Red Hat Virtualization プラットフォームを使用した OpenShift Data Foundation のデプロイ

Red Hat OpenShift Data Foundation 4.12

Red Hat Virtualization Platform 上で OpenShift Data Foundation をデプロイする手順

Red Hat Storage Documentation Team

概要

Red Hat Virtualization プラットフォームで Red Hat OpenShift Container Platform を使用して Red Hat OpenShift Data Foundation をインストールする方法については、このドキュメントをご覧ください。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージ をご覧ください。

Red Hat ドキュメントへのフィードバック (英語のみ)

Red Hat ドキュメントに対するご意見をお聞かせください。ドキュメントの改善点があれば、ぜひお知らせください。フィードバックをお寄せいただくには、以下をご確認ください。

  • 特定の部分についての簡単なコメントをお寄せいただく場合は、以下をご確認ください。

    1. ドキュメントの表示が Multi-page HTML 形式になっていていることを確認してください。ドキュメントの右上隅に Feedback ボタンがあることを確認してください。
    2. マウスカーソルを使用して、コメントを追加するテキストの部分を強調表示します。
    3. 強調表示されたテキストの下に表示される Add Feedback ポップアップをクリックします。
    4. 表示される指示に従ってください。
  • より詳細なフィードバックをお寄せいただく場合は、Bugzilla のチケットを作成してください。

    1. Bugzilla の Web サイトに移動します。
    2. Component セクションで、documentation を選択します。
    3. Description フィールドに、ドキュメントの改善に向けたご提案を記入してください。ドキュメントの該当部分へのリンクも追加してください。
    4. Submit Bug をクリックします。

はじめに

Red Hat OpenShift Data Foundation では、既存の Red Hat OpenShift Container Platform (RHOCP) Red Hat Virtualization プラットフォームクラスターでのデプロイメントをサポートします。

Red Hat Virtualization のインストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャー (IPI) によって提供される共有ストレージデバイスを使用して OpenShift Container Storage を OpenShift Data Foundation にデプロイすると、内部クラスターリソースを作成できます。

また、OpenShift Data Foundation で Multicloud Object Gateway (MCG) コンポーネントのみをデプロイすることもできます。

注記

Red Hat Virtualization では、内部の OpenShift Data Foundation クラスターのみがサポートされます。デプロイメント要件の詳細は、Planning your deploymentを参照してください。

要件に基づいて、デプロイメントの以下の方法のいずれかを実行します。

第1章 Red Hat Virtualization プラットフォームを使用した OpenShift Data Foundation のデプロイの準備

動的またはローカルストレージを使用して Red Hat OpenShift Data Foundation のデプロイメントを開始する前に、リソース要件を満たしていることを確認してください。デプロイメントのプランニング を参照してください。

  1. オプション: 外部の鍵管理システム (KMS) HashiCorp Vault を使用してクラスター全体の暗号化を有効にする場合は、次の手順に従います。

  2. オプション: 外部の鍵管理システム (KMS) Thales CipherTrust Manager を使用してクラスター全体の暗号化を有効にする場合は、まず Key Management Interoperability Protocol (KMIP) を有効にして、サーバーで署名付き証明書を使用する必要があります。以下の手順に従ってください。

    1. KMIP クライアントが存在しない場合は作成します。ユーザーインターフェイスから、KMIPClient ProfileAdd Profile を選択します。

      1. プロファイルの作成中に、CipherTrust のユーザー名を Common Name フィールドに追加します。
    2. KMIPRegistration TokenNew Registration Token に移動してトークンを作成します。次のステップのためにトークンをコピーしておきます。
    3. クライアントを登録するために、KMIPRegistered ClientsAdd Client に移動します。Name を指定します。前のステップの Registration Token を貼り付けて、Save をクリックします。
    4. Save Private KeySave Certificate をクリックして、それぞれ秘密鍵とクライアント証明書をダウンロードします。
    5. 新しい KMIP インターフェイスを作成するために、Admin SettingsInterfacesAdd Interface に移動します。

      1. KMIP Key Management Interoperability Protocol を選択し、Next をクリックします。
      2. 空いている Port を選択します。
      3. Network Interface として all を選択します。
      4. Interface Mode として TLS, verify client cert, user name taken from client cert, auth request is optional を選択します。
      5. (オプション) 物理削除を有効にして、鍵が削除されたときにメタデータとマテリアルの両方を削除することができます。これはデフォルトでは無効になります。
      6. 使用する CA を選択し、Save をクリックします。
    6. サーバー CA 証明書を取得するために、新しく作成されたインターフェイスの右側にあるアクションメニュー (⋮) をクリックし、Download Certificate をクリックします。
    7. オプション: デプロイ時に StorageClass 暗号化を有効にする場合は、キー暗号化キー (KEK) として機能するキーを作成します。

      1. KeysAdd Key に移動します。
      2. Key Name を入力します。
      3. AlgorithmSize をそれぞれ AES256 に設定します。
      4. Create a key in Pre-Active state を有効にして、アクティベーションの日時を設定します。
      5. Key UsageEncryptDecrypt が有効になっていることを確認します。
      6. 新しく作成した鍵の ID をコピーして、デプロイメント中に一意の識別子として使用します。
  3. ノードの最小要件

    OpenShift Data Foundation クラスターは、標準のデプロイメントリソース要件を満たしていない場合に、最小の設定でデプロイされます。プランニングガイドの リソース要件 セクションを参照してください。

  4. 障害復旧の要件 テクノロジープレビュー

    Red Hat OpenShift Data Foundation でサポートされる障害復旧機能では、障害復旧ソリューションを正常に実装するために以下の前提条件をすべて満たす必要があります。

    詳細な要件については、OpenShift ワークロード用の OpenShift Data Foundation Disaster Recovery の設定 ガイド、および Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes ドキュメントの インストールガイド要件と推奨事項 のセクションを参照してください。

  5. ローカルストレージデバイスを使用して OpenShift Data Foundation をインストールするための要件 を満たしていることを確認します。

1.1. ローカルストレージデバイスを使用して OpenShift Data Foundation をインストールするための要件

ノードの要件

クラスターは少なくとも 3 つの OpenShift Container Platform ワーカーノードで設定されており、ノードごとにローカルに接続されたストレージデバイスを備えている。

  • 選択した 3 つのノードのそれぞれで、少なくとも 1 つの raw ブロックデバイスが使用できる。OpenShift Data Foundation は、1 つ以上の使用可能な raw ブロックデバイスを使用します。
  • 使用するデバイスが空である。ディスクには物理ボリューム (PV)、ボリュームグループ (VG)、または論理ボリューム (LV) を含めないでください。

詳細は、プランニングガイドリソース要件 セクションを参照してください。

ディザスタリカバリーの要件 テクノロジープレビュー

Red Hat OpenShift Data Foundation でサポートされる障害復旧機能では、障害復旧ソリューションを正常に実装するために以下の前提条件をすべて満たす必要があります。

