsh vcpuinfo [vm]
    # virsh numatune [vm]
    # exit

    overcloud-compute-n をコンピュートノードのホスト名に置き換えてください。[vm] を仮想マシンの名前に置き換えてください。移行元および移行先コンピュートノードの NUMA トポロジーを比較すると、移行元および移行先コンピュートノードが同じ NUMA トポロジーを使用することを確認するのに役立ちます。

  5. 移行するその他の仮想マシンごとに、この手順を繰り返します。

仮想マシンの移行が終了したら、「移行後の操作」に進んでください。

8.5. 仮想マシンのコールドマイグレーション

仮想マシンのコールドマイグレーションでは、仮想マシンを停止して、別のコンピュートノードに移動します。コールドマイグレーションは、PCI パススルーまたは Single-Root Input/Output Virtualization (SR-IOV) を使用する仮想マシンの移行など、ライブマイグレーションでは対応することのできない移行シナリオに対応します。移行先コンピュートノードは、スケジューラーにより自動的に選択されます。補足情報は、「移行の制約」を参照してください。

手順

  1. 仮想マシンを移行するには、仮想マシンを指定します。

    $ openstack server migrate [vm] --wait

    [vm] を仮想マシンの ID に置き換えてください。ローカルに確保されたボリュームを移行する場合には、--block-migration フラグを指定します。

  2. 移行が完了するまで待ちます。移行のステータスを確認するには、「移行ステータスの確認」を参照してください。
  3. 移行が正常に完了したことを確認します。

    $ openstack server list --all-projects

仮想マシンの移行が終了したら、「移行後の操作」に進んでください。

8.6. 移行ステータスの確認

移行が完了するまでに、さまざまな移行状態を遷移します。正常な移行では、通常、移行状態は以下のように遷移します。

  1. Queued: nova は仮想マシン移行の要求を受け入れ、移行は保留中です。
  2. Preparing: nova は仮想マシン移行の準備中です。
  3. Running: nova は仮想マシンの移行プロセスを実行中です。
  4. Post-migrating: nova は仮想マシンを移行先コンピュートノードにビルドし、移行元コンピュートノードのリソースを解放しています。
  5. Completed: nova は仮想マシンの移行を完了し、移行元コンピュートノードのリソース解放を終了しています。

手順

  1. 仮想マシンの移行の一覧を取得します。

    $ nova server-migration-list [vm]

    [vm] を仮想マシンの名前または ID に置き換えてください。

  2. 移行のステータスを表示します。

    $ nova server-migration-show [vm] [migration]

    [vm] を仮想マシンの名前または ID に置き換えてください。[migration] を移行の ID に置き換えてください。

仮想マシンの移行に長い時間がかったり、エラーが発生したりする場合があります。詳しくは、「移行に関するトラブルシューティング」を参照してください。

8.7. 移行後の操作

1 つまたは複数の仮想マシンを移行したら以下の手順を確認し、必要に応じてそれらの手順を実施します。

コンピュートノードのメンテナンスに関する移行後の操作

メンテナンスのために移行元コンピュートノードを停止し、メンテナンスが完了したら、スケジューラーが新しい仮想マシンを移行元コンピュートノードに割り当てられるように、アンダークラウドから移行元コンピュートノードを再度有効にすることができます。

$ source ~/overcloudrc
$ openstack compute service set [source] nova-compute --enable

[source] を移行元コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。

NUMA、CPU ピニング、または DPDK インスタンスの移行後の操作

NUMA、CPU ピニング、または DPDK を使用する仮想マシンを移行したら、アンダークラウドから移行先コンピュートノードを再度有効にしなければならない場合があります。

$ source ~/overcloudrc
$ openstack compute service set [dest] nova-compute --enable

[dest] を移行先コンピュートノードのホスト名に置き換えてください。

8.8. 移行に関するトラブルシューティング

仮想マシンの移行時には、さまざまな問題が発生する可能性があります。

  1. 移行プロセスでエラーが生じる。
  2. 移行プロセスが終了しない。
  3. 移行後に仮想マシンのパフォーマンスが低下する。

移行中のエラー

以下の問題が発生すると、移行操作が error 状態に遷移します。

  1. 異なるバージョンの OpenStack が存在するクラスターを実行する。
  2. 指定した仮想マシン ID が見つからない。
  3. 移行を試みている仮想マシンが error 状態にある。
  4. Compute サービスが停止している。
  5. 競合状態が発生する。
  6. ライブマイグレーションが failed 状態に移行する。

ライブマイグレーションが failed 状態に移行すると、通常は error 状態になります。failed 状態の原因となる可能性のある典型的な問題を以下に示します。

  1. 移行先コンピュートホストが利用可能な状態にない。
  2. スケジューラーの例外が発生する。
  3. コンピューティングリソースが不十分なため、再ビルドプロセスに失敗する。
  4. サーバーグループの確認に失敗する。
  5. 移行先コンピュートノードへの移行が完了する前に、移行元コンピュートノードの仮想マシンが削除される。

ライブマイグレーションのスタック

ライブマイグレーションが時間どおりに完了せず、永久に running 状態のままになる可能性があります。ライブマイグレーションが永久に完了しない一般的な理由は、nova が仮想マシンの変更を移行先コンピュートノードに複製するより早く、クライアントのリクエストにより移行元コンピュートノード上で実行中の仮想マシンに変更が生じることです。

この状況に対処する方法はいくつかあります。

  1. ライブマイグレーションを中止する。
  2. ライブマイグレーションを強制的に完了させる。

ライブマイグレーションの中止

移行プロセスが仮想マシンの状態の変化を移行先ノードにコピーするより早く仮想マシンの状態が変化する状況で、仮想マシンの動作を一時的に中断したくない場合には、ライブマイグレーションの手順を中止することができます。

  1. 仮想マシンの移行の一覧を取得します。

    $ nova server-migration-list [vm]

    [vm] を仮想マシンの名前または ID に置き換えてください。

  2. ライブマイグレーションを中止します。

    $ nova live-migration-abort [vm] [migration]

    [vm] を仮想マシンの名前または ID に、[migration] を移行の ID に、それぞれ置き換えてください。

ライブマイグレーション完了の強制

移行プロセスが仮想マシンの状態の変化を移行先ノードにコピーするより早く仮想マシンの状態が変化する状況で、仮想マシンの動作を一時的に中断して移行を強制的に完了させたい場合には、ライブマイグレーションの手順を強制的に完了させることができます。

重要

ライブマイグレーションを強制的に完了させると、かなりのダウンタイムが発生する可能性があります。

  1. 仮想マシンの移行の一覧を取得します。

    $ nova server-migration-list [vm]

    [vm] を仮想マシンの名前または ID に置き換えてください。

  2. ライブマイグレーションを強制的に完了させます。

    $ nova live-migration-force-complete [vm] [migration]

    [vm] を仮想マシンの名前または ID に置き換えてください。[migration] を移行の ID に置き換えてください。

移行後の仮想マシンのパフォーマンス低下

NUMA トポロジーを使用する仮想マシンの場合、移行元および移行先コンピュートノードの NUMA トポロジーおよび設定は同一でなければなりません。移行先コンピュートノードの NUMA トポロジーでは、十分なリソースが利用可能でなければなりません。移行元および移行先コンピュートノード間で NUMA 設定が同一でない場合、ライブマイグレーションは成功するが仮想マシンのパフォーマンスが低下する可能性があります。たとえば、移行元コンピュートノードは NIC 1 を NUMA ノード 0 にマッピングするが、移行先コンピュートノードは NIC 1 を NUMA ノード 5 にマッピングする場合、移行後に仮想マシンはバス内の最初の CPU からのネットワークトラフィックを NUMA ノード 5 の別の CPU にルーティングし、トラフィックを NIC 1 にルーティングする可能性があります。その結果、予想されたとおりに動作はしますが、パフォーマンスが低下します。同様に、移行元コンピュートノードの NUMA ノード 0 では十分な CPU および RAM が利用可能だが、移行先コンピュートノードの NUMA ノード 0 にリソースの一部を使用する仮想マシンがすでに存在する場合、仮想マシンは正常に動作するがパフォーマンスが低下する可能性があります。補足情報は、「移行の制約」を参照してください。

第9章 オーバークラウドのスケーリング

警告

オーバークラウドからノードを削除する場合は、openstack server delete を使用しないでください。本項で説明する手順をよく読み、適切にノードの削除/置き換えを行ってください。

オーバークラウドの作成後に、ノードを追加または削除する必要がある場合があります。たとえば、オーバークラウドのコンピュートノードを追加する場合などです。このような状況では、オーバークラウドの更新が必要です。

以下の表を使用して、各ノード種別のスケーリングに対するサポートを判断してください。

表9.1 各ノード種別のスケーリングサポート

ノード種別

スケールアップ

スケールダウン

説明

コントローラー

非対応

非対応

 

コンピュート

対応

対応

 

Ceph Storage ノード

対応

非対応

オーバークラウドを最初に作成する際に Ceph Storage ノードを 1 つ以上設定する必要があります。

ブロックストレージノード

非対応

非対応

 

オブジェクトストレージノード

対応

対応

「オブジェクトストレージノードの置き換え」で説明するように、手動でリングを管理する必要があります。

重要

オーバークラウドをスケーリングする前には、少なくとも 10 GB の空き領域を確保するようにしてください。この空き領域は、イメージの変換やノードのプロビジョニングプロセスのキャッシュに使用されます。

9.1. 新たなノードの追加

director のノードプールにさらにノードを追加するには、登録する新規ノードの詳細を記載した新しい JSON ファイル (例: newnodes.json) を作成します。

{
  "nodes":[
    {
        "mac":[
            "dd:dd:dd:dd:dd:dd"
        ],
        "cpu":"4",
        "memory":"6144",
        "disk":"40",
        "arch":"x86_64",
        "pm_type":"pxe_ipmitool",
        "pm_user":"admin",
        "pm_password":"p@55w0rd!",
        "pm_addr":"192.0.2.207"
    },
    {
        "mac":[
            "ee:ee:ee:ee:ee:ee"
        ],
        "cpu":"4",
        "memory":"6144",
        "disk":"40",
        "arch":"x86_64",
        "pm_type":"pxe_ipmitool",
        "pm_user":"admin",
        "pm_password":"p@55w0rd!",
        "pm_addr":"192.0.2.208"
    }
  ]
}

これらのパラメーターについての説明は、「オーバークラウドノードの登録」を参照してください。

以下のコマンドを実行して、これらのノードを登録します。

$ openstack baremetal import --json newnodes.json

新規ノードを登録したら、これらのノードのイントロスペクションプロセスを起動します。それぞれの新規ノードに対して、以下のコマンドを使用します。

$ openstack baremetal node manage [NODE UUID]
$ openstack overcloud node introspect [NODE UUID] --provide

これにより、ノードのハードウェアプロパティーの検出とベンチマークが実行されます。

イントロスペクションプロセスが完了したら、各新規ノードを目的のロールにタグ付けします。たとえば、コンピュートノードの場合は、以下のコマンドを使用します。

$ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:compute,boot_option:local' [NODE UUID]

オーバークラウドをスケーリングするには、ロールに必要なノード数を指定して openstack overcloud deploy を再度実行する必要があります。たとえば、コンピュートノードを 5 台にスケーリングするには、以下のコマンドを実行します。

$ openstack overcloud deploy --templates --compute-scale 5 [OTHER_OPTIONS]

これにより、オーバークラウドのスタック全体が更新されます。これにより更新されるのはスタックだけである点に注意してください。オーバークラウドの削除や、スタックの置き換えは行われません。

重要

最初に作成したオーバークラウドからの環境ファイルおよびオプションをすべて追加するようにしてください。これには、コンピュート以外のノードに対する同様のスケジューリングパラメーターが含まれます。

9.2. コンピュートノードの削除

オーバークラウドからコンピュートノードを削除する必要がある状況が出てくる可能性があります。たとえば、問題のあるコンピュートノードを置き換える必要がある場合などです。

重要

オーバークラウドからコンピュートノードを削除する前に、負荷をそのノードから別のコンピュートノードに移行してください。詳しくは、「8章コンピュートノード間の仮想マシンの移行」を参照してください。

次に、オーバークラウド上でノードの Compute サービスを無効にします。これにより、ノードで新規インスタンスがスケジューリングされないようになります。

$ source ~/overcloudrc
$ openstack compute service list
$ openstack compute service set [hostname] nova-compute --disable
$ source ~/stackrc

オーバークラウドノードを削除するには、ローカルのテンプレートファイルを使用して、director の overcloud スタックへの更新が必要です。最初にオーバークラウドスタックの UUID を特定します。

$ openstack stack list

削除するノードの UUID を特定します。

$ openstack server list

以下のコマンドを実行して、オーバークラウドのプランを更新し、スタックからノードを削除します。

$ openstack overcloud deploy --update-plan-only \
  --templates  \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml \
  -e /home/stack/templates/network-environment.yaml \
  -e /home/stack/templates/storage-environment.yaml \
  -e /home/stack/templates/rhel-registration/environment-rhel-registration.yaml \
  [-e |...]
$ openstack overcloud node delete --stack [STACK_UUID] --templates -e [ENVIRONMENT_FILE] [NODE1_UUID] [NODE2_UUID] [NODE3_UUID]
重要

オーバークラウドの作成時に追加の環境ファイルを渡した場合には、予定外の手動変更がオーバークラウドに加えられないように、ここで -e または --environment-file オプションを使用して環境ファイルを再度渡します。

重要

操作を続行する前に、openstack overcloud node delete コマンドが完全に終了したことを確認します。openstack stack list コマンドを使用して、overcloud スタックが UPDATE_COMPLETE のステータスに切り替わっていることを確認してください。

最後に、ノードの Compute サービスを削除します。

$ source ~/overcloudrc
$ openstack compute service list
$ openstack compute service delete [service-id]
$ source ~/stackrc

さらに、ノードの Open vSwitch エージェントを削除します。

$ source ~/overcloudrc
$ openstack network agent list
$ openstack network agent delete [openvswitch-agent-id]
$ source ~/stackrc

オーバークラウドから自由にノードを削除して、別の目的でそのノードを再プロビジョニングできるようになりました。

9.3. コンピュートノードの置き換え

コンピュートノードに障害が発生した場合に、そのノードを機能しているノードに置き換えることができます。コンピュートノードを置き換えるには、以下のプロセスを使用します。

このプロセスにより、インスタンスの可用性に影響を与えずにノードを置き換えることができます。

9.4. コントローラーノードの置き換え

特定の状況では、高可用性クラスター内のコントローラーノードに障害が発生することがあります。その場合は、そのコントローラーノードをクラスターから削除して新しいコントローラーノードに置き換える必要があります。この操作には、ノードがクラスター内の他のノードに接続できるようにする手順も含まれます。

