7.6. ネットワーク要件

このセクションを使用して、デプロイメントを計画する際のさまざまなネットワークの考慮事項を理解してください。

7.6.1. IPv6 サポート

Red Hat OpenShift Data Foundation バージョン 4.12 では、IPv6 のサポートが導入されています。IPv6 はシングルスタックでのみサポートされ、IPv4 と同時に使用することはできません。Openshift Container Platform で IPv6 がオンになっている場合は、IPv6 が OpenShift Data Foundation のデフォルトの動作です。