第1章 OpenShift Data Science のアーキテクチャー

Red Hat OpenShift Data Science は、完全に Red Hat が管理するクラウドサービスであり、Red Hat OpenShift Dedicated およ Red Hat OpenShift Service on Amazon Web Services (ROSA) 上のアドオンとして利用できます。

OpenShift Data Science は、以下のコンポーネントとサービスを統合します。

  • サービス層:

    OpenShift Data Science ダッシュボード
    OpenShift Data Science 環境で利用可能でインストールされているアプリケーションと、チュートリアル、クイックスタートの例、ドキュメントなどの学習リソースを表示する、お客様向けのダッシュボード。
    JupyterHub (Red Hat 管理)
    データサイエンティストが独自のノートブックサーバー環境を構成し、JupyterLab で機械学習モデルを開発できるようにする Red Hat 管理アプリケーション。
  • 管理層:

    Red Hat OpenShift Data Science Operator
    OpenShift Data Science の一部であるすべてのコンポーネントとサブ Operator をデプロイおよび維持するメタ Operator。
    サービスの監視
    Alertmanager、Prometheus、Grafana は連携して、OpenShift Data Science からメトリクスを収集し、モニターリングと請求の目的で役立つ方法でそれらのメトリクスを整理および表示します。
  • データ層:

    JupyterHub データベース
    JupyterHub のすべてのユーザーデータを保存するデータベース。

Cluster Manager に OpenShift Data Science アドオンをインストールすると、以下の新しいプロジェクトが作成されます。

  • redhat-ods-operator プロジェクトには、OpenShift Data Science Operator が含まれています。
  • redhat-ods-applications プロジェクトは、OpenShift Data Science のダッシュボードおよびその他の必要なコンポーネントをインストールします。
  • redhat-ods-monitoring プロジェクトには、監視と請求のためのサービスが含まれています。
  • rhods-notebooks プロジェクトは、ノートブック環境がデフォルトでデプロイされる場所です。

データサイエンティストは、機械学習モデルを使用する OpenShift アプリケーション用の追加プロジェクトを作成する必要があります。

ダッシュボード上のアプリケーションのカードで特に指示されていない限り、OpenShift Data Science アドオンに関連付けられた namespace に独立系ソフトウェアベンダー (ISV) アプリケーションをインストールしないでください。