本項では、コントローラーノードを置き換える手順について説明します。このプロセスでは、openstack overcloud deploy コマンドを実行し、コントローラーノードを置き換えるリクエストでオーバークラウドを更新します。このプロセスは完全には自動的に行われないことに注意してください。オーバークラウドスタックの更新プロセス中、ある時点で openstack overcloud deploy コマンドが異常を報告し、オーバークラウドスタックの更新が停止します。この時点で、プロセスに手動で介入する必要あります。その後、openstack overcloud deploy プロセスを続行することができます。

重要

以下の手順は、高可用性環境にのみ適用されます。コントローラーノードを 1 台しか使用していない場合は、この手順を使用しないでください。

9.4.1. 事前確認

オーバークラウドコントローラーノードの置き換えを試みる前に、Red Hat OpenStack Platform 環境の現在の状態をチェックしておくことが重要です。このチェックしておくと、コントローラーの置き換えプロセス中に複雑な事態が発生するのを防ぐことができます。以下の事前チェックリストを使用して、コントローラーノードの置き換えを実行しても安全かどうかを確認してください。チェックのためのコマンドはすべてアンダークラウドで実行します。

  1. アンダークラウドで、overcloud スタックの現在の状態をチェックします。

    $ source stackrc
    $ openstack stack list --nested

    overcloud スタックと後続の子スタックは、CREATE_COMPLETE または UPDATE_COMPLETE のステータスである必要があります。

  2. アンダークラウドデータベースのバックアップを実行します。

    $ mkdir /home/stack/backup
    $ sudo mysqldump --all-databases --quick --single-transaction | gzip > /home/stack/backup/dump_db_undercloud.sql.gz
    $ sudo systemctl stop openstack-ironic-api.service openstack-ironic-conductor.service openstack-ironic-inspector.service openstack-ironic-inspector-dnsmasq.service
    $ sudo cp /var/lib/ironic-inspector/inspector.sqlite /home/stack/backup
    $ sudo systemctl start openstack-ironic-api.service openstack-ironic-conductor.service openstack-ironic-inspector.service openstack-ironic-inspector-dnsmasq.service
  3. アンダークラウドに、新規ノードプロビジョニング時のイメージのキャッシュと変換に対応できる 10 GB の空きストレージ領域があることを確認します。
  4. コントローラーノードで実行中の Pacemaker の状態をチェックします。たとえば、実行中のコントローラーノードの IP アドレスが 192.168.0.47 の場合には、以下のコマンドで Pacemaker のステータス情報を取得します。

    $ ssh heat-admin@192.168.0.47 'sudo pcs status'

    出力には、既存のノードで実行中のサービスと、障害が発生しているノードで停止中のサービスがすべて表示されるはずです。

  5. オーバークラウドの MariaDB クラスターの各ノードで、以下のパラメーターを確認します。

    • wsrep_local_state_comment: Synced
    • wsrep_cluster_size: 2

      実行中の各コントローラーノード (IP アドレスは、それぞれ 192.168.0.47 および 192.168.0.46 を使用します) で以下のコマンドを使用して、これらのパラメーターを確認します。

      $ for i in 192.168.0.47 192.168.0.46 ; do echo "*** $i ***" ; ssh heat-admin@$i "sudo mysql --exec=\"SHOW STATUS LIKE 'wsrep_local_state_comment'\" ; sudo mysql --exec=\"SHOW STATUS LIKE 'wsrep_cluster_size'\""; done
  6. RabbitMQ のステータスをチェックします。たとえば、実行中のコントローラーノードの IP アドレスが 192.168.0.47 の場合には、以下のコマンドを実行してステータスを取得します。

    $ ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo rabbitmqctl cluster_status"

    running_nodes キーには、障害が発生しているノードは表示されず、稼働中のノード 2 台のみが表示されるはずです。

  7. フェンシングが有効化されている場合には無効にします。たとえば、実行中のコントローラーノードの IP アドレスが 192.168.0.47 の場合には、以下のコマンドを実行してフェンシングを無効にします。

    $ ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo pcs property set stonith-enabled=false"

    以下のコマンドを実行してフェンシングのステータスを確認します。

    $ ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo pcs property show stonith-enabled"
  8. director ノードで nova-compute サービスをチェックします。

    $ sudo systemctl status openstack-nova-compute
    $ openstack hypervisor list

    出力では、メンテナンスモードに入っていないすべてのノードが up のステータスで表示されるはずです。

  9. アンダークラウドサービスがすべて実行中であることを確認します。

    $ sudo systemctl -t service

9.4.2. Ceph monitor デーモンの削除

本手順では、ストレージクラスターから ceph-mon デーモンを削除します。コントローラーノードが Ceph monitor サービスを実行している場合には、以下のステップを完了して、ceph-mon デーモンを削除してください。この手順は、コントローラーが到達可能であることを前提としています。

注記

新しい Ceph monitor デーモンは、クラスターに新しいコントローラーが追加された後に追加されます。

  1. 置き換えるコントローラーに接続して、root になります。

    # ssh heat-admin@192.168.0.47
    # sudo su -
    注記

    コントローラーが到達不可能な場合には、ステップ 1 と 2 をスキップして、稼働している任意のコントローラーノードでステップ 3 から手順を続行してください。

  2. root として monitor を停止します。

    # systemctl stop ceph-mon@<monitor_hostname>

    以下に例を示します。

    # systemctl stop ceph-mon@overcloud-controller-2
  3. クラスターから monitor を削除します。

    # ceph mon remove <mon_id>
  4. Ceph monitor ノード上で、/etc/ceph/ceph.conf から monitor のエントリーを削除します。たとえば、controller-2 を削除した場合には、controller-2 の IP アドレスとホスト名を削除します。

    編集前:

    mon host = 172.18.0.21,172.18.0.22,172.18.0.24
    mon initial members = overcloud-controller-2,overcloud-controller-1,overcloud-controller-0

    編集後:

    mon host = 172.18.0.22,172.18.0.24
    mon initial members = overcloud-controller-1,overcloud-controller-0
  5. オーバークラウドノードの /etc/ceph/ceph.conf に同じ変更を適用します。

    注記

    置き換え用のコントローラーノードが追加されると、director によって該当するオーバークラウドノード上の ceph.conf ファイルが更新されます。通常、この設定ファイルは director によってのみ管理され、手動で編集する必要はありませんが、このステップでは、新規ノードが追加される前に他のノードが再起動してしまった場合に一貫性を保つために、ファイルを編集しています。

  6. オプションとして、monitor データをアーカイブして、別のサーバーに保存します。

    # mv /var/lib/ceph/mon/<cluster>-<daemon_id> /var/lib/ceph/mon/removed-<cluster>-<daemon_id>

9.4.3. ノードの置き換え

削除するノードのインデックスを特定します。ノードのインデックスは、nova list の出力に表示されるインスタンス名のサフィックスです。

[stack@director ~]$ openstack server list
+--------------------------------------+------------------------+
| ID                                   | Name                   |
+--------------------------------------+------------------------+
| 861408be-4027-4f53-87a6-cd3cf206ba7a | overcloud-compute-0    |
| 0966e9ae-f553-447a-9929-c4232432f718 | overcloud-compute-1    |
| 9c08fa65-b38c-4b2e-bd47-33870bff06c7 | overcloud-compute-2    |
| a7f0f5e1-e7ce-4513-ad2b-81146bc8c5af | overcloud-controller-0 |
| cfefaf60-8311-4bc3-9416-6a824a40a9ae | overcloud-controller-1 |
| 97a055d4-aefd-481c-82b7-4a5f384036d2 | overcloud-controller-2 |
+--------------------------------------+------------------------+

以下の例では、overcloud-controller-1 ノードを削除し、それを overcloud-controller-3 に置き換えます。まず、ノードをメンテナンスモードに切り替えて、director が障害の発生したノードを再プロビジョニングしないようにします。nova list で表示されるインスタンスの ID を openstack baremetal node list で表示されるノード ID に関連付けます。

[stack@director ~]$ openstack baremetal node list
+--------------------------------------+------+--------------------------------------+
| UUID                                 | Name | Instance UUID                        |
+--------------------------------------+------+--------------------------------------+
| 36404147-7c8a-41e6-8c72-a6e90afc7584 | None | 7bee57cf-4a58-4eaf-b851-2a8bf6620e48 |
| 91eb9ac5-7d52-453c-a017-c0e3d823efd0 | None | None                                 |
| 75b25e9a-948d-424a-9b3b-f0ef70a6eacf | None | None                                 |
| 038727da-6a5c-425f-bd45-fda2f4bd145b | None | 763bfec2-9354-466a-ae65-2401c13e07e5 |
| dc2292e6-4056-46e0-8848-d6e96df1f55d | None | 2017b481-706f-44e1-852a-2ee857c303c4 |
| c7eadcea-e377-4392-9fc3-cf2b02b7ec29 | None | 5f73c7d7-4826-49a5-b6be-8bfd558f3b41 |
| da3a8d19-8a59-4e9d-923a-6a336fe10284 | None | cfefaf60-8311-4bc3-9416-6a824a40a9ae |
| 807cb6ce-6b94-4cd1-9969-5c47560c2eee | None | c07c13e6-a845-4791-9628-260110829c3a |
+--------------------------------------+------+--------------------------------------+

ノードをメンテナンスモードに切り替えます。

[stack@director ~]$ openstack baremetal node maintenance set da3a8d19-8a59-4e9d-923a-6a336fe10284

新規ノードを control プロファイルにタグ付けします。

[stack@director ~]$ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:control,boot_option:local' 75b25e9a-948d-424a-9b3b-f0ef70a6eacf

オーバークラウドのデータベースは、置き換え手順の実行中に稼働し続ける必要があります。この手順の実行中に Pacemaker が Galera を停止しないようにするには、実行中のコントローラーノードを選択して、そのコントローラーノードの IP アドレスを使用して、アンダークラウドで以下のコマンドを実行します。

[stack@director ~]$ ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo pcs resource unmanage galera"

削除するノードのインデックスを定義する YAML ファイルを作成します (~/templates/remove-controller.yaml)。

parameters:
  ControllerRemovalPolicies:
    [{'resource_list': ['1']}]
注記

Corosync での処理の試行回数を減らすことによって、置き換えプロセスを迅速化することができます。~/templates/remove-controller.yaml 環境ファイルに CorosyncSettleTries パラメーターを追加します。

parameter_defaults:
  CorosyncSettleTries: 5

ノードのインデックスを特定したら、remove-controller.yaml 環境ファイルを追加してオーバークラウドを再デプロイします。

[stack@director ~]$ openstack overcloud deploy --templates --control-scale 3 -e ~/templates/remove-controller.yaml [OTHER OPTIONS]

オーバークラウドの作成時に追加の環境ファイルまたはオプションを渡した場合には、予定外の変更がオーバークラウドに加えられないように、ここで再度それらを渡します。

ただし、-e ~/templates/remove-controller.yaml が必要なのは、この 1 回だけである点に注意してください。

director は古いノードを削除して、新しいノードを作成してから、オーバークラウドスタックを更新します。以下のコマンドを使用すると、オーバークラウドスタックのステータスをチェックすることができます。

[stack@director ~]$ openstack stack list --nested

9.4.4. 手動による介入

ControllerNodesPostDeployment 段階の ControllerDeployment_Step1 で、オーバークラウドスタックの更新が UPDATE_FAILED エラーにより停止します。これは、一部の Puppet モジュールがノードの置き換えをサポートしていないためです。プロセスのこの時点で手動による介入が必要です。以下の設定手順に従ってください。

  1. コントローラーノードの IP アドレスの一覧を取得します。以下に例を示します。

    [stack@director ~]$ openstack server list
    ... +------------------------+ ... +-------------------------+
    ... | Name                   | ... | Networks                |
    ... +------------------------+ ... +-------------------------+
    ... | overcloud-compute-0    | ... | ctlplane=192.168.0.44   |
    ... | overcloud-controller-0 | ... | ctlplane=192.168.0.47   |
    ... | overcloud-controller-2 | ... | ctlplane=192.168.0.46   |
    ... | overcloud-controller-3 | ... | ctlplane=192.168.0.48   |
    ... +------------------------+ ... +-------------------------+
  2. 既存のノードの /etc/corosync/corosync.conf ファイルで、削除されたノードの nodeid 値を確認します。たとえば、既存のノードが 192.168.0.47 の overcloud-controller-0 の場合には、以下のコマンドを実行します。

    [stack@director ~]$ ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo cat /etc/corosync/corosync.conf"

    このコマンドにより、削除されたノード (overcloud-controller-1) の ID が含まれる nodelist が表示されます。

    nodelist {
      node {
        ring0_addr: overcloud-controller-0
        nodeid: 1
      }
      node {
        ring0_addr: overcloud-controller-1
        nodeid: 2
      }
      node {
        ring0_addr: overcloud-controller-2
        nodeid: 3
      }
    }

    後で使用するために、削除されたノードの nodeid の値を書き留めておいてください。上記の例では、2 がその値です。

  3. 各ノードの Corosync 設定から障害の発生したノードを削除して、Corosync を再起動します。この例では、overcloud-controller-0 および overcloud-controller-2 にログインし、以下のコマンドを実行します。

    [stack@director] ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo pcs cluster localnode remove overcloud-controller-1"
    [stack@director] ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo pcs cluster reload corosync"
    [stack@director] ssh heat-admin@192.168.0.46 "sudo pcs cluster localnode remove overcloud-controller-1"
    [stack@director] ssh heat-admin@192.168.0.46 "sudo pcs cluster reload corosync"
  4. 残りのノードの中の 1 台にログインして、crm_node コマンドで対象のノードをクラスターから削除します。

    [stack@director] ssh heat-admin@192.168.0.47
    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo crm_node -R overcloud-controller-1 --force

    このノードにログインした状態を維持します。

  5. 障害が発生したノードを RabbitMQ クラスターから削除します。

    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo rabbitmqctl forget_cluster_node rabbit@overcloud-controller-1
  6. 障害が発生したノードを MongoDB から削除します。まず、ノードの内部 API 接続のための IP アドレスを特定します。

    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo netstat -tulnp | grep 27017
    tcp        0      0 192.168.0.47:27017    0.0.0.0:*               LISTEN      13415/mongod

    ノードが primary レプリカセットであることを確認します。

    [root@overcloud-controller-0 ~]# echo "db.isMaster()" | mongo --host 192.168.0.47:27017
    MongoDB shell version: 2.6.11
    connecting to: 192.168.0.47:27017/echo
    {
      "setName" : "tripleo",
      "setVersion" : 1,
      "ismaster" : true,
      "secondary" : false,
      "hosts" : [
        "192.168.0.47:27017",
        "192.168.0.46:27017",
        "192.168.0.45:27017"
      ],
      "primary" : "192.168.0.47:27017",
      "me" : "192.168.0.47:27017",
      "electionId" : ObjectId("575919933ea8637676159d28"),
      "maxBsonObjectSize" : 16777216,
      "maxMessageSizeBytes" : 48000000,
      "maxWriteBatchSize" : 1000,
      "localTime" : ISODate("2016-06-09T09:02:43.340Z"),
      "maxWireVersion" : 2,
      "minWireVersion" : 0,
      "ok" : 1
    }
    bye

    これで、現在のノードがプライマリーかどうかが表示されるはずです。プライマリーでなければ、primary キーで示されているノードの IP アドレスを使用します。

    プライマリーノードで MongoDB に接続します。

    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ mongo --host 192.168.0.47
    MongoDB shell version: 2.6.9
    connecting to: 192.168.0.47:27017/test
    Welcome to the MongoDB shell.
    For interactive help, type "help".
    For more comprehensive documentation, see
    http://docs.mongodb.org/
    Questions? Try the support group
    http://groups.google.com/group/mongodb-user
    tripleo:PRIMARY>

    MongoDB クラスターのステータスを確認します。

    tripleo:PRIMARY> rs.status()

    _id キーを使用してノードを特定し、name キーを使用して障害が発生したノードを削除します。この例では、name192.168.0.45:27017 の Node 1 を削除します。

    tripleo:PRIMARY> rs.remove('192.168.0.45:27017')
    重要

    PRIMARY レプリカセットに対してコマンドを実行する必要があります。以下のメッセージが表示される場合は、

    "replSetReconfig command must be sent to the current replica set primary."

