Menu Close

Monitoring OpenShift Data Foundation

Red Hat OpenShift Data Foundation 4.9

クラスターの健全性、メトリクス、またはアラートの設定の表示

概要

Block および File、および Object ダッシュボードを使用して Red Hat OpenShift Data Foundation を監視する方法については、本書を参照してください。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、弊社 の CTO、Chris Wright のメッセージ を参照してください。

Red Hat ドキュメントへのフィードバック (英語のみ)

弊社のドキュメントについてのご意見をお聞かせください。ドキュメントの改善点があれば、ぜひお知らせください。フィードバックをお寄せいただくには、以下をご確認ください。

  • 特定の部分についての簡単なコメントをお寄せいただく場合は、以下をご確認ください。

    1. ドキュメントの表示が Multi-page HTML 形式になっていて、ドキュメントの右上端に Feedback ボタンがあることを確認してください。
    2. マウスカーソルで、コメントを追加する部分を強調表示します。
    3. そのテキストの下に表示される Add Feedback ポップアップをクリックします。
    4. 表示される手順に従ってください。
  • より詳細なフィードバックを行う場合は、Bugzilla のチケットを作成します。

    1. Bugzilla の Web サイトに移動します。
    2. Component で Documentation を選択します。
    3. Description フィールドに、ドキュメントの改善に関するご意見を記入してください。ドキュメントの該当部分へのリンクも記入してください。
    4. Submit Bug をクリックします。

第1章 クラスターの正常性

1.1. OpenShift Data Foundation の正常性の確認

ストレージの正常性は、Block および File、および Object ダッシュボードに表示されます。

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、StorageOpenShift Data Foundation をクリックします。
  2. Overview タブの Status カードで Storage System をクリックし、表示されたポップアップからストレージシステムリンクをクリックします。
  3. Status カードに Block および File および Object タブに緑色のチェックマークが付いているかどうかを確認します。

    緑色のチェックマークは、クラスターが正常であることを示します。

表示される異なるヘルス状態およびアラートについての詳細は、「ストレージの正常性レベルおよびクラスターの状態」 を参照してください。

1.2. ストレージの正常性レベルおよびクラスターの状態

OpenShift Data Foundation に関連するステータス情報およびアラートがストレージダッシュボードに表示されます。

1.2.1. Data Foundation ダッシュボードのインジケーター

Block and File ダッシュボードには、OpenShift Data Foundation 全体の状態が永続ボリュームの状態と共に表示されます。

各リソースタイプの状態は、以下の表に一覧表示されています。

表1.1 OpenShift Data Foundation 正常性レベル

状態アイコン説明

UNKNOWN

unknown icon

OpenShift Data Foundation はデプロイされていないか、または利用できません。

緑色のチェックマーク

odf health icon green

クラスターの状態は正常です。

警告

odf health icon yellow

OpenShift Data Foundation クラスターが警告状態にあります。内部モードでは、アラートが問題の詳細と共に表示されます。外部モードでは、アラートは表示されません。

エラー

odf health icon red

OpenShift Data Foundation クラスターでエラーが発生し、一部のコンポーネントが機能しなくなります。内部モードでは、アラートが問題の詳細と共に表示されます。外部モードでは、アラートは表示されません。

1.2.2. Object ダッシュボードのインジケーター

Object ダッシュボードには、Multi-Cloud Object Gateway およびクラスター内のオブジェクト要求の状態が表示されます。

各リソースタイプの状態は、以下の表に一覧表示されています。

表1.2 オブジェクトサービスの正常性レベル

状態説明

緑色のチェックマーク odf health icon green

オブジェクトストレージは正常です。

Multicloud Object Gateway が実行していない

NooBaa システムが見つからない場合に表示されます。

All resources are unhealthy

すべての NooBaa プールが正常でない場合に表示されます。

多くのバケットに問題があります

バケットの 50%以上でエラーが発生する場合に表示されます。

Some buckets have issues

バケットの 30%以上でエラーが発生する場合に表示されます。

利用できません

ネットワークの問題やエラーがある場合に表示されます。

1.2.3. Alert パネル

Alert パネルは、クラスターの状態が正常ではない場合に、Block and File ダッシュボードと Object ダッシュボードの両方の Status カードの下に表示されます。

