Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2.2. YAML を使用した容量の追加

柔軟なスケーリングを有効にすると、デフォルトの 3 つの OSD のセットではなく、YAML を使用して一度に 1 つ以上の OSD の容量を追加できます。ただし、クラスターのバランスを維持した状態でディスクを追加する必要があります。

柔軟なスケーリングは、internal-attached モードのストレージクラスター作成の場合にのみサポートされます。

柔軟なスケーリングを有効にするには、3 未満のアベイラビリティーゾーンで 3 つのノードでクラスターを作成します。OpenShift Web コンソールは、3 つ未満のアベイラビリティーゾーンに分散している 3 ノードを検出し、柔軟なスケーリングを可能にします。

重要

ストレージクラスターの作成後に、柔軟なスケーリング機能を有効にしたり無効にしたりすることはできません。

3.2.2.1. 柔軟なスケーリングが有効にされているかどうかの確認

手順

  • Web コンソールで、HomeSearch をクリックします。

    1. 検索フィールドに StorageCluster と入力します。
    2. ocs-storagecluster をクリックします。
    3. YAML タブで、spec セクションのキー flexibleScalingstatus セクションの flexibleScaling を検索します。

      flexible scaling が true であり、failureDomain が host に設定されている場合、柔軟なスケーリング機能が有効になります。

      spec:
      flexibleScaling: true
      […]
      status:
      failureDomain: host