第1章 外部モードでのデプロイの概要

Red Hat OpenShift Data Foundation は、外部の Red Hat Ceph Storage クラスターからサービスを作成するか、次のプラットフォームで実行している OpenShift Container Platform クラスターを介して IBM FlashSystems を使用できるようにすることができます。

  • VMware vSphere
  • ベアメタル
  • Red Hat OpenStack Platform (テクノロジープレビュー)
  • IBM Power
  • IBM Z インフラストラクチャー

詳細は、デプロイメントのプランニング を参照してください。

RHCS 4 クラスターのインストール方法は、 インストールガイド を参照してください。

以下の手順に従って、OpenShift Data Foundation を外部モードでデプロイします。

Regional-DR 要件 [開発者プレビュー]

Red Hat OpenShift Data Foundation でサポートされる障害復旧機能では、障害復旧ソリューションを正常に実装するために以下の前提条件がすべて必要になります。

  • 有効な Red Hat OpenShift Data Foundation Advanced サブスクリプション
  • 有効な Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes サブスクリプション

OpenShift Data Foundation のサブスクリプションがどのように機能するかを知るには、OpenShift Data Foundation subscriptions に関するナレッジベースの記事 を参照してください。

詳細な要件は、Regional-DR requirements および RHACM requirements を参照してください。