6.3. OpenShift Web コンソールを使用した Dev Spaces のアップグレード

OpenShift Web コンソールの Red Hat エコシステムカタログにある Red Hat OpenShift Dev Spaces Operator を使用して、以前のマイナーバージョンからのアップグレードを手動で承認できます。

前提条件

  • クラスター管理者による OpenShift Web コンソールセッション。Accessing the web console を参照してください。
  • Red Hat エコシステムカタログを使用してインストールされた OpenShift Dev Spaces のインスタンス。
  • サブスクリプションの承認ストラテジーは Manual になります。「更新承認ストラテジーの指定」を参照してください。

手順

検証手順

  1. OpenShift Dev Spaces インスタンスに移動します。
  2. 3.3 のバージョン番号がページ下部に表示されます。