特定のアラートおよびそれらへの応答に関する情報は、「 Troubleshooting OpenShift Data Foundation 」を参照してください。

第2章 メトリクス

2.1. Block および File ダッシュボードでのメトリクス

以下のように、OpenShift Web コンソールで Block および File ダッシュボードに移動できます。

  1. StorageOpenShift Data Foundation をクリックします。
  2. Overview タブの Status カードで Storage System をクリックし、表示されたポップアップからストレージシステムリンクをクリックします。
  3. Block and File タブをクリックします。

Block および File ダッシュボードの以下のカードは、デプロイメントモード(内部または外部)をベースとするメトリクスを提供します。

Details カード

Details カードには、以下が表示されます。

  • サービス名
  • クラスター名
  • システムが実行されるプロバイダーの名前(例: AWSVSphere、なし(ベアメタルの場合))
  • モード(内部または外部のいずれかのデプロイメントモード)
  • OpenShift Data Foundation Operator バージョン
Inventory カード
Inventory カードには、OpenShift Data Foundation プロビジョナーでサポートされるアクティブなノード、PVC、および PV の数が表示されます。カードの左側に、ストレージノード、PVC、および PV の合計数が表示されます。カードの右側には、Not Ready 状態のストレージノードの数が表示されますが、Pending 状態の PVC および Released 状態の PV の数が表示されます。
注記

外部モードでは、OpenShift Data Foundation に専用ノードはないため、ノードの数はデフォルトで 0 になります。

Status カード

このカードは、クラスターがエラーなしで稼働しているか、または何らかの問題が発生しているかどうかを示します。

内部モードでは、Data Resiliency(データ回復性)は、レプリカ全体での Ceph のデータリバランスのステータスを示します。内部モードのクラスターが警告またはエラー状態にあると、Alerts セクションが関連するアラートと共に表示されます。

外部モードの場合、Data Resiliency(Data Resiliency)およびアラートが表示されない

Raw Capacity カード

このカードには、クラスター上のレプリケーションを含む RAW ストレージ容量の合計が表示されます。

  • Used レジェンドは、クラスター上で使用されている RAW ストレージ容量を示します。
  • Available レジェンドは、クラスターで利用可能な Raw ストレージ容量を示します。
注記

このカードは、外部モードクラスターには適用されません。

Used Capacity Breakdown カード

このカードには、クラスターに保存されているレプリカ以外の実際のデータ量とそのディストリビューションが表示されます。カードの上部にあるドロップダウンメニューから、Projects、 Storage Classes および Pods のいずれかを選択できます。これらのオプションは、グラフに表示されるデータをフィルターするために使用します。グラフには、使用状況に基づいて上位 5 つのエンティティーのみに使用される容量が表示されます。残りのエンティティーの集約使用量が Other として表示されます。

オプション表示

プロジェクト

Data Foundation ストレージを使用している各プロジェクトの集約された容量と現在使用されている量。

ストレージクラス

OpenShift Data Foundation ベースのストレージクラスに基づいて集約容量を表示します。

Pod

OpenShift Data Foundation プロビジョナーでサポートされる PVC の使用を試行するすべての Pod。

外部モードについては、Capacity breakdown カード を参照してください。

Capacity breakdown カード
このカードは、外部モードクラスターにのみ適用されます。このカードでは、プロジェクト、ストレージクラス、および Pod ごとに容量の内訳を表示できます。カードの上部にあるドロップダウンメニューから、Projects、 Storage Classes および Pods のいずれかを選択できます。これらのオプションは、グラフに表示されるデータをフィルターするために使用します。グラフには、使用状況に基づいて上位 5 つのエンティティーのみに使用される容量が表示されます。残りのエンティティーの集約使用量が Other として表示されます。
使用状況カード

