Menu Close

第8章 Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)の管理

8.1. OpenShift Data Foundation を使用するためのアプリケーション Pod の設定

このセクションの手順に従って、OpenShift Data Foundation をアプリケーション Pod のストレージとして設定します。

前提条件

  • OpenShift Web コンソールへの管理者アクセスがある。
  • OpenShift Data Foundation Operator が openshift-storage namespace にインストールされ、実行されている。OpenShift Web コンソールで、Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。
  • OpenShift Data Foundation が提供するデフォルトのストレージクラスが利用可能である。OpenShift Web コンソールで StorageStorageClasses をクリックし、デフォルトのストレージクラスを表示します。

手順

  1. 使用するアプリケーションの Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)を作成します。

    1. OpenShift Web コンソールで、StoragePersistent Volume Claims をクリックします。
    2. アプリケーション Pod の Project を設定します。
    3. Create Persistent Volume Claim をクリックします。

      1. OpenShift Data Foundation によって提供される Storage Class を指定します。
      2. PVC Name (例: myclaim )を指定します。
      3. 必要な Access Mode を選択します

        注記

        IBM FlashSystem では Access ModeShared access (RWX) はサポートされません。

      4. Rados Block Device (RBD) の場合、Access mode が ReadWriteOnce (RWO) であれば、必須の Volume mode を選択します。デフォルトのボリュームモードは、Filesystem です。
      5. アプリケーション要件に応じて Size を指定します。
      6. Create をクリックし、PVC のステータスが Bound になるまで待機します。
  2. 新規または既存のアプリケーション Pod を新規 PVC を使用するように設定します。

    • 新規アプリケーション Pod の場合、以下の手順を実行します。

      1. Workloads → Pods をクリックします。
      2. 新規アプリケーション Pod を作成します。
      3. spec: セクションで、volume: セクションを追加し、新規 PVC をアプリケーション Pod のボリュームとして追加します。

        volumes:
          - name: <volume_name>
            persistentVolumeClaim:
              claimName: <pvc_name>

        以下は例になります。

        volumes:
          - name: mypd
            persistentVolumeClaim:
              claimName: myclaim
    • 既存のアプリケーション Pod の場合、以下の手順を実行します。

      1. WorkloadsDeployment Configs をクリックします
      2. アプリケーション Pod に関連付けられた必要なデプロイメント設定を検索します。
      3. Action メニュー(⋮)Edit Deployment Config をクリックします。
      4. spec: セクションで、volume: セクションを追加し、新規 PVC をアプリケーション Pod のボリュームとして追加し、Save をクリックします。

        volumes:
          - name: <volume_name>
            persistentVolumeClaim:
              claimName: <pvc_name>

        以下は例になります。

        volumes:
          - name: mypd
            persistentVolumeClaim:
              claimName: myclaim
  3. 新規設定が使用されていることを確認します。

    1. WorkloadsPods をクリックします。
    2. アプリケーション Pod の Project を設定します。
    3. アプリケーション Pod が Running ステータスで表示されることを確認します。
    4. アプリケーション Pod 名をクリックし、Pod の詳細を表示します。
    5. Volumes セクションまでスクロールダウンし、ボリュームに新規 Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)に一致する Type があることを確認します(例: myclaim )。