Menu Close

9.3. 必要な AWS サービスクォータ

Red Hat OpenShift Service on AWS クラスターの実行に必要な Amazon Web Service (AWS) サービスクォータの一覧を確認します。

ヒント

AWS Security Token Service (STS) は、セキュリティーが強化されているため、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) にクラスターをインストールして操作するのに推奨される認証情報モードです。

9.3.1. 必要な AWS サービスクォータ

以下の表は、Red Hat OpenShift Service on AWS クラスターを作成し、実行するために必要な AWS サービスクォータおよびレベルを説明します。

注記

AWS SDK は ROSA がクォータの確認を可能にしますが、AWS SDK 計算には既存の使用が含まれません。そのため、クォータチェックが AWS SDK で合格しても、クラスターの作成が失敗する可能性があります。この問題を修正するには、クォータを増やします。

特定のクォータを変更または増やす必要がある場合は、Amazon のドキュメントの requesting a quota inscrease を参照してください。

クォータ名サービスコードクォータコード最小の必要な値推奨される値

EIP 数 - VPC EIP

ec2

L-0263D0A3

5

5

標準 (A、C、D、H、I、M、R、T、Z) インスタンスのオンデマンド実行

ec2

L-1216C47A

100

100

リージョンごとの VPC

vpc

L-F678F1CE

5

5

リージョンごとのインターネットゲートウェイ

vpc

L-A4707A72

5

5

リージョンごとのネットワークインターフェース

vpc

L-DF5E4CA3

5,000

5,000

汎用 SSD (gp2) ボリュームストレージ

ebs

L-D18FCD1D

50

300

EBS スナップショットの数

ebs

L-309BACF6

300

300

プロビジョニングされた IOPS

ebs

L-B3A130E6

300,000

300,000

プロビジョニングされた IOPS SSD (io1) ボリュームストレージ

ebs

L-FD252861

50

300

リージョンごとのアプリケーションロードバランサー

elasticloadbalancing

L-53DA6B97

50

50

リージョンごとの Classic Load Balancer

elasticloadbalancing

L-E9E9831D

20

20