Menu Close

6.5. LDAP アイデンティティープロバイダーの設定

単純なバインド認証を使用して LDAPv3 サーバーに対してユーザー名とパスワードを検証するように LDAP アイデンティティープロバイダーを設定します。

前提条件

  • LDAP アイデンティティープロバイダーを設定する場合は、設定済みの LDAP URL を入力する必要があります。設定される URL は、LDAP ホストと使用する検索パラメーターを指定する RFC 2255 URL です。URL の構文は以下のようになります。

    ldap://host:port/basedn?attribute?scope?filter
    URL コンポーネント説明

    ldap

    通常の LDAP の場合は、文字列 ldap を使用します。セキュアな LDAP (LDAPS) の場合は、代わりに ldaps を使用します。

    host:port

    LDAP サーバーの名前とポートです。デフォルトは、ldap の場合は localhost:389、LDAPS の場合は localhost:636 です。

    basedn

    すべての検索が開始されるディレクトリーのブランチの DN です。これは少なくともディレクトリーツリーの最上位になければなりませんが、ディレクトリーのサブツリーを指定することもできます。

    attribute

    検索対象の属性です。RFC 2255 はカンマ区切りの属性の一覧を許可しますが、属性をどれだけ指定しても最初の属性のみが使用されます。属性を指定しない場合は、デフォルトで uid が使用されます。使用しているサブツリーのすべてのエントリー間で一意の属性を選択することを推奨します。

    scope

    検索の範囲です。one または sub のいずれかを指定できます。範囲を指定しない場合は、デフォルトの範囲として sub が使用されます。

    filter

    有効な LDAP 検索フィルターです。指定しない場合、デフォルトは (objectClass=*) です。

    検索の実行時に属性、フィルター、指定したユーザー名が組み合わされて以下のような検索フィルターが作成されます。

    (&(<filter>)(<attribute>=<username>))
    重要

    LDAP ディレクトリーの検索に認証が必要な場合は、エントリー検索の実行に使用する bindDNbindPassword を指定します。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager から、Clusters ページに移動し、アイデンティティープロバイダーを設定する必要のあるクラスターを選択します。
  2. Access control タブをクリックします。
  3. Add identity provider をクリックします。

    注記

    クラスターの作成後に表示される警告メッセージの Add Oauth 設定リンクをクリックして、アイデンティティープロバイダーを設定することもできます。

  4. ドロップメニューから LDAP を選択します。
  5. アイデンティティープロバイダーの一意の名前を入力します。この名前は後で変更することはできません。
  6. ドロップダウンメニューからマッピング方法を選択します。ほとんどの場合、Claim の使用が推奨されます。
  7. LDAP URL を入力して、使用する LDAP 検索パラメーターを指定します。
  8. オプション: Bind DN および Bind password を入力します。
  9. LDAP 属性をアイデンティティーにマップする属性を入力します。

    • ユーザー ID の値として使用する ID 属性を入力します。Add more をクリックして、複数の ID 属性を追加します。
    • オプション: 表示名の値として使用する Preferred username 属性を入力します。Add more をクリックして、優先する複数のユーザー名の属性を追加します。
    • オプション: メールアドレスの値として使用する Email 属性を入力します。Add more をクリックして、複数のメール属性を追加します。
  10. オプション: Show advanced Options をクリックし、認証局 (CA) ファイルを LDAP アイデンティティープロバイダーに追加し、設定された URL のサーバー証明書を検証します。Browse をクリックして CA ファイルを見つけ、これをアイデンティティープロバイダーに割り当てます。
  11. オプション: 高度なオプションで、LDAP プロバイダーを Insecure (非セキュア) にするよう選択します。このオプションを選択すると、CA ファイルは使用できません。

    重要

    非セキュアな LDAP 接続(ldap:// またはポート 389)を使用している場合は、設定ウィザードで で Insecure オプションを確認する必要があります。

  12. Confirm をクリックします。

検証

  • 設定されたアイデンティティープロバイダーが Clusters ページの Access control タブに表示されるようになりました。