    PRIMARY に指定されているノード上の MongoDB に再ログインします。

    注記

    障害の発生したノードのレプリカセットを削除する際に、通常以下のような出力が表示されます。

    2016-05-07T03:57:19.541+0000 DBClientCursor::init call() failed
    2016-05-07T03:57:19.543+0000 Error: error doing query: failed at src/mongo/shell/query.js:81
    2016-05-07T03:57:19.545+0000 trying reconnect to 192.168.0.47:27017 (192.168.0.47) failed
    2016-05-07T03:57:19.547+0000 reconnect 192.168.0.47:27017 (192.168.0.47) ok

    MongoDB を終了します。

    tripleo:PRIMARY> exit
  7. Galera クラスターのノード一覧を更新します。

    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs resource update galera wsrep_cluster_address=gcomm://overcloud-controller-0,overcloud-controller-3,overcloud-controller-2
  8. 新規ノードで Galera クラスターの確認を設定します。既存のノードから新規ノード上の同じ場所に /etc/sysconfig/clustercheck をコピーします。
  9. root ユーザーが新規ノードの Gelera にアクセスできるように設定します。既存のノードから新規ノード上の同じ場所に /root/.my.cnf をコピーします。
  10. 新規ノードをクラスターに追加します。

    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs cluster node add overcloud-controller-3
  11. 各ノードの /etc/corosync/corosync.conf ファイルを確認します。新規ノードの nodeid が削除したノードと同じ場合は、その値を新しい nodeid の値に更新します。たとえば、/etc/corosync/corosync.conf ファイルに新規ノード (overcloud-controller-3) のエントリーが含まれます。

    nodelist {
      node {
        ring0_addr: overcloud-controller-0
        nodeid: 1
      }
      node {
        ring0_addr: overcloud-controller-2
        nodeid: 3
      }
      node {
        ring0_addr: overcloud-controller-3
        nodeid: 2
      }
    }

    この例では、新規ノードは削除されたノードと同じ nodeid を使用していることに注意してください。この値を使用していないノードの ID 値に更新します。以下に例を示します。

    node {
      ring0_addr: overcloud-controller-3
      nodeid: 4
    }

    新規ノードを含め、各コントローラーノードの /etc/corosync/corosync.conf ファイルでこの nodeid の値を更新します。

  12. 既存ノードでのみ Corosync サービスを再起動します。たとえば、overcloud-controller-0 で以下のコマンドを実行します。

    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs cluster reload corosync

    また、overcloud-controller-2 で以下のコマンドを実行します。

    [heat-admin@overcloud-controller-2 ~]$ sudo pcs cluster reload corosync

    新規ノードでこのコマンドを実行しないでください。

  13. 新規コントローラーノードを起動します。

    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs cluster start overcloud-controller-3
  14. Galera クラスターを再起動して Pacemaker の管理に戻します。

    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs resource cleanup galera
    [heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs resource manage galera
  15. Pacemaker を使用して、一部のサービスを有効にすると共に再起動します。クラスターはこの時点でメンテナンスモードに設定されていますが、サービスを有効にするには、このモードを一時的に無効にする必要があります。以下に例を示します。

    [heat-admin@overcloud-controller-3 ~]$ sudo pcs property set maintenance-mode=false --wait
  16. 全ノードで Galera サービスが起動するまで待ちます。

    [heat-admin@overcloud-controller-3 ~]$ sudo pcs status | grep galera -A1
    Master/Slave Set: galera-master [galera]
    Masters: [ overcloud-controller-0 overcloud-controller-2 overcloud-controller-3 ]

    必要な場合には、新規ノードで cleanup を実行します。

    [heat-admin@overcloud-controller-3 ~]$ sudo pcs resource cleanup galera --node overcloud-controller-3
  17. クラスターをメンテナンスモードに戻します。

    [heat-admin@overcloud-controller-3 ~]$ sudo pcs property set maintenance-mode=true --wait

手動の設定が完了しました。オーバークラウドのデプロイメントコマンドを再度実行して、スタックの更新を続行します。

[stack@director ~]$ openstack overcloud deploy --templates --control-scale 3 [OTHER OPTIONS]
重要

オーバークラウドの作成時に追加の環境ファイルまたはオプションを渡した場合には、予定外の変更がオーバークラウドに加えられないように、ここで再度それらを渡します。ただし、remove-controller.yaml ファイルは必要なくなった点に注意してください。

9.4.5. オーバークラウドサービスの最終処理

オーバークラウドスタックの更新が完了したら、最終の設定が必要です。コントローラーノードのいずれかにログインして、Pacemaker で停止しているサービスを更新します。

[heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ for i in `sudo pcs status|grep -B2 Stop |grep -v "Stop\|Start"|awk -F"[" '/\[/ {print substr($NF,0,length($NF)-1)}'`; do echo $i; sudo pcs resource cleanup $i; done

最終のステータスチェックを実行して、サービスが正しく実行されていることを確認します。

[heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs status
注記

エラーが発生したサービスがある場合には、問題の解決後に pcs resource cleanup コマンドを使用してそのサービスを再起動します。

コントローラーノードでフェンシングが使用されている場合は、古いフェンシングレコードを削除して、新しいフェンシングレコードを作成します。

[heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs stonith show
[heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs stonish delete my-ipmilan-for-controller-1
[heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs stonith create my-ipmilan-for-controller-3 fence_ipmilan pcmk_host_list=overcloud-controller-3 ipaddr=192.0.2.208 login=admin passwd=p@55w0rd! lanplus=1 cipher=1 op monitor interval=60s
[heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs constraint location my-ipmilan-for-controller-3 avoids overcloud-controller-3

フェンシングの再有効化

[heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ sudo pcs property set stonith-enabled=true
注記

フェンシングの設定に関する詳しい情報は、「コントローラーノードのフェンシング」を参照してください。

director を終了します。

[heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ exit

9.4.6. L3 エージェントのルーターホスティングの最終処理

オーバークラウドと対話できるようにするために、source コマンドで overcloudrc ファイルを読み込みます。ルーターを確認して、L3 エージェントがオーバークラウド環境でルーターを適切にホストしていることを確認します。以下の例では、r1 という名前のルーターを使用します。

[stack@director ~]$ source ~/overcloudrc
[stack@director ~]$ neutron l3-agent-list-hosting-router r1

この一覧に、新規ノードではなく古いノードが引き続き表示される場合があります。これを置き換えるには、環境内の L3 ネットワークエージェントを一覧表示します。

[stack@director ~]$ neutron agent-list | grep "neutron-l3-agent"

新規ノードおよび古いノード上のエージェントの UUID を特定します。新しいノードのエージェントにルーターを追加し、古いノードからルーターを削除します。以下に例を示します。

[stack@director ~]$ neutron l3-agent-router-add fd6b3d6e-7d8c-4e1a-831a-4ec1c9ebb965 r1
[stack@director ~]$ neutron l3-agent-router-remove b40020af-c6dd-4f7a-b426-eba7bac9dbc2 r1

ルーターに対して最終の確認を実行し、すべてがアクティブであることを確認します。

[stack@director ~]$ neutron l3-agent-list-hosting-router r1

古いコントローラーノードをポイントしている既存の Neutron エージェントを削除します。以下に例を示します。

[stack@director ~]$ neutron agent-list -F id -F host | grep overcloud-controller-1
| ddae8e46-3e8e-4a1b-a8b3-c87f13c294eb | overcloud-controller-1.localdomain |
[stack@director ~]$ neutron agent-delete ddae8e46-3e8e-4a1b-a8b3-c87f13c294eb

9.4.7. Compute サービスの最終処理

削除されたノードの Compute サービスはオーバークラウドにまだ存在しているので、削除する必要があります。オーバークラウドと対話できるようにするために、source コマンドで overcloudrc ファイルを読み込みます。削除したノードの Compute サービスをチェックします。

[stack@director ~]$ source ~/overcloudrc
[stack@director ~]$ nova service-list | grep "overcloud-controller-1.localdomain"

ノードの Compute サービスを削除します。たとえば、overcloud-controller-1.localdomainnova-scheduler サービスの ID が 5 の場合には、以下のコマンドを実行します。

[stack@director ~]$ nova service-delete 5

削除されたノードの各サービスについて、このタスクを実行します。

新規ノードで openstack-nova-consoleauth サービスを確認します。

[stack@director ~]$ nova service-list | grep consoleauth

サービスが稼働していない場合には、コントローラーノードにログインしてサービスを再起動します。

[stack@director] ssh heat-admin@192.168.0.47
[heat-admin@overcloud-controller-0 ~]$ pcs resource restart openstack-nova-consoleauth

9.4.8. 結果

これで、障害が発生したコントローラーノードと関連サービスが、新規ノードに置き換えられました。

重要

「オブジェクトストレージノードの置き換え」に示すように、オブジェクトストレージの自動リング構築を無効にしている場合は、新規ノード用にオブジェクトストレージのリングファイルを手動で構築する必要があります。リングファイルを手動で構築する方法は、「オブジェクトストレージノードの置き換え」を参照してください。

9.5. Ceph Storage ノードの置き換え

director を使用して、director で作成したクラスター内の Ceph Storage ノードを置き換えることができます。その手順は、『オーバークラウド向けの Red Hat Ceph Storage』を参照してください。

9.6. オブジェクトストレージノードの置き換え

本項では、クラスターの整合性を保ちながらオブジェクトストレージノードを置き換える方法を説明します。以下の例では、2 台のノードで構成されるオブジェクトストレージクラスターで、ノード overcloud-objectstorage-1 を置き換える必要があります。目的は、ノードをあと 1 台追加して、overcloud-objectstorage-1 を削除することです (結果的に、置き換えることになります)。

  1. 以下の内容で、~/templates/swift-upscale.yaml という名前の環境ファイルを作成します。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageCount: 3

    ObjectStorageCount は、環境内のオブジェクトストレージノード数を定義します。今回の例では、ノードを 2 つから 3 つにスケーリングします。

  2. openstack overcloud deploy の一部として、オーバークラウドの残りの環境ファイル (ENVIRONMENT_FILES) と共に swift-upscale.yaml ファイルを追加します。

    $ openstack overcloud deploy --templates ENVIRONMENT_FILES -e swift-upscale.yaml
    注記

    swift-upscale.yaml ファイルのパラメーターがそれより前の環境ファイルのパラメーターよりも優先されるように、このファイルを環境ファイルの一覧の最後に追加します。

    再デプロイメントが完了したら、オーバークラウドには新たなオブジェクトストレージノードが含まれます。

  3. ここで、データを新しいノードに複製する必要があります。ノードを削除する前に (この場合は overcloud-objectstorage-1)、複製のパス が新規ノードで完了するのを待つ必要があります。/var/log/swift/swift.log で複製パスの進捗を確認することができます。パスが完了すると、Object Storage サービスは以下のようなエントリーをログに残します。

    Mar 29 08:49:05 localhost object-server: Object replication complete.
    Mar 29 08:49:11 localhost container-server: Replication run OVER
    Mar 29 08:49:13 localhost account-server: Replication run OVER
  4. リングから不要になったノードを削除するには、swift-upscale.yamlObjectStorageCount の数を減らして不要になったリングを削除します。今回は 2 に減らします。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageCount: 2
  5. 新規環境ファイル (remove-object-node.yaml) を作成します。このファイルは、指定したオブジェクトストレージノードを特定し、削除します。以下の内容では overcloud-objectstorage-1 の削除を指定します。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageRemovalPolicies:
        [{'resource_list': ['1']}]
  6. デプロイメントコマンドに両方の環境ファイルを含めます。

    $ openstack overcloud deploy --templates ENVIRONMENT_FILES -e swift-upscale.yaml -e remove-object-node.yaml ...

director は、オーバークラウドからオブジェクトストレージノードを削除して、オーバークラウド上の残りのノードを更新し、ノードの削除に対応します。

第10章 ノードのリブート

アンダークラウドおよびオーバークラウドで、ノードをリブートしなければならない場合があります。以下の手順では、異なるノード種別をリブートする方法を説明します。以下の点に注意してください。

  • 1 つのロールで全ノードをリブートする場合には、各ノードを個別にリブートすることを推奨しています。この方法は、リブート中にそのロールのサービスを保持するのに役立ちます。
  • OpenStack Platform 環境の全ノードをリブートする場合、リブートの順序は以下のリストを参考にしてください。

推奨されるノードリブート順

  1. director のリブート
  2. コントローラーノードのリブート
  3. スタンドアロンの Ceph MON ノードのリブート
  4. Ceph Storage ノードのリブート
  5. コンピュートノードのリブート
  6. オブジェクトストレージノードのリブート

10.1. director のリブート

director ノードをリブートするには、以下のプロセスに従います。

  1. ノードをリブートします。

    $ sudo reboot
  2. ノードがブートするまで待ちます。
  3. ノードがブートしたら、全サービスのステータスを確認します。

    $ sudo systemctl list-units "openstack*" "neutron*" "openvswitch*"
    注記

    リブート後に openstack-nova-compute が有効になるまでに約 10 分かかる場合があります。

  4. オーバークラウドとそのノードが存在することを確認します。

    $ source ~/stackrc
    $ openstack server list
    $ openstack baremetal node list
    $ openstack stack list

10.2. コントローラーノードのリブート

コントローラーノードをリブートするには、以下のプロセスに従います。

  1. リブートするノードを選択します。リブートする前に、そのノードにログインしてクラスターを停止します。

    $ sudo pcs cluster stop
  2. クラスターをリブートします。

    $ sudo reboot

    リブート中、クラスターの残りのコントローラーノードは高可用性サービスを維持します。

  3. ノードがブートするまで待ちます。
  4. ノードのクラスターを再度有効化します。

    $ sudo pcs cluster start
  5. ノードにログインして、クラスターのステータスを確認します。

    $ sudo pcs status

    ノードは、クラスターに再度参加します。

    注記

    リブート後にエラーの生じるサービスがあった場合には、sudo pcs resource cleanup を実行し、エラーを消去して各リソースの状態を Started に設定します。引き続きエラーが発生する場合は、Red Hat に連絡してアドバイス/サポートをリクエストしてください。

