3.3.2.2.5. OpenShift インフラパラメーター

3.3.2.2.5.1. CHE_INFRA_OPENSHIFT_TRUSTED__CA_DEST__CONFIGMAP__LABELS

ユーザーワークスペースの CA 証明書の設定マップに追加するラベルのコンマ区切りの一覧。che.infra.kubernetes.trusted_ca.dest_configmap プロパティーを参照してください。このデフォルト値は、OpenShift 4 でのクラスター CA バンドルの自動挿入に使用されます。

デフォルト
config.openshift.io/inject-trusted-cabundle=true

3.3.2.2.5.2. CHE_INFRA_OPENSHIFT_ROUTE_LABELS

OpenShift Dev Spaces サーバーによって作成されたすべてのルートに追加する追加のラベルにより、明確な識別が可能になります。

デフォルト
NULL

3.3.2.2.5.3. CHE_INFRA_OPENSHIFT_ROUTE_HOST_DOMAIN__SUFFIX

ワークスペースルートの接尾辞として使用する必要のあるホスト名。例: domain_suffix=<devspaces-__<openshift_deployment_name>__.__<domain_name>__> を仕様すると、ルートは routed3qrtk.<devspaces-__<openshift_deployment_name>__.__<domain_name>__> のようになります。有効な DNS 名である必要があります。

デフォルト
NULL

3.3.2.2.5.4. CHE_INFRA_OPENSHIFT_PROJECT_INIT__WITH__SERVER__SA

OpenShift OAuth が有効な場合に、OpenShift Dev Spaces サーバーのサービスアカウントで OpenShift プロジェクトを初期化します。

デフォルト
true