このカードには、使用済みの容量、1 秒あたりの入出力操作、レイテンシー、スループット、および内部モードのクラスターのリカバリー情報が表示されます。

外部モードでは、このカードには、そのクラスターの使用済みおよび要求される容量の詳細のみが表示されます。

Storage Efficiency カード
このカードは、すべての圧縮可能なプールを含む、圧縮可能なデータの有効性のメトリクスを示す圧縮率を示しています。また、圧縮対応プールおよび関連付けられたレプリカすべてに含まれる実際のディスク容量を表す節約メトリクスも示しています。
アクティビティーカード

このカードは、OpenShift Data Foundation クラスターで発生しているアクティビティーや、最近発生したアクティビティーが表示されます。カードは 2 つのセクションに分かれます。

  • Ongoing: データ回復性および OpenShift Data Foundation Operator のアップグレードに関連する継続中のアクティビティーの進捗を表示します。
  • recent Events: openshift-storage namespace で発生するイベントの一覧を表示します。

2.2. Object ダッシュボードでのメトリクス

以下のように、OpenShift Web コンソールで Object ダッシュボードに移動できます。

  1. StorageOpenShift Data Foundation をクリックします。
  2. Overview タブの Status カードで Storage System をクリックし、表示されたポップアップからストレージシステムリンクをクリックします。
  3. Object タブをクリックします。

以下のメトリクスは、Object ダッシュボードで利用できます。

Details カード

このカードには、以下の情報が表示されます。

  • サービス名: Multicloud Object Gateway(MCG)サービス名。
  • System Name: Multicloud Object Gateway および RADOS Object Gateway のシステム名。Multicloud Object Gateway のシステム名は MCG 管理ユーザーインターフェースへのハイパーリンクでもあります。
  • プロバイダー: システムが実行されるプロバイダーの名前(例: AWSVSphere、ベアメタルの場合はNone )。
  • バージョン: OpenShift Data Foundation Operator バージョン
Storage Efficiency カード
このカードでは、MCG が重複排除と圧縮によりストレージバックエンドリソース消費をどのように最適化するかを確認し、ベアメタルおよびクラウドベースのストレージの容量およびクラウドベースのストレージの egress に基づいて計算される効率性比率(アプリケーションデータと論理データの比較)と予測される節約の数値(MCG がストレージプロバイダーに送信しなかったバイト数)が表示されます。
Buckets カード

バケットは、アプリケーションの代わりにデータを保存するために MCG および RADOS Object Gateway が管理するコンテナーです。これらのバケットは、Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求、OBC)を使用して作成され、アクセスされます。特定のポリシーをバケットに適用して、データの配置、データのスピルオーバー、データの回復性、容量クォータなどをカスタマイズできます。

このカードでは、オブジェクトバケット(OB)および Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求、OBC)に関する情報が別々に表示されます。OB には、S3 またはユーザーインターフェース(UI)を使用して作成されるすべてのバケットが含まれ、OBC には YAML またはコマンドラインインターフェース(CLI)を使用して作成されたすべてのバケットが含まれます。バケットタイプの左側に表示される数は、OB または OBC の合計数です。右側に表示される数字はエラー数であり、エラー数がゼロよりも大きい場合にのみ表示されます。この数字をクリックすると、警告またはエラーステータスのあるバケットの一覧を表示できます。

Resource Providers カード
このカードには、現在使用中のすべての Multicloud Object Gateway および RADOS Object Gateway リソースの一覧が表示されます。これらのリソースは、バケットポリシーに従ってデータを保存するために使用され、クラウドベースのリソースまたはベアメタルリソースになります。
Status カード

このカードは、システムとそのサービスが問題なく実行されているかどうかを示します。システムが警告またはエラー状態にあると、Alerts セクションが表示され、関連するアラートが表示されます。問題に関する詳細情報については、各アラートの横にあるアラートリンクをクリックします。ヘルスチェックに関する情報は、「 クラスターの正常 性」を参照してください。

複数のオブジェクトストレージサービスがクラスターで利用可能な場合は、サービスタイプ( Object Service または Data Resiliencyなど)をクリックして、個々のサービスの状態を表示します。

ステータスカードの Data Resiliency(データ回復性)は、Multicloud Object Gateway および RADOS Object Gateway で保存されたデータに関して回復性の問題があるかどうかを示します。