  6. コントローラーノード上の systemd サービスがすべてアクティブであることを確認します。

    $ sudo systemctl list-units "openstack*" "neutron*" "openvswitch*"
  7. ノードからログアウトして、次にリブートするコントローラーノードを選択し、すべてのコントローラーノードをリブートするまでこの手順を繰り返します。

10.3. スタンドアロンの Ceph MON ノードのリブート

Ceph MON ノードをリブートするには、以下のプロセスに従います。

  1. Ceph MON ノードにログインします。
  2. ノードをリブートします。

    $ sudo reboot
  3. ノードがブートして MON クラスターに再度加わるまで待ちます。

クラスター内の各 MON ノードで、この手順を繰り返します。

10.4. Ceph Storage ノードのリブート

Ceph Storage ノードをリブートするには、以下のプロセスに従います。

  1. Ceph MON またはコントローラーノードにログインして、Ceph Storage クラスターのリバランスを一時的に無効にします。

    $ sudo ceph osd set noout
    $ sudo ceph osd set norebalance
  2. リブートする最初の Ceph Storage ノードを選択して、ログインします。
  3. ノードをリブートします。

    $ sudo reboot
  4. ノードがブートするまで待ちます。
  5. ノードにログインして、クラスターのステータスを確認します。

    $ sudo ceph -s

    pgmap により、すべての pgs が正常な状態 (active+clean) として報告されることを確認します。

  6. ノードからログアウトして、次のノードをリブートし、ステータスを確認します。全 Ceph Storage ノードがリブートされるまで、このプロセスを繰り返します。
  7. 完了したら、Ceph MON またはコントローラーノードにログインして、クラスターのリバランスを再度有効にします。

    $ sudo ceph osd unset noout
    $ sudo ceph osd unset norebalance
  8. 最終のステータスチェックを実行して、クラスターが HEALTH_OK を報告していることを確認します。

    $ sudo ceph status

10.5. コンピュートノードのリブート

各コンピュートノードを個別にリブートして、OpenStack Platform 環境のインスタンスのダウンタイムがゼロになるようにします。これは、以下のワークフローを伴います。

  1. リブートするコンピュートノードを選択する。
  2. そのノードのインスタンスを別のコンピュートノードに移行する。
  3. 空のコンピュートノードをリブートする

全コンピュートノードとその UUID を一覧表示します。

$ nova list | grep "compute"

リブートするコンピュートノードを選択し、まず以下のプロセスに従ってそのノードのインスタンスを移行します。

  1. アンダークラウドから、リブートするコンピュートノードを選択し、そのノードを無効にします。

    $ source ~/overcloudrc
    $ openstack compute service list
    $ openstack compute service set [hostname] nova-compute --disable
  2. コンピュートノード上の全インスタンスを一覧表示します。

    $ openstack server list --host [hostname] --all-projects
  3. 無効にしたホストから各インスタンスを移行します以下のコマンドの 1 つを使用します。

    1. 選択した特定のホストにインスタンスを移行する。

      $ openstack server migrate [instance-id] --live [target-host]--wait
    2. nova-scheduler により対象のホストが自動的に選択されるようにする。

      $ nova live-migration [instance-id]
      注記

      nova コマンドで非推奨の警告が表示される可能性がありますが、無視して問題ありません。

  4. 移行が完了するまで待ちます。
  5. インスタンスがコンピュートノードから移行されたことを確認します。

    $ openstack server list --host [hostname] --all-projects
  6. コンピュートノードから全インスタンスを移行するまで、このステップを繰り返します。
重要

インスタンスの設定および移行に関する詳しい説明は、「8章コンピュートノード間の仮想マシンの移行」を参照してください。

以下の手順に従ってコンピュートノードをリブートします。

  1. コンピュートノードにログインして、リブートします。

    $ sudo reboot
  2. ノードがブートするまで待ちます。
  3. コンピュートノードを再度有効化します。

    $ source ~/overcloudrc
    $ openstack compute service set [hostname] nova-compute --enable
  4. 次にリブートするノードを選択します。

10.6. オブジェクトストレージノードのリブート

オブジェクトストレージノードをリブートするには、以下のプロセスに従います。

  1. リブートするオブジェクトストレージノードを選択します。そのノードにログインしてリブートします。

    $ sudo reboot
  2. ノードがブートするまで待ちます。
  3. ノードにログインしてステータスを確認します。

    $ sudo systemctl list-units "openstack-swift*"
  4. ノードからログアウトし、次のオブジェクトストレージノードでこのプロセスを繰り返します。

第11章 director の問題のトラブルシューティング

director プロセスの特定の段階で、エラーが発生する可能性があります。本項では、一般的な問題の診断に関する情報を提供します。

director のコンポーネントの共通ログを確認してください。

  • /var/log ディレクトリーには、多数の OpenStack Platform の共通コンポーネントのログや、標準の Red Hat Enterprise Linux アプリケーションのログが含まれています。
  • journald サービスは、さまざまなコンポーネントのログを提供します。Ironic は openstack-ironic-apiopenstack-ironic-conductor の 2 つのユニットを使用する点に注意してください。同様に、ironic-inspectoropenstack-ironic-inspectoropenstack-ironic-inspector-dnsmasq の 2 つのユニットを使用します。該当するコンポーネントごとに両ユニットを使用します。以下に例を示します。

    $ sudo journalctl -u openstack-ironic-inspector -u openstack-ironic-inspector-dnsmasq
  • ironic-inspector は、/var/log/ironic-inspector/ramdisk/ に ramdisk ログを gz 圧縮の tar ファイルとして保存します。ファイル名には、日付、時間、ノードの IPMI アドレスが含まれます。イントロスペクションの問題を診断するには、これらのログを使用します。

11.1. ノード登録のトラブルシューティング

ノード登録における問題は通常、ノードの情報が間違っていることが原因で発生します。このような場合には、ironic を使用して、登録したノードデータの問題を修正します。以下にいくつか例を示します。

割り当てられたポートの UUID を確認します。

$ ironic node-port-list [NODE UUID]

MAC アドレスを更新します。

$ ironic port-update [PORT UUID] replace address=[NEW MAC]

次のコマンドを実行します。

$ ironic node-update [NODE UUID] replace driver_info/ipmi_address=[NEW IPMI ADDRESS]

11.2. ハードウェアイントロスペクションのトラブルシューティング

イントロスペクションのプロセスは最後まで実行する必要があります。ただし、Ironic の Discovery Daemon (ironic-inspector) は、discovery ramdisk が応答しない場合にはデフォルトの 1 時間が経過するとタイムアウトします。discovery ramdisk のバグが原因とされる場合もありますが、通常は特に BIOS のブート設定などの環境の誤設定が原因で発生します。

以下には、環境設定が間違っている場合の一般的なシナリオと、診断/解決方法に関するアドバイスを示します。

ノードのイントロスペクション開始におけるエラー

通常、イントロスペクションプロセスには、Ironic サービス全体に対するコマンドとして機能する baremetal introspection を使用します。ただし、ironic-inspector で直接イントロスペクションを実行している場合には、「AVAILABLE」の状態のノードの検出に失敗する可能性があります。これはデプロイメント用であり、検出用ではないためです。検出前に、ノードのステータスを「MANAGEABLE」の状態に変更します。

$ ironic node-set-provision-state [NODE UUID] manage

検出が完了したら、状態を「AVAILABLE」に戻してからプロビジョニングを行います。

$ ironic node-set-provision-state [NODE UUID] provide

イントロスペクション済みのノードが PXE でブートできない

ノードがリブートする前に、ironic-inspector はアンダークラウドのファイアウォールの ironic-inspector チェーンにノードの MAC アドレスを追加します。これにより、ノードが PXE 経由でブートできるようになります。設定が正しいことを確認するには、以下のコマンドを実行します。

$ `sudo iptables -L`

出力されるチェーンテーブルに、以下の MAC アドレスが表示されるはずです。

Chain ironic-inspector (1 references)
target     prot opt source               destination
DROP       all  --  anywhere             anywhere             MAC xx:xx:xx:xx:xx:xx
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere

MAC アドレスが表示されない場合、最も一般的な原因は、SQLite データベース内にある ironic-inspector キャッシュの破損です。この問題を修正するには、以下のコマンドで SQLite ファイルを削除します。

$ sudo rm /var/lib/ironic-inspector/inspector.sqlite

次に、以下のコマンドでこのファイルを再度作成します。

$ sudo ironic-inspector-dbsync --config-file /etc/ironic-inspector/inspector.conf upgrade
$ sudo systemctl restart openstack-ironic-inspector

検出プロセスの停止

現在 ironic-inspector では、直接検出プロセスを停止する方法はありません推奨されるパスは、プロセスがタイムアウトするまで待つことです。必要であれば、/etc/ironic-inspector/inspector.conftimeout 設定を異なるタイムアウト時間 (分単位) に変更します。

最悪の場合、以下のプロセスを使用して全ノードの検出プロセスを停止することができます。

各ノードの電源状態をオフに変更します。

$ ironic node-set-power-state [NODE UUID] off

ironic-inspector キャッシュを削除し、再起動します。

$ rm /var/lib/ironic-inspector/inspector.sqlite

ironic-inspector キャッシュを再同期します。

$ sudo ironic-inspector-dbsync --config-file /etc/ironic-inspector/inspector.conf upgrade
$ sudo systemctl restart openstack-ironic-inspector

introspection ramdisk へのアクセス

introspection ramdisk は、動的なログイン要素を使用します。これは、イントロスペクションのデバッグ中にノードにアクセスするための一時パスワードまたは SSH キーのいずれかを提供できることを意味します。以下のプロセスを使用して、ramdisk アクセスを設定します。

  1. openssl passwd -1 コマンドに一時パスワードを指定して MD5 ハッシュを生成します。以下に例を示します。

    $ openssl passwd -1 mytestpassword
    $1$enjRSyIw$/fYUpJwr6abFy/d.koRgQ/
  2. /httpboot/inspector.ipxe ファイルを編集して、kernel で開始する行を特定し、rootpwd パラメーターと MD5 ハッシュを追記します。以下に例を示します。

    kernel http://192.2.0.1:8088/agent.kernel ipa-inspection-callback-url=http://192.168.0.1:5050/v1/continue ipa-inspection-collectors=default,extra-hardware,logs systemd.journald.forward_to_console=yes BOOTIF=${mac} ipa-debug=1 ipa-inspection-benchmarks=cpu,mem,disk rootpwd="$1$enjRSyIw$/fYUpJwr6abFy/d.koRgQ/" selinux=0

    または、sshkey パラメーターに SSH 公開キーを追記します。

    注記

    rootpwd および sshkey のパラメーターにはいずれも二重引用符が必要です。

  3. イントロスペクションを開始し、arp コマンドまたは DHCP のログから IP アドレスを特定します。

    $ arp
    $ sudo journalctl -u openstack-ironic-inspector-dnsmasq
  4. 一時パスワードまたは SSH キーを使用して、root ユーザーとして SSH 接続します。

    $ ssh root@192.0.2.105

イントロスペクションストレージのチェック

director は OpenStack Object Storage (swift) を使用して、イントロスペクションプロセス中に取得したハードウェアデータを保存します。このサービスが稼働していない場合には、イントロスペクションは失敗する場合があります。以下のコマンドを実行して、OpenStack Object Storage に関連したサービスをすべてチェックし、このサービスが稼働中であることを確認します。

$ sudo systemctl list-units openstack-swift*

11.3. ワークフローおよび実行に関するトラブルシューティング

OpenStack Workflow (mistral) サービスは、複数の OpenStack タスクをワークフローにグループ化します。Red Hat OpenStack Platform は、これらのワークフローセットを使用して、CLI と Web UI で共通の機能を実行します。これには、ベアメタルノードの制御、検証、プラン管理、オーバークラウドのデプロイメントが含まれます。

たとえば openstack overcloud deploy コマンドを実行すると、OpenStack Workflow サービスは 2 つのワークフローを実行します。最初のワークフローは、デプロイメントプランをアップロードします。

Removing the current plan files
Uploading new plan files
Started Mistral Workflow. Execution ID: aef1e8c6-a862-42de-8bce-073744ed5e6b
Plan updated

2 つ目のワークフローは、オーバークラウドのデプロイメントを開始します。

Deploying templates in the directory /tmp/tripleoclient-LhRlHX/tripleo-heat-templates
Started Mistral Workflow. Execution ID: 97b64abe-d8fc-414a-837a-1380631c764d
2016-11-28 06:29:26Z [overcloud]: CREATE_IN_PROGRESS  Stack CREATE started
2016-11-28 06:29:26Z [overcloud.Networks]: CREATE_IN_PROGRESS  state changed
2016-11-28 06:29:26Z [overcloud.HeatAuthEncryptionKey]: CREATE_IN_PROGRESS  state changed
2016-11-28 06:29:26Z [overcloud.ServiceNetMap]: CREATE_IN_PROGRESS  state changed
...

