Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

8.2.2. YAML を使用したバケットクラスのレプリケーションポリシーの設定

マルチクラウドオブジェクトゲートウェイ (MCG) バケットクラスに特定のレプリケーションポリシーが必要なアプリケーションは、spec.replicationPolicy フィールドを使用してバケットクラスを作成できます。

手順

  1. 以下の YAML を適用します。

    apiVersion: noobaa.io/v1alpha1
    kind: BucketClass
    metadata:
      labels:
        app: <desired-app-label>
      name: <desired-bucketclass-name>
      namespace: <desired-namespace>
    spec:
      placementPolicy:
        tiers:
        - backingstores:
          - <backingstore>
          placement: Spread
      replicationPolicy: [{ "rule_id": "<rule id>", "destination_bucket": "first.bucket", "filter": {"prefix": "<object name prefix>"}}]

    この YAML は、配置バケットクラスを作成する例です。バケットにアップロードされた各オブジェクトバケットクレーム (OBC) オブジェクトは、接頭辞に基づいてフィルターリングされ、first.bucket に複製されます。

    <desired-app-label>
    アプリのラベルを指定します。
    <desired-bucketclass-name>
    バケットクラス名を指定します。
    <desired-namespace>
    バケットクラスが作成される namespace を指定します。
    <backingstore>
    バッキングストアの名前を指定します。複数のバッキングストアを通過することが可能です。
    "rule_id"
    ルールの ID 番号を指定します (例: `{"rule_id": "rule-1"})。
    "destination_bucket"
    宛先バケットの名前を指定します (例: {"destination_bucket": "first.bucket"})。
    "prefix"
    これは任意になります。複製する必要があるのはオブジェクトキーの接頭辞であり、たとえば {"prefix": ""} のように、空のままにすることもできます。