1.2. AWS VPC ピアリングの設定

このサンプルプロセスでは、Red Hat OpenShift Service on AWS クラスターが含まれる Amazon Web Services (AWS) VPC を、別の AWS VPC ネットワークとピア接続するように設定します。AWS VPC ピアリング接続の作成または他の設定に関する詳細は、AWS VPC Peering ガイドを参照してください。

1.2.1. VPC ピアリングの用語

2 つの別々の AWS アカウントで 2 つの VPC 間で VPC ピアリング接続を設定する場合は、以下の用語が使用されます。

Red Hat OpenShift Service on AWS の AWS アカウント

Red Hat OpenShift Service on AWS クラスターが含まれる AWS アカウント。

Red Hat OpenShift Service on AWS クラスター VPC

Red Hat OpenShift Service on AWS クラスターが含まれる VPC。

Customer AWS アカウント

ピア接続する Red Hat OpenShift Service on AWS 以外の AWS アカウント。

Customer VPC

ピア接続する AWS アカウントの VPC。

Customer VPC リージョン

お客様の VPC が置かれるリージョン。

注記

2018 年 7 月時点で、AWS は、中国を除く すべての商業地域でのリージョン間の VPC ピアリングをサポートします。