Workflow オブジェクト

OpenStack Workflow では、以下のオブジェクトを使用してワークフローを追跡します。

アクション
関連タスクが実行される際に OpenStack が実施する特定の指示。これには、シェルスクリプトの実行や HTTP リクエストの実行などが含まれます。OpenStack の一部のコンポーネントには、OpenStack Workflow が使用するアクションが組み込まれています。
タスク
実行するアクションと、アクションの実行後の結果を定義します。これらのタスクには通常、アクションまたはアクションに関連付けられたワークフローが含まれます。タスクが完了したら、ワークフローは、タスクが成功したか否かによって、別のタスクに指示を出します。
ワークフロー
グループ化されて特定の順番で実行されるタスクのセット
実行
実行する特定のアクション、タスク、またはワークフローを定義します。

Workflow のエラー診断

OpenStack Workflow では、実行に関して着実にログを取ることもできるので、特定のコマンドが失敗した場合に問題を特定しやすくなります。たとえば、ワークフローの実行に失敗した場合には、どの部分で失敗したかを特定することができます。失敗した状態 (ERROR) のワークフローの実行を一覧表示します。

$ mistral execution-list | grep "ERROR"

失敗したワークフロー実行の UUID を取得して (例: 3c87a885-0d37-4af8-a471-1b392264a7f5)、実行とその出力を表示します。

$ mistral execution-get 3c87a885-0d37-4af8-a471-1b392264a7f5
$ mistral execution-get-output 3c87a885-0d37-4af8-a471-1b392264a7f5

これにより、実行で失敗したタスクに関する情報を取得できます。mistral execution-get は、実行に使用したワークフローも表示します (例: tripleo.plan_management.v1.update_deployment_plan)。以下のコマンドを使用して完全なワークフロー定義を表示することができます。

$ mistral execution-get-definition tripleo.plan_management.v1.update_deployment_plan

これは、特定のタスクがワークフローのどの部分で発生するかを特定する際に便利です。

同様のコマンド構文を使用して、アクションの実行と、その結果を表示することもできます。

$ mistral action-execution-list
$ mistral action-execution-get b59245bf-7183-4fcf-9508-c83ec1a26908
$ mistral action-execution-get-output b59245bf-7183-4fcf-9508-c83ec1a26908

これは、問題を引き起こす固有のアクションを特定する際に便利です。

11.4. オーバークラウドの作成に関するトラブルシューティング

デプロイメントが失敗する可能性のあるレイヤーは 3 つあります。

  • オーケストレーション (Heat および Nova サービス)
  • ベアメタルプロビジョニング (Ironic サービス)
  • デプロイメント後の設定 (Puppet)

オーバークラウドのデプロイメントがこれらのレベルのいずれかで失敗した場合には、OpenStack クライアントおよびサービスログファイルを使用して、失敗したデプロイメントの診断を行います。

11.4.1. Orchestration

多くの場合は、オーバークラウドの作成に失敗した後に、Heat により失敗したオーバークラウドスタックが表示されます。

$ heat stack-list
+-----------------------+------------+--------------------+----------------------+
| id                    | stack_name | stack_status       | creation_time        |
+-----------------------+------------+--------------------+----------------------+
| 7e88af95-535c-4a55... | overcloud  | CREATE_FAILED      | 2015-04-06T17:57:16Z |
+-----------------------+------------+--------------------+----------------------+

スタック一覧が空の場合には、初期の Heat 設定に問題があることが分かります。Heat テンプレートと設定オプションをチェックし、さらに openstack overcloud deploy を実行後のエラーメッセージを確認してください。

11.4.2. ベアメタルプロビジョニング

ironic をチェックして、全登録ノードと現在の状態を表示します。

$ ironic node-list

+----------+------+---------------+-------------+-----------------+-------------+
| UUID     | Name | Instance UUID | Power State | Provision State | Maintenance |
+----------+------+---------------+-------------+-----------------+-------------+
| f1e261...| None | None          | power off   | available       | False       |
| f0b8c1...| None | None          | power off   | available       | False       |
+----------+------+---------------+-------------+-----------------+-------------+

プロビジョニングプロセスでよく発生する問題を以下に示します。

  • 結果の表の「Provision State」および「Maintenance」の列を確認します。以下の点をチェックしてください。

    • 表にノードが表示されない、または必要なノード数よりも少ない
    • 「Maintenance」が True に設定されている
    • プロビジョニングの状態が manageable に設定されている。これにより、登録または検出プロセスに問題があることが分かります。たとえば、「Maintenance」が True に自動的に設定された場合は通常、ノードの電源管理の認証情報が間違っています。
  • 「Provision State」が available の場合には、ベアメタルのデプロイメントが開始される前に問題が発生しています。
  • 「Provision State」が active で、「Power State」が power on の場合、ベアメタルのデプロイメントは正常に完了しています。これは、デプロイメント後の設定ステップで問題が発生したことを意味します。
  • ノードの「Provision State」が wait call-back の場合には、このノードではまだ Bare Metal Provisioning プロセスが完了していません。このステータスが変わるまで待ってください。ステータスが変わらない場合には、問題のあるノードの仮想コンソールに接続して、出力を確認します。
  • 「Provision State」が error または deploy failed の場合には、このノードでのベアメタルプロビジョニングは失敗しています。ベアメタルノードの詳細を確認してください。

    $ ironic node-show [NODE UUID]

    エラーの説明が含まれる last_error フィールドがないか確認します。エラーメッセージが曖昧な場合、ログを使用して明確にすることができます。

    $ sudo journalctl -u openstack-ironic-conductor -u openstack-ironic-api
  • wait timeout error が表示されており、「Power State」が power on の場合には、問題のあるノードの仮想コンソールに接続して、出力を確認します。

11.4.3. デプロイメント後の設定

設定ステージでは多くの事象が発生する可能性があります。たとえば、設定に問題があるために、特定の Puppet モジュールの完了に失敗する可能性があります。本項では、これらの問題を診断するプロセスを説明します。

オーバークラウドスタックからのリソースをすべて表示して、どのスタックに問題があるのかを確認します。

$ heat resource-list overcloud

このコマンドにより、すべてのリソースとその状態が表形式で表示されます。状態が CREATE_FAILED のリソースを探します。

問題のあるリソースを表示します。

$ heat resource-show overcloud [FAILED RESOURCE]

resource_status_reason フィールドで、診断に役立つ可能性のある情報がないか確認します。

nova コマンドを使用して、オーバークラウドノードの IP アドレスを表示します。

$ nova list

デプロイされたノードの 1 つに heat-admin ユーザーとしてログインします。たとえば、スタックのリソース一覧から、コントローラーノード上にエラーが発生していることが判明した場合には、コントローラーノードにログインします。heat-admin ユーザーには、sudo アクセスが設定されています。

$ ssh heat-admin@192.0.2.14

os-collect-config ログを確認して、考えられる失敗の原因をチェックします。

$ sudo journalctl -u os-collect-config

場合によっては、Nova によるノードのデプロイメントが完全に失敗する可能性があります。このような場合には、オーバークラウドのロール種別の 1 つの OS::Heat::ResourceGroup が失敗しているはずです。その際には、nova を使用して問題を確認します。

$ nova list
$ nova show [SERVER ID]

最もよく表示されるエラーは、No valid host was found のエラーメッセージです。このエラーのトラブルシューティングについては、「"No Valid Host Found" エラーのトラブルシューティング」を参照してください。その他の場合は、以下のログファイルを参照してトラブルシューティングを実施してください。

  • /var/log/nova/*
  • /var/log/heat/*
  • /var/log/ironic/*

システムのハードウェアおよび設定に関する情報を収集する SOS ツールセットを使用します。この情報は、診断目的とデバッグに使用されます。SOS は、一般的にサポート技術者および開発者を支援するために使用されます。SOS は、アンダークラウドとオーバークラウドの両方で役立ちます。sos パッケージをインストールします。

$ sudo yum install sos

レポートを生成します。

$ sudo sosreport --all-logs

コントローラーノードのデプロイ後のプロセスは、5 つの主なステップで構成されます。そのステップは以下のとおりです。

表11.1 コントローラーノードの設定ステップ

ステップ

説明

ControllerDeployment_Step1

Pacemaker、RabbitMQ、Memcached、Redis、および Galera を含むロードバランシング用のソフトウェアの初期設定

ControllerDeployment_Step2

Pacemaker の設定、HAProxy、MongoDB、Galera、Ceph Monitor、OpenStack Platform の各種サービス用のデータベースの初期化を含む、クラスターの初期設定

ControllerDeployment_Step3

OpenStack Object Storage (swift) の初期リング構築。OpenStack Platform の全サービス (novaneutroncindersaharaceilometerheathorizonaodhgnocchi) の設定

ControllerDeployment_Step4

サービス起動順序やサービス起動パラメーターを決定するための制約事項を含む、Pacemaker でのサービスの起動設定値の設定

ControllerDeployment_Step5

OpenStack Identity (keystone) のプロジェクト、ロール、およびユーザーの初期設定

11.5. プロビジョニングネットワークでの IP アドレスの競合に対するトラブルシューティング

宛先のホストに、すでに使用中の IP アドレスが割り当てられている場合には、検出およびデプロイメントのタスクは失敗します。この問題を回避するには、プロビジョニングネットワークのポートスキャンを実行して、検出の IP アドレス範囲とホストの IP アドレス範囲が解放されているかどうかを確認することができます。

アンダークラウドホストで以下のステップを実行します。

nmap をインストールします。

# yum install nmap

nmap を使用して、アクティブなアドレスの IP アドレス範囲をスキャンします。この例では、192.0.2.0/24 の範囲をスキャンします。この値は、プロビジョニングネットワークの IP サブネットに置き換えてください (CIDR 表記のビットマスク)。

# nmap -sn 192.0.2.0/24

nmap スキャンの出力を確認します。

たとえば、アンダークラウドおよびサブネット上に存在するその他のホストの IP アドレスを確認する必要があります。アクティブな IP アドレスが undercloud.conf の IP アドレス範囲と競合している場合には、オーバークラウドノードのイントロスペクションまたはデプロイを実行する前に、IP アドレスの範囲を変更するか、IP アドレスを解放するかのいずれかを行う必要があります。

# nmap -sn 192.0.2.0/24

Starting Nmap 6.40 ( http://nmap.org ) at 2015-10-02 15:14 EDT
Nmap scan report for 192.0.2.1
Host is up (0.00057s latency).
Nmap scan report for 192.0.2.2
Host is up (0.00048s latency).
Nmap scan report for 192.0.2.3
Host is up (0.00045s latency).
Nmap scan report for 192.0.2.5
Host is up (0.00040s latency).
Nmap scan report for 192.0.2.9
Host is up (0.00019s latency).
Nmap done: 256 IP addresses (5 hosts up) scanned in 2.45 seconds

11.6. "No Valid Host Found" エラーのトラブルシューティング

/var/log/nova/nova-conductor.log に、以下のエラーが含まれる場合があります。

NoValidHost: No valid host was found. There are not enough hosts available.

これは、Nova Scheduler が新規インスタンスをブートするのに適したベアメタルノードを検出できなかったことを意味します。このような場合、通常は、Nova が検出を想定しているリソースと Ironic が Nova に通知するリソースが一致しなくなります。その際には、以下の点をチェックしてください。

  1. イントロスペクションが正常に完了することを確認してください。または、各ノードに必要な Ironic ノードのプロパティーが含まれていることをチェックしてください。各ノードに以下のコマンドを実行します。

    $ ironic node-show [NODE UUID]

    properties JSON フィールドの cpuscpu_archmemory_mb、および local_gb キーに有効な値が指定されていることを確認してください。

  2. 使用する Nova フレーバーが、必要なノード数において、上記の Ironic ノードプロパティーを超えていないかどうかを確認します。

    $ nova flavor-show [FLAVOR NAME]
  3. ironic node-list の出力で、available の状態のノードの数が十分かどうかを確認します。ノードの状態が manageable の場合は通常、イントロスペクションに失敗しています。
  4. また、ノードがメンテナンスモードではないことを確認します。ironic node-list を使用してチェックしてください。通常、自動でメンテナンスモードに切り替わるノードは、電源の認証情報が間違っています。認証情報を確認して、メンテナンスモードをオフにします。

    $ ironic node-set-maintenance [NODE UUID] off
  5. Automated Health Check (AHC) ツールを使用して、自動でノードのタグ付けを行う場合には、各フレーバー/プロファイルに対応するノードが十分に存在することを確認します。ironic node-show の出力で、properties フィールドの capabilities キーを確認します。たとえば、Compute ロールのタグを付けられたノードには、profile:compute が含まれているはずです。
  6. イントロスペクションの後に Ironic から Nova にノードの情報が反映されるには若干時間がかかります。これは通常、director のツールが原因です。ただし、一部のステップを手動で実行した場合には、短時間ですが、Nova でノードが利用できなくなる場合があります。以下のコマンドを使用して、システム内の合計リソースをチェックします。

    $ nova hypervisor-stats

11.7. オーバークラウド作成後のトラブルシューティング

オーバークラウドを作成した後には、将来そのオーバークラウドで特定の操作を行うようにすることができます。たとえば、利用可能なノードをスケーリングしたり、障害の発生したノードを置き換えたりすることができます。このような操作を行うと、特定の問題が発生する場合があります。本項には、オーバークラウド作成後の操作が失敗した場合の診断とトラブルシューティングに関するアドバイスを記載します。

11.7.1. オーバークラウドスタックの変更

director を使用して overcloud スタックを変更する際に問題が発生する場合があります。スタックの変更例には、以下のような操作が含まれます。

  • ノードのスケーリング
  • ノードの削除
  • ノードの置き換え

スタックの変更は、スタックの作成と似ており、director は要求されたノード数が利用可能かどうかをチェックして追加のノードをプロビジョニングしたり、既存のノードを削除したりしてから、Puppet の設定を適用します。overcloud スタックを変更する場合に従うべきガイドラインを以下に記載します。

第一段階として、「デプロイメント後の設定」に記載したアドバイスに従います。この手順と同じステップを、overcloud Heat スタック更新の問題の診断に役立てることができます。特に、以下のコマンドを使用して問題のあるリソースを特定します。

heat stack-list --show-nested
全スタックを一覧表示します。--show-nested はすべての子スタックとそれぞれの親スタックを表示します。このコマンドは、スタックでエラーが発生した時点を特定するのに役立ちます。
heat resource-list overcloud
overcloud スタック内の全リソースと現在の状態を一覧表示します。このコマンドは、スタック内でどのリソースが原因でエラーが発生しているかを特定するのに役立ちます。このリソースのエラーの原因となっている Heat テンプレートコレクションと Puppet モジュール内のパラメーターと設定を特定することができます。
heat event-list overcloud
overcloud スタックに関連するすべてのイベントを時系列で一覧表示します。これには、スタック内の全リソースのイベント開始/完了時間とエラーが含まれます。この情報は、リソースの障害点を特定するのに役立ちます。

以下のセクションには、特定の種別のノード上の問題診断に関するアドバイスを記載します。

11.7.2. コントローラーサービスのエラー

オーバークラウドコントローラーノードには、Red Hat OpenStack Platform のサービスの大部分が含まれます。同様に、高可用性のクラスターで複数のコントローラーノードを使用することができます。ノード上の特定のサービスに障害が発生すると、高可用性のクラスターは一定レベルのフェイルオーバーを提供します。ただし、オーバークラウドをフル稼働させるには、障害のあるサービスの診断が必要となります。

コントローラーノードは、Pacemaker を使用して高可用性クラスター内のリソースとサービスを管理します。Pacemaker Configuration System (pcs) コマンドは、Pacemaker クラスターを管理するツールです。クラスター内のコントローラーノードでこのコマンドを実行して、設定およびモニタリングの機能を実行します。高可用性クラスター上のオーバークラウドサービスのトラブルシューティングに役立つコマンドを以下にいくつか記載します。

pcs status
有効なリソース、エラーが発生したリソース、オンラインのノードなど、クラスター全体のステータス概要を提供します。
pcs resource show
リソースおよびそれに対応するノードの一覧を表示します。
pcs resource disable [resource]
特定のリソースを停止します。
pcs resource enable [resource]
特定のリソースを起動します。
pcs cluster standby [node]
ノードをスタンバイモードに切り替えます。そのノードはクラスターで利用できなくなります。このコマンドは、クラスターに影響を及ぼさずに特定のノードメンテナンスを実行するのに役立ちます。
pcs cluster unstandby [node]
ノードをスタンバイモードから解除します。ノードはクラスター内で再度利用可能となります。

これらの Pacemaker コマンドを使用して障害のあるコンポーネントおよびノードを特定します。コンポーネントを特定した後には、/var/log/ でそれぞれのコンポーネントのログファイルを確認します。

