Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第3章 ストレージ容量のスケールアウト

ストレージ容量をスケールアウトするには、以下の手順を実行する必要があります。

  • 新規ノードを追加します。
  • 新規ノードが正常に追加されたことを確認します。
  • ストレージ容量をスケールアップします。
注記

OpenShift Data Foundation は、異なる OSD サイズをサポートしません。

3.1. ノードの追加

既存のワーカーノードがサポートされる最大 OSD(初期設定で選択される容量の 3 OSD の増分)で実行されている場合には、ストレージの容量を増やすためにノードを追加できます。

デプロイメントのタイプに応じて、以下のいずれかの手順を選択してストレージノードを追加できます。

3.1.1. インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーへのノードの追加

以下のインストーラーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにノードを追加します。

  • AWS
  • Azure
  • Red Hat Virtualization
  • VMware

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターにログインしている必要があります。

手順

  1. ComputeMachine Sets に移動します。
  2. ノードを追加するマシンセットで、Edit Machine Count を選択します。

    1. ノード数を追加し、Save をクリックします。
    2. ComputeNodes をクリックし、新規ノードが Ready 状態にあることを確認します。
  3. OpenShift Data Foundation ラベルを新規ノードに適用します。

    1. 新規ノードについて、Action menu (⋮)Edit Labels をクリックします。
    2. cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage を追加し、Save をクリックします。
注記

異なるゾーンにそれぞれ 1 つずつ、3 つのノードを追加することが推奨されます。3 つのノードを追加して、それらすべてに対してこの手順を実行する必要があります。

検証手順

3.1.2. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーへのノードの追加

AWS または VMware のユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにノードを追加できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターにログインしている必要があります。

手順

  1. AWS または VMware のユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにノードを追加するかどうかに応じて、以下のそれぞれの手順を実行します。

    • AWS の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで新規 AWS マシンインスタンスを作成します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規 AWS マシンインスタンスを使用して新規 OpenShift Container Platform ノードを作成します。
    • VMware の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで vSphere に新規の仮想マシン (VM) を作成します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規仮想マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ワーカーノードを作成します。
  2. Pending 状態の OpenShift Data Foundation に関連する証明書署名要求 (CSR) の有無を確認します。

    $ oc get csr
  3. 新規ノードに必要なすべての OpenShift Data Foundation CSR を承認します。

    $ oc adm certificate approve <Certificate_Name>
    <Certificate_Name>
    CSR の名前です。
  4. ComputeNodes をクリックし、新規ノードが Ready 状態にあることを確認します。
  5. 以下のいずれかを使用して、OpenShift Data Foundation ラベルを新規ノードに適用します。

    ユーザーインターフェースの使用
    1. 新規ノードについて、Action Menu(⋮)Edit Labels をクリックします。
    2. cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage を追加し、Save をクリックします。
    コマンドラインインターフェースの使用
    • OpenShift Data Foundation ラベルを新規ノードに適用します。

      $ oc label node <new_node_name> cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=""
      <new_node_name>
      新規ノードの名前です。
注記

異なるゾーンにそれぞれ 1 つずつ、3 つのノードを追加することが推奨されます。3 つのノードを追加して、それらすべてに対してこの手順を実行する必要があります。

検証手順

3.1.3. ローカルストレージデバイスを使用したノードの追加

以下にノードを追加できます。

  • ベアメタル
  • IBM Z または LinuxONE
  • VMware
  • Red Hat Virtualization

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターにログインしている必要があります。
  • 3 つの OpenShift Container Platform ワーカーノードが必要です。それらのノードには、元の OpenShift Data Foundation の StorageCluster の作成に使用されたものと同じストレージタイプおよびサイズ (例: 2TB SSD または 2TB NVMe) が割り当てられている必要があります。
  • 以前のバージョンから OpenShift Data Foundation version 4.9 にアップグレードし、LocalVolumeDiscovery および LocalVolumeSet オブジェクトを作成していない場合は、Post-update configuration changes for clusters backed by local storage に説明されている以下の手順を行います。

手順

  1. インフラストラクチャーのタイプに応じて、以下の手順を実行します。

    • VMware の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで vSphere に新規の仮想マシン (VM) を作成します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規仮想マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ワーカーノードを作成します。
    • Red Hat Virtualization の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで Red Hat Virtualization に新規の仮想マシンを作成します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規仮想マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ワーカーノードを作成します。
    • ベアメタルの場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで新規のベアメタルマシンを取得します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規ベアメタルマシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ノードを作成します。
    • IBM Z または LinuxONE の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで新規の IBM Z または LinuxONE マシンを取得します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規 IBM Z または LinuxONE マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ノードを作成します。
  2. Pending 状態の OpenShift Data Foundation に関連する証明書署名要求 (CSR) の有無を確認します。

