Menu Close

8.5.2. OpenShift Data Foundation での動的プロビジョニング

Red Hat OpenShift Data Foundation は、コンテナー環境向けに最適化されたソフトウェアで定義されるストレージです。これは OpenShift Container Platform の Operator として実行され、コンテナーの統合され、単純化された永続ストレージの管理を可能にします。

OpenShift Data Foundation は、以下を含む各種のストレージタイプをサポートします。

  • データベースのブロックストレージ
  • 継続的な統合、メッセージングおよびデータ集約のための共有ファイルストレージ
  • アーカイブ、バックアップ、およびメディアストレージのオブジェクトストレージ

バージョン 4 では、Red Hat Ceph Storage を使用して永続ボリュームをサポートするファイル、ブロック、およびオブジェクトストレージを提供し、Rook.io を使用して永続ボリュームおよび要求のプロビジョニングを管理し、オーケストレーションします。NooBaa はオブジェクトストレージを提供し、その Multicloud Gateway は複数のクラウド環境でのオブジェクトのフェデレーションを可能にします(テクノロジープレビューとしてご利用いただけます)。

OpenShift Data Foundation 4 では、RADOS Block Device (RBD) および Ceph File System (CephFS) の Red Hat Ceph Storage Container Storage Interface (CSI) ドライバーが動的プロビジョニング要求を処理します。PVC 要求が動的に送信される場合、CSI ドライバーには以下のオプションが含まれます。

  • ボリュームモードが Blockの Ceph RBD をベースとする PVC(ReadWriteOnce(RWO)および ReadWriteMany(RWX)アクセス)を作成します。
  • ボリュームモードが Filesystemの Ceph RBD をベースとする PVC(ReadWriteOnce(RWO)アクセス)を作成します。
  • ボリュームモードが Filesystemの CephFS をベースとする PVC(ReadWriteOnce(RWO)および ReadWriteMany(RWX)アクセス)を作成します。

使用するドライバー(RBD または CephFS)の判断は、storageclass.yaml ファイルのエントリーに基づいて行われます。