11.7.3. Compute サービスのエラー

コンピュートノードは、Compute サービスを使用して、ハイパーバイザーベースの操作を実行します。これは、このサービスを中心にコンピュートノードのメインの診断が行われていることを意味します。以下に例を示します。

  • 以下の systemd 機能を使用して、サービスのステータスを表示します。

    $ sudo systemctl status openstack-nova-compute.service

    同様に、以下のコマンドを使用して、サービスの systemd ジャーナルを表示します。

    $ sudo journalctl -u openstack-nova-compute.service
  • コンピュートノードの主なログファイルは /var/log/nova/nova-compute.log です。コンピュートノードの通信で問題が発生した場合に、通常はこのログが診断を開始するのに適した場所です。
  • コンピュートノードでメンテナンスを実行する場合には、既存のインスタンスをホストから稼働中のコンピュートノードに移行し、ノードを無効にします。ノードの移行についての詳しい情報は、「8章コンピュートノード間の仮想マシンの移行」を参照してください。

11.7.4. Ceph Storage サービスのエラー

Red Hat Ceph Storage クラスターで発生した問題については、『Configuration Guide』の「Logging Configuration Reference」を参照してください。この項には、全 Ceph Storage サービスのログ診断についての情報が記載されています。

11.8. アンダークラウドの調整

このセクションでのアドバイスは、アンダークラウドのパフォーマンスを向上に役立たせることが目的です。必要に応じて、推奨事項を実行してください。

  • Identity サービス (keystone) は、他の OpenStack サービスに対するアクセス制御にトークンベースのシステムを使用します。ある程度の期間が過ぎた後には、データベースに未使用のトークンが多数蓄積されます。デフォルトの cronjob は毎日トークンをフラッシュします。環境をモニタリングして、必要に応じてトークンのフラッシュ間隔を調節することを推奨します。アンダークラウドの場合は、crontab -u keystone -e コマンドで間隔を調整することができます。この変更は一時的で、openstack undercloud update を実行すると、この cronjob の設定はデフォルトに戻ってしまう点に注意してください。
  • openstack overcloud deploy を実行するたびに、Heat はデータベースの raw_template テーブルにあるすべての一時ファイルのコピーを保存します。raw_template テーブルは、過去のテンプレートをすべて保持し、サイズが増加します。raw_templates テーブルにある未使用のテンプレートを削除するには、以下のように、日次の cron ジョブを作成して、未使用のまま 1 日以上データベースに存在するテンプレートを消去してください。

    0 04 * * * /bin/heat-manage purge_deleted -g days 1
  • openstack-heat-engine および openstack-heat-api サービスは、過剰なリソースを消費する場合があります。そのような場合は /etc/heat/heat.confmax_resources_per_stack=-1 を設定して、Heat サービスを再起動します。

    $ sudo systemctl restart openstack-heat-engine openstack-heat-api
  • directorには、同時にノードをプロビジョニングするリソースが十分にない場合があります。同時にプロビジョニングできるノード数はデフォルトで 10 個となっています。同時にプロビジョニングするノード数を減らすには、/etc/nova/nova.confmax_concurrent_builds パラメーターを 10 未満に設定して Nova サービスを再起動します。

    $ sudo systemctl restart openstack-nova-api openstack-nova-scheduler
  • /etc/my.cnf.d/server.cnf ファイルを編集します。調整項目の推奨値は、以下のとおりです。

    max_connections
    データベースに同時接続できる数。推奨の値は 4096 です。
    innodb_additional_mem_pool_size
    データベースがデータのディクショナリーの情報や他の内部データ構造を保存するのに使用するメモリープールサイズ (バイト単位)。デフォルトは通常 8 M ですが、アンダークラウドの理想の値は 20 M です。
    innodb_buffer_pool_size
    データベースがテーブルやインデックスデータをキャッシュするメモリー領域つまり、バッファープールのサイズ (バイト単位)。通常デフォルトは 128 M で、アンダークラウドの理想の値は 1000 M です。
    innodb_flush_log_at_trx_commit
    コミット操作の厳密な ACID 準拠と、コミット関連の I/O 操作を再編成してバッチで実行することによって実現可能なパフォーマンス向上の間のバランスを制御します。1 に設定します。
    innodb_lock_wait_timeout
    データベースのトランザクションが、行のロック待ちを中断するまでの時間 (秒単位)。50 に設定します。
    innodb_max_purge_lag
    この変数は、パージ操作が遅れている場合に INSERT、UPDATE、DELETE 操作を遅延させる方法を制御します。10000 に設定します。
    innodb_thread_concurrency
    同時に実行するオペレーティングシステムのスレッド数の上限。理想的には、各 CPU およびディスクリソースに対して少なくとも 2 つのスレッドを提供します。たとえば、クワッドコア CPU と単一のディスクを使用する場合は、スレッドを 10 個使用します。
  • オーバークラウドを作成する際には、Heat に十分なワーカーが配置されているようにします。通常、アンダークラウドに CPU がいくつあるかにより左右されます。ワーカーの数を手動で設定するには、/etc/heat/heat.conf ファイルを編集して num_engine_workers パラメーターを必要なワーカー数 (理想は 4) に設定し、Heat エンジンを再起動します。

    $ sudo systemctl restart openstack-heat-engine

11.9. アンダークラウドとオーバークラウドの重要なログ

以下のログを使用して、トラブルシューティングの際にアンダークラウドとオーバークラウドの情報を割り出します。

表11.2 アンダークラウドの重要なログ

情報ログの場所

OpenStack Compute のログ

/var/log/nova/nova-compute.log

OpenStack Compute API の対話

/var/log/nova/nova-api.log

OpenStack Compute コンダクターのログ

/var/log/nova/nova-conductor.log

OpenStack Orchestration ログ

heat-engine.log

OpenStack Orchestration API の対話

heat-api.log

OpenStack Orchestration CloudFormations ログ

/var/log/heat/heat-api-cfn.log

OpenStack Bare Metal コンダクターのログ

ironic-conductor.log

OpenStack Bare Metal API の対話

ironic-api.log

イントロスペクション

/var/log/ironic-inspector/ironic-inspector.log

OpenStack Workflow Engine ログ

/var/log/mistral/engine.log

OpenStack Workflow Executor のログ

/var/log/mistral/executor.log

OpenStack Workflow API の対話

/var/log/mistral/api.log

表11.3 オーバークラウドの重要なログ

情報ログの場所

cloud-init に関するログ

/var/log/cloud-init.log

オーバークラウドの設定 (最後に実行した Puppet のサマリー)

/var/lib/puppet/state/last_run_summary.yaml

オーバークラウドの設定 (最後に実行した Puppet からのレポート)

/var/lib/puppet/state/last_run_report.yaml

オーバークラウドの設定 (全 Puppet レポート)

/var/lib/puppet/reports/overcloud-*/*

オーバークラウドの設定 (実行した Puppet 毎の標準出力)

/var/run/heat-config/deployed/*-stdout.log

オーバークラウドの設定 (実行した Puppet 毎の標準エラー出力)

/var/run/heat-config/deployed/*-stderr.log

高可用性に関するログ

/var/log/pacemaker.log

付録A SSL/TLS 証明書の設定

アンダークラウドがパブリックエンドポイントの通信に SSL/TLS を使用するように設定できます。ただし、独自の認証局で発行した SSL 証明書を使用する場合には、その証明書には以下の項に記載する設定のステップが必要です。

注記

オーバークラウドの SSL/TLS 証明書作成については、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』「オーバークラウドの SSL/TLS の有効化」を参照してください。

A.1. 署名ホストの初期化

署名ホストとは、新規証明書を生成し、認証局を使用して署名するホストです。選択した署名ホスト上で SSL 証明書を作成したことがない場合には、ホストを初期化して新規証明書に署名できるようにする必要がある可能性があります。

/etc/pki/CA/index.txt ファイルは、すべての署名済み証明書の記録を保管します。このファイルが存在しているかどうかを確認してください。存在していない場合には、空のファイルを作成します。

$ sudo touch /etc/pki/CA/index.txt

/etc/pki/CA/serial ファイルは、次に署名する証明書に使用する次のシリアル番号を特定します。このファイルが存在しているかどうかを確認してください。ファイルが存在しない場合には、新規ファイルを作成して新しい開始値を指定します。

$ echo '1000' | sudo tee /etc/pki/CA/serial

A.2. 認証局の作成

通常、SSL/TLS 証明書の署名には、外部の認証局を使用します。場合によっては、独自の認証局を使用する場合もあります。たとえば、内部のみの認証局を使用するように設定する場合などです。

たとえば、キーと証明書のペアを生成して、認証局として機能するようにします。

$ openssl genrsa -out ca.key.pem 4096
$ openssl req  -key ca.key.pem -new -x509 -days 7300 -extensions v3_ca -out ca.crt.pem

openssl req コマンドは、認証局に関する特定の情報を要求します。それらの情報を指定してください。

これで、ca.crt.pem という名前の認証局ファイルが作成されます。

A.3. クライアントへの認証局の追加

SSL/TLS を使用して通信することを目的としている外部のクライアントの場合は、Red Hat OpenStack Platform 環境にアクセスする必要のある各クライアントに認証局ファイルをコピーします。クライアントへのコピーが完了したら、そのクライアントで以下のコマンドを実行して、認証局のトラストバンドルに追加します。

$ sudo cp ca.crt.pem /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
$ sudo update-ca-trust extract

A.4. SSL/TLS 鍵の作成

以下のコマンドを実行して、SSL/TLS キー (server.key.pem) を生成します。このキーは、さまざまな段階で、アンダークラウドとオーバークラウドの証明書を生成するのに使用します。

$ openssl genrsa -out server.key.pem 2048

A.5. SSL/TLS 証明書署名要求の作成

次の手順では、アンダークラウドおよびオーバークラウドのいずれかの証明書署名要求を作成します。

カスタマイズするデフォルトの OpenSSL 設定ファイルをコピーします。

$ cp /etc/pki/tls/openssl.cnf .

カスタムの openssl.cnf ファイルを編集して、director に使用する SSL パラメーターを設定します。変更するパラメーターの種別には以下のような例が含まれます。

[req]
distinguished_name = req_distinguished_name
req_extensions = v3_req

[req_distinguished_name]
countryName = Country Name (2 letter code)
countryName_default = AU
stateOrProvinceName = State or Province Name (full name)
stateOrProvinceName_default = Queensland
localityName = Locality Name (eg, city)
localityName_default = Brisbane
organizationalUnitName = Organizational Unit Name (eg, section)
organizationalUnitName_default = Red Hat
commonName = Common Name
commonName_default = 192.168.0.1
commonName_max = 64

[ v3_req ]
# Extensions to add to a certificate request
basicConstraints = CA:FALSE
keyUsage = nonRepudiation, digitalSignature, keyEncipherment
subjectAltName = @alt_names

[alt_names]
IP.1 = 192.168.0.1
DNS.1 = instack.localdomain
DNS.2 = vip.localdomain
DNS.3 = 192.168.0.1

commonName_default は以下のいずれか 1 つに設定します。

  • IP アドレスを使用して SSL/TLS 経由でアクセスする場合には、undercloud.confundercloud_public_vip パラメーターを使用します。
  • 完全修飾ドメイン名を使用して SSL/TLS でアクセスする場合には、代わりにドメイン名を使用します。

alt_names セクションを編集して、以下のエントリーを追加します。

  • IP: SSL 経由で director にアクセスするためのクライアントの IP アドレス一覧
  • DNS: SSL 経由で director にアクセスするためのクライアントのドメイン名一覧。alt_names セクションの最後に DNS エントリーとしてパブリック API の IP アドレスも追加します。

openssl.cnf に関する詳しい情報については、man openssl.cnf を実行します。

次のコマンドを実行し、手順 1 で作成したキーストアより公開鍵を使用して証明書署名要求を生成します (server.csr.pem)。

$ openssl req -config openssl.cnf -key server.key.pem -new -out server.csr.pem

「SSL/TLS 鍵の作成」で作成した SSL/TLS 鍵を -key オプションで必ず指定してください。

次の項では、この server.csr.pem ファイルを使用して SSL/TLS 証明書を作成します。

A.6. SSL/TLS 証明書の作成

以下のコマンドで、アンダークラウドまたはオーバークラウドの証明書を作成します。

$ sudo openssl ca -config openssl.cnf -extensions v3_req -days 3650 -in server.csr.pem -out server.crt.pem -cert ca.crt.pem -keyfile ca.key.pem

上記のコマンドでは、以下のオプションを使用しています。

  • v3 拡張機能を指定する設定ファイル。このファイルは -config オプションとして追加します。
  • 認証局を介して証明書を生成し、署名するために、「SSL/TLS 証明書署名要求の作成」で設定した証明書署名要求。この値は -in オプションとして追加します。
  • 証明書への署名を行う、「認証局の作成」で作成した認証局。この値は -cert オプションとして追加します。
  • 「認証局の作成」で作成した認証局の秘密鍵。この値は -keyfile オプションとして追加します。

このコマンドを実行すると、server.crt.pem という名前の証明書が作成されます。この証明書は、「SSL/TLS 鍵の作成」で作成した SSL/TLS キーと共に使用して SSL/TLS を有効にします。

A.7. アンダークラウドで証明書を使用する場合

以下のコマンドを実行して、証明書とキーを統合します。

$ cat server.crt.pem server.key.pem > undercloud.pem

このコマンドにより、undercloud.pem が作成されます。undercloud.conf ファイルの undercloud_service_certificate オプションにこのファイルの場所を指定します。このファイルには、HAProxy ツールが読み取ることができるように、特別な SELinux コンテキストも必要です。以下の例を目安にしてください。

$ sudo mkdir /etc/pki/instack-certs
$ sudo cp ~/undercloud.pem /etc/pki/instack-certs/.
$ sudo semanage fcontext -a -t etc_t "/etc/pki/instack-certs(/.*)?"
$ sudo restorecon -R /etc/pki/instack-certs

undercloud.conf ファイルの undercloud_service_certificate オプションに undercloud.pem ファイルの場所を追加します。以下に例を示します。

undercloud_service_certificate = /etc/pki/instack-certs/undercloud.pem

また、「認証局の作成」で作成した認証局をアンダークラウドの信頼済み認証局の一覧に認証局を追加して、アンダークラウド内の異なるサービスが認証局にアクセスできるようにします。

$ sudo cp ca.crt.pem /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
$ sudo update-ca-trust extract

「director の設定」の手順に従ってアンダークラウドのインストールを続行します。

付録B 電源管理ドライバー

IPMI は、director が電源管理制御に使用する主要な手法ですが、director は他の電源管理タイプもサポートします。この付録では、サポートされる電源管理機能の一覧を提供します。「オーバークラウドノードの登録」には、以下の電源管理設定を使用します。

B.1. Dell Remote Access Controller (DRAC)

DRAC は、電源管理やサーバー監視などの帯域外 (OOB) リモート管理機能を提供するインターフェースです。

pm_type
このオプションを pxe_drac に設定します。
pm_user、pm_password
DRAC のユーザー名およびパスワード
pm_addr
DRAC ホストの IP アドレス

