Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.2.4. GCP でサポートされるバッキングストアの作成

前提条件

  • Multicloud Object Gateway (MCG) コマンドラインインターフェイスをダウンロードします。

    # subscription-manager repos --enable=rh-odf-4-for-rhel-8-x86_64-rpms
    # yum install mcg
    注記

    サブスクリプションマネージャーを使用してリポジトリーを有効にするための適切なアーキテクチャーを指定します。たとえば、IBM Z インフラストラクチャーの場合は、以下のコマンドを使用します。

    # subscription-manager repos --enable=rh-odf-4-for-rhel-8-s390x-rpms
  • または、MCG パッケージを、https://access.redhat.com/downloads/content/547/ver=4/rhel---8/4/x86_64/packages にある OpenShift Data Foundation RPM からインストールできます。

    注記

    お使いのアーキテクチャーに応じて、正しい製品バリアントを選択します。

手順

  1. MCG コマンドラインインターフェイスから、以下のコマンドを実行します。

    noobaa backingstore create google-cloud-storage <backingstore_name> --private-key-json-file=<PATH TO GCP PRIVATE KEY JSON FILE> --target-bucket <GCP bucket name>
    1. <backingstore_name> を、バッキングストアの名前に置き換えます。
    2. <PATH TO GCP PRIVATE KEY JSON FILE> を、この目的で作成された GCP プライベートキーへのパスに置き換えます。
    3. <GCP bucket name> を、既存の GCP オブジェクトストレージバケット名に置き換えます。この引数は、MCG に対して、バッキングストア、およびその後のデータストレージおよび管理のためのターゲットバケットとして使用するバケットについて指示します。

      出力は次のようになります。

      INFO[0001] ✅ Exists: NooBaa "noobaa"
      INFO[0002] ✅ Created: BackingStore "google-gcp"
      INFO[0002] ✅ Created: Secret "backing-store-google-cloud-storage-gcp"

YAML を使用してストレージリソースを追加することもできます。

  1. 認証情報でシークレットを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: Secret
    metadata:
      name: <backingstore-secret-name>
    type: Opaque
    data:
      GoogleServiceAccountPrivateKeyJson: <GCP PRIVATE KEY ENCODED IN BASE64>
    1. Base64 を使用して独自の GCP サービスアカウントプライベートキー ID を指定し、エンコードし、その結果を <GCP PRIVATE KEY ENCODED IN BASE64> の場所で使用する必要があります。
    2. <backingstore-secret-name> を一意の名前に置き換えます。
  2. 特定のバッキングストアについて以下の YAML を適用します。

    apiVersion: noobaa.io/v1alpha1
    kind: BackingStore
    metadata:
      finalizers:
      - noobaa.io/finalizer
      labels:
        app: noobaa
      name: bs
      namespace: openshift-storage
    spec:
      googleCloudStorage:
        secret:
          name: <backingstore-secret-name>
          namespace: openshift-storage
        targetBucket: <target bucket>
      type: google-cloud-storage
    1. <target bucket> を、既存の Google ストレージバケットに置き換えます。この引数は、MCG に対して、バッキングストア、およびその後のデータストレージおよび管理のためのターゲットバケットとして使用するバケットについて指示します。
    2. <backingstore-secret-name> を直前の手順で作成したシークレットの名前に置き換えます。