2.2.2. コンピュートノードの手動によるスケーリング

マシンプールの自動スケーリングを有効にしていない場合は、デプロイメントのニーズに合わせてプール内のコンピュート (ワーカーとも呼ばれる) ノードの数を手動でスケーリングできます。

各マシンプールを個別にスケーリングする必要があります。

前提条件

  • ワークステーションに最新の AWS (aws)、ROSA (rosa)、OpenShift (oc) の CLI をインストールして設定している。
  • rosa CLI を使用して Red Hat アカウントにログインしている。
  • Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) クラスターを作成している。
  • 既存のマシンプールがある。

手順

  1. クラスターのマシンプールを一覧表示します。

    $ rosa list machinepools --cluster=<cluster_name>

    出力例

    ID        AUTOSCALING   REPLICAS    INSTANCE TYPE  LABELS    TAINTS   AVAILABILITY ZONES
    default   No            2           m5.xlarge                        us-east-1a
    mp1       No            2           m5.xlarge                        us-east-1a

  2. マシンプール内のコンピュートノードのレプリカ数を増減します。

    $ rosa edit machinepool --cluster=<cluster_name> \
                            --replicas=<replica_count> \ 1
                            <machine_pool_id> 2
    1
    単一アベイラビリティーゾーンを使用して Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) をデプロイしている場合、レプリカ数はゾーンのマシンプールにプロビジョニングするコンピュートノードの数を定義します。複数のアベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイしている場合は、すべてのゾーンでマシンプール内のコンピュートノードの合計数を定義し、その数は 3 の倍数である必要があります。
    2
    <machine_pool_id> を、前述のコマンドの出力に表示されているマシンプールの ID に置き換えます。

検証

  1. クラスターで利用可能なマシンプールを一覧表示します。

    $ rosa list machinepools --cluster=<cluster_name>

    出力例

    ID        AUTOSCALING   REPLICAS    INSTANCE TYPE  LABELS    TAINTS   AVAILABILITY ZONES
    default   No            2           m5.xlarge                        us-east-1a
    mp1       No            3           m5.xlarge                        us-east-1a

  2. 上記のコマンドの出力で、コンピュートノードのレプリカ数がマシンプールで想定通りに設定されていることを確認します。この出力例では、mp1 マシンプールのコンピュートノードレプリカ数は 3 にスケーリングされています。