第4章 Red Hat OpenShift Data Foundation 4.9.x を 4.9.y に更新

本章では、すべての Red Hat OpenShift Data Foundation デプロイメント (Internal、Internal-Attached、および External) の z-stream リリース間でアップグレードする方法を説明します。アップグレードプロセスは、すべてのデプロイメントで引き続き同じとなります。唯一の違いは、アップグレードされるものとアップグレードされないものがあることです。

  • Internal および Internal-attached のデプロイメントの場合、OpenShift Container Storage をアップグレードすると、バックエンド Ceph Storage クラスターを含むすべての OpenShift Container Storage サービスがアップグレードされます。
  • 外部モードのデプロイメントの場合、OpenShift Container Storage をアップグレードすると、OpenShift Container Storageサービスのみがアップグレードされ、バックエンド Ceph ストレージクラスターは変更されないままとなり、個別にアップグレードする必要があります。

    したがって、新機能のサポート、セキュリティー修正、およびその他のバグ修正を取得するために、RHCS を OpenShift Container Storage と共にアップグレードすることが推奨されます。RHCS アップグレードに強く依存していないため、最初に OpenShift Data Foundation Operator をアップグレードしてから、RHCS をアップグレードするか、またはその逆を行うことができます。Red Hat Ceph Storage リリースの詳細は、solution を参照してください。

z-stream の新規リリースが利用可能になると、更新ストラテジーが Automatic に設定されている場合、アップグレードプロセスが自動的にトリガーされます。更新ストラテジーが Manual に設定されている場合には、以下の手順を使用します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターがバージョン 4.9.X の最新の安定したリリースに更新されていることを確認します。Updating Clusters を参照してください。
  • OpenShift Data Foundation クラスターが正常であり、データに回復性があることを確認します。

    • Storage → OpenShift Data Foundation → Storage Systems タブに移動してから、ストレージシステム名をクリックします。
    • Overview - Block and File および Object タブのステータスカードの緑色のチェックマークを確認します。緑色のチェックマークは、ストレージクラスター、オブジェクトサービス、およびデータの回復性が正常であることを示します。
  • Operator Pod を含むすべての OpenShift Data Foundation Pod が openshift-storage namespace で Running 状態にあることを確認します。

    Pod の状態を表示するには、OpenShift Web コンソールで Workloads → Pods をクリックします。Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。

    注記

    Show default projects オプションが無効になっている場合は、切り替えボタンを使用して、すべてのデフォルトプロジェクトを一覧表示します。

  • 更新時間はクラスターで実行される OSD の数によって異なるため、OpenShift Data Foundation 更新プロセスを完了するのに十分な時間を確保してください。

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、Operators → Installed Operators に移動します。
  2. openshift-storage プロジェクトを選択します。

    注記

    Show default projects オプションが無効になっている場合は、切り替えボタンを使用して、すべてのデフォルトプロジェクトを一覧表示します。

  3. OpenShift Data Foundation Operator 名をクリックします。
  4. Subscription タブをクリックします。
  5. Upgrade Statusrequire approval が表示される場合は、requires approval リンクをクリックします。
  6. InstallPlan Details ページで、Preview Install Plan をクリックします。
  7. インストール計画を確認し、Approve をクリックします。
  8. Status が Unknown から Created に変更されるまで待機します。

検証手順

  • OpenShift Data Foundation の名前と Operator のステータスの下にある バージョン が、最新バージョンであることを確認します。

    • Operators → Installed Operators に移動し、openshift-storage プロジェクトを選択します。
    • アップグレードが完了すると、バージョンは OpenShift Data Foundation の新規バージョン番号に更新され、ステータスは緑色のチェックマークが付いて Succeeded に変わります。
  • OpenShift Data Foundation クラスターが正常であること、およびデータに回復性があることを確認します。

    • Storage → OpenShift Data Foundation → Storage Systems タブに移動してから、ストレージシステム名をクリックします。
    • Overview - Block and File および Object タブのステータスカードの緑色のチェックマークを確認します。緑色のチェックマークは、ストレージクラスター、オブジェクトサービス、およびデータ回復性が正常であることを示します。
重要

OpenShift Data Foundation Operator のインストール後に console プラグインオプションが自動的に有効にされていない場合は、これを有効にする必要があります。

console プラグインを有効にする方法の詳細は、「 Red Hat OpenShift Data Foundation console プラグインの有効化 」を参照してください。