3.2. イベントシンクの作成

イベントソースの作成時に、イベントをソースに対して送信するイベントシンクを指定できます。イベントシンクは、他のリソースから受信イベントを受信できる、アドレス指定可能なリソースまたは呼び出し可能なリソースです。Knative サービス、チャネル、ブローカーはすべてイベントシンクの例です。また、特定の Apache Kafka シンクタイプも利用できます。

イベントシンクとして使用できるリソースを作成する方法は、次のドキュメントを参照してください。