4.3. オーバープロビジョニングレベルのポリシー制御 [テクノロジープレビュー]

オーバープロビジョニング制御は、特定のアプリケーション namespace に基づいて、ストレージクラスターから消費される Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC) の量にクォータを定義できるようにするメカニズムです。

オーバープロビジョニング制御メカニズムを有効にすると、ストレージクラスターから消費される PVC をオーバープロビジョニングするのを防ぐことができます。Open Shift は、OpenShift の ClusterResourceQuota を使用して、クラスタースコープでの集約リソース消費を制限する制約を定義するための柔軟性を提供します。

オーバープロビジョニング制御を使用すると、ClusteResourceQuota が開始し、各ストレージクラスのストレージ容量制限を設定できます。容量制限の 80% が消費されると、アラームがトリガーされます。

注記

オーバープロビジョニングレベルのポリシー制御はテクノロジープレビューです。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。詳細は、Technology Preview Features Support Scope. を参照してください。

デプロイメントについての詳細は、製品ドキュメント を参照して、プラットフォームに応じたデプロイメント手順を選択します。

オーバープロビジョニング制御アラートを受信するためのクォータ制限の設定

前提条件

  • OpenShift Data Foundation クラスターが作成されていることを確認します。

手順

  1. storagecluster を編集して、ストレージクラスのクォータ制限を設定します。エディターを終了する前に必ず保存します。

    1. 以下のコマンドを実行して storagecluster を編集します。

      $ oc edit storagecluster -n openshift-storage <ocs_storagecluster_name>
      <ocs_storagecluster_name>
      ストレージクラスターの名前を指定します。
    2. 以下の行を追加して、ストレージクラスに必要なクォータ制限を設定します。

      apiVersion: ocs.openshift.io/v1
      kind: StorageCluster
      spec:
      [...]
        overprovisionControl:
        - capacity: <desired_quota_limit>
          storageClassName: <storage_class_name>
          quotaName: <desired_quota_name>
          selector:
            labels:
              matchLabels:
                storagequota: <desired_label>
      <desired_quota_limit>
      ストレージクラスに必要なクォータ制限を指定します (例: 27Ti)。
      <storage_class_name>
      クォータ制限を設定するストレージクラスの名前を指定します (例: ocs-storagecluster-ceph-rbd)。
      <desired_quota_name>
      ストレージクォータの名前を指定します (例: quota1)。
      <desired_label>
      ストレージクォータのラベルを指定します (例: storagequota1)。
  2. アプリケーションの namespace にラベルを付けます。

    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: <desired_name>
      labels:
        storagequota: <desired_label>
    <desired_name>
    アプリケーション namespace の名前を指定します (例: quota-rbd)。
    <desired_label>
    ストレージクォータのラベルを指定します (例: storagequota1)。
  3. clusterresourcequota が定義されていることを確認します。

    注記

    clusterresourcequota には、quota1 など、定義した quotaName が指定されているはずです。

    $ oc get clusterresourcequota -A
    $ oc describe clusterresourcequota -A