Capacity breakdown カード
このカードでは、アプリケーションが Multicloud Object Gateway および RADOS Object Gateway でオブジェクトストレージをどのように消費するかを視覚化できます。Service Type ドロップダウンを使用して、Multicloud Gateway および Object Gateway の容量の内訳を個別に表示できます。Multicloud Object Gateway を表示する場合、ブレークポイント By ドロップダウンを使用して、グラフ内で Projects または Bucket Class 別に結果をフィルタリングできます。
Performance カード

このカードでは、Multicloud Object Gateway または RADOS Object Gateway のパフォーマンスを表示できます。Service Type ドロップダウンを使用して、表示するサービスタイプを選択します。

Multicloud Object Gateway アカウントの場合は、I/O 操作と論理的に使用される容量を表示できます。プロバイダーの場合、I/O 操作、物理的および論理的な使用量、および egress を表示できます。

以下の表は、カードの上部にあるドロップダウンメニューからの選択に応じて表示される各種のメトリクスを示しています。

表2.1 Multicloud Object Gateway のインジケーター

コンシューマータイプメトリクスチャートの表示

アカウント

I/O 操作

上位 5 コンシューマーの読み取りおよび書き込み I/O 操作を表示します。すべてのコンシューマーの読み取りおよび書き込みの合計が下部に表示されます。この情報は、アプリケーションまたはアカウントごとにスループット需要(IOPS)をモニターするのに役立ちます。

アカウント

論理的な使用容量

上位 5 コンシューマーの各アカウントの論理的な使用量の合計を表示します。これは、アプリケーションまたはアカウントごとのスループット需要をモニターするのに役立ちます。

プロバイダー

I/O 操作

プロバイダーがホストするストレージバックエンドにアクセスする際に MCG が生成する I/O 操作の数を表示します。これにより、クラウド内のトラフィックを理解し、I/O パターンに従ってリソース割り当てを改善できるため、コストの最適化に役立ちます。

プロバイダー

物理的な使用量と論理的な使用量

プロバイダーごとに物理的な使用量と論理的な使用量を比較して、システムのデータ消費を表示します。これにより、ストレージリソースを制御し、使用状況の特性やパフォーマンス要件に基づいて配置ストラテジーを立てることができ、コストを最適化できる可能性もあります。

プロバイダー

Egress

各プロバイダーから MCG が取得するデータ量(アプリケーションに関連する読み取りの帯域幅)。これにより、egress パターンに基づいてリソースの割り当てを改善するためにクラウド内のトラフィックを把握し、コストを最適化することができます。

RADOS Object Gateway では、Metric ドロップダウンを使用して Latency または Bandwidth を表示できます

  • レイテンシー: RADOS Object Gateway インスタンス全体の GET/PUT レイテンシーの平均的な差異を視覚的に表示します。
  • 帯域幅: RADOS Object Gateway インスタンス間の GET/PUT 帯域幅の合計を視覚的に表示します。
アクティビティーカード

このカードは、OpenShift Data Foundation クラスターで発生しているアクティビティーや、最近発生したアクティビティーが表示されます。カードは 2 つのセクションに分かれます。

  • Ongoing: データ回復性および OpenShift Data Foundation Operator のアップグレードに関連する継続中のアクティビティーの進捗を表示します。
  • recent Events: openshift-storage namespace で発生するイベントの一覧を表示します。

2.3. プールメトリクス

プールメトリクスダッシュボードは、データ消費を効率的に確保するための情報を提供します。また、圧縮を有効/無効にする方法を提供します。

プールメトリクスの表示

プールリストを表示するには、以下を実行します。

  1. Storage → OpenShift Data Foundation をクリックします。
  2. Storage systems タブでストレージシステムを選択し、BlockPools をクリックします。

プール名をクリックすると、各プールダッシュボードの以下のカードがデプロイメントモード(内部または外部)に基づいてメトリクスと共に表示されます。

Details カード

Details カードには、以下が表示されます。

  • プール名
  • ボリュームタイプ
  • レプリカ
Status カード
このカードは、プールがエラーなしで稼働しているか、または何らかの問題があるかを示します。
Mirroring カード

