Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第6章 ハイブリッドおよびマルチクラウドバケットのデータのミラーリング

Multicloud Object Gateway (MCG) は、クラウドプロバイダーおよびクラスター全体にまたがるデータの処理を単純化します。

前提条件

次に、データ管理ポリシー (ミラーリング) を反映するバケットクラスを作成します。

手順

ミラーリングデータは、以下の 3 つの方法で設定できます。

6.1. MCG コマンドラインインターフェイスを使用したデータのミラーリング用のバケットクラスの作成

  1. Multicloud Object Gateway (MCG) コマンドラインインターフェイスから以下のコマンドを実行し、ミラーリングポリシーでバケットクラスを作成します。

    $ noobaa bucketclass create placement-bucketclass mirror-to-aws --backingstores=azure-resource,aws-resource --placement Mirror
  2. 新たに作成されたバケットクラスを新規のバケット要求に設定し、2 つのロケーション間でミラーリングされる新規バケットを生成します。

    $ noobaa obc create  mirrored-bucket --bucketclass=mirror-to-aws