Menu Close

第9章 ボリュームスナップショット

ボリュームスナップショットは、特定の時点におけるクラスター内のストレージボリュームの状態です。これらのスナップショットは、毎回フルコピーを作成する必要がないため、ストレージをより効率的に使用するのに役立ち、アプリケーション開発のビルディングブロックとして使用できます。

ボリュームスナップショットクラスを使用すると、管理者はボリュームスナップショットオブジェクトに属する異なる属性を指定できます。OpenShift Data Foundation Operator は、使用されるプラットフォームに応じてデフォルトのボリュームスナップショットクラスをインストールします。これらのデフォルトボリュームスナップショットクラスは Operator によって所有され、制御されるため、削除したり変更したりすることはできません。

同じ永続ボリューム要求 (PVC) のスナップショットを複数作成できますが、スナップショットの定期的な作成をスケジュールすることはできません。

  • CephFS の場合、PVC ごとに最大 100 スナップショットを作成できます。
  • RADOS Block Device(RBD)の場合、PVC ごとに最大 512 スナップショットを作成できます。
注記

永続ボリュームの暗号化がボリュームのスナップショットをサポートするようになりました。

9.1. ボリュームスナップショットの作成

Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)ページまたは Volume Snapshots ページのいずれかからボリュームスナップショットを作成できます。

前提条件

  • 一貫性のあるスナップショットを使用するには、PVC は Bound 状態にあり、使用されていない必要があります。スナップショットを作成する前に、必ずすべての IO を停止してください。
注記

Pod が使用している場合、OpenShift Data Foundation は PVC のボリュームスナップショットのクラッシュの一貫性だけを提供します。アプリケーションの一貫性を保つために、まず実行中の Pod を破棄してスナップショットの一貫性を確保するか、またはアプリケーションが提供する静止メカニズムを使用してこれを確保します。

手順

Persistent Volume Claims ページの使用
  1. OpenShift Web コンソールから、StoragePersistent Volume Claims をクリックします。
  2. ボリュームのスナップショットを作成するには、以下のいずれかを実行します。

    • 必要な PVC の横にある Action メニュー (⋮)Create Snapshot をクリックします。
    • スナップショットを作成する PVC をクリックし、ActionsCreate Snapshot をクリックします。
  3. ボリュームスナップショットの Name を入力します。
  4. ドロップダウンリストから Snapshot Class を選択します。
  5. Create をクリックします。作成されるボリュームスナップショットの Details ページにリダイレクトされます。
Volume Snapshots ページの使用
  1. OpenShift Web コンソールで StorageVolume Snapshots をクリックします。
  2. Volume Snapshots ページで、Create Volume Snapshot をクリックします。
  3. ドロップダウンリストから必要な Project を選択します。
  4. ドロップダウンリストから Persistent Volume Claim を選択します。
  5. スナップショットの Name を入力します。
  6. ドロップダウンリストから Snapshot Class を選択します。
  7. Create をクリックします。作成されるボリュームスナップショットの Details ページにリダイレクトされます。

検証手順

  • PVC の Details ページに移動し、Volume Snapshots タブをクリックしてボリュームスナップショットの一覧を表示します。新規ボリュームスナップショットが一覧表示されていることを確認します。
  • OpenShift Web コンソールで StorageVolume Snapshots をクリックします。新規ボリュームスナップショットが一覧表示されていることを確認します。
  • ボリュームスナップショットが Ready 状態になるまで待機します。