1.5. Bash スクリプトの使用

以下は、rosa CLI で Bash スクリプトを使用する方法のワークフローの例になります。

前提条件

AWS 認証情報が以下のオプションのいずれかとして利用可能であることを確認します。

  • AWS プロファイル
  • 環境変数 (AWS_ACCESS_KEY_IDAWS_SECRET_ACCESS_KEY)

手順

  1. Red Hat の OpenShift Cluster Manager オフライントークンを使用して rosa を初期化します。

    $ rosa init --token=<token>
  2. Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) クラスターを作成します。

    $ rosa create cluster --cluster-name=<cluster_name>
  3. アイデンティティープロバイダー (IDP) を追加します。

    $ rosa create idp --cluster=<cluster_name> --type=<identity_provider> [arguments]
  4. dedicated-admin ユーザーを追加します。

    $ rosa grant user dedicated-admin --user=<idp_user_name> --cluster=<cluster_name>