3.3.2. OpenShift Dev Spaces サーバーコンポーネントの詳細な設定オプション

以下のセクションでは、OpenShift Dev Spaces サーバーコンポーネントの詳細なデプロイメントおよび設定方法を説明します。

3.3.2.1. OpenShift Dev Spaces サーバーの詳細設定について

以下のセクションでは、OpenShift Dev Spaces サーバーコンポーネントの詳細設定方法について説明します。

詳細設定は以下を実行するために必要です。

  • 標準の CheCluster カスタムリソースフィールドから Operator によって自動的に生成されない環境変数を追加します。
  • 標準の CheCluster カスタムリソースフィールドから Operator によって自動的に生成されるプロパティーを上書きします。

CheCluster Custom Resource server 設定の一部である customCheProperties フィールドには、OpenShift Dev Spaces サーバーコンポーネントに適用する追加の環境変数のマップが含まれます。

例3.10 ワークスペースのデフォルトのメモリー制限の上書き

注記

OpenShift Dev Spaces Operator の以前のバージョンには、このロールを果たすために custom という名前の ConfigMap がありました。OpenShift Dev Spaces オペレーターが custom という名前の configMap を見つけると、それに含まれるデータを customCheProperties フィールドに追加し、OpenShift Dev Spaces を再デプロイして、カスタムconfigMap を削除します。