9.7. プライベートクラスターの設定

Red Hat OpenShift Service on AWS クラスターをプライベートにし、内部アプリケーションを企業ネットワーク内でホストできるようにします。さらに、プライベートクラスターは、セキュリティーを強化するために内部 API エンドポイントのみを持つように設定できます。

プライバシー設定は、クラスターの作成時またはクラスターの設定後に設定できます。

9.7.1. 新規クラスターでのプライベートクラスターの有効化

新規 Red Hat OpenShift Service on AWS クラスターの作成時にプライベートクラスター設定を有効にすることができます。

重要

プライベートクラスターは AWS セキュリティートークンサービス (STS) と併用できません。ただし、STS は AWS PrivateLink クラスターをサポートします。

前提条件

AWS VPC ピアリング、VPN、DirectConnect、または TransitGateway がプライベートアクセスを許可するよう設定されている。

手順

以下のコマンドを入力して新規プライベートクラスターを作成します。

$ rosa create cluster --cluster-name=<cluster_name> --private
注記

または、各クラスターオプションについて --interactive を使用してプロンプトを表示します。