Menu Close

2.2.3. PV 暗号化のストレージクラスを作成する手順

vaulttokens または vaulttenantsa のいずれかに必要な前提条件を実行した後に、以下の手順を実行し、暗号化を有効にして storageclass を作成します。

  1. StorageStorageClasses に移動します。
  2. Create Storage Class をクリックします。
  3. ストレージクラスの Name および Description を入力します。
  4. Reclaim Policy について Delete または Retain のいずれかを選択します。デフォルトでは、Delete が選択されます。
  5. Immediate または WaitForFirstConsumerVolume binding モード として選択します。WaitForConsumer はデフォルトオプションとして設定されます。
  6. 永続ボリュームをプロビジョニングするために使用されるプラグインである RBD Provisioner openshift-storage.rbd.csi.ceph.com を選択します。
  7. ボリュームデータが保存される Storage Pool をリストから選択するか、新規プールを作成します。
  8. Enable encryption チェックボックスを選択します。KMS 接続の詳細を設定するオプションは 2 つあります。

    • Select existing KMS connection : ドロップダウンリストから既存の KMS 接続を選択 します。この一覧は、csi-kms-connection-details ConfigMap で利用可能な接続の詳細から設定されます。
    • Create new KMS connection: これは vaulttokens のみに適用されます。

      1. Key Management Service Provider はデフォルトで Vault に設定されます。
      2. Vault サーバーの一意の Vault Service Name、ホスト Address (https://<hostname or ip>)、および Port 番号を入力します。
      3. Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

        1. OpenShift Data Foundation 専用で固有のキーバリューシークレットパスを Backend Path に入力します。
        2. オプションTLS Server Name および Vault Enterprise Namespace を入力します。
        3. それぞれの PEM でエンコードされた証明書ファイルをアップロードして、CA CertificateClient Certificate、および Client Private Key を指定します。
        4. 保存 をクリックします。
      4. 保存 をクリックします。
  9. Create をクリックします。
  10. HashiCorp Vault 設定により、バックエンドパスによって使用されるキー/値 (KV) シークレットエンジン API バージョンの自動検出が許可されない場合は、ConfigMap を編集して VAULT_BACKEND パラメーターまたは vaultBackend パラメーターを追加します。

    注記

    VAULT_BACKEND または vaultBackend は、バックエンドパスに関連付けられた KV シークレットエンジン API のバージョンを指定するために configmap に追加されるオプションのパラメーターです。値がバックエンドパスに設定されている KV シークレットエンジン API バージョンと一致していることを確認します。一致しない場合には、永続ボリューム要求(PVC)の作成時に失敗する可能性があります。

    1. 新規に作成されたストレージクラスによって使用されている encryptionKMSID を特定します。

      1. OpenShift Web コンソールで、StorageStorage Classes に移動します。
      2. Storage class 名 → YAML タブをクリックします。
      3. ストレージクラスによって使用されている encryptionKMSID を取得します。

        例:

        encryptionKMSID: 1-vault
    2. OpenShift Web コンソールで WorkloadsConfigMaps に移動します。
    3. KMS 接続の詳細を表示するには、csi-kms-connection-details をクリックします。
    4. ConfigMap を編集します。

      1. アクションメニュー (⋮)Edit ConfigMap をクリックします。
      2. 以前に特定した encryptionKMSID に設定されるバックエンドに応じて、VAULT_BACKEND パラメーターまたは vaultBackend パラメーターを追加します。

        KV シークレットエンジン API バージョン 1 の場合は kv を、KV シークレットエンジン API バージョン 2 の場合は kv-v2 を、それぞれ割り当てることができます。

        例:

         kind: ConfigMap
         apiVersion: v1
         metadata:
           name: csi-kms-connection-details
         [...]
         data:
           1-vault: |-
             {
               "KMS_PROVIDER": "vaulttokens",
               "KMS_SERVICE_NAME": "1-vault",
               [...]
               "VAULT_BACKEND": "kv-v2"
             }
           2-vault: |-
             {
               "encryptionKMSType": "vaulttenantsa",
               [...]
               "vaultBackend": "kv-v2"
             }
      3. 保存をクリックします。

次のステップ

  • ストレージクラスを使用して、暗号化された永続ボリュームを作成できます。詳細は、「managing persistent volume claims」を参照してください。

    重要

    Red Hat はテクノロジーパートナーと連携して、本書をお客様へのサービスとして提供します。ただし、Red Hat では、HashiCorp 製品のサポートを提供していません。この製品に関するテクニカルサポートについては、HashiCorp にお問い合わせください。

2.2.3.1. テナント ConfigMap を使用した Vault 接続の詳細の上書き

Vault 接続の詳細は、openshift-storage namespace の csi-kms-connection-details ConfigMap で設定された値とは異なる設定オプションを使用して、OpenShift namespace に ConfigMap を作成することにより、テナントごとに再設定できます。ConfigMap はテナント namespace に配置する必要があります。テナント namespace の ConfigMap の値は、その namespace で作成される暗号化された永続ボリュームの csi-kms-connection-details ConfigMap に設定された値を上書きします。

手順

  1. テナント namespace にあることを確認します。
  2. Workloads → ConfigMaps をクリックします。
  3. Create ConfigMap をクリックします。
  4. yaml ファイルの例を以下に示します。指定のテナント namespace について過剰に使用される値は、以下に示すように data セクションで指定できます。

    ---
    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: ceph-csi-kms-config
    data:
      vaultAddress: "<vault_address:port>"
      vaultBackendPath: "<backend_path>"
      vaultTLSServerName: "<vault_tls_server_name>"
      vaultNamespace: "<vault_namespace>"
  5. yaml を編集したら、Create をクリックします。