7.2. 外部モード要件

7.2.1. Red Hat Ceph Storage

外部モードの Red Hat OpenShift Data Foundation および Red Hat Ceph Storage (RHCS) のサポートと相互運用性を確認するには、Red Hat OpenShift Data Foundation サポートおよび相互運用性チェッカー のラボにアクセスします。

  1. ODF as Self-Managed Service として Service Type を選択します。
  2. ドロップダウンから適切な Version を選択します。
  3. Versions タブで、Supported RHCS Compatibility タブをクリックします。

RHCS クラスターのインストール方法は、インストールガイド を参照してください。

7.2.2. IBM FlashSystem

IBM FlashSystem を他のプロバイダーのプラグ可能な外部ストレージとして使用するには、最初に OpenShift Data Foundation をデプロイする必要があります。これは、IBM FlashSystem ストレージクラスをバッキングストレージとして使用します。

サポートされている最新の FlashSystem ストレージシステムとバージョンについては、ODF FlashSystem ドライバーのドキュメント を参照してください。

OpenShift Data Foundation をデプロイする方法については、外部 IBMFlash System ストレージ用の Creating an OpenShift Data Foundation Cluster for external IBM FlashSystem storage を参照してください。