第3章 ユーザー定義プロジェクトのモニタリング

3.1. モニタリングスタックについて

Red Hat OpenShift Service on AWS では、Red Hat のサイト信頼性エンジニアリング (SRE) チームのプラットフォームメトリクスから切り離して独自のプロジェクトをモニターできます。モニターリングソリューションを追加せずに独自のプロジェクトをモニターできます。

注記

本書の説明に注意深く従い、ユーザー定義プロジェクトのモニターリング用にサポートされる Prometheus インスタンスを設定します。カスタム Prometheus インスタンスは Red Hat OpenShift Service on AWS ではサポートされません。

3.1.1. モニタリングスタックについて

Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) モニターリングスタックは、Prometheus オープンソースプロジェクトおよびその幅広いエコシステムをベースとしています。モニタリングスタックには、以下のコンポーネントが含まれます。

  • デフォルトのプラットフォームモニタリングコンポーネント。一連のプラットフォーム監視コンポーネントが openshift-monitoring プロジェクトにインストールされ、ROSA のインストール中にデフォルトで有効になります。これにより、コアクラスターコンポーネントを監視できます。デフォルトのモニタリングスタックは、クラスターのリモートのヘルスモニタリングも有効にします。CPU やメモリーなどの重要なメトリクスは、すべての namespace のすべてのワークロードから収集され、利用可能になります。

    これらのコンポーネントは、以下の図の Installed by default セクションで説明されています。

  • ユーザー定義のプロジェクトをモニターするためのコンポーネント。この機能はデフォルトで有効になっており、ユーザー定義プロジェクトのモニタリングを提供します。これらのコンポーネントは、以下の図の User セクションで説明されています。

3.1.1.1. ユーザー定義プロジェクトをモニターするためのコンポーネント

Red Hat OpenShift Service on AWS には、ユーザー定義プロジェクトでサービスおよび Pod をモニターできるモニターリングスタックのオプションの拡張機能が含まれています。この機能には、以下のコンポーネントが含まれます。

表3.1 ユーザー定義プロジェクトをモニターするためのコンポーネント

コンポーネント説明

Prometheus Operator

openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの Prometheus Operator は、同じプロジェクトで Prometheus および Thanos Ruler インスタンスの作成、設定、および管理を行います。

Prometheus

Prometheus は、ユーザー定義のプロジェクト用にモニタリング機能が提供されるモニタリングシステムです。Prometheus は処理のためにアラートを Alertmanager に送信します。ただし、アラートのルーティングは現在サポートされていません。

Thanos Ruler

Thanos Ruler は、別のプロセスとしてデプロイされる Prometheus のルール評価エンジンです。Red Hat OpenShift Service on AWS 4 では、Thanos Ruler はユーザー定義プロジェクトのモニターリングに関するルールおよびアラートの評価を提供します。

これらのコンポーネントはすべてスタックによりモニターされ、Red Hat OpenShift Service on AWS の更新時に自動的に更新されます。

3.1.1.2. ユーザー定義プロジェクトのターゲットのモニターリング

モニターリングは、Red Hat OpenShift Service on AWS のユーザー定義プロジェクトについてデフォルトで有効にされます。以下をモニターできます。

  • ユーザー定義プロジェクトのサービスエンドポイント経由で提供されるメトリクス。
  • ユーザー定義プロジェクトで実行される Pod。

3.1.2. 関連情報

3.1.3. 次のステップ