OpenShift Data Science のインストール

Red Hat OpenShift Data Science 1

Red Hat OpenShift Cluster Manager を使用して、Red Hat OpenShift Data Science を OpenShift Dedicated クラスターのアドオンとしてインストールします。

概要

Red Hat Cluster Manager を使用して、Red Hat OpenShift Data Science を OpenShift Dedicated クラスターのアドオンとしてインストールします。

前書き

このドキュメントは、Red Hat OpenShift Data Science のフィールドトライアルリリース用に作成されています。

このフィールドトライアルリリースに関連するサービスおよびライフサイクル情報については、以下のドキュメントを参照してください。

第1章 OpenShift Data Science のデプロイの概要

このセクションでは、データサイエンティスト向けに Red Hat OpenShift Data Science を開発環境およびテスト環境としてデプロイする方法を説明します。

OpenShift Data Science のインストールには、以下のハイレベルタスクが必要です。

  1. OpenShift Dedicated クラスターがすべての要件を満たしていることを確認します。
  2. OpenShift Dedicated のアイデンティティープロバイダーを設定します。
  3. OpenShift Dedicated の管理者ユーザーを追加します。
  4. OpenShift Data Science アドオンをインストールします。
  5. OpenShift Data Science へのユーザーアクセスを提供するために、ユーザーおよび管理者グループを設定します。
  6. ユーザーに OpenShift Data Science インスタンスの URL を提供します。

第2章 OpenShift Data Science の要件

Red Hat OpenShift Data Science のサポートを受けるには、お使いの環境が特定の要件を満たす必要があります。

インストール要件

OpenShift Data Science を OpenShift Dedicated インスタンスにインストールする前に、以下の要件を満たす必要があります。

  • Red Hat カスタマーアカウント

    Console.redhat.com に移動してログインするか、または新規アカウントの登録を行います。

  • 製品サブスクリプション

    以下の製品およびアドオンのサブスクリプション:

    • Red Hat OpenShift Dedicated
    • Red Hat OpenShift Data Science Add-on

    新規サブスクリプションを購入する場合は、Red Hat アカウントマネージャーにお問い合わせください。アカウントマネージャーがない場合は https://cloud.redhat.com/products/dedicated/contact/ でフォームに入力して要求してください。

  • OpenShift Dedicated クラスター

    OpenShift Dedicated のドキュメント Creating your cluster に従って、既存のクラスターを使用するか、新しいクラスターを作成します。

    アドオンをインストールするときにOpenShift Data Scienceで使用できるように、クラスターには少なくとも 2 つのワーカーノードと少なくとも 8 つのCPUおよび32 GiB の RAM(インスタンスタイプm5.2xlarge以上)が必要です。この要件を満たしていないとインストールプロセスが開始に失敗し、エラーが表示されます。

第3章 OpenShift Dedicated のアイデンティティープロバイダーの設定

OpenShift Dedicated クラスターのアイデンティティープロバイダーを、ユーザーおよびグループを管理するように設定します。

重要

同じユーザー名が複数のプロバイダーに存在する場合に、複数の OpenShift アイデンティティープロバイダーを追加すると問題が生じる可能性があります。

MappingMethodclaim(アイデンティティープロバイダーのデフォルトマッピングメソッド)に設定され、複数のプロバイダーに同じユーザー名に関連付けられた認証情報がある場合は、OpenShift にログインするのに使用される最初のプロバイダーは、アイデンティティープロバイダーが設定される順序に関係なく、そのユーザーで機能する認証情報になります。

マッピング方法の詳細については、OpenShift Dedicated ドキュメントのアイデンティティープロバイダーパラメーターを参照してください。

前提条件

手順

  1. OpenShift Cluster Manager にログインします (https://console.redhat.com/openshift/)。
  2. Clusters をクリックします。Clusters ページが開きます。
  3. 設定するクラスターの名前をクリックします。
  4. Access control タブをクリックします。
  5. Add identity provider をクリックします。

    1. Identity Provider 一覧からプロバイダーを選択します。
    2. アイデンティティープロバイダーの一意の 名前 を入力します。この名前は後で変更することはできません。
    3. ドロップダウンメニューから Mapping method を選択します。
    4. Client ID および Client secretを入力します。
    5. オプション: Hostname を入力し、GitHub または GitHub Enterprise のいずれかに接続します。
    6. Use organizations または Use teams を選択し、アクセスを特定の GitHub 組織または GitHub チームに制限します。
    7. アクセスを制限する組織またはチームの名前を入力します。Add more をクリックして、ユーザーが所属できる複数の組織またはチームを指定します。
    8. Confirm をクリックします。

