Menu Close

第4章 OpenShift Container Platform サービスのストレージの設定

OpenShift Data Foundation を使用して、イメージレジストリー、モニタリング、およびロギングなどの OpenShift Container Platform サービスのストレージを提供できます。

これらのサービスのストレージを設定するプロセスは、OpenShift Data Foundation デプロイメントで使用されるインフラストラクチャーによって異なります。

警告

これらのサービスに十分なストレージ容量があることを常に確認します。これらの重要なサービスのストレージの容量が不足すると、クラスターは動作しなくなり、これを回復することは非常に困難になります。

Red Hat は、これらのサービスのキュレーションと保持期間を短く設定することを推奨します。詳細は、OpenShift Container Platform ドキュメントの『Monitoring』の「Configuring the Curator schedule」と「Modifying retention time for Prometheus metrics data」を参照してください。

これらのサービスのストレージ領域が不足する場合は、Red Hat カスタマーサポートにお問い合わせください。

4.1. OpenShift Data Foundation を使用するためのイメージレジストリーの設定

OpenShift Container Platform は、クラスター上の標準ワークロードとして実行されるコンテナーイメージレジストリーでビルドを提供します。通常、レジストリーはクラスター上にビルドされたイメージの公開ターゲットとして、またクラスター上で実行されるワークロードのイメージのソースとして使用されます。

このセクションの手順に従って、OpenShift Data Foundation をコンテナーイメージレジストリーのストレージとして設定します。AWS では、レジストリーのストレージを変更する必要はありません。ただし vSphere およびベアメタルプラットフォームの場合は、OpenShift Data Foundation 永続ボリュームに対してストレージを変更することが推奨されます。

警告

このプロセスでは、データを既存のイメージレジストリーから新規イメージレジストリーに移行しません。コンテナーイメージが既存のレジストリーにすでにある場合には、このプロセスを完了する前にレジストリーをバックアップし、このプロセスが完了したらイメージを再登録します。

前提条件

  • OpenShift Web コンソールへの管理者アクセスがある。
  • OpenShift Data Foundation Operator が openshift-storage namespace にインストールされ、実行されている。OpenShift Web コンソールで、Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。
  • イメージレジストリー Operator が openshift-image-registry namespace にインストールされ、実行されている。OpenShift Web コンソールで、AdministrationCluster SettingsCluster Operators をクリックし、クラスター Operator を表示します。
  • プロビジョナー openshift-storage.cephfs.csi.ceph.com を持つストレージクラスが利用可能である。OpenShift Web コンソールで、Storage → StorageClasses をクリックし、利用可能なストレージクラスを表示します。

手順

  1. 使用するイメージレジストリーの Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)を作成します。

    1. OpenShift Web コンソールで、StoragePersistent Volume Claims をクリックします。
    2. Projectopenshift-image-registry に設定します。
    3. Create Persistent Volume Claim をクリックします。

      1. 上記で取得した利用可能なストレージクラス一覧から、プロビジョナー openshift-storage.cephfs.csi.ceph.comStorage Class を指定します。
      2. Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)の Name (例: ocs4registry )を指定します。
      3. Shared Access( RWX) のアクセスモードを指定します。
      4. 100 GB 以上の Size を指定します。
      5. Create をクリックします。

        新規 Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)のステータスが Bound と表示されるまで待機します。

  2. 新規 Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)を使用するようにクラスターのイメージレジストリーを設定します。

    1. AdministrationCustom Resource Definitions をクリックします。
    2. imageregistry.operator.openshift.io グループに関連付けられた Config カスタムリソース定義をクリックします。
    3. Instances タブをクリックします。
    4. クラスターインスタンスの横にある Action メニュー(⋮)→ Edit Config をクリックします。
    5. 新規 Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)をイメージレジストリーの永続ストレージとして追加します。

      1. 以下を spec: の下に追加し、必要な場合は既存の storage: セクションを置き換えます。

          storage:
            pvc:
              claim: <new-pvc-name>

        以下は例になります。

          storage:
            pvc:
              claim: ocs4registry
      2. 保存 をクリックします。
  3. 新規設定が使用されていることを確認します。

    1. WorkloadsPods をクリックします。
    2. Projectopenshift-image-registry に設定します。
    3. 新規の image-registry-* Pod が Running のステータスと共に表示され、以前の image-registry-* Pod が終了していることを確認します。
    4. 新規の image-registry-* Pod をクリックし、Pod の詳細を表示します。
    5. Volumes までスクロールダウンし、registry-storage ボリュームに新規 Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) に一致する Type があることを確認します (例: ocs4registry)。