  • 有効な Red Hat OpenShift Data Foundation Advanced サブスクリプション。
  • 有効な Red Hat Advanced Cluster Management (RHACM) for Kubernetes サブスクリプション。

OpenShift Data Foundation のサブスクリプションの仕組みを確認するには、OpenShift Data Foundation subscriptions に関するナレッジベースの記事 を参照してください。

詳細な障害復旧の要件は、OpenShift ワークロード用の OpenShift Data Foundation Disaster Recovery の設定 ガイド、および Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes ドキュメントの インストールガイド要件と推奨事項 のセクションを参照してください。

Arbiter ストレッチクラスターの要件 [テクノロジープレビュー]

この例では、3 番目のゾーンを Arbiter の場所とした上で、単一クラスターが 2 つのゾーンに展開されます。これはテクノロジープレビュー機能であり、現時点では OpenShift Container Platform オンプレミスおよび同じデータセンターでのデプロイメントを目的としています。このソリューションは、複数のデータセンターにまたがる展開にはお勧めできません。代わりに、Metro-DR を、低遅延ネットワークを備えた複数のデータセンターに展開されたデータ損失のない DR ソリューションの最初のオプションとして検討してください。

詳細な要件と手順については、ストレッチクラスター用の OpenShift Data Foundation の設定に関する ナレッジベースの記事 を参照してください。

OpenShift Data Foundation のサブスクリプションがどのように機能するかを知るには、OpenShift Data Foundation subscriptions に関するナレッジベースの記事 を参照してください。

注記

スケーリングロジックが競合しているため、フレキシブルスケーリングと arbiter の両方を同時に有効にすることはできません。フレキシブルスケーリングを使用すると、一度に 1 つのノードを OpenShift Data Foundation クラスターに追加することができます。Arbiter クラスターでは、2 つのデータゾーンごとに 1 つ以上のノードを追加する必要があります。

ノードの最小要件

OpenShift Data Foundation クラスターは、標準のデプロイメントリソース要件を満たしていない場合に、最小の設定でデプロイされます。

詳細は、プランニングガイドリソース要件 セクションを参照してください。

第2章 動的ストレージデバイスを使用したデプロイ

Red Hat Virtualization が提供する動的ストレージデバイスを使用して OpenShift Data Foundation を OpenShift Container Platform にデプロイすると、内部クラスターリソースを作成するオプションが提供されます。これにより、ベースサービスの内部プロビジョニングが可能になり、追加のストレージクラスをアプリケーションで使用できるようになります。

OpenShift Data Foundation のデプロイの準備 の章にある要件に対応していることを確認してから、動的ストレージデバイスを使用したデプロイに関する以下の手順を実行してください。

2.1. Red Hat OpenShift Data Foundation Operator のインストール

Red Hat OpenShift Data Foundation Operator は、Red Hat OpenShift Container Platform Operator Hub を使用してインストールできます。

前提条件

  • cluster-admin および operator インストールのパーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • Red Hat OpenShift Container Platform クラスターにワーカーノードが少なくとも 3 つある。
  • その他のリソース要件については、デプロイメントのプランニング ガイドを参照してください。
重要
  • OpenShift Data Foundation のクラスター全体でのデフォルトノードセレクターを上書きする必要がある場合は、以下のコマンドを使用し、openshift-storage namespace の空のノードセレクターを指定できます (この場合、openshift-storage を作成します)。

    $ oc annotate namespace openshift-storage openshift.io/node-selector=
  • ノードに Red Hat OpenShift Data Foundation リソースのみがスケジュールされるように infra のテイントを設定します。これにより、サブスクリプションコストを節約できます。詳細は、ストレージリソースの管理および割り当て ガイドの Red Hat OpenShift Data Foundation に専用のワーカーノードを使用する方法 を参照してください。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → OperatorHub をクリックします。
  3. スクロールするか、OpenShift Data FoundationFilter by keyword ボックスに入力し、OpenShift Data Foundation Operator を検索します。
  4. Install をクリックします。
  5. Install Operator ページで、以下のオプションを設定します。

    1. Channel を stable-4.12 として更新します。
    2. Installation Mode オプションに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace openshift-storage を選択します。namespace openshift-storage が存在しない場合、これは Operator のインストール時に作成されます。
    4. 承認ストラテジー を Automatic または Manual として選択します。

      Automatic (自動) 更新を選択した場合、Operator Lifecycle Manager (OLM) は介入なしに、Operator の実行中のインスタンスを自動的にアップグレードします。

      Manual 更新を選択した場合、OLM は更新要求を作成します。クラスター管理者は、Operator を新しいバージョンに更新できるように更新要求を手動で承認する必要があります。

    5. Console プラグインEnable オプションが選択されていることを確認します。
    6. Install をクリックします。

検証手順

  • Operator が正常にインストールされると、Web console update is available メッセージを含むポップアップがユーザーインターフェイスに表示されます。このポップアップから Refresh web console をクリックして、反映するコンソールを変更します。
  • Web コンソールに移動します。

    • Installed Operators に移動し、OpenShift Data Foundation Operator に、インストールが正常に実行されたことを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
    • Storage に移動し、Data Foundation ダッシュボードが使用可能かどうかを確認します。

2.2. トークン認証方法を使用した KMS を使用したクラスター全体の暗号化の有効化

トークン認証のために、Vault でキーと値のバックエンドパスおよびポリシーを有効にできます。

前提条件

手順

  1. Vault で Key/Value (KV) バックエンドパスを有効にします。

    Vault KV シークレットエンジン API の場合は、バージョン 1 です。

    $ vault secrets enable -path=odf kv

    Vault KV シークレットエンジン API の場合は、バージョン 2 を使用します。

    $ vault secrets enable -path=odf kv-v2
  2. シークレットに対して書き込み操作または削除操作を実行するようにユーザーを制限するポリシーを作成します。

    echo '
    path "odf/*" {
      capabilities = ["create", "read", "update", "delete", "list"]
    }
    path "sys/mounts" {
    capabilities = ["read"]
    }'| vault policy write odf -
  3. 上記のポリシーに一致するトークンを作成します。

    $ vault token create -policy=odf -format json

2.3. Kubernetes 認証方式を使用した KMS でのクラスター全体の暗号化の有効化

キー管理システム (KMS) を使用して、クラスター全体の暗号化に対して Kubernetes 認証方式を有効にできます。

前提条件

  • Vault への管理者アクセス。
  • 有効な Red Hat OpenShift Data Foundation Advanced サブスクリプション。詳細は、OpenShift Data Foundation サブスクリプションに関するナレッジベースの記事 を参照してください。
  • OpenShift Data Foundation Operator は Operator Hub からインストールしておく。
  • バックエンド path として一意のパス名を選択する。これは命名規則に厳密に準拠する必要があります。このパス名は後で変更できません。