検証

  • 設定されたアイデンティティープロバイダーが Cluster details ページの Access control タブに表示されるようになりました。

3.1. OpenShift Data Science のアイデンティティー管理オプション

Red Hat OpenShift Data Science は、Red Hat OpenShift Dedicated および Red Hat OpenShift Service on Amazon Web Services (AWS)と同じ認証システムをサポートします。

詳細は、クラスターの適切なドキュメントを確認してください。

第4章 OpenShift Dedicated の管理者ユーザーの追加

データサイエンティストのユーザー向けに OpenShift Data Science をインストールし、設定するには、管理者権限が必要です。

前提条件

  • OpenShift Cluster Manager の認証情報 (https://console.redhat.com/openshift/)。
  • アイデンティティープロバイダーが設定された既存の OpenShift Dedicated クラスター。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager にログインします (https://console.redhat.com/openshift/)。
  2. Clusters をクリックします。Clusters ページが開きます。
  3. 設定するクラスターの名前をクリックします。
  4. Access control タブをクリックします。
  5. Cluster administrative usersAdd user ボタンをクリックします。

    Add cluster user ポップオーバーが表示されます。

  6. User ID フィールドにユーザー名を入力します。
  7. ユーザーに適した Group を選択します。

    重要

    このユーザーがアイデンティティープロバイダーの既存のグループを使用して OpenShift Data Science アクセスを制御する必要がある場合は、cluster-admin を選択します。

    これらのユーザータイプについての詳細は、OpenShift Dedicated ドキュメントのクラスターの管理について確認してください。

  8. Add user をクリックします。

検証

  • ユーザー名と選択されたグループは、クラスター管理ユーザー のリストに表示されます。

第5章 OpenShift Dedicated への OpenShift Data Science のインストール

Red Hat OpenShift Data Science は、Red Hat OpenShift Cluster Manager を使用して Red Hat OpenShift Dedicated クラスターにアドオンとしてインストールできます。

前提条件

  • OpenShift Data Science のエンタイトルメントの購入。
  • OpenShift Cluster Manager の認証情報 (https://console.redhat.com/openshift/)。
  • OpenShift Dedicated クラスターへの管理者アクセス。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager にログインします (https://console.redhat.com/openshift/)。
  2. Clusters をクリックします。

    Clusters ページが開きます。

  3. OpenShift Data Science をインストールするクラスターの名前をクリックします。

    クラスターの Details ページが開きます。

  4. Add-ons タブをクリックし、Red Hat OpenShift Data Science カードを見つけます。
  5. Install をクリックします。Configure Red Hat OpenShift Data Science ペインが表示されます。
  6. Notification email フィールドに、サービス停止などの Red Hat OpenShift Data Science の状態についての重要なアラートを受け取るメールアドレスを入力します。
  7. Install をクリックします。

検証

  • OpenShift Cluster Manager では、クラスターの Add-ons タブで、OpenShift Data Science カードに以下のいずれかの状態が表示されていることを確認します。

    • Installing - インストールが進行中です。これが Installed になるのを待ちます。これには約 30 分かかります。
    • Installed - インストールが完了し、View in console ボタンが表示されていることを確認します。
  • OpenShift Dedicated で HomeProjects をクリックし、以下のプロジェクトの namespace が表示され、Active として一覧表示されていることを確認します。

    • redhat-ods-applications
    • redhat-ods-monitoring
    • redhat-ods-operator
    • rhods-notebooks

第6章 ユーザーによるインスタンスアドレスの共有

ユーザーを Red Hat OpenShift Data Science に追加した後に、インスタンスアドレスをそれらのユーザーと共有し、それらをデータモデルでログインして作業できるようにします。

前提条件

  • OpenShift Data Science が OpenShift Dedicated インスタンスにインストールされている。
  • OpenShift Data Science のユーザーグループに 1 人以上のユーザーを追加している。

手順

  1. OpenShift Dedicated Web コンソールにログインします。
  2. アプリケーションランチャー ( The application launcher ) をクリックします。
  3. Red Hat OpenShift Data Science を右クリックし、OpenShift Data Science インスタンスの URL をコピーします。
  4. OpenShift Data Science にログインできるようにするため、このインスタンス URL をデータサイエンティストに提供します。

検証

  • 自身およびユーザーがインスタンス URL を使用して OpenShift Data Science にログインできることを確認します。

第7章 関連情報