Menu Close

4.2. OpenShift Data Foundation を使用するためのモニタリングの設定

OpenShift Data Foundation は、Prometheus および Alert Manager で構成されるモニタリングスタックを提供します。

このセクションの手順に従って、OpenShift Data Foundation をモニタリングスタックのストレージとして設定します。

重要

ストレージ領域が不足すると、モニタリングは機能しません。モニタリング用に十分なストレージ容量があることを常に確認します。

Red Hat は、このサービスの保持期間を短く設定することを推奨します。詳細は、OpenShift Container Platform ドキュメントの『Monitoring guide』の「Modifying retention time for Prometheus metrics data」を参照してください。

前提条件

  • OpenShift Web コンソールへの管理者アクセスがある。
  • OpenShift Data Foundation Operator が openshift-storage namespace にインストールされ、実行されている。OpenShift Web コンソールで、Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。
  • モニタリング Operator は openshift-monitoring namespace にインストールされ、実行されている。OpenShift Web コンソールで、AdministrationCluster Settings → Cluster Operators をクリックし、クラスター Operator を表示します。
  • プロビジョナー openshift-storage.rbd.csi.ceph.com を持つストレージクラスが利用可能である。OpenShift Web コンソールで、Storage → StorageClasses をクリックし、利用可能なストレージクラスを表示します。

手順

  1. OpenShift Web コンソールで WorkloadsConfig Maps に移動します。
  2. Project ドロップダウンを openshift-monitoring に設定します。
  3. Create Config Map をクリックします。
  4. 以下の例を使用して新規の cluster-monitoring-config Config Map を定義します。

    角括弧(<, > )内の内容を独自の値に置き換えます(例 : retention: 24h または storage: 40Gi )。

    storageClassName、をプロビジョナー openshift-storage.rbd.csi.ceph.com を使用する storageclass に置き換えます。以下の例では、storageclass の名前は ocs-storagecluster-ceph-rbd です。

    cluster-monitoring-config Config Map の例

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: cluster-monitoring-config
      namespace: openshift-monitoring
    data:
      config.yaml: |
          prometheusK8s:
            retention: <time to retain monitoring files, e.g. 24h>
            volumeClaimTemplate:
              metadata:
                name: ocs-prometheus-claim
              spec:
                storageClassName: ocs-storagecluster-ceph-rbd
                resources:
                  requests:
                    storage: <size of claim, e.g. 40Gi>
          alertmanagerMain:
            volumeClaimTemplate:
              metadata:
                name: ocs-alertmanager-claim
              spec:
                storageClassName: ocs-storagecluster-ceph-rbd
                resources:
                  requests:
                    storage: <size of claim, e.g. 40Gi>

  5. Create をクリックして Config Map を保存し、作成します。

検証手順

  1. Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)が Pod にバインドされていることを確認します。

    1. StoragePersistent Volume Claims に移動します
    2. Project ドロップダウンを openshift-monitoring に設定します。
    3. 5 つの Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)が Bound (バインド)の状態で表示され、3 つの alertmanager-main-* Pod および 2 つの prometheus-k8s-* Pod に割り当てられていることを確認します。

      図4.1 作成済みのバインドされているストレージのモニタリング

      Screenshot of OpenShift Web Console showing five pods with persistent volume claims bound in the openshift-monitoring project
  2. 新規の alertmanager-main-* Pod が Running 状態で表示されることを確認します。

    1. Workloads → Pods に移動します
    2. 新規の alertmanager-main-* Pod をクリックし、Pod の詳細を表示します。
    3. Volumes までスクロールダウンし、ボリュームに新規 Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)のいずれかに一致する Typeocs-alertmanager-claim があることを確認します(例: ocs-alertmanager-claim-alertmanager-main-0)

      図4.2 alertmanager-main-* Pod に割り当てられた Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC)

      Screenshot of OpenShift Web Console showing persistent volume claim attached to the altermanager pod
  3. 新規 prometheus-k8s-* Pod が Running 状態で表示されることを確認します。

    1. 新規の prometheus-k8s-* Pod をクリックし、Pod の詳細を表示します。
    2. Volumes までスクロールダウンし、ボリュームに新規 Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)のいずれかに一致する Typeocs-prometheus-claim があることを確認します(例: ocs-prometheus-claim-prometheus-k8s-0)

      図4.3 prometheus-k8s-* Pod に割り当てられた Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)

      Screenshot of OpenShift Web Console showing persistent volume claim attached to the prometheus pod