手順

  1. サービスアカウントを作成します。

    $ oc -n openshift-storage create serviceaccount <serviceaccount_name>

    ここで、<serviceaccount_name> はサービスアカウントの名前を指定します。

    以下に例を示します。

    $ oc -n openshift-storage create serviceaccount odf-vault-auth
  2. clusterrolebindingsclusterroles を作成します。

    $ oc -n openshift-storage create clusterrolebinding vault-tokenreview-binding --clusterrole=system:auth-delegator --serviceaccount=openshift-storage:_<serviceaccount_name>_

    以下に例を示します。

    $ oc -n openshift-storage create clusterrolebinding vault-tokenreview-binding --clusterrole=system:auth-delegator --serviceaccount=openshift-storage:odf-vault-auth
  3. serviceaccount トークンおよび CA 証明書のシークレットを作成します。

    $ cat <<EOF | oc create -f -
    apiVersion: v1
    kind: Secret
    metadata:
      name: odf-vault-auth-token
      namespace: openshift-storage
      annotations:
        kubernetes.io/service-account.name: <serviceaccount_name>
    type: kubernetes.io/service-account-token
    data: {}
    EOF

    ここで、<serviceaccount_name> は、前の手順で作成したサービスアカウントです。

  4. シークレットからトークンと CA 証明書を取得します。

    $ SA_JWT_TOKEN=$(oc -n openshift-storage get secret odf-vault-auth-token -o jsonpath="{.data['token']}" | base64 --decode; echo)
    $ SA_CA_CRT=$(oc -n openshift-storage get secret odf-vault-auth-token -o jsonpath="{.data['ca\.crt']}" | base64 --decode; echo)
  5. OCP クラスターエンドポイントを取得します。

    $ OCP_HOST=$(oc config view --minify --flatten -o jsonpath="{.clusters[0].cluster.server}")
  6. サービスアカウントの発行者を取得します。

    $ oc proxy &
    $ proxy_pid=$!
    $ issuer="$( curl --silent http://127.0.0.1:8001/.well-known/openid-configuration | jq -r .issuer)"
    $ kill $proxy_pid
  7. 前の手順で収集した情報を使用して、Vault で Kubernetes 認証方法を設定します。

    $ vault auth enable kubernetes
    $ vault write auth/kubernetes/config \
              token_reviewer_jwt="$SA_JWT_TOKEN" \
              kubernetes_host="$OCP_HOST" \
              kubernetes_ca_cert="$SA_CA_CRT" \
              issuer="$issuer"
    重要

    発行者が空の場合は Vault で Kubernetes 認証方法を設定します。

    $ vault write auth/kubernetes/config \
              token_reviewer_jwt="$SA_JWT_TOKEN" \
              kubernetes_host="$OCP_HOST" \
              kubernetes_ca_cert="$SA_CA_CRT"
  8. Vault で Key/Value (KV) バックエンドパスを有効にします。

    Vault KV シークレットエンジン API の場合は、バージョン 1 を使用します。

    $ vault secrets enable -path=odf kv

    Vault KV シークレットエンジン API の場合は、バージョン 2 を使用します。

    $ vault secrets enable -path=odf kv-v2
  9. シークレットに対して write または delete 操作を実行するようにユーザーを制限するポリシーを作成します。

    echo '
    path "odf/*" {
      capabilities = ["create", "read", "update", "delete", "list"]
    }
    path "sys/mounts" {
    capabilities = ["read"]
    }'| vault policy write odf -
  10. ロールを作成します。

    $ vault write auth/kubernetes/role/odf-rook-ceph-op \
            bound_service_account_names=rook-ceph-system,rook-ceph-osd,noobaa \
            bound_service_account_namespaces=openshift-storage \
            policies=odf \
            ttl=1440h

    ロール odf-rook-ceph-op は、後でストレージシステムの作成中に KMS 接続の詳細を設定するときに使用されます。

    $ vault write auth/kubernetes/role/odf-rook-ceph-osd \
            bound_service_account_names=rook-ceph-osd \
            bound_service_account_namespaces=openshift-storage \
            policies=odf \
            ttl=1440h

2.4. OpenShift Data Foundation クラスターの作成

OpenShift Data Foundation Operator のインストール後に OpenShift Data Foundation クラスターを作成します。

前提条件

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。

    選択された Projectopenshift-storage であることを確認します。

  2. OpenShift Data Foundation Operator をクリックした後、Create StorageSystem をクリックします。
  3. Backing storage ページで、以下を選択します。

    1. Deployment type オプションで Full Deployment を選択します。
    2. Use an existing StorageClass オプションを選択します。
    3. Next をクリックします。
  4. Capacity and nodes ページで、必要な情報を提供します。

    1. ドロップダウンリストから Requested Capacity の値を選択します。デフォルトで、これは 2 TiB に設定されます。

      注記

      初期ストレージ容量を選択すると、クラスターの拡張は、選択された使用可能な容量を使用してのみ実行されます (raw ストレージの 3 倍)。

    2. Select Nodes セクションで、少なくとも 3 つの利用可能なノードを選択します。
    3. オプション: 選択したノードを OpenShift Data Foundation 専用にする場合は、Taint nodes チェックボックスを選択します。
    4. Next をクリックします。
  5. オプション: Security and network ページで、要件に応じて以下を設定します。

    1. 暗号化を有効にするには、Enable data encryption for block and file storage を選択します。
    2. 暗号化レベルのいずれかまたは両方を選択します。

      • クラスター全体の暗号化

        クラスター全体を暗号化します (ブロックおよびファイル)。

      • StorageClass の暗号化

        暗号化対応のストレージクラスを使用して、暗号化された永続ボリューム (ブロックのみ) を作成します。

    3. オプション: Connect to an external key management service チェックボックスを選択します。これはクラスター全体の暗号化の場合はオプションになります。

      1. Key Management Service Provider ドロップダウンリストから、Vault または Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を選択します。Vault を選択した場合は、次の手順に進みます。Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を選択した場合は、手順 iii に進みます。
      2. 認証方法を選択します。

        トークン認証方式の使用
        • Vault ('https://<hostname or ip>') サーバーの一意の Connection Name、ホストの AddressPort 番号および Token を入力します。
        • Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

          • OpenShift Data Foundation 専用かつ特有のキーと値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
          • オプション: TLS Server Name および Vault Enterprise Namespace を入力します。
          • PEM でエンコードされた、該当の証明書ファイルをアップロードし、CA 証明書クライアント証明書、および クライアントの秘密鍵 を指定します。
          • Save をクリックして、手順 iv に進みます。
        Kubernetes 認証方式の使用
        • Vault ('https://<hostname or ip>') サーバーの一意の Connection Name、ホストの AddressPort 番号および Role 名を入力します。
        • Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

          • OpenShift Data Foundation 専用かつ特有のキーと値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
          • 該当する場合は、TLS Server Name および Authentication Path を入力します。
          • PEM でエンコードされた、該当の証明書ファイルをアップロードし、CA 証明書クライアント証明書、および クライアントの秘密鍵 を指定します。
          • Save をクリックして、手順 iv に進みます。
      3. Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を KMS プロバイダーとして使用するには、次の手順に従います。

