Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第12章 RADOS Object Gateway S3 エンドポイントへのアクセス

ユーザーは、RADOS Object Gateway (RGW) エンドポイントに直接アクセスできます。

前提条件

  • 実行中の OpenShift Data Foundation Platform。

手順

  1. oc get service コマンドを実行して RGW サービス名を取得します。

    $ oc get service -n openshift-storage
    
    NAME                                               TYPE      CLUSTER-IP     EXTERNAL-IP  PORT(S)        AGE
    
    (...)
    
    rook-ceph-rgw-ocs-storagecluster-cephobjectstore  ClusterIP  172.30.145.254   <none>   80/TCP,443/TCP   5d7h
    
    (...)
  2. oc expose コマンドを実行して RGW サービスを公開します。

    $ oc expose svc/<RGW service name> --hostname=<route name>
    1. <RGW-service name> を直前の手順の RGW サービス名に置き換えます。
    2. <route name> を RGW サービス用に作成するルートに置き換えます。

      以下に例を示します。

      $ oc expose svc/rook-ceph-rgw-ocs-storagecluster-cephobjectstore --hostname=rook-ceph-rgw-ocs.ocp.host.example.com
  3. oc get route コマンドを実行して oc expose が成功し、RGW ルートがあることを確認します。

    $ oc get route -n openshift-storage

    出力例:

    NAME                                               HOST/PORT                                PATH
    rook-ceph-rgw-ocs-storagecluster-cephobjectstore   rook-ceph-rgw-ocs.ocp.host.example.com
    
    SERVICES                                           PORT         TERMINATION   WILDCARD
    rook-ceph-rgw-ocs-storagecluster-cephobjectstore   http         <none>

検証

  • ENDPOINT を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    aws s3 --no-verify-ssl --endpoint <ENDPOINT> ls

    <ENDPOINT> を、手順 3 のコマンドから取得したルートに置き換えます。

    以下に例を示します。

    $ aws s3 --no-verify-ssl --endpoint http://rook-ceph-rgw-ocs.ocp.host.example.com ls
重要

デフォルトユーザー ocs-storagecluster-cephobjectstoreuser のアクセスキーおよびシークレットを取得するには、以下のコマンドを実行します。

  • アクセスキー:

    $ oc get secret rook-ceph-object-user-ocs-storagecluster-cephobjectstore-ocs-storagecluster-cephobjectstoreuser -n openshift-storage -o yaml | grep -w "AccessKey:" | head -n1 | awk '{print $2}' | base64 --decode
  • シークレットキー:

    $ oc get secret rook-ceph-object-user-ocs-storagecluster-cephobjectstore-ocs-storagecluster-cephobjectstoreuser -n openshift-storage -o yaml | grep -w "SecretKey:" | head -n1 | awk '{print $2}' | base64 --decode