2.5.2. クラスターへのユーザーアクセスの付与

ユーザーアクセスを設定済みのアイデンティティープロバイダーに追加して、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) クラスターに付与できます。

ROSA クラスターに異なるタイプのアイデンティティープロバイダーを設定できます。以下の手順例では、クラスターへのアイデンティティープロビジョニング用に設定された GitHub 組織に、ユーザーを追加します。

前提条件

  • AWS アカウントがある。
  • ワークステーションに最新の AWS (aws)、ROSA (rosa)、OpenShift (oc) の CLI をインストールして設定している。
  • rosa CLI を使用して Red Hat アカウントにログインしている。
  • ROSA クラスターを作成している。
  • GitHub ユーザーアカウントがある。
  • クラスターに GitHub アイデンティティープロバイダーを設定している。

手順

  1. github.com に移動し、GitHub アカウントにログインします。
  2. GitHub 組織への ROSA クラスターへのアクセスを必要とするユーザーを招待します。GitHub ドキュメントの 組織に参加するようにユーザーを招待する の手順を実行してください。