2.2. コンピュートノードの管理

本書では、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) でコンピュート (ワーカーとも呼ばれる) ノードを管理する方法について説明します。

コンピュートノードの変更の大半は、マシンプールで設定されます。マシンプール は、管理を容易にするために、同じ設定を持つクラスター内のコンピュートノードのグループです。

スケーリング、ノードラベルの追加、テイントの追加などのマシンプール設定オプションを編集できます。

2.2.1. マシンセットの作成

デフォルトのマシンプールは、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) クラスターのインストール時に作成されます。インストール後に、OpenShift Cluster Manager または ROSA CLI (rosa) を使用して、クラスターの追加のマシンプールを作成できます。

2.2.1.1. OpenShift Cluster Manager を使用したマシンプールの作成

OpenShift Cluster Manager を使用して、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) クラスターに追加のマシンプールを作成できます。

前提条件

  • ROSA クラスターを作成している。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager Hybrid Cloud Console に移動し、クラスターを選択します。
  2. Machine pools タブで、Add machine pool をクリックします。
  3. マシンプール名 を追加します。
  4. ドロップダウンメニューから Worker node instance type を選択します。インスタンスタイプは、マシンプール内の各コンピュートノードの仮想 CPU およびメモリー割り当てを定義します。

    注記

    プールを作成した後に、マシンプールのインスタンスタイプを変更することはできません。

  5. オプション: マシンプールの自動スケーリングを設定します。

    1. Enable autoscaling を選択し、デプロイメントのニーズを満たすためにマシンプール内のマシン数を自動的にスケーリングします。
    2. 自動スケーリングの最小および最大のノード数制限を設定します。Cluster Autoscaler は、指定する制限を超えてマシンプールノード数を減らしたり、増やしたりできません。

      • 単一アベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、最小および最大のノード数 を設定します。これは、アベイラビリティーゾーンのコンピュートノードの最小および最大の制限を定義します。
      • 複数のアベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、Minimum nodes per zone および Maximum nodes per zone を設定します。これは、ゾーンごとの最小および最大のコンピュート制限を定義します。

        注記

        または、マシンプールの作成後にマシンプールの自動スケーリングを設定できます。

  6. 自動スケーリングを有効にしていない場合は、コンピュートノードの数を選択します。

    • 単一アベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、ドロップダウンメニューから ワーカーノード数 を選択します。これは、ゾーンのマシンプールにプロビジョニングするコンピュートノードの数を定義します。
    • 複数のアベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、ドロップダウンメニューから ワーカーノードの数 (ゾーンごと) を選択します。これは、ゾーンごとにマシンプールにプロビジョニングするコンピュートノードの数を定義します。
  7. オプション: マシンプールのノードラベルおよびテイントを追加します。

    1. Edit node labels and taints メニューを展開します。
    2. Node labels で、ノードラベルの Key および Value のエントリーを追加します。
    3. Taints で、テイントの Key および Value エントリーを追加します。
    4. テイントごとに、ドロップダウンメニューから Effect を選択します。使用できるオプションには、NoSchedulePreferNoSchedule、および NoExecute が含まれます。

      注記

      または、マシンプールの作成後にノードラベルおよびテイントを追加できます。

  8. オプション: マシンプールを保証なしの AWS Spot インスタンスとしてデプロイするように設定するには、Amazon EC2 Spot インスタンスを使用します。

    1. Use Amazon EC2 Spot Instances を選択します。
    2. オンデマンドのインスタンス価格を使用するには、Use On-Demand instance price を選択したままにします。または、Set maximum price を選択して、Spot インスタンスの 1 時間ごとの最大価格を定義します。

      Amazon EC2 Spot インスタンスの詳細は、AWS のドキュメント を参照してください。

      重要

      Amazon EC2 Spot インスタンスはいつでも中断する可能性があります。Amazon EC2 Spot インスタンスは、中断に対応できるワークロードにのみ使用します。

      注記

      マシンプールに Use Amazon EC2 Spot Instances を選択すると、マシンプールの作成後にオプションを無効にすることはできません。

  9. Add machine pool をクリックしてマシンプールを作成します。

検証

  • マシンプールが Machine pools ページに表示され、設定が想定どおりに表示されていることを確認します。

2.2.1.2. ROSA CLI を使用したマシンプールの作成

ROSA CLI (rosa) を使用して、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) クラスターの追加のマシンプールを作成できます。