B.2. Integrated Lights-Out (iLO)

Hewlett-Packard の iLO は、電源管理やサーバー監視などの帯域外 (OOB) リモート管理機能を提供するインターフェースです。

pm_type
このオプションを pxe_ilo に設定します。
pm_user、pm_password
iLO のユーザー名およびパスワード
pm_addr

iLO インターフェースの IP アドレス

  • /etc/ironic/ironic.conf ファイルを編集し、enabled_drivers オプションに pxe_ilo を追加して、このドライバーを有効にします。
  • また director では、iLO 向けに追加のユーティリティーセットが必要です。python-proliantutils パッケージをインストールして openstack-ironic-conductor サービスを再起動します。

    $ sudo yum install python-proliantutils
    $ sudo systemctl restart openstack-ironic-conductor.service
  • イントロスペクションが正常に実行されるには、HP ノードは 2015 年のファームウェアバージョンでなければなりません。ファームウェアバージョン 1.85 (2015 年 5 月 13 日) を使用するノードで、director は正常にテストされています。
  • 共有 iLO ポートの使用はサポートされません。

B.3. Cisco Unified Computing System (UCS)

Cisco の UCS は、コンピュート、ネットワーク、ストレージのアクセス、仮想化リソースを統合するデータセンタープラットフォームです。このドライバーは、UCS に接続されたベアメタルシステムの電源管理を重視しています。

pm_type
このオプションを pxe_ucs に設定します。
pm_user、pm_password
UCS のユーザー名およびパスワード
pm_addr
UCS インターフェースの IP アドレス
pm_service_profile

使用する UCS サービスプロファイル。通常 org-root/ls-[service_profile_name] の形式を取ります。以下に例を示します。

"pm_service_profile": "org-root/ls-Nova-1"
  • /etc/ironic/ironic.conf ファイルを編集し、enabled_drivers オプションに pxe_ucs を追加して、このドライバーを有効にします。
  • また director では、UCS 向けに追加のユーティリティーセットが必要です。python-UcsSdk パッケージをインストールして openstack-ironic-conductor サービスを再起動します。

    $ sudo yum install python-UcsSdk
    $ sudo systemctl restart openstack-ironic-conductor.service

B.4. Fujitsu Integrated Remote Management Controller (iRMC)

Fujitsu の iRMC は、LAN 接続と拡張された機能を統合した Baseboard Management Controller (BMC) です。このドライバーは、iRMC に接続されたベアメタルシステムの電源管理にフォーカスしています。

重要

iRMC S4 以降のバージョンが必要です。

pm_type
このオプションを pxe_irmc に設定します。
pm_user、pm_password
iRMC インターフェースのユーザー名とパスワード
pm_addr
iRMC インターフェースの IP アドレス
pm_port (オプション)
iRMC の操作に使用するポート。デフォルトは 443 です。
pm_auth_method (オプション)
iRMC 操作の認証方法。basic または digest を使用します。デフォルトは basic です。
pm_client_timeout (オプション)
iRMC 操作のタイムアウト (秒単位)。デフォルトは 60 秒です。
pm_sensor_method (オプション)

センサーデータの取得方法。ipmitool または scci です。デフォルトは ipmitool です。

  • /etc/ironic/ironic.conf ファイルを編集し、enabled_drivers オプションに pxe_irmc を追加して、このドライバーを有効にします。
  • センサーの方法として SCCI を有効にした場合には、director には、追加のユーティリティーセットも必要です。python-scciclient パッケージをインストールして、openstack-ironic-conductor サービスを再起動します。

    $ yum install python-scciclient
    $ sudo systemctl restart openstack-ironic-conductor.service

B.5. SSH と virsh

director は、libvirt を実行中のホストに SSH 経由でアクセスして、仮想マシンをノードとして使用することができます。director は、virsh を使用してこれらのノードの電源管理の制御を行います。

重要

このオプションは、テストおよび評価の目的でのみ利用することができます。Red Hat OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨していません。

pm_type
このオプションを pxe_ssh に設定します。
pm_user、pm_password

SSH ユーザー名および SSH 秘密鍵の内容。CLI ツールを使用してノードを登録する場合、秘密鍵は一行に記載する必要があり、\n改行はエスケープ文字 (\n) に置き換えます。以下に例を示します。

-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----\nMIIEogIBAAKCAQEA .... kk+WXt9Y=\n-----END RSA PRIVATE KEY-----

SSH 公開鍵を libvirt サーバーの authorized_keys コレクションに追加します。

pm_addr

virsh ホストの IP アドレス

  • libvirt をホストするサーバーには、pm_password 属性として設定された公開鍵を持つ SSH キーペアが必要です。
  • 選択した pm_user には、libvirt 環境への完全なアクセス権限が設定されるようにします。

B.6. フェイク PXE ドライバー

このドライバーは、電源管理なしにベアメタルデバイスを使用する方法を提供します。これは、director が登録されたベアメタルデバイスを制御しないので、イントロスペクションとデプロイプロセスの特定の時点に手動で電源をコントロールする必要があることを意味します。

重要

このオプションは、テストおよび評価の目的でのみ利用することができます。Red Hat OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨していません。

pm_type

このオプションを fake_pxe に設定します。

  • このドライバーは、電源管理を制御しないので、認証情報は使用しません。
  • /etc/ironic/ironic.conf ファイルを編集し、enabled_drivers オプションに fake_pxe を追加して、このドライバーを有効にします。ファイルを編集したら、Bare Metal サービスを再起動します。

    $ sudo systemctl restart openstack-ironic-api openstack-ironic-conductor
  • ノードのイントロスペクションを実行する際には、openstack baremetal introspection bulk start コマンドを実行した後にノードの電源を手動でオフにします。
  • オーバークラウドのデプロイ実行時には、ironic node-list コマンドでノードのステータスを確認します。ノードのステータスが deploying から deploy wait-callback に変わるまで待ってから、手動でノードの電源をオンにします。
  • オーバークラウドのプロビジョニングプロセスが完了したら、ノードをリブートします。プロビジョニングが完了したかどうかをチェックするには、ironic node-list コマンドでノードのステータスをチェックし、ノードのステータスが active に変わるのを待ってから、すべてのオーバークラウドノードを手動でリブートします。

付録C 完全なディスクイメージ

メインのオーバークラウドイメージは、フラットパーティションイメージです。これは、パーティション情報またはブートローダーがイメージ自体に含まれていないことを意味します。director は、ブート時には別のカーネルおよび ramdisk を使用し、オーバークラウドイメージをディスクに書き込む際に基本的なパーティションレイアウトを作成します。ただし、パーティションレイアウトおよびブートローダーが含まれる完全なディスクイメージを作成することができます。

C.1. 完全なディスクイメージの作成

overcloud-full.qcow2 フラットパーティションイメージから完全なディスクイメージを作成するには、以下のステップを実行します。

  1. overcloud-full フラットパーティションを完全なディスクイメージのベースとして開きます。
  2. 希望のサイズで完全なディスクイメージを新規作成します。以下の例では、10 GB のイメージを使用します。
  3. 完全なディスクイメージにパーティションおよびボリュームを作成します。目的の完全なディスクイメージに必要な数だけ、パーティションおよびボリュームを作成します。以下の例では、boot 用のパーティションおよびファイルシステム内の他のコンテンツ用の論理ボリュームを、それぞれ独立に作成します。
  4. パーティションおよびボリュームに初期ファイルシステムを作成します。
  5. フラットパーティションのファイルシステムをマウントして、完全なディスクイメージの適切なパーティションにコンテンツをコピーします。
  6. fstab のコンテンツを生成し、完全なディスクイメージの /etc/fstab に保存します。
  7. すべてのファイルシステムをアンマウントします。
  8. 完全なディスクイメージのパーティションだけをマウントします。/ にマウントするルートパーティションから始めて、他のパーティションをそれぞれのディレクトリーにマウントします。
  9. シェルコマンドを使用してブートローダーをインストールし、完全なディスクイメージに対して grub2-install および grub2-mkconfig を実行します。これにより、完全なディスクイメージに grub2 ブートローダーがインストールされます。
  10. dracut を更新して、論理ボリューム管理のサポートを提供します。
  11. すべてのファイルシステムをアンマウントし、イメージを終了します。

完全なディスクイメージの手動作成

イメージ作成の推奨ツールである guestfish は、以下のコマンドを使用してインストールします。

$ sudo yum install -y guestfish

インストールが完了したら、guestfish の対話シェルを実行します。

$ guestfish

Welcome to guestfish, the guest filesystem shell for
editing virtual machine filesystems and disk images.

Type: 'help' for help on commands
      'man' to read the manual
      'quit' to quit the shell

><fs>

guestfish の使用に関する詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7『仮想化の導入および管理ガイド』「guestfish シェル」を参照してください。

C.2. 完全なディスクイメージの自動作成

以下の Python スクリプトは、guestfish ライブラリーを使用して完全なディスクイメージを自動的に生成します。

#!/usr/bin/env python
import guestfs
import os

# remove old generated drive
try:
  os.unlink("/home/stack/images/overcloud-full-partitioned.qcow2")
except:
  pass

g = guestfs.GuestFS(python_return_dict=True)

# import old and new images
print("Creating new repartitioned image")
g.add_drive_opts("/home/stack/images/overcloud-full.qcow2", format="qcow2", readonly=1)
g.disk_create("/home/stack/images/overcloud-full-partitioned.qcow2", "qcow2", 10.2 * 1024 * 1024 * 1024) #10.2G
g.add_drive_opts("/home/stack/images/overcloud-full-partitioned.qcow2", format="qcow2", readonly=0)
g.launch()

# create the partitions for new image
print("Creating the initial partitions")
g.part_init("/dev/sdb", "mbr")
g.part_add("/dev/sdb", "primary", 2048, 616448)
g.part_add("/dev/sdb", "primary", 616449, -1)

g.pvcreate("/dev/sdb2")
g.vgcreate("vg", ['/dev/sdb2', ])
g.lvcreate("var", "vg", 5 * 1024)
g.lvcreate("tmp", "vg", 500)
g.lvcreate("swap", "vg", 250)
g.lvcreate("home", "vg", 100)
g.lvcreate("root", "vg", 4 * 1024)
g.part_set_bootable("/dev/sdb", 1, True)

# add filesystems to volumes
print("Adding filesystems")
ids = {}
keys = [ 'var', 'tmp', 'swap', 'home', 'root' ]
volumes = ['/dev/vg/var', '/dev/vg/tmp', '/dev/vg/swap', '/dev/vg/home', '/dev/vg/root']
swap_volume = volumes[2]

count = 0
for volume in volumes:
  if count!=2:
    g.mkfs('ext4', volume)
    ids[keys[count]] = g.vfs_uuid(volume)
  count +=1

# create filesystem on boot and swap
g.mkfs('ext4', '/dev/sdb1')
g.mkswap_opts(volumes[2])
ids['swap'] = g.vfs_uuid(volumes[2])

# mount drives and copy content
print("Start copying content")
g.mkmountpoint('/old')
g.mkmountpoint('/root')
g.mkmountpoint('/boot')
g.mkmountpoint('/home')
g.mkmountpoint('/var')
g.mount('/dev/sda', '/old')

g.mount('/dev/sdb1', '/boot')
g.mount(volumes[4], '/root')
g.mount(volumes[3], '/home')
g.mount(volumes[0], '/var')

# copy content to root
results = g.ls('/old/')
for result in results:
  if result not in ('boot', 'home', 'tmp', 'var'):
    print("Copying %s to root" % result)
    g.cp_a('/old/%s' % result, '/root/')

# copy extra content
folders_to_copy = ['boot', 'home', 'var']
for folder in folders_to_copy:
  results = g.ls('/old/%s/' % folder)
  for result in results:
    print("Copying %s to %s" % (result, folder))
    g.cp_a('/old/%s/%s' % (folder, result),
           '/%s/' % folder)

# create /etc/fstab file
print("Generating fstab content")
fstab_content = """
UUID={boot_id} /boot ext4 defaults 0 2
UUID={root_id} / ext4 defaults 0 1
UUID={swap_id} none swap sw 0 0
UUID={tmp_id} /tmp ext4 defaults 0 2
UUID={home_id} /home ext4 defaults 0 2
UUID={var_id} /var ext4 defaults 0 2
""".format(
  boot_id=g.vfs_uuid('/dev/sdb1'),
  root_id=ids['root'],
  swap_id=ids['swap'],
  tmp_id=ids['tmp'],
  home_id=ids['home'],
  var_id=ids['var'])

g.write('/root/etc/fstab', fstab_content)

# unmount filesystems
g.umount('/root')
g.umount('/boot')
g.umount('/old')
g.umount('/var')

# mount in the right directories to install bootloader
print("Installing bootloader")
g.mount(volumes[4], '/')
g.mkdir('/boot')
g.mkdir('/var')
g.mount('/dev/sdb1', '/boot')
g.mount(volumes[0], '/var')

# do a selinux relabel
g.selinux_relabel('/etc/selinux/targeted/contexts/files/file_contexts', '/', force=True)
g.selinux_relabel('/etc/selinux/targeted/contexts/files/file_contexts', '/var', force=True)

g.sh('grub2-install --target=i386-pc /dev/sdb')
g.sh('grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg')

# create dracut.conf file
dracut_content = """
add_dracutmodules+="lvm crypt"
"""
g.write('/etc/dracut.conf', dracut_content)

# update initramfs to include lvm and crypt
kernels = g.ls('/lib/modules')
for kernel in kernels:
  print("Updating dracut to include modules in kernel %s" % kernel)
  g.sh('dracut -f /boot/initramfs-%s.img %s --force' % (kernel, kernel))
g.umount('/boot')
g.umount('/var')
g.umount('/')

# close images
print("Finishing image")
g.shutdown()
g.close()

このスクリプトを実行可能ファイルとしてアンダークラウドに保存して、stack ユーザーとして実行します。

$ ./whole-disk-image.py

これにより、フラットなパーティションイメージから完全なディスクイメージが自動的に作成されます。完全なディスクイメージの作成が完了したら、以前の overcloud-full.qcow2 イメージを置き換えます。

$ mv ~/images/overcloud-full.qcow2 ~/images/overcloud-full-old.qcow2
$ cp ~/images/overcloud-full-partitioned.qcow2 ~/images/overcloud-full.qcow2

これで、完全なディスクイメージを他のイメージと共にアップロードできるようになりました。

C.3. 完全なディスクイメージ上のボリュームの暗号化

guestfish を使用して、完全なディスクイメージ上のボリュームを暗号化することもできます。これには、現在のボリュームを消去して暗号化されたボリュームを作成する luks-format サブコマンドを使用する必要があります。

以下の Python スクリプトは、以前に作成した overcloud-full-partitioned.qcow2 イメージを開き、現在の空の home ボリュームを削除して、暗号化された home ボリュームに置き換えます。

