1.4. CLI を使用してクラスターをすばやく作成する

Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) CL I(rosa) を使用して AWS Security Token Service (STS) を使用するクラスターを作成する場合、デフォルトのオプションを選択してクラスターをすばやく作成できます。

前提条件

  • STS で ROSA の AWS の前提条件を完了している。
  • 利用可能な AWS サービスクォータがある。
  • AWS コンソールで ROSA サービスを有効にしている。
  • インストールホストに、最新の ROSA CLI (rosa) をインストールして設定している。

    注記

    ROSA クラスターを正常にインストールするには、最新バージョンの ROSA CLI を使用します。

  • rosa CLI を使用して Red Hat アカウントにログインしている。
  • AWS Elastic Load Balancing (ELB) サービ出力ルが AWS アカウントに存在することを確認している。

手順

  1. Operator ポリシーを含む、必要なアカウント全体のロールおよびポリシーを作成します。

    $ rosa create account-roles --mode auto
    注記

    auto モードを使用する場合は、任意で -y 引数を指定して対話式プロンプトを回避し、操作を自動的にチェックできます。

  2. デフォルトを使用して STS でクラスターを作成します。デフォルトを使用する場合は、最新の安定した OpenShift バージョンがインストールされます。

    $ rosa create cluster --cluster-name <cluster_name> --sts --mode auto 1
    1
    <cluster_name> は、クラスター名に置き換えます。
    注記

    --mode auto を指定すると、rosa create cluster コマンドは、クラスター固有の Operator IAM ロールおよび OIDC プロバイダーを自動的に作成します。Operator は、OIDC プロバイダーを利用して認証を行います。

  3. クラスターのステータスを確認します。

    $ rosa describe cluster --cluster <cluster_name|cluster_id>

    以下の State フィールドの変更は、クラスターインストールの進捗として出力に表示されます。

    • waiting (Waiting for OIDC configuration)
    • pending (Preparing account)
    • installing (DNS setup in progress)
    • installing
    • ready

      注記

      インストールが失敗した場合や、約 40 分後に State フィールドが ready に変わらない場合は、インストールのトラブルシューティングに関するドキュメントで詳細を確認してください。詳細は、インストールのトラブルシューティングを参照してください。Red Hat サポートにサポートを依頼する手順は、Red Hat OpenShift Service on AWS のサポートを受けるを参照してください。

  4. OpenShift インストーラーログを監視して、クラスター作成の進捗を追跡します。

    $ rosa logs install --cluster <cluster_name|cluster_id> --watch 1
    1
    --watch フラグを指定して、新規ログメッセージをインストールの進捗として監視します。この引数は任意です。