Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第2章 ストレージ容量のスケールアップ

デプロイメントのタイプに応じて、以下のいずれかの手順を選択してストレージ容量をスケールアップできます。

デプロイメント時にプロビジョニングされたストレージクラス以外のストレージクラスを使用してスケーリングする場合、スケーリングの前に追加のストレージクラスを定義する必要もあります。詳細は、「ストレージクラスの作成」を参照してください。

注記

OpenShift Data Foundation は、異なる OSD サイズをサポートしません。

2.1. ストレージクラスの作成

新規のストレージクラスを定義して、既存のプロバイダーからストレージを動的にプロビジョニングできます。

前提条件

  • OpenShift Web コンソールへの管理者アクセス。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. StorageStorageClasses をクリックします。
  3. Create Storage Class をクリックします。

    1. ストレージクラスの Name および Description を入力します。
    2. 必要な Reclaim Policy および Provisioner を選択します。
    3. Create をクリックしてストレージクラスを作成します。

検証手順

  • StorageStorageClasses をクリックして新規ストレージクラスが表示されていることを確認します。