#!/usr/bin/env python
import binascii
import guestfs

g = guestfs.GuestFS(python_return_dict=True)
g.add_drive_opts("/home/stack/images/overcloud-full-partitioned.qcow2", format="qcow2", readonly=0)
g.launch()

random_content = binascii.b2a_hex(os.urandom(1024))
g.luks_format('/dev/vg/home', random_content, 0)
g.luks_open('/dev/vg/home', random_content, 'cryptedhome')
g.vgscan()
g.vg_activate_all(True)
g.mkfs('ext4', '/dev/mapper/cryptedhome')
g.mount('/dev/vg/root','/')

volumes = lvs()
volumes.remove('/dev/vg/home')
volumes.remove('/dev/vg/root')
volumes.remove('/dev/vg/swap')
fstab_content = []
fstab_content.append('UUID=%s /boot ext4 defaults 0 2' % g.vfs_uuid('/dev/sda1'))
fstab_content.append('UUID=%s / ext4 defaults 0 1' % g.vfs_uuid('/dev/vg/root'))
fstab_content.append('UUID=%s none swap sw 0 0' % g.vfs_uuid('/dev/vg/swap'))
fstab_content.append('/dev/mapper/cryptedhome /home ext4 defaults 0 1')
for volume in volumes:
  volume_name = volume.replace('/dev/vg/', '')
  fstab_content.append('UUID=%s /%s ext4 defaults 0 2' % (g.vfs_uuid(volume), volume_name))

g.write('/etc/fstab', '\n'.join(fstab_content))
print '\n'.join(fstab_content)

g.write('/root/home_keyfile', random_content)
g.chmod(0400, '/root/home_keyfile')

mapper = """
home UUID={home_id} /root/home_keyfile
""".format(home_id=g.vfs_uuid('/dev/mapper/cryptedhome'))
g.write('/etc/crypttab', mapper)

g.luks_close('/dev/mapper/cryptedhome')
g.selinux_relabel('/etc/selinux/targeted/contexts/files/file_contexts', '/', force=True)
g.shutdown()
g.close()

このスクリプトは以下の操作も実施します。

  • キー (random_content) を作成する。
  • 新しい暗号化されたボリュームで /etc/fstab ファイルを再生成する。
  • /root/home_keyfile に暗号鍵を保存する。
  • /root/home_keyfile を使用してボリュームを自動的に復号する crypttab ファイルを生成する。

このスクリプトを例として使用し、完全なディスクイメージの作成プロセスの一部として暗号化されたボリュームを作成します。

C.4. 完全なディスクイメージのアップロード

完全なディスクイメージをアップロードするには、イメージのアップロードコマンドで --whole-disk-image オプションを使用します。以下に例を示します。

$ openstack overcloud image upload --whole-disk --image-path /home/stack/images

このコマンドは /home/stack/images からイメージをアップロードしますが、overcloud-full.qcow2 ファイルを完全なディスクイメージとして扱います。このため、イメージのアップロードコマンドを実行する前に、アップロードする完全なディスクイメージの名前を overcloud-full.qcow2 に変更する必要があります。

付録D 代替ブートモード

ノードのデフォルトブートモードは、iPXE を使用した BIOS です。以下の項では、ノードのプロビジョニングおよび検査の際に director が使用する代替ブートモードについて説明します。

D.1. 標準の PXE

iPXE ブートプロセスは、HTTP を使用してイントロスペクションおよびデプロイメントのイメージをブートします。旧システムは、TFTP を介してブートする標準の PXE ブートのみをサポートしている場合があります。

iPXE から PXE に変更するには、director ホスト上の undercloud.conf ファイルを編集して、ipxe_enabledFalse に設定します。

ipxe_enabled = False

このファイルを保存して、アンダークラウドのインストールを実行します。

$ openstack undercloud install

このプロセスに関する詳しい情報は、「Changing from iPXE to PXE in Red Hat OpenStack Platform director」のアーティクルを参照してください。

D.2. UEFI ブートモード

デフォルトのブートモードは、レガシー BIOS モードです。新しいシステムでは、レガシー BIOS モードの代わりに UEFI ブートモードが必要な可能性があります。その場合には、undercloud.conf ファイルで以下のように設定します。

ipxe_enabled = True
inspection_enable_uefi = True

このファイルを保存して、アンダークラウドのインストールを実行します。

$ openstack undercloud install

登録済みの各ノードのブートモードを uefi に設定します。たとえば、capabilities プロパティーに boot_mode パラメーターを追加する場合や既存のパラメーターを置き換える場合には、以下のコマンドを実行します。

$ NODE=<NODE NAME OR ID> ; openstack baremetal node set --property capabilities="boot_mode:uefi,$(openstack baremetal node show $NODE -f json -c properties | jq -r .properties.capabilities | sed "s/boot_mode:[^,]*,//g")" $NODE
注記

このコマンドで profile および boot_option のケイパビリティーが保持されていることを確認してください。

また、各フレーバーのブートモードを uefi に設定します。以下に例を示します。

$ openstack flavor set --property capabilities:boot_mode='uefi' control

付録E プロファイルの自動タグ付け

イントロスペクションプロセスでは、一連のベンチマークテストを実行します。director は、これらのテストからデータを保存します。このデータをさまざまな方法で使用するポリシーセットを作成することができます。以下に例を示します。

  • ポリシーにより、パフォーマンスの低いノードまたは不安定なノードを特定して、オーバークラウドで使用されないように隔離することができます。
  • ポリシーにより、ノードを自動的に特定のプロファイルにタグ付けするかどうかを定義することができます。

E.1. ポリシーファイルの構文

ポリシーファイルは JSON 形式で、ルールセットが記載されます。各ルールでは、説明条件、および アクション が定義されます。

description

これは、プレーンテキストで記述されたルールの説明です。

以下に例を示します。

"description": "A new rule for my node tagging policy"

conditions

ここでは、以下のキー/値のパターンを使用して評価を定義します。

field
評価するフィールドを定義します。フィールドの種別については、「プロファイルの自動タグ付けのプロパティー」を参照してください。
op

評価に使用する演算を定義します。これには、以下の属性が含まれます。

  • eq: 等しい
  • ne: 等しくない
  • lt: より小さい
  • gt: より大きい
  • le: より小さいか等しい
  • ge: より大きいか等しい
  • in-net: IP アドレスが指定のネットワーク内にあることを確認します。
  • matches: 指定の正規表現と完全に一致する必要があります。
  • contains: 値には、指定の正規表現が含まれる必要があります。
  • is-empty: フィールドが空欄であることをチェックします。
invert
評価の結果をインバージョン (反転) するかどうかを定義するブール値
multiple

複数の結果が存在する場合に、使用する評価を定義します。これには、以下の属性が含まれます。

  • any: いずれかの結果が一致する必要があります。
  • all: すべての結果が一致する必要があります。
  • first: 最初の結果が一致する必要があります。
value
評価する値を定義します。フィールド、演算、および値の条件が満たされる場合には、true の結果を返します。そうでない場合には、条件は false の結果を返します。

以下に例を示します。

"conditions": [
  {
    "field": "local_gb",
    "op": "ge",
    "value": 1024
  }
],

actions

条件が true を返す場合にアクションが実行されます。ここでは、action キーと、action の値に応じた追加のキーが使用されます。

  • fail: イントロスペクションが失敗します。失敗のメッセージには、message パラメーターが必要です。
  • set-attribute: Ironic ノードの属性を設定します。Ironic の属性へのパス (例: /driver_info/ipmi_address) を指定する path フィールドおよび設定する value が必要です。
  • set-capability: Ironic ノードのケイパビリティーを設定します。新しいケイパビリティーの名前と値を指定する name および value フィールドが必要です。同じケイパビリティーの既存の値は置き換えられます。たとえば、これを使用してノードのプロファイルを定義します。
  • extend-attribute: set-attribute と同じですが、既存の値を一覧として扱い、その一覧に値を追記します。オプションの unique パラメーターを True に設定すると、対象の値がすでに一覧に含まれている場合には何も追加しません。

以下に例を示します。

"actions": [
  {
    "action": "set-capability",
    "name": "profile",
    "value": "swift-storage"
  }
]

E.2. ポリシーファイルの例

適用するイントロスペクションルールを記載した JSON ファイル (rules.json) の例を以下に示します。

[
  {
    "description": "Fail introspection for unexpected nodes",
    "conditions": [
      {
        "op": "lt",
        "field": "memory_mb",
        "value": 4096
      }
    ],
    "actions": [
      {
        "action": "fail",
        "message": "Memory too low, expected at least 4 GiB"
      }
    ]
  },
  {
    "description": "Assign profile for object storage",
    "conditions": [
      {
        "op": "ge",
        "field": "local_gb",
        "value": 1024
      }
    ],
    "actions": [
      {
        "action": "set-capability",
        "name": "profile",
        "value": "swift-storage"
      }
    ]
  },
  {
    "description": "Assign possible profiles for compute and controller",
    "conditions": [
      {
        "op": "lt",
        "field": "local_gb",
        "value": 1024
      },
      {
        "op": "ge",
        "field": "local_gb",
        "value": 40
      }
    ],
    "actions": [
      {
        "action": "set-capability",
        "name": "compute_profile",
        "value": "1"
      },
      {
        "action": "set-capability",
        "name": "control_profile",
        "value": "1"
      },
      {
        "action": "set-capability",
        "name": "profile",
        "value": null
      }
    ]
  }
]

上記の例は、3 つのルールで構成されています。

  • メモリーが 4096 MiB 未満の場合には、イントロスペクションに失敗する。このようなルールを適用して、クラウドに含まれるべきではないノードを除外することができます。
  • ハードドライブのサイズが 1 TiB 以上のノードの場合、swift-storage プロファイルが無条件で割り当てられる。
  • ハードドライブが 1 TiB 未満だが 40 GiB を超えているノードは、コンピュートノードまたはコントローラーノードのいずれかに割り当てることができる。openstack overcloud profiles match コマンドを使用して後で最終選択できるように、2 つのケイパビリティー (compute_profilecontrol_profile) を割り当てています。この設定が機能するように、既存のプロファイルのケイパビリティーは削除しています。削除しなかった場合には、そのケイパビリティーが優先されてしまいます。

他のノードは変更されません。

注記

イントロスペクションルールを使用して profile 機能を割り当てる場合は常に、既存の値よりこの割り当てた値が優先されます。ただし、既存のプロファイル機能があるノードについては、[PROFILE]_profile 機能は無視されます。

E.3. ポリシーファイルのインポート

以下のコマンドで、ポリシーファイルを director にインポートします。

$ openstack baremetal introspection rule import rules.json

次にイントロスペクションプロセスを実行します。

$ openstack baremetal introspection bulk start

イントロスペクションが完了したら、ノードとノードに割り当てられたプロファイルを確認します。

$ openstack overcloud profiles list

イントロスペクションルールで間違いがあった場合には、すべてを削除できます。

$ openstack baremetal introspection rule purge

E.4. プロファイルの自動タグ付けのプロパティー

プロファイルの自動タグ付けは、各条件の field の属性に対する以下のノードプロパティーを評価します。

属性説明

memory_mb

ノードのメモリーサイズ (MB)

cpus

ノードの CPU の合計コア数

cpu_arch

ノードの CPU のアーキテクチャー

local_gb

ノードのルートディスクのストレージの合計容量。ノードのルートディスクの設定についての詳しい説明は、「ノードのルートディスクの定義」を参照してください。

付録F UI アクセスの際の Firefox サーバーの例外

Firefox を使用して director の Web UI にアクセスするには、OpenStack Platform サービスを許可するために、特定サーバーのアイデンティティー例外を設定する必要があります。これには、以下のサービスの URL が含まれます。

URLサービス

https://<undercloud>:13000

OpenStack Identity (keystone)

https://<undercloud>:13004

OpenStack Orchestration (heat)

https://<undercloud>:13385

OpenStack Bare Metal (ironic)

https://<undercloud>:13989

OpenStack Workflow サービス (mistral)

https://<undercloud>:13808

OpenStack Object Storage (swift)

https://<undercloud>:9000

OpenStack Messaging サービス (zaqar)

<undercloud> は、アンダークラウドのパブリック API の IP アドレスに置き換えます。

Firefox で URL のサーバーアイデンティティーの例外を追加するには、以下の手順を実施します。

  1. 設定 に移動します。
  2. 証明書 > 証明書を表示 の順に移動します。
  3. サーバー証明書 タブをクリックして 例外を追加 をクリックします。
  4. サーバーの URL の入力を求めるウィンドウが表示されます。上記の一覧からサービスの URL およびポートを入力し、証明書を取得 をクリックします。
  5. セキュリティー例外を承認 をクリックします。

すべてのサービスの URL について、例外の追加を続けます。

付録G セキュリティーの強化

以下の項では、アンダークラウドのセキュリティーを強化するための推奨事項について説明します。

G.1. HAProxy の SSL/TLS の暗号およびルールの変更

アンダークラウドで SSL/TLS を有効にした場合には (「director の設定」を参照)、HAProxy 設定で使用する SSL/TLS の暗号とルールを強化することをお勧めします。これにより、POODLE TLS 脆弱性 などの SSL/TLS の脆弱性を回避することができます。

hieradata_override のアンダークラウド設定オプションを使用して、以下の hieradata を設定します。

tripleo::haproxy::ssl_cipher_suite
HAProxy で使用する暗号スイート
tripleo::haproxy::ssl_options
HAProxy で使用する SSL/TLS ルール

たとえば、以下のような暗号およびルールを使用することができます。

  • 暗号: ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-SHA:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA:DHE-RSA-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES128-SHA:DHE-RSA-AES256-SHA256:DHE-RSA-AES256-SHA:ECDHE-ECDSA-DES-CBC3-SHA:ECDHE-RSA-DES-CBC3-SHA:EDH-RSA-DES-CBC3-SHA:AES128-GCM-SHA256:AES256-GCM-SHA384:AES128-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA:AES256-SHA:DES-CBC3-SHA:!DSS
  • ルール: no-sslv3 no-tls-tickets

hieradata オーバーライドファイル (haproxy-hiera-overrides.yaml) を作成して、以下の内容を記載します。

tripleo::haproxy::ssl_cipher_suite: ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-SHA:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA:DHE-RSA-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES128-SHA:DHE-RSA-AES256-SHA256:DHE-RSA-AES256-SHA:ECDHE-ECDSA-DES-CBC3-SHA:ECDHE-RSA-DES-CBC3-SHA:EDH-RSA-DES-CBC3-SHA:AES128-GCM-SHA256:AES256-GCM-SHA384:AES128-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA:AES256-SHA:DES-CBC3-SHA:!DSS
tripleo::haproxy::ssl_options: no-sslv3 no-tls-tickets
注記

暗号のコレクションは、改行せずに 1 行に記述します。

undercloud.conf ファイルで先程作成した hierradata オーバーライドファイルを使用するように hieradata_override パラメーターを設定してから openstack undercloud install を実行します。

[DEFAULT]
...
hieradata_override = haproxy-hiera-overrides.yaml
...

法律上の通知

Copyright © 2020 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.