前提条件

  • ワークステーションに最新の AWS (aws)、ROSA (rosa)、OpenShift (oc) の CLI をインストールして設定している。
  • rosa CLI を使用して Red Hat アカウントにログインしている。
  • ROSA クラスターを作成している。

手順

  • 自動スケーリングを使用しないマシンプールを追加するには、マシンプールを作成し、インスタンスタイプ、コンピュート (ワーカーとも呼ばれる) ノード数、およびノードラベルを定義します。

    $ rosa create machinepool --cluster=<cluster-name> \
                              --name=<machine_pool_id> \ 1
                              --replicas=<replica_count> \ 2
                              --instance-type=<instance_type> \ 3
                              --labels=<key>=<value>,<key>=<value> \ 4
                              --taints=<key>=<value>:<effect>,<key>=<value>:<effect> \ 5
                              --use-spot-instances \ 6
                              --spot-max-price=0.5 7
    1
    マシンプールの名前を指定します。<machine_pool_id> をマシンプールの名前に置き換えます。
    2
    プロビジョニングするコンピュートノードの数を指定します。単一アベイラビリティーゾーンを使用して ROSA をデプロイしている場合は、ゾーンのマシンプールにプロビジョニングするコンピュートノードの数を定義します。複数のアベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイしている場合は、全ゾーンでプロビジョニングするコンピュートノードの数を定義し、その数は 3 の倍数である必要があります。--replicas 引数は、自動スケーリングが設定されていない場合に必要です。
    3
    オプション: マシンプールのコンピュートノードのインスタンスタイプを設定します。インスタンスタイプは、プール内の各コンピュートノードの仮想 CPU およびメモリー割り当てを定義します。<instance_type> をインスタンスタイプに置き換えます。デフォルトは m5.xlarge です。プールを作成した後に、マシンプールのインスタンスタイプを変更することはできません。
    4
    オプション: マシンプールのラベルを定義します。<key>=<value>,<key>=<value> は、キーと値のペアのコンマ区切りリストに置き換えます (例: --labels=key1=value1,key2=value2)。
    5
    オプション: マシンプールのテイントを定義します。<key>=<value>:<effect>,<key>=<value>:<effect> は、各テイントのキー、値、および影響に置き換えます (例: --taints=key1=value1:NoSchedule,key2=value2:NoExecute)。利用可能な影響には、NoSchedulePreferNoSchedule、および NoExecute が含まれます。
    6
    オプション: マシンプールは、保証なしの AWS Spot インスタンスとしてデプロイするように設定します。詳細は、AWS ドキュメントの Amazon EC2 Spot Instances を参照してください。マシンプールに Use Amazon EC2 Spot Instances を選択すると、マシンプールの作成後にオプションを無効にすることはできません。
    7
    オプション: Spot インスタンスを使用する場合は、この引数を指定して Spot インスタンスの 1 時間ごとの最大価格を定義できます。この引数が指定されていない場合は、オンデマンドの価格が使用されます。
    重要

    Amazon EC2 Spot インスタンスはいつでも中断する可能性があります。Amazon EC2 Spot インスタンスは、中断に対応できるワークロードにのみ使用します。

    以下の例では、m5.xlarge インスタンスタイプを使用し、コンピュートノードレプリカが 2 つ含まれる mymachinepool という名前のマシンプールを作成します。この例では、ワークロード固有のラベルも 2 つ追加します。

    $ rosa create machinepool --cluster=mycluster --name=mymachinepool --replicas=2 --instance-type=m5.xlarge --labels=app=db,tier=backend

    出力例

    I: Machine pool 'mymachinepool' created successfully on cluster 'mycluster'
    I: To view all machine pools, run 'rosa list machinepools -c mycluster'

