5.3. コマンドラインからのトリガーの一覧表示

Knative (kn) CLI を使用してトリガーをリスト表示すると、合理的で直感的なユーザーインターフェイスが提供されます。

5.3.1. Knative CLI の使用によるトリガーの一覧表示

kn trigger list コマンドを使用して、クラスター内の既存トリガーを一覧表示できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing が OpenShift Container Platform クラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI がインストールされている。

手順

  1. 利用可能なトリガーのリストを出力します。

    $ kn trigger list

    出力例

    NAME    BROKER    SINK           AGE   CONDITIONS   READY   REASON
    email   default   ksvc:edisplay   4s    5 OK / 5     True
    ping    default   ksvc:edisplay   32s   5 OK / 5     True

  2. オプション: JSON 形式でトリガーの一覧を出力します。

    $ kn trigger list -o json