Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第1章 OpenShift Data Foundation のデプロイの準備

ローカルストレージデバイスを使用して OpenShift Data Foundation を OpenShift Container Platform にデプロイすると、内部クラスターリソースを作成できます。この方法では、ベースサービスを内部でプロビジョニングします。その後、すべてのアプリケーションは追加のストレージクラスにアクセスできます。

ローカルストレージを使用して Red Hat OpenShift Data Foundation のデプロイメントを開始する前に、リソース要件を満たしていることを確認してください。ローカルストレージデバイスを使用して OpenShift Data Foundation をインストールするための要件について参照してください。

外部の鍵管理システム (KMS) で、以下を実行します。

上記を処理したら、指定した順序で以下の手順を実行します。

1.1. ローカルストレージデバイスを使用して OpenShift Data Foundation をインストールするための要件

ノードの要件

クラスターは、それぞれローカルに接続されたストレージデバイスを持つ 3 つ以上の OpenShift Container Platform ワーカーノードで構成される必要があります。

  • 選択した 3 つのノードには、OpenShift Data Foundation で使用できる raw ブロックデバイスが少なくとも 1 つ必要です。
  • 使用するデバイスは空である必要があります。ディスクには物理ボリューム (PV)、ボリュームグループ (VG)、または論理ボリューム (LV) を含めないでください。

詳細は、プランニングガイドのリソース要件 のセクションを参照してください。

  • ストレージノードの場合は、FCP ストレージデバイスが必要です。