        1. プロジェクト内のキー管理サービスの一意の Connection Name を入力します。
        2. Address および Port セクションで、Thales CipherTrust Manager の IP と、KMIP インターフェイスが有効になっているポートを入力します。以下に例を示します。

          • Address: 123.34.3.2
          • Port: 5696
        3. クライアント証明書CA 証明書、および クライアント秘密鍵 をアップロードします。
        4. StorageClass 暗号化が有効になっている場合は、上記で生成された暗号化および復号化に使用する一意の識別子を入力します。
        5. TLS Server フィールドはオプションであり、KMIP エンドポイントの DNS エントリーがない場合に使用します。たとえば、kmip_all_<port>.ciphertrustmanager.local などです。
      4. Network を選択します。
      5. Next をクリックします。
  6. Review and create ページで、設定の詳細を確認します。

    設定設定を変更するには、Back をクリックします。

  7. Create StorageSystem をクリックします。

検証手順

  • インストールされたストレージクラスターの最終ステータスを確認するには、以下を実行します。

    1. OpenShift Web コンソールで、Installed OperatorsOpenShift Data FoundationStorage Systemocs-storagecluster-storagesystemResources の順に移動します。
    2. StorageClusterStatusReady になっており、それの横に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
  • OpenShift Data Foundation のすべてのコンポーネントが正常にインストールされていることを確認するには、Verifying your OpenShift Data Foundation deployment を参照してください。

関連情報

Overprovision Control アラートを有効にするには、モニタリングガイドの アラート を参照してください。

第3章 ローカルストレージデバイスを使用したデプロイ

ローカルストレージデバイスを使用して OpenShift Data Foundation を OpenShift Container Platform にデプロイすると、内部クラスターリソースを作成するオプションが提供されます。これにより、ベースサービスの内部プロビジョニングが可能になり、追加のストレージクラスをアプリケーションで使用できるようになります。

このセクションを使用して、OpenShift Container Platform がインストールされている Red Hat Virtualization に OpenShift Data Foundation をデプロイします。

また、OpenShift Data Foundation のデプロイの準備 の章にある要件に対応していることを確認してから、以下の手順に進んでください。

3.1. ローカルストレージ Operator のインストール

ローカルストレージデバイスに Red Hat OpenShift Data Foundation クラスターを作成する前に、Operator Hub からローカルストレージ Operator をインストールします。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → OperatorHub をクリックします。
  3. Filter by keyword ボックスに local storage を入力し、Operator の一覧から Local Storage Operator を見つけ、これをクリックします。
  4. Install Operator ページで、以下のオプションを設定します。

    1. チャンネルを 4.12 または stable のいずれかにして更新します。
    2. インストールモードに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace openshift-local-storage を選択します。
    4. 承認を Automatic として更新します。
  5. Install をクリックします。

検証手順

  • Local Storage Operator に、インストールが正常に実行されたことを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。

3.2. Red Hat OpenShift Data Foundation Operator のインストール

Red Hat OpenShift Data Foundation Operator は、Red Hat OpenShift Container Platform Operator Hub を使用してインストールできます。

前提条件

  • cluster-admin および operator インストールのパーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • Red Hat OpenShift Container Platform クラスターにワーカーノードが少なくとも 3 つある。
  • その他のリソース要件については、デプロイメントのプランニング ガイドを参照してください。
重要
  • OpenShift Data Foundation のクラスター全体でのデフォルトノードセレクターを上書きする必要がある場合は、以下のコマンドを使用し、openshift-storage namespace の空のノードセレクターを指定できます (この場合、openshift-storage を作成します)。

    $ oc annotate namespace openshift-storage openshift.io/node-selector=
  • ノードに Red Hat OpenShift Data Foundation リソースのみがスケジュールされるように infra のテイントを設定します。これにより、サブスクリプションコストを節約できます。詳細は、ストレージリソースの管理および割り当て ガイドの Red Hat OpenShift Data Foundation に専用のワーカーノードを使用する方法 を参照してください。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → OperatorHub をクリックします。
  3. スクロールするか、OpenShift Data FoundationFilter by keyword ボックスに入力し、OpenShift Data Foundation Operator を検索します。
  4. Install をクリックします。
  5. Install Operator ページで、以下のオプションを設定します。

    1. Channel を stable-4.12 として更新します。
    2. Installation Mode オプションに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace openshift-storage を選択します。namespace openshift-storage が存在しない場合、これは Operator のインストール時に作成されます。
    4. 承認ストラテジー を Automatic または Manual として選択します。

      Automatic (自動) 更新を選択した場合、Operator Lifecycle Manager (OLM) は介入なしに、Operator の実行中のインスタンスを自動的にアップグレードします。

      Manual 更新を選択した場合、OLM は更新要求を作成します。クラスター管理者は、Operator を新しいバージョンに更新できるように更新要求を手動で承認する必要があります。

    5. Console プラグインEnable オプションが選択されていることを確認します。
    6. Install をクリックします。

検証手順

  • Operator が正常にインストールされると、Web console update is available メッセージを含むポップアップがユーザーインターフェイスに表示されます。このポップアップから Refresh web console をクリックして、反映するコンソールを変更します。
  • Web コンソールに移動します。

    • Installed Operators に移動し、OpenShift Data Foundation Operator に、インストールが正常に実行されたことを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
    • Storage に移動し、Data Foundation ダッシュボードが使用可能かどうかを確認します。

3.3. Red Hat Virtualization プラットフォームでの OpenShift Data Foundation クラスターの作成

この手順を使用して、OpenShift Data Foundation Operator のインストール後にローカルストレージデバイスを使用して OpenShift Data Foundation Cluster を作成します。

前提条件

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。

    選択された Projectopenshift-storage であることを確認します。

  2. OpenShift Data Foundation Operator をクリックした後、Create StorageSystem をクリックします。
  3. Backing storage ページで、以下を実行します。

    1. Deployment type オプションで Full Deployment を選択します。
    2. Create a new StorageClass using the local storage devices オプションを選択します。
    3. Next をクリックします。

      注記

      Local Storage Operator がまだインストールされていない場合は、インストールするように求められます。Install をクリックし、ローカルストレージ Operator のインストール で説明されているように手順に従います。

  4. Create local volume set ページで、以下の情報を提供します。

    1. LocalVolumeSet および StorageClass の名前を入力します。

      デフォルトで、ローカルボリュームセット名がストレージクラス名について表示されます。名前を変更できます。

    2. 以下のいずれかを選択します。

      • Disks on all nodes: すべてのノードにある選択したフィルターに一致する利用可能なディスクを使用します。
      • Disks on selected nodes: 選択したノードにある選択したフィルターに一致する利用可能なディスクを使用します。

