Menu Close

第2章 ストレージクラス

OpenShift Data Foundation Operator は、使用されるプラットフォームに応じてデフォルトのストレージクラスをインストールします。このデフォルトストレージクラスは Operator によって所有され、制御されるため、削除したり変更したりすることはできません。ただし、カスタムストレージクラスを作成して他のストレージリソースを使用したり、アプリケーションに異なる動作を提供したりできます。

注記

カスタムストレージクラスは、外部モード の OpenShift Data Foundation クラスターではサポートされません。

2.1. ストレージクラスおよびプールの作成

既存のプールを使用してストレージクラスを作成するか、またはストレージクラスの作成中にストレージクラスの新規プールを作成できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform の Web コンソールにログインしており、OpenShift Data Foundation クラスターが Ready 状態にあることを確認します。

手順

  1. StorageStorageClasses をクリックします。
  2. Create Storage Class をクリックします。
  3. ストレージクラスの Name および Description を入力します。
  4. Reclaim Policy は、デフォルトオプションとして Delete に設定されています。この設定を使用します。

    回収ポリシーをストレージクラスで Retain に変更すると、永続ボリューム要求 (PVC) を削除した後でも、永続ボリューム (PV) はReleased状態のままになります。

  5. ボリュームバインディングモードは、デフォルトオプションとしてWaitForConsumerに設定されています。

    Immediate オプションを選択する場合、PV は PVC の作成と同時に作成されます。

  6. 永続ボリュームをプロビジョニングするために使用されるプラグインである RBD Provisioner を選択します。
  7. 一覧から既存の ストレージプール を選択するか、または新規プールを作成します。

    新規プールの作成
    1. Create New Pool をクリックします。
    2. Pool name を入力します。
    3. Data Protection Policy として 2- way-Replication または 3-way-Replication を選択します。
    4. データを 圧縮する必要がある場合は、Enable compression を選択します。

      圧縮を有効にするとアプリケーションのパフォーマンスに影響する可能性があり、書き込まれるデータがすでに圧縮または暗号化されている場合は効果的ではない可能性があります。圧縮を有効にする前に書き込まれたデータは圧縮されません。

    5. Create をクリックして新規ストレージプールを作成します。
    6. プールの作成後に Finish をクリックします。
  8. 必要に応じて、Enable Encryption チェックボックスを選択します。
  9. Create をクリックしてストレージクラスを作成します。