  • 自動スケーリングを使用するマシンプールを追加するには、マシンプールを作成して、自動スケーリング設定、インスタンスタイプ、およびノードラベルを定義します。

    $ rosa create machinepool --cluster=<cluster-name> \
                              --name=<machine_pool_id> \ 1
                              --enable-autoscaling \ 2
                              --min-replicas=<minimum_replica_count> \ 3
                              --max-replicas=<maximum_replica_count> \ 4
                              --instance-type=<instance_type> \ 5
                              --labels=<key>=<value>,<key>=<value> \ 6
                              --taints=<key>=<value>:<effect>,<key>=<value>:<effect> \ 7
                              --use-spot-instances \ 8
                              --spot-max-price=0.5 9
    1
    マシンプールの名前を指定します。<machine_pool_id> をマシンプールの名前に置き換えます。
    2
    マシンプールの自動スケーリングを有効にし、デプロイメントのニーズに対応します。
    3 4
    コンピュートノードの最小および最大の制限を定義します。Cluster Autoscaler は、指定する制限を超えてマシンプールノード数を減らしたり、増やしたりできません。単一アベイラビリティーゾーンを使用して ROSA をデプロイしている場合、--min-replicas 引数および --max-replicas 引数は、ゾーンのマシンプールに自動スケーリング制限を定義します。複数のアベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイしている場合に、すべてのゾーンにおける自動スケーリングの制限を引数で定義し、その数は 3 の倍数である必要があります。
    5
    オプション: マシンプールのコンピュートノードのインスタンスタイプを設定します。インスタンスタイプは、プール内の各コンピュートノードの仮想 CPU およびメモリー割り当てを定義します。<instance_type> をインスタンスタイプに置き換えます。デフォルトは m5.xlarge です。プールを作成した後に、マシンプールのインスタンスタイプを変更することはできません。
    6
    オプション: マシンプールのラベルを定義します。<key>=<value>,<key>=<value> は、キーと値のペアのコンマ区切りリストに置き換えます (例: --labels=key1=value1,key2=value2)。
    7
    オプション: マシンプールのテイントを定義します。<key>=<value>:<effect>,<key>=<value>:<effect> は、各テイントのキー、値、および影響に置き換えます (例: --taints=key1=value1:NoSchedule,key2=value2:NoExecute)。利用可能な影響には、NoSchedulePreferNoSchedule、および NoExecute が含まれます。
    8
    オプション: マシンプールは、保証なしの AWS Spot インスタンスとしてデプロイするように設定します。詳細は、AWS ドキュメントの Amazon EC2 Spot Instances を参照してください。マシンプールに Use Amazon EC2 Spot Instances を選択すると、マシンプールの作成後にオプションを無効にすることはできません。
    9
    オプション: Spot インスタンスを使用する場合は、この引数を指定して Spot インスタンスの 1 時間ごとの最大価格を定義できます。この引数が指定されていない場合は、オンデマンドの価格が使用されます。
    重要

    Amazon EC2 Spot インスタンスはいつでも中断する可能性があります。Amazon EC2 Spot インスタンスは、中断に対応できるワークロードにのみ使用します。

    以下の例では、m5.xlarge インスタンスタイプを使用し、自動スケーリングが有効になっている mymachinepool という名前のマシンプールを作成します。コンピュートノードの最小制限は 3 で、最大制限は全体で 6 です。この例では、ワークロード固有のラベルも 2 つ追加します。

    $ rosa create machinepool --cluster=mycluster --name=mymachinepool --enable-autoscaling --min-replicas=3 --max-replicas=6 --instance-type=m5.xlarge --labels=app=db,tier=backend

    出力例

    I: Machine pool 'mymachinepool' created successfully on cluster 'mycluster'
    I: To view all machine pools, run 'rosa list machinepools -c mycluster'

検証

  1. クラスターで利用可能なマシンプールを一覧表示します。

    $ rosa list machinepools --cluster=<cluster_name>

    出力例

    ID             AUTOSCALING  REPLICAS  INSTANCE TYPE  LABELS                  TAINTS    AVAILABILITY ZONES                    SPOT INSTANCES
    Default        No           3         m5.xlarge                                        us-east-1a, us-east-1b, us-east-1c    N/A
    mymachinepool  Yes          3-6       m5.xlarge      app=db, tier=backend              us-east-1a, us-east-1b, us-east-1c    No

  2. マシンプールが出力に含まれ、設定が想定どおりであることを確認します。

関連情報