        重要
        • フレキシブルスケーリング機能は、3 つ以上のノードで作成したストレージクラスターが 3 つ以上のアベイラビリティーゾーンの最低要件未満に分散されている場合にのみ有効になります。

          フレキシブルスケーリングの詳細は、フレキシブルスケーリングが有効な場合に YAML を使用した OpenShift Data Foundation クラスターのスケーリング に関する ナレッジベースの記事 を参照してください。

        • フレキシブルスケーリング機能はデプロイ時に有効になり、後で有効または無効にすることはできません。
        • 選択したノードが集約された 30 CPU および 72 GiB の RAM の OpenShift Data Foundation クラスターの要件と一致しない場合は、最小クラスターがデプロイされます。

          ノードの最小要件については、プランニングガイドの リソース要件 セクションを参照してください。

    3. Disk Type の利用可能な一覧から、SSD/NVMe を選択します。
    4. Advanced セクションを拡張し、以下のオプションを設定します。

      ボリュームモード

      デフォルトではブロックが選択されます。

      デバイスタイプ

      ドロップダウンリストから 1 つ以上のデバイスタイプを選択します。

      ディスクサイズ

      デバイスの最小サイズ 100GB と、含める必要のあるデバイスの最大サイズを設定します。

      ディスクの最大数の制限

      これは、ノードで作成できる PV の最大数を示します。このフィールドが空のままの場合、PV は一致するノードで利用可能なすべてのディスクに作成されます。

    5. Next をクリックします。

      LocalVolumeSet の作成を確認するポップアップが表示されます。

    6. Yes をクリックして続行します。
  1. Capacity and nodes page で、以下を設定します。

    1. Available raw capacity には、ストレージクラスに関連付けられた割り当てられたすべてのディスクに基づいて容量の値が設定されます。これには少し時間がかかります。Selected nodes 一覧には、ストレージクラスに基づくノードが表示されます。
    2. オプション: 選択したノードを OpenShift Data Foundation 専用にする場合は、Taint nodes チェックボックスを選択します。
    3. Next をクリックします。
  2. オプション: Security and network ページで、要件に応じて以下を設定します。

    1. 暗号化を有効にするには、Enable data encryption for block and file storage を選択します。
    2. 以下の Encryption level (暗号化レベル) のいずれかを選択します。

      • Cluster-wide encryption: クラスター全体 (ブロックおよびファイル) を暗号化します。
      • StorageClass encryption: 暗号化対応のストレージクラスを使用して暗号化された永続ボリューム (ブロックのみ) を作成します。
    3. オプション: Connect to an external key management service チェックボックスを選択します。これはクラスター全体の暗号化の場合はオプションになります。

      1. Key Management Service Provider ドロップダウンリストから、Vault または Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を選択します。Vault を選択した場合は、次の手順に進みます。Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を選択した場合は、手順 iii に進みます。
      2. 認証方法を選択します。

        トークン認証方式の使用
        • Vault ('https://<hostname or ip>') サーバーの一意の Connection Name、ホストの AddressPort 番号および Token を入力します。
        • Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

          • OpenShift Data Foundation 専用かつ特有のキーと値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
          • オプション: TLS Server Name および Vault Enterprise Namespace を入力します。
          • PEM でエンコードされた、該当の証明書ファイルをアップロードし、CA 証明書クライアント証明書、および クライアントの秘密鍵 を指定します。
          • Save をクリックして、手順 iv に進みます。
        Kubernetes 認証方式の使用
        • Vault ('https://<hostname or ip>') サーバーの一意の Connection Name、ホストの AddressPort 番号および Role 名を入力します。
        • Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

          • OpenShift Data Foundation 専用かつ特有のキーと値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
          • 該当する場合は、TLS Server Name および Authentication Path を入力します。
          • PEM でエンコードされた、該当の証明書ファイルをアップロードし、CA 証明書クライアント証明書、および クライアントの秘密鍵 を指定します。
          • Save をクリックして、手順 iv に進みます。
      3. Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を KMS プロバイダーとして使用するには、次の手順に従います。

        1. プロジェクト内のキー管理サービスの一意の Connection Name を入力します。
        2. Address および Port セクションで、Thales CipherTrust Manager の IP と、KMIP インターフェイスが有効になっているポートを入力します。以下に例を示します。

          • Address: 123.34.3.2
          • Port: 5696
        3. クライアント証明書CA 証明書、および クライアント秘密鍵 をアップロードします。
        4. StorageClass 暗号化が有効になっている場合は、上記で生成された暗号化および復号化に使用する一意の識別子を入力します。
        5. TLS Server フィールドはオプションであり、KMIP エンドポイントの DNS エントリーがない場合に使用します。たとえば、kmip_all_<port>.ciphertrustmanager.local などです。
      4. Network を選択します。
  1. Next をクリックします。

    1. Review and create ページで、設定の詳細を確認します。

      • 設定を変更するには、Back をクリックして前の設定ページに戻ります。
    2. Create StorageSystem をクリックします。

検証手順

  • インストールされたストレージクラスターの最終ステータスを確認するには、以下を実行します。

    1. OpenShift Web コンソールで、Installed OperatorsOpenShift Data FoundationStorage Systemocs-storagecluster-storagesystemResources の順に移動します。
    2. StorageClusterStatusReady になっており、それの横に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
  • フレキシブルスケーリングがストレージクラスターで有効にされているかどうかを確認するには、以下の手順を実行します (arbiter モードの場合、フレキシブルスケーリングが無効になります)。

    1. OpenShift Web コンソールで、Installed OperatorsOpenShift Data FoundationStorage Systemocs-storagecluster-storagesystemResources の順に移動します。
    2. YAML タブで、spec セクションのキー flexibleScalingstatus セクションの flexibleScaling を検索します。flexible scalingtrue であり、failureDomainhost に設定されている場合、フレキシブルスケーリング機能が有効になります。

      spec:
      flexibleScaling: true
      […]
      status:
      failureDomain: host

関連情報

第4章 OpenShift Data Foundation デプロイメントの確認

このセクションを使用して、OpenShift Data Foundation が正しくデプロイされていることを確認します。

4.1. Pod の状態の確認

手順

  1. OpenShift Web コンソールから Workloads → Pods をクリックします。
  2. Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。

    注記

    Show default projects オプションが無効になっている場合は、切り替えボタンを使用して、すべてのデフォルトプロジェクトを一覧表示します。

    コンポーネントごとに想定される Pod 数や、ノード数に合わせてこの数値がどのように変化するかなどの詳細は、表4.1「OpenShift Data Foundation クラスターに対応する Pod」 を参照してください。

  3. Running タブおよび Completed タブをクリックして、以下の Pod が Running 状態および Completed 状態にあることを確認します。

    表4.1 OpenShift Data Foundation クラスターに対応する Pod

    コンポーネント対応する Pod

    OpenShift Data Foundation Operator

    • ocs-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • ocs-metrics-exporter-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • odf-operator-controller-manager-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • odf-console-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • csi-addons-controller-manager- * (任意のワーカーノードに 1 つの Pod)

