3.7. ネットワークの設定

3.7.1. Red Hat OpenShift Dev Spaces サーバーのホスト名の設定

この手順では、カスタムホスト名を使用するように OpenShift Dev Space を設定する方法を説明します。

前提条件

  • 宛先 OpenShift クラスターへの管理権限を持つアクティブな oc セッション。Getting started with the CLI を参照してください。
  • 証明書とプライベートキーファイルが生成されます。
重要

秘密鍵と証明書のペアを生成するには、他の OpenShift Dev Spaces ホストと同じ認証局 (CA) を使用する必要があります。

重要

DNS プロバイダーに対し、カスタムホスト名をクラスター Ingress を参照するよう要求します。

手順

  1. OpenShift Dev Spaces のプロジェクトを作成します。

    $ oc create project openshift-devspaces
  2. TLS Secret を作成します。

    $ oc create secret TLS <tls-secret-name> \ 1
    --key <key-file> \ 2
    --cert <cert-file> \ 3
    -n openshift-devspaces
    1
    TLS Secret 名
    2
    プライベートキーを含むファイル
    3
    証明書を含むファイル
  3. シークレットに必要なラベルを追加します。

    $ oc label secret <tls-secret-name> \ 1
    app.kubernetes.io/part-of=che.eclipse.org -n openshift-devspaces
    1
    TLS Secret 名
  4. CheCluster カスタムリソースを設定します。「CLI を使用して CheCluster カスタムリソースの設定」 を参照してください。

    spec:
      server:
        cheHost: <hostname>         1
        cheHostTLSSecret: <secret>  2
    1
    カスタム Red Hat OpenShift Dev Spaces サーバーのホスト名
    2
    TLS Secret 名
  5. OpenShift Dev Spaces がすでにデプロイされている場合は、すべての OpenShift Dev Spaces コンポーネントのロールアウトが完了するまで待ちます。