2.3. 外部 Ceph ストレージシステムの OpenShift Data Foundation インストールの確認

このセクションを使用して、OpenShift Data Foundation が正しくデプロイされていることを確認します。

2.3.1. Pod の状態の確認

  1. OpenShift Web コンソールの左側のペインから Workloads → Pods をクリックします。
  2. Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。

    注記

    Show default projects オプションが無効になっている場合は、切り替えボタンを使用して、すべてのデフォルトプロジェクトを一覧表示します。

    各コンポーネントについて予想される Pod 数や、これがノード数によってどのように異なるかの詳細は、表2.1「OpenShift Data Foundation コンポーネントに対応する Pod」 を参照してください。

  3. 以下の Pod が実行中であるを確認します。

    表2.1 OpenShift Data Foundation コンポーネントに対応する Pod

    コンポーネント対応する Pod

    OpenShift Data Foundation Operator

    • ocs-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • ocs-metrics-exporter-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • odf-operator-controller-manager-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • odf-console-*(任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • csi-addons-controller-manager- * (任意のワーカーノードに 1 つの Pod)

    Rook-ceph Operator

    rook-ceph-operator-*

    (任意のワーカーノードに 1 Pod)

    Multicloud Object Gateway

    • noobaa-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-core-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-db-pg-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-endpoint-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)

    CSI

    • cephfs

      • csi-cephfsplugin-* (各ワーカーノードに 1 Pod)
      • csi-cephfsplugin-provisioner-* (ワーカーノードに分散する 2 Pod)
    注記

    MDS が外部クラスターにデプロイされていない場合、csi-cephfsplugin Pod は作成されません。

    • rbd

      • csi-rbdplugin-* (各ワーカーノードに 1 Pod)
      • csi-rbdplugin-provisioner-* (ストレージノードに分散する 2 Pod)

2.3.2. OpenShift Data Foundation クラスターが正常であることの確認

  1. OpenShift Web コンソールで、StorageData Foundation をクリックします。
  2. Overview タブの Status カードで Storage System をクリックし、表示されたポップアップからストレージシステムリンクをクリックします。
  3. Block and File タブの Status カードで、Storage Cluster に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
  4. Details カードで、クラスター情報が表示されていることを確認します。

ブロックおよびファイルダッシュボードを使用した OpenShift Data Foundation クラスターの正常性については、OpenShift Data Foundation の監視 を参照してください。

2.3.3. Multicloud Object Gateway が正常であることの確認

  1. OpenShift Web コンソールで、StorageData Foundation をクリックします。
  2. Overview タブの Status カードで Storage System をクリックし、表示されたポップアップからストレージシステムリンクをクリックします。

    1. Object タブの Status カードで、Object ServiceData Resiliency の両方に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
    2. Details カード で、Multicloud Object Gateway (MCG) 情報が表示されることを確認します。
注記

RADOS Object Gateway は、OpenShift Data Foundation を外部モードでデプロイする際に、RADOS Object Gateway エンドポイントの詳細が含まれている場合にのみ表示されます。

オブジェクトダッシュボードを使用した OpenShift Data Foundation クラスターの正常性については、OpenShift Data Foundation の監視 を参照してください。

2.3.4. ストレージクラスが作成され、一覧表示されることの確認

  1. OpenShift Web コンソールの左側のペインから Storage → Storage Classes をクリックします。
  2. 以下のストレージクラスが OpenShift Data Foundation クラスターの作成時に作成されることを確認します。

    • ocs-external-storagecluster-ceph-rbd
    • ocs-external-storagecluster-ceph-rgw
    • ocs-external-storagecluster-cephfs
    • openshift-storage.noobaa.io
注記
  • MDS が外部クラスターにデプロイされていない場合、ocs-external-storagecluster-cephfs ストレージクラスは作成されません。
  • RGW が外部クラスターにデプロイされていない場合、ocs-external-storagecluster-ceph-rgw ストレージクラスは作成されません。

MDS および RGW についての詳細は、Red Hat Ceph Storage のドキュメント を参照してください。

2.3.5. Ceph クラスターが接続されていることの確認

以下のコマンドを実行して、OpenShift Data Foundation クラスターが外部の Red Hat Ceph Storage クラスターに接続されているかどうかを確認します。

$ oc get cephcluster -n openshift-storage
NAME                                      DATADIRHOSTPATH   MONCOUNT   AGE   PHASE       MESSAGE                          HEALTH      EXTERNAL
ocs-external-storagecluster-cephcluster                                30m   Connected   Cluster connected successfully   HEALTH_OK   true

2.3.6. ストレージクラスターの準備が整っていることを確認します。

以下のコマンドを実行して、ストレージクラスターが準備状態にあり、External オプションが true に設定されていることを確認します。

$ oc get storagecluster -n openshift-storage
NAME                          AGE   PHASE   EXTERNAL   CREATED AT             VERSION
ocs-external-storagecluster   30m   Ready   true       2021-11-17T09:09:52Z   4.10.0