    Rook-ceph Operator

    rook-ceph-operator-*

    (任意のワーカーノードに 1 Pod)

    Multicloud Object Gateway

    • noobaa-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-core-* (任意のストレージノードに 1 Pod)
    • noobaa-db-pg-* (任意のストレージノードに 1 Pod)
    • noobaa-endpoint-* (任意のストレージノードに 1 Pod)

    MON

    rook-ceph-mon-*

    (ストレージノードに分散する 3 Pod)

    MGR

    rook-ceph-mgr-*

    (任意のストレージノードに 1 Pod)

    MDS

    rook-ceph-mds-ocs-storagecluster-cephfilesystem-*

    (ストレージノードに分散する 2 Pod)

    RGW

    rook-ceph-rgw-ocs-storagecluster-cephobjectstore-* (任意のストレージノードに 1 Pod)

    CSI

    • cephfs

      • csi-cephfsplugin-* (各ワーカーノードに 1 Pod)
      • csi-cephfsplugin-provisioner-* (ワーカーノードに分散する 2 Pod)
    • rbd

      • csi-rbdplugin-* (各ワーカーノードに 1 Pod)
      • csi-rbdplugin-provisioner-* (ストレージノードに分散する 2 Pod)

    rook-ceph-crashcollector

    rook-ceph-crashcollector-*

    (各ストレージノードに 1 Pod)

    OSD

    • rook-ceph-osd-* (各デバイス用に 1 Pod)
    • rook-ceph-osd-prepare-ocs-deviceset-* (各デバイス用に 1 Pod)

4.2. OpenShift Data Foundation クラスターの正常性の確認

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、StorageData Foundation をクリックします。
  2. Overview タブの Status カードで Storage System をクリックし、表示されたポップアップからストレージシステムリンクをクリックします。
  3. Block and File タブの Status カードで、Storage Cluster に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
  4. Details カードで、クラスター情報が表示されていることを確認します。

ブロックおよびファイルダッシュボードを使用した OpenShift Data Foundation クラスターの正常性については、Monitoring OpenShift Data Foundationを参照してください。

4.3. Multicloud Object Gateway が正常であることの確認

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、StorageData Foundation をクリックします。
  2. Overview タブの Status カードで Storage System をクリックし、表示されたポップアップからストレージシステムリンクをクリックします。

    1. Object タブの Status card で、Object ServiceData Resiliency の両方に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
    2. Details カードで、MCG 情報が表示されることを確認します。

ブロックおよびファイルダッシュボードを使用した OpenShift Data Foundation クラスターの正常性は、OpenShift Data Foundation の監視 を参照してください。

4.4. 特定のストレージクラスが存在することの確認

手順

  1. OpenShift Web コンソールの左側のペインから Storage → Storage Classes をクリックします。
  2. 以下のストレージクラスが OpenShift Data Foundation クラスターの作成時に作成されることを確認します。

    • ocs-storagecluster-ceph-rbd
    • ocs-storagecluster-cephfs
    • openshift-storage.noobaa.io
    • ocs-storagecluster-ceph-rgw

第5章 スタンドアロンの Multicloud Object Gateway のデプロイ

OpenShift Data Foundation で Multicloud Object Gateway コンポーネントのみをデプロイすると、デプロイメントで柔軟性が高まり、リソース消費を減らすことができます。Multicloud Object Gateway コンポーネントは、動的ストレージデバイスを使用するか、ローカルストレージデバイスを使用してデプロイできます。

5.1. 動的ストレージデバイスを使用したスタンドアロン Multicloud Object Gateway のデプロイ

このセクションでは、以下のステップで、スタンドアロンの Multicloud Object Gateway コンポーネントのみをデプロイします。

  • Red Hat OpenShift Data Foundation Operator のインストール
  • スタンドアロンの Multicloud Object Gateway の作成

5.1.1. Red Hat OpenShift Data Foundation Operator のインストール

Red Hat OpenShift Data Foundation Operator は、Red Hat OpenShift Container Platform Operator Hub を使用してインストールできます。

前提条件

  • cluster-admin および operator インストールのパーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • Red Hat OpenShift Container Platform クラスターにワーカーノードが少なくとも 3 つある。
  • その他のリソース要件については、デプロイメントのプランニング ガイドを参照してください。
重要
  • OpenShift Data Foundation のクラスター全体でのデフォルトノードセレクターを上書きする必要がある場合は、以下のコマンドを使用し、openshift-storage namespace の空のノードセレクターを指定できます (この場合、openshift-storage を作成します)。

    $ oc annotate namespace openshift-storage openshift.io/node-selector=
  • ノードに Red Hat OpenShift Data Foundation リソースのみがスケジュールされるように infra のテイントを設定します。これにより、サブスクリプションコストを節約できます。詳細は、ストレージリソースの管理および割り当て ガイドの Red Hat OpenShift Data Foundation に専用のワーカーノードを使用する方法 を参照してください。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → OperatorHub をクリックします。
  3. スクロールするか、OpenShift Data FoundationFilter by keyword ボックスに入力し、OpenShift Data Foundation Operator を検索します。
  4. Install をクリックします。
  5. Install Operator ページで、以下のオプションを設定します。

    1. Channel を stable-4.12 として更新します。
    2. Installation Mode オプションに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace openshift-storage を選択します。namespace openshift-storage が存在しない場合、これは Operator のインストール時に作成されます。
    4. 承認ストラテジー を Automatic または Manual として選択します。

      Automatic (自動) 更新を選択した場合、Operator Lifecycle Manager (OLM) は介入なしに、Operator の実行中のインスタンスを自動的にアップグレードします。

      Manual 更新を選択した場合、OLM は更新要求を作成します。クラスター管理者は、Operator を新しいバージョンに更新できるように更新要求を手動で承認する必要があります。

    5. Console プラグインEnable オプションが選択されていることを確認します。
    6. Install をクリックします。

検証手順

  • Operator が正常にインストールされると、Web console update is available メッセージを含むポップアップがユーザーインターフェイスに表示されます。このポップアップから Refresh web console をクリックして、反映するコンソールを変更します。
  • Web コンソールに移動します。

    • Installed Operators に移動し、OpenShift Data Foundation Operator に、インストールが正常に実行されたことを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
    • Storage に移動し、Data Foundation ダッシュボードが使用可能かどうかを確認します。

5.1.2. スタンドアロンの Multicloud Object Gateway の作成

OpenShift Data Foundation のデプロイ中には、スタンドアロンの Multicloud Object Gateway コンポーネントのみを作成できます。

前提条件

  • OpenShift Data Foundation Operator がインストールされている。

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、OperatorsInstalled Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。

    選択された Projectopenshift-storage であることを確認します。

  2. OpenShift Data Foundation Operator をクリックした後、Create StorageSystem をクリックします。
  3. Backing storage ページで、以下を選択します。

    1. Deployment typeMulticloud Object Gateway を選択します。
    2. Use an existing StorageClass オプションを選択します。
    3. Next をクリックします。
  4. オプション: Connect to an external key management service チェックボックスを選択します。これはクラスター全体の暗号化の場合はオプションになります。