ミラーリングオプションを有効にすると、このカードにはミラーリングのステータス、イメージの正常性、および最後にチェックされたタイムスタンプが表示されます。ミラーリングメトリクスは、クラスターレベルのミラーリングが有効な場合に表示されます。メトリクスは、障害復旧の失敗を回避し、データがそのまま保持されるように不一致を通知するのに役立ちます。

ミラーリングカードには、以下のような高レベルの情報が表示されます。

  • 特定のプールに対して enabled または disabled のいずれかとミラーリングの状態。
  • プール下のすべてのイメージのステータスが正常に複製されるかどうか。
  • 複製されているイメージと複製されていないイメージの割合。
Inventory カード
Inventory カードには、ストレージクラスおよび 永続ボリューム要求 (PVC) の数が表示されます。
Compression カード

このカードには、ケースが使用可能であるため、圧縮ステータスが enabled または disabled と表示されます。また、以下のようにストレージ効率の詳細も表示します。

  • 書き込まれた圧縮可能データのどの部分が圧縮可能であるかを示す圧縮適格性 (ceph パラメーターごと)
  • 圧縮可能なデータの圧縮比率
  • 圧縮による節約は、圧縮可能なデータの合計節約 (レプリカを含む) を提供します。

    既存のプールの圧縮を有効または無効にする方法は、Updating an existing pool を参照してください。

Raw Capacity カード

このカードには、クラスター上のレプリケーションを含む RAW ストレージ容量の合計が表示されます。

  • Used は、プールで使用されるストレージ容量を示します。
  • Available は、クラスターで利用可能な Raw ストレージ容量を示します。
Performance カード
このカードでは、アプリケーションまたはアカウントごとの I/O 操作の使用状況とスループットの需要を確認できます。グラフは、インスタンス全体の平均遅延または帯域幅を示します。

第3章 アラート

3.1. アラートのセットアップ

内部モードのクラスターの場合、ストレージメトリクスサービス、ストレージクラスター、ディスクデバイス、クラスターの正常性、クラスター容量などに関連する各種のアラートがBlock および File およびオブジェクトダッシュボードに表示されます。これらのアラートは外部モードでは使用できません。

注記

このパネルには発生するアラートのみが表示されるため、アラートがアラートパネルに表示されるまでに数分の時間がかかる場合があります。

追加の詳細情報と共にアラートを表示し、OpenShift Container Platform でアラートの表示をカスタマイズすることもできます。

詳細は、「アラートの管理」を参照してください。

3.2. Overprovision level policy control[テクノロジープレビュー]

オーバープロビジョニング制御は、管理者が特定のアプリケーション namespace 間に従って、ストレージクラスターから消費される PVC の量にクォータを定義できるようにするメカニズムです。オーバープロビジョニングを有効にすると、PVC のオーバープロビジョニングができなくなります。Open Shift は、OpenShift の ClusterResourceQuota を使用して、クラスタースコープでの集約リソース消費を制限する制約を定義するための柔軟性を提供します。オーバープロビジョニング制御を使用すると、ClusteResourceQuota が開始され、管理者はストレージクラスごとに消費されるストレージ容量の制限を設定できます。アラームは、PVC の容量制限の 80% でトリガーされます。

注記

オーバープロビジョニングレベルのポリシー制御はテクノロジープレビューです。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。詳細は、Technology Preview Features Support Scope. を参照してください。

デプロイメントについての詳細は、製品ドキュメント を参照して、プラットフォームに応じたデプロイメント手順を選択します。

オーバープロビジョニング制御アラートを受信するには、次の手順を実行します。

  1. storagecluster をデプロイした後 (CLI または GUI のいずれかから)
  2. アプリケーションの namespace にラベルを付けます。

    以下は例になります。

    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: quota-rbd
      labels:
        storagequota: storagequota1
  3. コマンドラインから storagecluster を編集します。

    以下は例になります。

    $ oc edit storagecluster -n openshift-storage ocs-storagecluster-name
  4. StorageCluster.Spec に、必要なハード制限で Overprovision Control のエントリーを追加します。

