2.2.2. 必要な CLI ツールのインストールと設定

以下の手順を使用して、AWS、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) および OpenShift CLI ツールをワークステーションにインストールし、設定します。

前提条件

  • AWS アカウントがある。
  • Red Hat アカウントを作成している。

    注記

    console.redhat.com に移動し、Red Hat アカウントの登録 を選択して、Red Hat アカウントを作成できます。

手順

  1. 最新の AWS CLI (aws) をインストールして設定します。

    1. AWS コマンドラインインターフェイス ドキュメントに従って、お使いのオペレーティングシステム用の AWS CLI をインストールし、設定します。

      .aws/credentials ファイルに aws_access_key_idaws_secret_access_key、および region を指定します。AWS ドキュメントの AWS 設定の基本 を参照してください。

      注記

      AWS_DEFAULT_REGION 環境変数を使用して、デフォルトの AWS リージョンを設定することもできます。

    2. AWS API をクエリーし、AWS CLI が適切にインストールおよび設定されているかどうかを確認します。

      $ aws sts get-caller-identity

      出力例

      <aws_account_id>    arn:aws:iam::<aws_account_id>:user/<username>  <aws_user_id>

  2. 最新の ROSA CLI (rosa) をインストールし、設定します。

    1. Red Hat OpenShift Cluster Manager Hybrid Cloud Console の ダウンロード ページから、オペレーティングシステム用の rosa CLI の最新バージョンをダウンロードします。
    2. ダウンロードしたアーカイブから rosa バイナリーファイルを展開します。以下の例は、Linux tar アーカイブからバイナリーを展開します。

      $ tar xvf rosa-linux.tar.gz
    3. パスに rosa を加えてください。以下の例では、/usr/local/bin ディレクトリーがユーザーのパスに含まれます。

      $ sudo mv rosa /usr/local/bin/rosa
    4. rosa バージョンをクエリーして、rosa CLI ツールが適切にインストールされていることを確認します。

      $ rosa version

      出力例

      1.2.8

    5. オプション: rosa CLI のタブ補完を有効にします。タブ補完を有効にすると、Tab キーを 2 回押すことでサブコマンドが自動的に補完され、コマンドの提案が表示されます。

      さまざまなシェルタイプで rosa のタブ補完が使用できます。以下の例では、Linux ホストで Bash の永続タブ補完を有効にします。このコマンドは、Bash の rosa タブ補完設定ファイルを生成して /etc/bash_completion.d/ ディレクトリーに保存します。

      # rosa completion bash > /etc/bash_completion.d/rosa

      設定を有効にするには、新しいターミナルを開いている必要があります。

      注記

      さまざまなシェルタイプの rosa タブ補完を設定する手順は、rosa completion --help を実行してヘルプメニューを参照してください。

    6. rosa CLI を使用して Red Hat アカウントにログインしました。

      $ rosa login

      出力例

      To login to your Red Hat account, get an offline access token at https://console.redhat.com/openshift/token/rosa
      ? Copy the token and paste it here:

      コマンド出力に一覧表示されている URL に移動し、オフラインアクセストークンを取得します。ログインする CLI プロンプトでトークンを指定します。

      注記

      その後に rosa login コマンドの実行時に --token="<offline_access_token>" 引数を使用してオフラインアクセストークンを指定できます。

    7. 正常にログインできるかどうかを確認し、認証情報を確認します。

      $ rosa whoami

      出力例

      AWS Account ID:               <aws_account_number>
      AWS Default Region:           us-east-1
      AWS ARN:                      arn:aws:iam::<aws_account_number>:user/<aws_user_name>
      OCM API:                      https://api.openshift.com
      OCM Account ID:               <red_hat_account_id>
      OCM Account Name:             Your Name
      OCM Account Username:         you@domain.com
      OCM Account Email:            you@domain.com
      OCM Organization ID:          <org_id>
      OCM Organization Name:        Your organization
      OCM Organization External ID: <external_org_id>

      次に進む前に、出力の情報が正しいことを確認します。

  3. 最新の OpenShift CLI (oc) をインストールして設定します。

    1. rosa CLI を使用して、最新バージョンの oc CLI をダウンロードします。

      $ rosa download openshift-client
    2. ダウンロードしたアーカイブから oc バイナリーファイルを展開します。以下の例は、Linux tar アーカイブからファイルを展開します。

      $ tar xvf openshift-client-linux.tar.gz
    3. oc バイナリーをパスに追加します。以下の例では、/usr/local/bin ディレクトリーがユーザーのパスに含まれます。

      $ sudo mv oc /usr/local/bin/oc
    4. oc CLI が正常にインストールされていることを確認します。

      $ rosa verify openshift-client

      出力例

      I: Verifying whether OpenShift command-line tool is available...
      I: Current OpenShift Client Version: 4.9.12