    1. Key Management Service Provider ドロップダウンリストから、Vault または Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を選択します。Vault を選択した場合は、次の手順に進みます。Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を選択した場合は、手順 iii に進みます。
    2. 認証方法を選択します。

      トークン認証方式の使用
      • Vault ('https://<hostname or ip>') サーバーの一意の Connection Name、ホストの AddressPort 番号および Token を入力します。
      • Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

        • OpenShift Data Foundation 専用かつ特有のキーと値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
        • オプション: TLS Server Name および Vault Enterprise Namespace を入力します。
        • PEM でエンコードされた、該当の証明書ファイルをアップロードし、CA 証明書クライアント証明書、および クライアントの秘密鍵 を指定します。
        • Save をクリックして、手順 iv に進みます。
      Kubernetes 認証方式の使用
      • Vault ('https://<hostname or ip>') サーバーの一意の Connection Name、ホストの AddressPort 番号および Role 名を入力します。
      • Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

        • OpenShift Data Foundation 専用かつ特有のキーと値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
        • 該当する場合は、TLS Server Name および Authentication Path を入力します。
        • PEM でエンコードされた、該当の証明書ファイルをアップロードし、CA 証明書クライアント証明書、および クライアントの秘密鍵 を指定します。
        • Save をクリックして、手順 iv に進みます。
    3. Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を KMS プロバイダーとして使用するには、次の手順に従います。

      1. プロジェクト内のキー管理サービスの一意の Connection Name を入力します。
      2. Address および Port セクションで、Thales CipherTrust Manager の IP と、KMIP インターフェイスが有効になっているポートを入力します。以下に例を示します。

        • Address: 123.34.3.2
        • Port: 5696
      3. クライアント証明書CA 証明書、および クライアント秘密鍵 をアップロードします。
      4. StorageClass 暗号化が有効になっている場合は、上記で生成された暗号化および復号化に使用する一意の識別子を入力します。
      5. TLS Server フィールドはオプションであり、KMIP エンドポイントの DNS エントリーがない場合に使用します。たとえば、kmip_all_<port>.ciphertrustmanager.local などです。
    4. Network を選択します。
    5. Next をクリックします。
  5. Review and create ページで、設定の詳細を確認します。

    設定設定を変更するには、Back をクリックします。

  6. Create StorageSystem をクリックします。

検証手順

OpenShift Data Foundation クラスターが正常であることの確認
  1. OpenShift Web コンソールで、StorageData Foundation をクリックします。
  2. Overview タブの Status カードで Storage System をクリックし、表示されたポップアップからストレージシステムリンクをクリックします。

    1. Object タブの Status card で、Object ServiceData Resiliency の両方に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
    2. Details カードで、MCG 情報が表示されることを確認します。
Pod の状態の確認
  1. OpenShift Web コンソールから WorkloadsPods をクリックします。
  2. Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択し、以下の Pod が Running 状態にあることを確認します。

    注記

    Show default projects オプションが無効になっている場合は、切り替えボタンを使用して、すべてのデフォルトプロジェクトを一覧表示します。

    コンポーネント対応する Pod

    OpenShift Data Foundation Operator

    • ocs-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • ocs-metrics-exporter-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • odf-operator-controller-manager-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • odf-console-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • csi-addons-controller-manager- * (任意のワーカーノードに 1 つの Pod)

    Rook-ceph Operator

    rook-ceph-operator-*

    (任意のワーカーノードに 1 Pod)

    Multicloud Object Gateway

    • noobaa-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-core-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-db-pg-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-endpoint-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)

5.2. ローカルストレージデバイスを使用したスタンドアロン Multicloud Object Gateway のデプロイ

このセクションでは、以下のステップで、スタンドアロンの Multicloud Object Gateway コンポーネントのみをデプロイします。

  • ローカルストレージ Operator のインストール
  • Red Hat OpenShift Data Foundation Operator のインストール
  • スタンドアロンの Multicloud Object Gateway の作成

5.2.1. ローカルストレージ Operator のインストール

ローカルストレージデバイスに Red Hat OpenShift Data Foundation クラスターを作成する前に、Operator Hub からローカルストレージ Operator をインストールします。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → OperatorHub をクリックします。
  3. Filter by keyword ボックスに local storage を入力し、Operator の一覧から Local Storage Operator を見つけ、これをクリックします。
  4. Install Operator ページで、以下のオプションを設定します。

    1. チャンネルを 4.12 または stable のいずれかにして更新します。
    2. インストールモードに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace openshift-local-storage を選択します。
    4. 承認を Automatic として更新します。
  5. Install をクリックします。

検証手順

  • Local Storage Operator に、インストールが正常に実行されたことを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。

5.2.2. Red Hat OpenShift Data Foundation Operator のインストール

Red Hat OpenShift Data Foundation Operator は、Red Hat OpenShift Container Platform Operator Hub を使用してインストールできます。

前提条件

  • cluster-admin および operator インストールのパーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • Red Hat OpenShift Container Platform クラスターにワーカーノードが少なくとも 3 つある。
  • その他のリソース要件については、デプロイメントのプランニング ガイドを参照してください。
重要
  • OpenShift Data Foundation のクラスター全体でのデフォルトノードセレクターを上書きする必要がある場合は、以下のコマンドを使用し、openshift-storage namespace の空のノードセレクターを指定できます (この場合、openshift-storage を作成します)。

    $ oc annotate namespace openshift-storage openshift.io/node-selector=
  • ノードに Red Hat OpenShift Data Foundation リソースのみがスケジュールされるように infra のテイントを設定します。これにより、サブスクリプションコストを節約できます。詳細は、ストレージリソースの管理および割り当て ガイドの Red Hat OpenShift Data Foundation に専用のワーカーノードを使用する方法 を参照してください。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → OperatorHub をクリックします。
  3. スクロールするか、OpenShift Data FoundationFilter by keyword ボックスに入力し、OpenShift Data Foundation Operator を検索します。
  4. Install をクリックします。
  5. Install Operator ページで、以下のオプションを設定します。

    1. Channel を stable-4.12 として更新します。
    2. Installation Mode オプションに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace openshift-storage を選択します。namespace openshift-storage が存在しない場合、これは Operator のインストール時に作成されます。
    4. 承認ストラテジー を Automatic または Manual として選択します。

      Automatic (自動) 更新を選択した場合、Operator Lifecycle Manager (OLM) は介入なしに、Operator の実行中のインスタンスを自動的にアップグレードします。

      Manual 更新を選択した場合、OLM は更新要求を作成します。クラスター管理者は、Operator を新しいバージョンに更新できるように更新要求を手動で承認する必要があります。