    以下は例になります。

    apiVersion: ocs.openshift.io/v1
    kind: StorageCluster
    spec:
      # ...
      overprovisionControl:
      - capacity: 27Ti
        storageClassName: ocs-storagecluster-ceph-rbd
        quotaName: quota1
        selector:
          labels:
            matchLabels:
              storagequota: storagequota1
  5. 変更された storagecluster を保存します。
  6. clusterresourcequota が定義されていることを確認します。

    $ oc get clusterresourcequota -A
    $ oc describe clusterresourcequota -A

第4章 リモートヘルスモニタリング

OpenShift Data Foundation はクラスターの正常性、使用状況、およびクラスターのサイズについての匿名の集計情報を収集し、統合コンポーネントの Telemetry 経由で これを Red Hat にレポートします。Red Hat では、このような情報を OpenShift Data Foundation の改善のために、またお客様に影響を与える問題への対応を迅速化するために使用します。

Telemetry 経由でデータを Red Hat にレポートするクラスターは 接続クラスター( connected cluster )と見なされます。

4.1. Telemetry について

Telemetry は厳選されたクラスターモニタリングメトリクスのサブセットを Red Hat に送信します。これらのメトリクスは継続的に送信され、以下について記述します。

  • OpenShift Data Foundation クラスターのサイズ
  • OpenShift Data Foundation コンポーネントの健全性およびステータス
  • 実行されるアップグレードの正常性およびステータス
  • OpenShift Data Foundation のコンポーネントおよび機能についての使用情報 (一部の制限された情報)
  • クラスターモニタリングコンポーネントによってレポートされるアラートについてのサマリー情報

Red Hat では、リアルタイムでクラスターの健全性をモニターし、お客様に影響を与える問題に随時対応するためにこのデータの継続的なストリームを使用します。またこれにより、Red Hat がサービスへの影響を最小限に抑えつつつアップグレードエクスペリエンスの継続的な改善に向けた OpenShift Data Foundation のアップグレードの展開を可能にします。

このデバッグ情報は、サポートケースでレポートされるデータへのアクセスと同じ制限が適用された状態で Red Hat サポートおよびエンジニアリングチームが利用できます。接続クラスターのすべての情報は、OpenShift Data Foundationd をより使用しやすく、より直感的に使用できるようにするために Red Hat によって使用されます。この情報のいずれもサードパーティーと共有されることはありません。

4.2. Telemetry で収集される情報

Telemetry によって収集される主な情報には、以下が含まれます。

  • Ceph クラスターのサイズ (バイト単位): "ceph_cluster_total_bytes"
  • 使用される Ceph クラスターストレージの量 (バイト単位): "ceph_cluster_total_used_raw_bytes"
  • Ceph クラスターの正常性ステータス: "ceph_health_status"
  • osds の合計カウント: "job:ceph_osd_metadata:count"
  • RHOCP クラスターに存在する永続ボリュームの合計数: "job:kube_pv:count"
  • Ceph クラスターのすべてのプールの iops (reads+writes) 値の合計: "job:ceph_pools_iops:total"
  • Ceph クラスター内のすべてのプールの iops (reads+writes) 値の合計: "job:ceph_pools_iops_bytes:total"
  • 実行されている Ceph クラスターバージョンの合計数: "job:ceph_versions_running:count"
  • 正常でない noobaa バケットの合計数: "job:noobaa_total_unhealthy_buckets:sum"
  • noobaa バケットの合計数: "job:noobaa_bucket_count:sum"
  • noobaa オブジェクトの合計数: "job:noobaa_total_object_count:sum"
  • noobaa のアカウント数: "noobaa_accounts_num"
  • noobaa のストレージの使用量の合計 (バイト単位): "job:noobaa_total_object_count:sum"
  • 特定のストレージプロビジョナーから PVC によって要求されるストレージの合計量 (バイト単位): "cluster:kube_persistentvolumeclaim_resource_requests_storage_bytes:provisioner:sum"
  • 特定のストレージプロビジョナーから PVC によって使用されるストレージの合計量 (バイト単位): "cluster:kubelet_volume_stats_used_bytes:provisioner:sum"

Telemetry は、ユーザー名、パスワード、またはユーザーリソースの名前またはアドレスなどの識別情報を収集しません。