第3章 OpenShift Data Science の要件

Red Hat OpenShift Data Science のサポートを受けるには、お使いの環境が特定の要件を満たす必要があります。

インストール要件

OpenShift Data Science を Red Hat OpenShift Dedicated クラスターまたは Red Hat OpenShift Service on Amazon Web Services (ROSA) クラスターにインストールする前に、以下の要件を満たす必要があります。

  • Red Hat カスタマーアカウント

    OpenShift Cluster Manager (http://console.redhat.com/openshift) に移動し、ログインするか、新しいアカウントに登録します。

  • 製品サブスクリプション

    以下の製品およびアドオンのサブスクリプション:

    • Red Hat OpenShift Dedicated または ROSA
    • Red Hat OpenShift Data Science アドオン

    新規サブスクリプションを購入する場合は、Red Hat アカウントマネージャーにお問い合わせください。アカウントマネージャーがない場合は https://cloud.redhat.com/products/dedicated/contact/ でフォームに入力して要求してください。

  • OpenShift Dedicated クラスター

    OpenShift Dedicated クラスター の作成 についての OpenShift Dedicated ドキュメントに従って、既存のクラスターを使用するか、または新規クラスター を作成します。

    アドオンをインストールするときに OpenShift Data Science で使用できるように、クラスターには少なくとも 2 つのワーカーノードと少なくとも 8 つの CPU および 32 GiB の RAM (インスタンスタイプ m5.2xlarge 以上) が必要です。この要件を満たしていないとインストールプロセスが開始に失敗し、エラーが表示されます。

デフォルトで、クラスターは 1 つのマシンプールを使用して作成されます。最小要件に対応するために、追加のマシンプールを追加するか、またはデフォルトプールを変更することができます。ただし、最小リソース要件は、クラスター内の単一のマシンプールによって満たされる必要があります。複数のマシンプールのリソースを使用して要件を満たすことはできません。詳細は、OpenShift Dedicated でのマシンプールの作成 について参照してください。

  • ROSA クラスターでは、AWS Identity および Access Management の認証情報

    AWS Security Token Service (STS) を使用する ROSA クラスターに OpenShift Data Science をインストールすることはできません。ROSA に OpenShift Data Science をインストールする場合は、AWS Identity and Access Management (IAM) 認証情報のみを使用する必要があります。STS なしでのデプロイに関するアドバイスについては、ROSA ドキュメントを参照してください: Deploying ROSA without AWS STS を参照してください。

OpenShift Dedicated の場合と同様に、デフォルトのマシンプールは ROSA クラスターのインストール時に作成されます。インストール後に、OpenShift Cluster Manager または ROSA CLI(rosa)を使用してクラスターの追加のマシンプールを作成するか、または追加のマシンプールを追加するか、または最小要件に対応するためにデフォルトプールを変更することができます。ただし、最小リソース要件は、クラスター内の単一のマシンプールによって満たされる必要があります。複数のマシンプールのリソースを使用して要件を満たすことはできません。詳細は、ROSA でのマシンプールの作成 について参照してください。