Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.3. OpenShift Data Foundation からの OpenShift Container Platform レジストリーの削除

このセクションを使用して、OpenShift Data Foundation から OpenShift Container Platform レジストリーをクリーンアップします。代替ストレージを設定する必要がある場合は、Image registryを参照してください。

OpenShift Container Platform レジストリーの設定の一部として作成される Persistent Volume Claims (PVC) は openshift-image-registry namespace に置かれます。

前提条件

  • イメージレジストリーは OpenShift Data Foundation PVC を使用するように設定されている必要があります。

手順

  1. configs.imageregistry.operator.openshift.io オブジェクトを編集し、storage セクションのコンテンツを削除します。

    $ oc edit configs.imageregistry.operator.openshift.io

    編集前

    .
    .
    .
    
    storage:
        pvc:
            claim: registry-cephfs-rwx-pvc
    .
    .
    .

    編集後

    .
    .
    .
    storage:
      emptyDir: {}
    .
    .
    .

    この例では、PVC は registry-cephfs-rwx-pvc と呼ばれ、これは安全に削除できます。

  2. PVC を削除します。

    $ oc delete pvc <pvc-name> -n openshift-image-registry --wait=true --timeout=5m
    <pvc-name>
    PVC の名前です。