3.6.2. サーバーロギングの設定

OpenShift Dev Spaces サーバーで利用可能な個別のロガーのログレベルを微調整できます。

OpenShift Dev Spaces サーバー全体のログレベルは、Operator の cheLogLevel 設定プロパティーを使用してグローバルに設定されます。CheCluster カスタムリソースフィールドの参照」 を参照してください。Operator によって管理されないインストールでグローバルログレベルを設定するには、che ConfigMap で CHE_LOG_LEVEL 環境変数を指定します。

CHE_LOGGER_CONFIG 環境変数を使用して、OpenShift Dev Spaces サーバーの個々のロガーのログレベルを設定することができます。

3.6.2.1. ログレベルの設定

手順

  • CheCluster カスタムリソースを設定します。「CLI を使用して CheCluster カスタムリソースの設定」 を参照してください。

    spec:
      server:
        customCheProperties:
          CHE_LOGGER_CONFIG: "<key1=value1,key2=value2>" 1
    1
    キーと値のペアのコンマ区切りリスト。キーは OpenShift Dev Spaces サーバーログ出力に表示されるロガーの名前で、値は必要なログレベルになります。

    例3.29 WorkspaceManager のデバッグモードの設定

    spec:
      server:
        customCheProperties:
          CHE_LOGGER_CONFIG: "org.eclipse.che.api.workspace.server.WorkspaceManager=DEBUG"