4.4.3. ユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングを設定するためのユーザーへのパーミッションの付与

ユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングを設定するパーミッションをユーザーに付与できます。

前提条件

  • cluster-admin または dedicated-admin ロールが割り当てられたユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • ロールを割り当てるユーザーアカウントがすでに存在している。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • ユーザー定義プロジェクトのモニタリングを有効にしている。

手順

  • ユーザー定義プロジェクトのユーザーに alert-routing-edit ロールを割り当てます。

    $ oc -n <namespace> adm policy add-role-to-user alert-routing-edit <user> 1
    1
    <namespace>の場合は、ユーザー定義プロジェクトの代わりに namespace を使用します (例: ns1)。<user> の場合は、ロールを割り当てるアカウントの代わりにユーザー名を使用します。