    $ oc get csr
  3. 新規ノードに必要なすべての OpenShift Data Foundation CSR を承認します。

    $ oc adm certificate approve <Certificate_Name>
    <Certificate_Name>
    CSR の名前です。
  4. ComputeNodes をクリックし、新規ノードが Ready 状態にあることを確認します。
  5. 以下のいずれかを使用して、OpenShift Data Foundation ラベルを新規ノードに適用します。

    ユーザーインターフェースの使用
    1. 新規ノードについて、Action Menu(⋮)Edit Labels をクリックします。
    2. cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage を追加し、Save をクリックします。
    コマンドラインインターフェースの使用
    • OpenShift Data Foundation ラベルを新規ノードに適用します。

      $ oc label node <new_node_name> cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=""
      <new_node_name>
      新規ノードの名前です。
  6. OpenShift Web コンソールから、Operators → Installed Operators をクリックします。

    Project ドロップダウンリストから、ローカルストレージ Operator がインストールされているプロジェクトを選択してください。

  7. Local Storage をクリックします。
  8. Local Volume Discovery タブをクリックします。

    1. LocalVolumeDiscovery の横にある Action メニュー (⋮)Edit Local Volume Discovery をクリックします。
    2. YAML で、ノードセレクターの下にある values フィールドに新規ノードのホスト名を追加します。
    3. 保存 をクリックします。
  9. Local Volume Sets タブをクリックします。

    1. LocalVolumeSet の横にある Action メニュー (⋮)Edit Local Volume Set をクリックします。
    2. YAML で、node selector の下にある values フィールドに新規ノードのホスト名を追加します。

      図3.1 新規ホスト名の追加に関する YAML

      Screenshot of YAML showing the addition of new hostnames.
    3. 保存 をクリックします。
注記

異なるゾーンにそれぞれ 1 つずつ、3 つのノードを追加することが推奨されます。3 つのノードを追加して、それらすべてに対してこの手順を実行する必要があります。

検証手順

3.1.4. IBM Power でローカルストレージデバイスを使用したノードの追加

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターにログインしている必要があります。
  • 3 つの OpenShift Container Platform ワーカーノードが必要です。それらのノードには、元の OpenShift Data Foundation の StorageCluster の作成に使用されたものと同じストレージタイプおよびサイズ (例: 2 TB SSD ドライブ) が割り当てられている必要があります。
  • 以前のバージョンの OpenShift Data Foundation からアップグレードし、LocalVolumeDiscovery オブジェクトを作成していない場合は、ローカルストレージでサポートされるクラスターの更新後の設定の変更について以下の手順に従ってください。

手順

  1. 必要なインフラストラクチャーで新規の IBM Power マシンを取得します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
  2. 新規 IBM Power マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ノードを作成します。

    1. Pending 状態の OpenShift Data Foundation に関連する証明書署名要求 (CSR) の有無を確認します。

      $ oc get csr
    2. 新規ノードに必要なすべての OpenShift Data Foundation CSR を承認します。

      $ oc adm certificate approve <Certificate_Name>
      <Certificate_Name>
      CSR の名前です。
    3. ComputeNodes をクリックし、新規ノードが Ready 状態にあることを確認します。
    4. 以下のいずれかを使用して、OpenShift Data Foundation ラベルを新規ノードに適用します。

      ユーザーインターフェースの使用
      1. 新規ノードについて、Action Menu(⋮)Edit Labels をクリックします。
      2. cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage を追加しSave をクリックします。
      コマンドラインインターフェースの使用
      • OpenShift Data Foundation ラベルを新規ノードに適用します。

        $ oc label node <new_node_name> cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=""
      <new_node_name>
      新規ノードの名前です。
    5. OpenShift Web コンソールから、Operators → Installed Operators をクリックします。

      Project ドロップダウンリストから、ローカルストレージ Operator がインストールされているプロジェクトを選択してください。

    6. Local Storage をクリックします。
    7. Local Volume Discovery タブをクリックします。

      1. LocalVolumeDiscoveryEdit Local Volume Discovery の横にある Action メニュー (⋮)をクリックします
      2. YAML で、ノードセレクターの下にある values フィールドに新規ノードのホスト名を追加します。
      3. 保存 をクリックします。
    8. Local Volume タブをクリックします。

      1. LocalVolume の横にある Action メニュー (⋮)Edit Local Volume をクリックします。
      2. YAML で、node selector の下にある values フィールドに新規ノードのホスト名を追加します。

        図3.2 新規ホスト名の追加に関する YAML

        Screenshot of YAML showing the addition of new hostnames.
      3. 保存 をクリックします。
注記

異なるゾーンにそれぞれ 1 つずつ、3 つのノードを追加することが推奨されます。3 つのノードを追加して、それらすべてに対してこの手順を実行する必要があります。

検証手順

3.1.5. 新規ノードの追加の確認

  1. 以下のコマンドを実行して、出力で新規ノードが表示されていることを確認します。

    $ oc get nodes --show-labels | grep cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage= |cut -d' ' -f1
  2. Workloads → Pods をクリックし、新規ノード上の少なくとも以下の Pod が Running 状態にあることを確認します。

    • csi-cephfsplugin-*
    • csi-rbdplugin-*