Menu Close

第7章 ROSA クラスターへのアクセスの取り消し

IDP (アイデンティティプロバイダー) は、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) クラスターへのアクセスを制御します。ユーザーのクラスターへのアクセスを取り消すには、認証用に設定された IDP 内で設定する必要があります。

7.1. rosa CLI を使用した管理者アクセスの取り消し

ユーザーの管理者権限を取り消して、管理者権限がなくてもクラスターにアクセスできるようにすることができます。ユーザーの管理者アクセスを削除するには、dedicated-admin または cluster-admin の権限を取り消す必要があります。管理者権限を取り消すには、rosa コマンドラインユーティリティーを使用するか、Open Shift Cluster Manager コンソールを使用します。

7.1.1. rosa CLI を使用した dedicated-admin アクセスの取り消し

dedicated-admin ユーザーのアクセス権を取り消すことができるのは、自分がクラスターを作成したユーザー、組織管理者ユーザー、またはスーパー管理者ユーザーの場合です。

前提条件

  • アイデンティティープロバイダー (IDP) をクラスターに追加している。
  • 取り消す権限を持つユーザーの IDP ユーザー名がある。
  • クラスターにログインしている。

手順

  1. ユーザーの dedicated-admin アクセスを取り消すには、次のコマンドを入力してください。

    $ rosa revoke user dedicated-admin --user=<idp_user_name> --cluster=<cluster_name>
  2. 以下のコマンドを実行して、ユーザーに dedicated-admin アクセスがなくなったことを確認します。出力には、取り消したユーザーが表示されません。

    $ oc get groups dedicated-admins

7.1.2. rosa CLI を使用した cluster-admin アクセス権の取り消し

クラスターを作成したユーザーのみが、cluster-admin ユーザーのアクセスを取り消すことができます。

前提条件

  • アイデンティティープロバイダー (IDP) をクラスターに追加している。
  • 取り消す権限を持つユーザーの IDP ユーザー名がある。
  • クラスターにログインしている。

手順

  1. ユーザーの cluster-admin アクセスを取り消すには、次のコマンドを入力してください。

    $ rosa revoke user cluster-admins --user=myusername --cluster=mycluster
  2. 次のコマンドを入力して、そのユーザーが cluster-admin アクセス権を失ったことを確認します。出力には、取り消したユーザーが表示されません。

    $ oc get groups cluster-admins