    5. Console プラグインEnable オプションが選択されていることを確認します。
    6. Install をクリックします。

検証手順

  • Operator が正常にインストールされると、Web console update is available メッセージを含むポップアップがユーザーインターフェイスに表示されます。このポップアップから Refresh web console をクリックして、反映するコンソールを変更します。
  • Web コンソールに移動します。

    • Installed Operators に移動し、OpenShift Data Foundation Operator に、インストールが正常に実行されたことを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
    • Storage に移動し、Data Foundation ダッシュボードが使用可能かどうかを確認します。

5.2.3. スタンドアロンの Multicloud Object Gateway の作成

OpenShift Data Foundation のデプロイ中には、スタンドアロンの Multicloud Object Gateway コンポーネントのみを作成できます。

前提条件

  • OpenShift Data Foundation Operator がインストールされている。

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、OperatorsInstalled Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。

    選択された Projectopenshift-storage であることを確認します。

  2. OpenShift Data Foundation Operator をクリックした後、Create StorageSystem をクリックします。
  3. Backing storage ページで、以下を選択します。

    1. Deployment typeMulticloud Object Gateway を選択します。
    2. Create a new StorageClass using the local storage devices オプションを選択します。
    3. Next をクリックします。

      注記

      Local Storage Operator がまだインストールされていない場合は、インストールするように求められます。Install をクリックし、ローカルストレージ Operator のインストールで説明されているように手順に従います。

  4. Create local volume set ページで、以下の情報を提供します。

    1. LocalVolumeSet および StorageClass の名前を入力します。

      デフォルトで、ローカルボリュームセット名がストレージクラス名について表示されます。名前を変更できます。

    2. 以下のいずれかを選択します。

      • Disks on all nodes

        すべてのノードにある選択したフィルターに一致する利用可能なディスクを使用します。

      • Disks on selected nodes

        選択したノードにある選択したフィルターにのみ一致する利用可能なディスクを使用します。

    3. Disk Type の利用可能な一覧から、SSD/NVMe を選択します。
    4. Advanced セクションを拡張し、以下のオプションを設定します。

      ボリュームモード

      デフォルトではファイルシステムが選択されています。Volume Mode でファイルシステムが選択されていることを常に確認してください。

      デバイスタイプ

      ドロップダウンリストから 1 つ以上のデバイスタイプを選択します。

      ディスクサイズ

      デバイスの最小サイズ 100GB と、含める必要のあるデバイスの最大サイズを設定します。

      ディスクの最大数の制限

      これは、ノードで作成できる PV の最大数を示します。このフィールドが空のままの場合、PV は一致するノードで利用可能なすべてのディスクに作成されます。

    5. Next をクリックします。

      LocalVolumeSet の作成を確認するポップアップが表示されます。

    6. Yes をクリックして続行します。
  5. Capacity and nodes ページで、以下を設定します。

    1. Available raw capacity には、ストレージクラスに関連付けられた割り当てられたすべてのディスクに基づいて容量の値が設定されます。これには少し時間がかかります。Selected nodes 一覧には、ストレージクラスに基づくノードが表示されます。
    2. Next をクリックします。
  6. オプション: Connect to an external key management service チェックボックスを選択します。これはクラスター全体の暗号化の場合はオプションになります。

    1. Key Management Service Provider ドロップダウンリストから、Vault または Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を選択します。Vault を選択した場合は、次の手順に進みます。Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を選択した場合は、手順 iii に進みます。
    2. 認証方法を選択します。

      トークン認証方式の使用
      • Vault ('https://<hostname or ip>') サーバーの一意の Connection Name、ホストの AddressPort 番号および Token を入力します。
      • Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

        • OpenShift Data Foundation 専用かつ特有のキーと値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
        • オプション: TLS Server Name および Vault Enterprise Namespace を入力します。
        • PEM でエンコードされた、該当の証明書ファイルをアップロードし、CA 証明書クライアント証明書、および クライアントの秘密鍵 を指定します。
        • Save をクリックして、手順 iv に進みます。
      Kubernetes 認証方式の使用
      • Vault ('https://<hostname or ip>') サーバーの一意の Connection Name、ホストの AddressPort 番号および Role 名を入力します。
      • Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

        • OpenShift Data Foundation 専用かつ特有のキーと値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
        • 該当する場合は、TLS Server Name および Authentication Path を入力します。
        • PEM でエンコードされた、該当の証明書ファイルをアップロードし、CA 証明書クライアント証明書、および クライアントの秘密鍵 を指定します。
        • Save をクリックして、手順 iv に進みます。
    3. Thales CipherTrust Manager (using KMIP) を KMS プロバイダーとして使用するには、次の手順に従います。

      1. プロジェクト内のキー管理サービスの一意の Connection Name を入力します。
      2. Address および Port セクションで、Thales CipherTrust Manager の IP と、KMIP インターフェイスが有効になっているポートを入力します。以下に例を示します。

        • Address: 123.34.3.2
        • Port: 5696
      3. クライアント証明書CA 証明書、および クライアント秘密鍵 をアップロードします。
      4. StorageClass 暗号化が有効になっている場合は、上記で生成された暗号化および復号化に使用する一意の識別子を入力します。
      5. TLS Server フィールドはオプションであり、KMIP エンドポイントの DNS エントリーがない場合に使用します。たとえば、kmip_all_<port>.ciphertrustmanager.local などです。
    4. Network を選択します。
    5. Next をクリックします。
  7. Review and create ページで、設定の詳細を確認します。

    設定設定を変更するには、Back をクリックします。

  8. Create StorageSystem をクリックします。

検証手順

OpenShift Data Foundation クラスターが正常であることの確認
  1. OpenShift Web コンソールで、StorageData Foundation をクリックします。
  2. Overview タブの Status カードで Storage System をクリックし、表示されたポップアップからストレージシステムリンクをクリックします。

    1. Object タブの Status card で、Object ServiceData Resiliency の両方に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
    2. Details カードで、MCG 情報が表示されることを確認します。
Pod の状態の確認
  1. OpenShift Web コンソールから WorkloadsPods をクリックします。
  2. Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択し、以下の Pod が Running 状態にあることを確認します。

    注記

    Show default projects オプションが無効になっている場合は、切り替えボタンを使用して、すべてのデフォルトプロジェクトを一覧表示します。

    コンポーネント対応する Pod

    OpenShift Data Foundation Operator

    • ocs-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • ocs-metrics-exporter-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • odf-operator-controller-manager-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • odf-console-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • csi-addons-controller-manager- * (任意のワーカーノードに 1 つの Pod)

    Rook-ceph Operator

    rook-ceph-operator-*

    (任意のワーカーノードに 1 Pod)

    Multicloud Object Gateway

    • noobaa-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-core-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-db-pg-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-endpoint-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)

第6章 OpenShift Data Foundation のアンインストール

6.1. 内部モードでの OpenShift Data Foundation のアンインストール

OpenShift Data Foundation を内部モードでアンインストールするには、Uninstalling OpenShift Data Foundation のナレッジベース記事を参照してください。